2020年1月24日 (金)

調和ってむずかしい

 ”調和”しているのがよい・・とよく聞きます。自然との調和だったり、心と身体の調和のとれた状態が理想とか。その調和した状態が崩れた時に人は病んでしまうと・・でもそもそも人は調和のとれていない状態が常である。朝起きてから夜寝るまであれやこれや心配事は尽きないし、ちょっとした風邪でもすぐに薬をのんじゃうし、心も身体もいつもくたくたですよね。

 人は常に病んでいる状態と健康になりたい本能と心の安定のバランスをとるのに精いっぱいの力を使っているのが実情で、言われてみれば調和するってとても難しいことなんだと実感します私にとってみても調和とは程遠いところにいるんだな~と感じます。

 そこで、自分の気持ち、考え方、今ある現状に至った理由を客観的に考え究明する努力もしてみましょう。それが”調和”へとすすむひとつの道です。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

変わらず歩く

 2年間の独り歩きを経て昨年の5月から相棒の辰っちゃんと毎日散歩をしている。ほぼ10数年間歩いてるコース、その季節によって景色は少しづつ変化しているが、寒かろうが暑かろうがかならず同じ頃に草木は芽吹き花が咲き生き物が命を育む。あたりまえのようだが毎日観て感じているとそのすごさに感嘆せざる負えない。

 さてさて、様々な説があり色んなこと言われてますがまちがいなく今もこれから先も経験も体験もしたことのない様々なことが起きるのは間違いないんだと思います。それに伴い体調の変化も著しく変わる方が多くなると思います。地球上の生き物は否応なく太陽の恵みによって生きています。その太陽に変化があり地球上にも変化があれば私たち人間に大いに影響があります。そこに順応できるのかそうでないのか、大きな分かれ道に来ていると思います。

 ”変わらないで生き残るためには 変わらなければならない”

 というわけですね。毎日歩いて太陽を拝し、自然の音に耳を傾ける・・それでも何にもわかりませんけどね、ただ独りより相棒と歩いてる方が楽しいです。

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

いたわる

 人はなかなか自分自身を客観的に眺めることができない・・まったく僕もそう。社会的に生活するうえでも、「人からよく見られたい」「怒ってはいけない」「いつも明るく元気よく」「ポジティブ思考で」などなどできもしないことを行動や感情への規制を自分自身にかけている。

 本当の心の中は・・怒りたいし泣きたいし喚きたい、前向きになんてできやしない、なんて自分では見たくない感情が蠢いてる。そして自分では見たくない心の中、結果、正視できないものがたまっていく。そこで脳は心の中を見なくていいように働き 「痛み」「苦しみ」そして様々な症状を身体に出現させる。

 痛みが出ると、人は痛みに気が行くようになりますよね、慢性の痛みがある人はずっと痛みに気が向き続けるので肝心の心は忘れ去られます。めまいがずっと続く人ならめまいという症状だけが気になり心は忘れられます。

 

   痛みは自分でつくっている・・

 

 痛みや苦痛があるときにすること、自分の心の中を見つめて、実は自分はこんなに我慢して心の中にストレスをためていたんだという自分の心を直視して自分の心をいたわってあげることです。

 あとはぜひいらしてくださいね。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

心に効く薬?

 お酒の飲みすぎ、たばこの吸いすぎ、薬物のやりすぎなどはからだによくありませんよ・・などのお話が学校でよくあります。誰がお話ししたのか知りませんが先日もあったみたいです。飲食店を長年横浜で営んできた身なのでその辺のことはよ~くわかります。ひと昔前なら酒にたばこは夜の店には艶っぽい光景でしたけどね。

 酒たばこはさておき、薬物乱用についてです。学校でレクチャーされるのはもちろんやってはいけない薬物のことでしょう、そんなのあたりまえです。人間が壊れます。しかし、病院で処方される向精神薬はどうでしょう?現在日本人の5パーセントが医療機関から簡単に処方されるある種の薬はどうでしょうね、心身症における身体症状、緊張、抑うつ、睡眠障害・・などなど、本当に簡単に処方されそして長年飲み続けることにより断ち切ることはできず、症状は深まるばかり、さらに強い薬が処方され、いったい何のために服用しているのかさえ分からなくなる。

 それも薬物の乱用ではないでしょうか?今や中高生がそんな薬に依存しているという・・すでに海外では同じ薬の乱用が心身にきたす重篤な問題があると位置付けられています。はっきり言えば人間が壊れます。学校じゃ教えてくれないよね、先生たちも服用してるしね。

 何度もここで書いていますが、心に効く薬品などありません。

 

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

孤独な木

 自分のなすべきことをする・・そこに没頭していると、”あれ?自分は独りなのかな”と感じることがあるかもしれない。僕は昔っからそんなんだから気にもならなくなったし気づけばそれが心地よくなった。

 

  ”孤独な木は 仮に育つとすれば 丈夫に育つ” 

 寄り集まって森をつくる方が生存のためには有利なはず、もし荒野で芽吹いたとしても多くは生き残ることは難しい。でも、一本で立ち寒暖や風雨という悪条件にさらされ耐えて成長したのなら森で育った木とは違う特別な木となるはずだ。

 

 今朝もいつもの道を歩きながらそんな一本の木を眺めていた。

 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

経験値

 100メートル走を競うわけでもないし、記録に挑戦するわけでもない。もくもくと長距離マラソンを走り続けるわけでもないしそんなことしてたら息切れしちゃう。

 ただ景色を観ながら、風を感じながら、季節の移り変わりに心も動かし、時々草花に立ち止ることもあったり、生き物の動向に驚いたり、昔のことを思い出し、今生にいない人との過去の会話を思いだしたりする。

