2021年6月18日 (金)

たっちゃんに思うこと

 今朝も愛犬たっちゃんと散歩。この季節いたるところで桑の実がたわわに成っていて熟れた実は地面に音を立てて落ちてきます。そんな場所を憶えているたっちゃんは一目散にそこへ駆けつけまるで掃除機のように桑の実を食べ始めます。生後4か月まで野犬だったたっちゃん、その間どんなものを食べていたのかわからないが、生き抜くために食べられそうなものは選り好みなどしてられなかっただろうことが想像できます。

 今、我が家では以前は棄てていた野菜や果物のくずがほぼ出ない、それはたっちゃんにしてみれば大好物のごちそうです。キャベツやレタスなどなど食べてるときのそしゃく音はとっても気持ちよい音です。で、時々思うのだがこのおなかの中に生息する何兆もの微生物にとってたっちゃんのおなかの環境は最高ではなかろうかと思っている。その微生物の健全な生態系こそが生き物の健康を司どっているとたっちゃんを見て常々確信しています。

 お腹の調子、腸内環境はそのままその人そのものであることもわかります。それはうちに来るクライアントさんのお腹に触れた時に共通してわかること、不思議とおなかの調子をよくすると思考までも変わってきますよ。お腹と思考は密接に関係していますし、腸は第二の脳なんて言われてますが、脳を支配してるのは腸内にいる微生物、細菌たちではないか思いますよ。微生物ちゃんたちが住み心地の良い腸内環境を整えることで健康が維持できる。で、地球にとっての細菌である人間が健康であれば地球も元気になると、そうでなければ・・・お腹が下って排除されるというわけね。

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

流れにのる・・

 大きなうねりや渦に巻き込まれることなく、流れにのること、そして小さくとも一歩を踏み出す。

人生の醍醐味は、実行してみて初めて分かるものです。先ずは勇気をもって踏み出すこと・・そのためにも日々目を開き耳の穴をかっぽじってよく聞き、匂いをかぎ分けることが大切ですよね、変な渦に巻き込まれないためにね。

 ご自分の興味のあること、それが夢であるのなら、志をもってね、どうせできないし・・ではなく、どうしたらできるのかを考えましょうね。

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

そんな年代、

 さいきんまたよ~く横浜の友人から電話がかかって来る。昨夜も話したのについ先ほども・・ついにぼけたか、誰かの訃報か?とどきっとしたが、でてみると、「元気~?」と・・昨夜も話したのに・・どうしたと聞いてみると、朝起きるとどっと疲れるという、起きたとたんに老いた両親のことを考えてしまいこれからどうしたらよいものか考え込んでしまうんだそうだ。うちらの年代その時期にみんな足を突っ込んでいる。そいつは、バツイチ独身、若いころから酒浸り(僕が飲ませたのだが・・)今は年に何度かあちこち壊れかかって入退院の生活(僕のせいではない)でも資産はある。いまさら嫁は来ない・・たぶん。

 うちに施術を受けに来る方々の年代で多いのはやはり50代が多い、毎日疲れが抜けず、どことなくだるくてでもどこがおかしいのかわからない、病院で診察受ければ「自律神経ですかね・・」で終わり、どうしたらいいのかわからずうちに駆け込んでくる方が多いのだが、やはり親の介護疲れに起因している方もいる。施術を受けながら涙を流す方もいたりよほど我慢をしているんだなと感じます。

 誰もが通る道ですよね、いずれは自分たちが介護される側にお世話されご迷惑をかける側に回る。今はただ親孝行、ここまで育ててくれた恩返しと、感情的なこともわかるが、よりよい旅立ちのためにそれまでは尽くしてほしいなと思います。後悔しないためにもね、ちなみに僕は後悔が残りました、もっと話聞いてやればよかったな~ってね。

 

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

人の想いが創り出す

 人の想いがこの世を創るって話のひとつとして・・・

 奥の心つまり潜在意識に蓄積されてきた様々な想いや業(カルマ)は宇宙へと放出される・・ほんとにね。で、そんな想い ”想念” は、この世にその人に戻って来る。もっとも多いのはその人の肉体の異常として現れます。それは怪我や病気という形をとります。昔から言われる「病は気から」という言葉、実はそれ「気の持ちよう」ではなく、「心が原因となり要因となる」と言う意味です。

 良いも悪いも心もち次第、善いことを言えば善くもなるし、悪いこと言えばやっぱり悪くなるということですね。日々自分の心、言葉に気をつけましょうね。

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

ヒーラーという選択肢も、

 先日、テレビをぼ~っと見ていたら最近では・・というか以前からそうなのだが早期退職をして自分がやってみたいと思っていた仕事に挑戦する方々が増えているという、ちょっと違うのは定年間近ではなく40代でまだまだこれからばりばり働く人が多いということ。

