2021年5月10日 (月)

ヒーリングとは、

 人の本体・・本当の自分自身はエネルギー体と考える。

 肉体が主ではなく、エネルギー体・・つまり霊魂が主であり肉体はそれに従うものであると考える。肉体そして精神が不調の時、それは潤滑なエネルギーの流れが阻害されている。エネルギーが何らかにブロックされていることがある。原因がわからない・・しかし確実に不調はある。

 本来の自分自身に戻りたい、心はいつもそう思っている。ヒーリングとはエネルギー体にアプローチを加えていく治療法である。クライアント様が抱いてくる様々なエネルギーに対処、対応してその方の生命エネルギーが活発になるように、そして不快な症状から解放させなくてはならない。そのために私自身も施術のためのエネルギーをつねにコントロールできるように生命エネルギー保ち続ける努力をしなくてはならない・・と考えてるけど平常心ってむずかしいよね。

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

変わるとき、

 変わらずにいるため、存在し続けるためには、今変わらなければならない・・ということ。

 どう考えてもそれは今です。いや、もうとっくに変わっていなければならなかったんだけどあれもこれもタイミングです。自分自身の存在はそのまま自分を取り巻く環境すべてにつながりますよね。

 依正不二です。

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

今年の桜

Image0_20210412101201

 2週間もはやい今年の桜、満開の週末は近所の桜を堪能です。

 別に桜の名所と呼ばれる場所にそれほど興味があるわけでもないのでわざわざ出かけることはしない、もっとも”出かけないでね”と言われてるわけだしね、我が町を囲む里山に咲く桜が一番きれいだと思っている。昨日はカミさんと愛犬タツ君と一緒に散歩しながら今年しか会えない桜を愛でた。

 ”梅は寒苦を経て清香を発す” という言葉があるが桜もまた同じ、風雨にさらされ雪霜の苦しさに耐えてこそあの美しさを放つ、人間もまたその通りじゃないかな、困難に鍛えられた人物が一回りも二回りも大きくなるはずと思う。

 

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

愛犬タツに想う。

 朝の散歩、毎日4~5キロ愛犬タツと歩く。とちゅう里山でタツを走らせる。まだ3歳とはいえ走りが力強い、飛ぶように走る姿、筋肉の躍動感を見るのが楽しみです。

 生後4か月くらいで拾われもちろん親は知らない野犬の子。何を食べてしのいできたのか食べることが大好き今は野菜も果物もなんでも食べるのでうちの台所に野菜くずは存在しない。うちの歴代の犬たちはみなドッグフードは食べさせていない、お米とお肉と野菜のごはん、結果誰一匹として病院にかかったことはない。亡き牡丹さんの予防接種の時獣医さんが「すごい筋肉だ・・何食べさせてるの?お米?そうほんとうはそれがいいんだよ・・歯もきれいだな。」と言われたことがある。

 そんなうちのタッちゃんを見てると力を感じる。力の結晶を感じる。どんなことにでも打ち克つ・・実際に打ち克ってきた力強さを感じる。きっと負けないだろう、野犬としての運命に打ち克ってきたのだからな・・と感じる。

 さて、私たち人はどうだろう・・人には強い力がある・・はずだが今どうだろう。私たちの内に秘められた力の結晶、使うも使わないも自分次第である。

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

変化している、

 久しぶりに書いてみた。

 4月に入ってすぐ桜が咲き始めるなんて初めての経験、梅だってやっと咲き始めたのに。しかもゴールデンウィークに入るくらいに毎年帰って来るツバメたちも4月1日に巣の補修を始めた。春の何もかもいっきにやってきた感じを受ける。

 昨年の今頃はもうコロナの恐怖に日本中が陥り緊急事態宣言下、飛行機も車も動かず工場も稼働せず青く澄み渡ったきれいな空の記憶がある。

 いつも思うがコロコロ変わるのは、人の心、想念の動き、変化。変化を遂げるために私たちの”大切なところ”だけは変わってはいけない、大切な部分が変わる者と変わらずに進化する者にわかれるのがこれからの時代かもしれませんね。

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

言葉とは、

 今の世の中がどうのこうの言と言うつもりはないし、みなさん好きなように言いたいことやりたいことすればいいんじゃない?としか思わないが、ただ、最低限そんな中でも相手を思いやる気持ち、そして心から出る言葉を大切にすべきと思う。

 

 しるべし、愛語は愛心よりおこる、愛心は慈心を種子とせり。

 

 今自分たちが発している言葉や想いはいずれ芽を出し葉をつけて花と咲く・・いったい私たちは未来にどんな花を咲かせたいの?