 記憶を増やしながら、そんなたくさんの記憶を心の引き出しから引っ張り出しながら歩き・・生きていく。

 つまづくこともあるし、行き詰ることだってまだまだある。そんなときに私たちの年代には経験値がある。

 自分自身が苦しんだ経験、そんな時に対処できる術、その経験が活かされる時が人生の中でかならず来ると思う。

だから、たくさんの経験をしよう、まだまだできる。生かされるのだから。

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

邪宗門の思いで

 枕元にいつも数冊の本が乱雑に置かれている。毎晩眠りに入る前にその中の一冊を睡魔に襲われるまで読みふける・・と言っても寝つきがいいので開いたとたんに寝てしまうことが多い。別に新刊に興味があるわけではなく昔読んだ本を引っ張り出し読みふける。この間は息子にプレゼントした沢木耕太郎の深夜特急をもう一度読んでみた。20代の頃感じたあつい思いはよみがえりはしないがノスタルジックな気持ちになりなんとなく自分が旅行したかのような気分で眠りに入った。今再読しているのは芥川龍之介の邪宗門・・邪宗門という言葉とその響きに心が惹かれる。そして未完というところも。

 内容の説明はともかくとして、気になる言葉の響きというものそこから発せられるエネルギーにいつも心を動かす。言霊とも言うように、そこにはその中から発せられる様々な情報がある。その人の持つ名前そこからくみとることができる情報も存在する。

 邪宗門・・なんで惹かれるのかって、予備校生だった30年ほど前仙台でよく行ってた喫茶店の名前、珈琲とチーズケーキを頼んでたな・・当時つきあってた女の子と通ったむか~しの思い出。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

私のヒーリングとは、

 先日いらっしゃったクライアントさんのお話で、長年の腰痛を抱えていて病院の検査でも異常は見当たらず、とある整骨院へ行ったところ腰椎を強烈に押され”ピキッ!”と変な音がした。翌日は起き上がれないほどの痛みで仕事に行けなかった・・とのこと。

 よく聞く話です。なかには有名な治療師というところに紹介で連れていかれ首の骨をおもいっきりひねられその後身体が動かず入院し手術を受け、結局後遺症がそのまま続いている・・弁護士に相談したらしいが何ともならないという結論でひどい思いをしている・・という方も先日いらっしゃった。

 どんな施術院や治療師を選ぶかによってその方の人生の方向性が良くも悪くも変わってしまう・・私たちはよく肝に銘じて仕事をしていかなければならない。私は柔道整復師でもマッサージ師でもないので国家資格は持っていません。もともとはカイロプラクティックの学校に通い民間資格をとり、しかし、その時抱えていた自分自身の椎間板ヘルニアとその後遺症のひどさをどの治療師の先生でさえ治すことができず悩んでいた時にヒーリングの師匠に出会い劇的に治していただきその師匠の勧めでヒーリングの道へと進むことになりました。20代30代の2度の椎間板ヘルニアのあの痛みは今現在おきてはいません。ヒーリングを学ぶうちに ”その痛みはどこから?” ”その苦痛、何が創り出しているの?” という疑問を抱えるようになり従来の治療法施術法とは一線をおき、自分なりにクライアントさんの心と身体の苦痛に向き合い続けることにしました。

 私にはふたりの師匠がいます。ひとりはこの道に導いた東京のK先生、もうひとりは今は亡くなられた長野のI先生、当然ながらどちらも表舞台に出てくる方ではありません。私にとって陰と陽にあたる存在で様々な場面でおふたりの方法を応用させていただいています。

 苦痛・・そこにはかならず原因があります。様々な検査で異常はないと伝えられようがそこには検査で映らない原因が必ずあります。あなたの身体は・・あなた自身はただの筋肉の塊ではありません、筋肉・骨格・構造的問題・・そこには答えは無いかもしれません。

 

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

2020 1月盛岡での整体ヒーリング予定

 2020年 どの様な1年になるでしょう・・・・自分自身が信じてきたこと、感じてきたこと、きっと実現できる・・と信じたい1年の幕開けとなるようお祈りいたします。

 

 さて、今年も皆様の心と身体そして魂の均衡を取り戻し、苦痛からの開放を第一とするヒーリングをあらためて心がけ実践したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 2020年最初の盛岡での整体ヒーリングです。

 

   1月31日(金) 盛久ギャラリー2F

 (1)11:00~ 予約済  (2)12:30~   (3)14:00~ 予約済  

 (4)15:30~ 予約済  (5)17:00~   (6)18:30~ 予約済

 

   整体ヒーリング  施術料 7000

   カウンセリング  90分 8000

   整体ヒーリング + カウンセリング 15000 (早めにご予約をお願いいたします)

 

  お申込み  伊庄整体ヒーリング   0191-52-2606

        メールでのお申し込みは HP ”お問い合わせ” よりお願いいたします。

 

   

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

感じること、

 最近では除夜の鐘がうるさいからという近隣の苦情でやめているお寺もあるとニュースで聞いておもわず口に含んだ珈琲を吹き出しそうになった。なんでも苦情を言えば自分の思い通りになるとふんでる風潮があるのはどうかと思うしいろんな事情はあるだろうがすぐに受けいれる側もどうかと思う。

 その季節のその風物や音、例えば虫の声も、朝焼けや夕焼け、その季節の空気感、花のかおりなどなど、そ~いうことに情緒を感じなくなってきている人々が多くなっているのは確かだと感じてます。それだけ心に余裕がないのか、毎日イライラしてるのが好きなのか。

 ”感じる”とは物事の本質を見抜くことであり自分の霊性を磨くことだと思います。日々の生活のなかに感動や感謝の気持ちを持ちながら物事を見ればけっこう楽しく過ごせるんだけど・・簡単なことほど難しいんだろうね。

| | コメント (0)

«年齢は・・