 そういえば僕も40代での転身だった。なんでこの仕事に就いたかと言えば・・これこれしかじか色んなことが重なり、まるで導かれるようにこの仕事に就いた。んじゃ安泰かと言えばそんなことはまったくなく、さらにこのご時世、飲食業ばかり取りざたされているがサービス業全般、自営業の方々は心つぶされそうな思いでいるのが現実である。が、とにかく今は我慢の時と言い聞かせるしかない、それでも遠方からわざわざ訪れてくださるクライアント様の期待に応えられるよう常に自分自身を磨いておかなくてはならないと思ってます。いらっしゃった時の表情、声のトーンが帰りにはまるで別人のようになって帰っていく、「来てよかった・・」という一言と笑顔のためにやっているんだな~とその瞬間つくづく感じます。

 カウンセラーは50代から・・と依然聞かされたことがある。ヒーラー、セラピストも仕事として人の言葉に耳を傾け、そして触れ癒す。そんなことができるのはやはり50代だなと50半ばになって実感できます。それまではひたすら修行です。40代、自分がどんな仕事をしてみたいのかその選択肢の中にヒーラー、セラピスト、カウンセラー、があってもいいですよね、これからの時代ますます必要になるはずです。

 

| | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

散歩の時間、

 ホトトギスが鳴き始めた。静まり返る深夜、裏山から響く鳴き声はこの世のものとは思えない響きがあるが、愛犬タツとの朝の散歩で聞く鳴き声には今年も変わらずにもうすぐ夏が来ることを実感。

 毎朝1時間、5キロ余りをタツと歩く。鳥の鳴き声はもちろん、草花の香り、空気のにおい、緑の移り変わりなどなど、毎日のうっとうしい情報疲れやら外出もままならない欲求不満やら、そんな疲弊した心と脳みそを和らぎ癒してくれる、そんな効果を朝の散歩はもたらしてくれます。ぼ~っとする時間や無意識に身体を動かす時間はとても大切です。

 あともう少しの辛抱となればいいのですが、期待しましょう、かならずよりよい未来が来るはずです。ただしそれはご自分の想念が創り出すものです。

| | コメント (0)

2021年5月21日 (金)

心と体そして魂に効く

 人間は避けられなかった衝撃に遭うと、そのまま身体と心と魂をも屈め丸めて・・ひたすらそれに耐えつづける。

 心の治療に必要なことは何か・・心に効く薬品など無い、自然の治癒力を待つほかはない、が、ヒーリングによる施術はそこに効果をもたらす。それはヒーリングが心と精神そして魂にアプローチをかけていく唯一の方法であるからだ。

 それは最後の手段・・としてヒーリングを受けに来ていただいた多くのクライアントさんに確かな効果をあらわしていること、先日も、「もっと早く来ればよかった。」と。良くなる時というのはすべてそのタイミング行われます。

 心の病に効く薬品はありません。本当の病はそれを摂取した時からはじまります。

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

想像する。

 ほんとうに他愛のない事柄で、うるっ・・とくることが多くなった。50も過ぎるとそうなるんだよとは聞いていたがその通りのようです。

そのちょっとしたことの背景を感じてしまうというか想像してしまう・・じいちゃんばあちゃんが目の前を歩いてるのを見るだけで、だいじに乗られてる古い車を見ただけでその過去を想像してしまったりと、それだけで胸がジンとしてしまう始末・・何ともなりません。

 とうぜんながらクライアントさんの話を聞きながら、そして身体にエネルギーに触れるとそれはそれで感じるものが多く、こちらも良くなっていただくために魂が奮い立ちます。ヒーラーはつねに想像の毎日、つねに祈りの中にいなければならない・・相手を思いやる気持ち慈しむ気持ち・・この世の中、今ほんとうに問われてはいるのは?どんなことがらに対してもまず想像してみることは大切なことだと日々の生活の中からあらためて感じます。

| | コメント (0)

2021年5月14日 (金)

目は心の、

 目は口ほどにものを言う・・ごもっともな言葉ですね。

 どんなに美辞麗句を並べ立てようが、色んな手法で外面を装うが、やはり目は心の窓。その人の器が知れてしまうというのは事実だと思います。どんな仕事であれ、まさに私たちのような仕事はとくに心しなければならないと思います。

 日頃の行動や言動はそのままその人のエネルギーとなりクライアントさんに伝わるなんて考えてみればわかること・・まさに手も口ほどにものを言います。あぁ~書きながらドキドキしてきたわ。なんにしても気をつけましょう。

 

 

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

ヒーリングとは、

 人の本体・・本当の自分自身はエネルギー体と考える。

 肉体が主ではなく、エネルギー体・・つまり霊魂が主であり肉体はそれに従うものであると考える。肉体そして精神が不調の時、それは潤滑なエネルギーの流れが阻害されている。エネルギーが何らかにブロックされていることがある。原因がわからない・・しかし確実に不調はある。

 本来の自分自身に戻りたい、心はいつもそう思っている。ヒーリングとはエネルギー体にアプローチを加えていく治療法である。クライアント様が抱いてくる様々なエネルギーに対処、対応してその方の生命エネルギーが活発になるように、そして不快な症状から解放させなくてはならない。そのために私自身も施術のためのエネルギーをつねにコントロールできるように生命エネルギー保ち続ける努力をしなくてはならない・・と考えてるけど平常心ってむずかしいよね。

| | コメント (0)

«変わるとき、