 

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

節目から、

 久しぶりの大きな地震に肝を冷やしたかと思えば翌日は春を通り越したような天気かと思えば大雨にそして吹雪と・・いったい次はなにが来るの?というような数日を過ごしています。季節の変わり目なんだから多少の変化はあるだろうけどとにもかくにも極端としか言いようのない気候ですね。

 すべての事象には”節目”というものがある。木々の枝の節からは新たな芽が出て来るものそして葉を出し芽が出て花が咲くという自然の摂理がある。私たちはそんな自然の摂理に沿って生かされている。自然の摂理に沿った生き方というのがそのまま宇宙の摂理に沿うものであり、宇宙そのものが大きな生命と考える。そしてそこにも節目というものがあるのだろうと思います。これからの時代、節目という変化に対応できるものとできないものがはっきりと分かれて来るのかなと感じますね。

 必要なことは、考えることとその行いの制御、粘り強さ、寛大さ、信じること、冷静さ、それらを実践することが大切でありこの時代の”節目”に求められている。今日できなくてもいい、先ずは想うことからはじめましょう。

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

日々の進化を、

  気温はまだまだ低いけどどことなく春に近づいたと感じる寒さ、今朝はちょっと変わってきたなと感じる朝でした。そんなことカミさんに言ったら、「どこが?寒いよまだ~」と、微妙な変化には疎いですな・・。

 冬が終わり春が来る・・変わらずに行われてきた季節の移り変わり。それに合わせ生き物も変化をしていくのが世の常、人ももちろん変化をしなければならない、厄介なのは人には心があり、常に日常の様々な事柄で心の浮き沈みを感じさせられてしまうことでしょうね、とくにも今の世の中あたりまえのことがそうではなかったということに気付かされる毎日に時には心が押しつぶされそうな時がある。

 あともう少し‥ほとんどの人がそう信じて踏ん張っている。ただその先に以前と同じような日常はない。変わらないで生き残るためには私たちは変わらなければならない・・ということを自覚して日々心もからだもその行動も進化をさせていかなければならないですね。

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

応援すること、

 昨日いらっしゃった30代の女性のクライアントさんに、「良くなってきたことが実感できてます。応援してもらってますね。」と言われた。その方はご自分でも気づかないほどの精神的なストレスから体調をくずし苦しんでいましたが3か月ほど前からうちに来るようになり、今ではだいぶ気持ちもからだもいい状態になってきていました。良かった~。

 と、人を応援するのってとても楽しいことねとあらためて思います。そう言えば、うちの長女は高校に進学してすぐに「パパ、学ランと学帽が欲しい!」と言い出した。まさかの応援団に入会・・とてもうれしかったな、しかも今や天然記念物ともいえる100年の歴史を誇るバンカラ応援団、まさに誉であった。その後息子も高校入学してすぐに応援団へと・・こちらはが学ランで凛々しい関東風、どちらもかっこいい。春の高総体開会式では各校の応援団が競い合う、その勇姿を夫婦で応援しに行ったのはいい思い出です。

 一生懸命頑張っている人を応援すること、大切なその人のために祈ること、これほど尊いものはないんじゃないかなと思う。現世利益がはびこる昨今の祈りではなく、大切な人への思いを自分の”意に乗せる”ことがほんとうのいのりだと思います。さぁ今日も誰かのために祈り応援しようっと。

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

これからは質を極める

 大相撲初場所も終わり唯一テレビを見る愉しみがなくなった。今回も観ていて感じたのは”ちょっと稽古不足なんじゃないの~”ってこと、とくに上位の関取衆は不甲斐ないったらありゃしない、身体の張りもない、情けない。

 と相撲はこのくらいにして、他のスポーツでもなんでもそうだけど、合理的、科学的・・というのもうなずけるところはあるんですが、最後に物を言うのは、”量を極めて質を問う” ではないかと思いますね。稽古量、練習量、仕事量、どれだけこなしてきたかがその人の自信になるし、その人自身の生き方が仕事となるのだと思います。

 今はどんな仕事も大変かと思いますが、今まで皆さんが培ってきた経験と技術は長年の仕事量によるもの、かならずや活かせる日が再び来ます。それまではどのように進化させるかを問いて行くべきだと思います。これからは質を極めましょう。それぞれに神より与えられた仕事ですからね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

«遠隔ヒーリングについて、