« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

今年もあとわずか、

 今年最期の患者さんは、今日車で2時間かけて盛岡からいらっしゃった。本当にありがとうございます。来年も来てくださる患者さんたちのために一生懸命頑張ろうとおもっております。

 みなさまにとって2007年が最善最高の一年でありますように、こころよりお祈り申し上げます。

 え~と、新年2日から8日まで、こころの休養と仕事と自分の治療と遊びを兼ねて、横浜に家族みんなで帰るので日記はお休みします。毎日書いてくださいよとよく言われるんですが・・・それじゃ~来年からは!書けるよう努力します・・たぶんね、たぶんよ、来年からはうちのカミさんも赤ちゃんのいるお母さんたちのために書くみたいよ、こ~ご期待!

 それではみなさん今年は愛犬牡丹共々たいへんお世話になりました。来年もよろしくお願い致します。よいお年をお迎えください。感謝!

 

| | コメント (0)

2006年12月30日 (土)

人生おもっくるしいのがいい

 夕べ一人でお風呂に入りながら、今年はどんな1年だったかな~なんて考えてみた。まずは人との出会いや関わり、いろんな人に助けられたな~みなさんからいろんな発見や感動をいただきました。問題をクリアーするごとにさらに目の前に高いハードルが現われ、「できるか?これ・・・」なんて思いながらもやれということだろうと感じるし、患者さんもここでならなんとかなる、と思って来てくださるのだから「やったるで~!」という気持ちになる。ほんと毎回勉強させられてたんだね、患者さんからの信頼によって僕は生かされてるようなモンですね、ほんとにありがとうございます。来年も”一日是一生也”の気持ちで頑張るかな~。

 僕が大好きな故遠藤周作先生が言ってました。「人生おもっくるしいのがちょうどいいんだよ。」それは、おもしろく楽しいことの裏側に苦しいことも抱えているということ、苦しいことも楽しみのために我慢してがんばれる、楽しいことも苦しいことがあるからこそおもいっきり楽しめる。ということ、まさにそのとおりかな、最愛の人やかけがえの無い家族と一緒に楽しく過ごし歩んで行けるなら、どんな苦しい困難でも乗り越えていけるんじゃない。

 

| | コメント (0)

2006年12月29日 (金)

今朝の夢はいったい・・・。

 家と治療院の掃除も一段落ついて、あとやらなくちゃと思ってたのがお墓の掃除、去年は大雪で行くのも大変だったが、朝起きて外を見るといい天気だしそんなに寒くもないしと牡丹を連れて掃除に出かけた。大量の落ち葉をゴミ袋に詰め込んで墓石をきれいにするとなんかすっきりした気分、これで安心して正月を迎えられるね。

 そういえば久しぶりに夢を見た。いやふだんも見てるんだろうけどまったく憶えてない、でも今朝のははっきり憶えてる。それはなぜか僕が宇宙飛行士の試験にたまたま合格した・・・ほんとたまたま、で、面接試験はどっかの国の大統領、で、訓練を受けなきゃいけなくてシベリアに行かせられちゃうの、「以前行ったことありますか?」の質問に、「ありますよ。」と答えた。行ったことないのにね、そういえばうちのおじいちゃんはシベリアで亡くなったんだっけ。みずきに「行ってきていい?」と聞いたら「やりたいことやれば、いってらっしゃい。」で目がさめた。なんだいったい?でそのあとまた寝ちゃってすぐ夢を見た。今度は僕は病院で病気のおばあさんを運んでる、しかも特殊な治療を受けそのおばあさんはあかちゃんになってる、で、ぼくはベビーカーにそのばば~あかちゃん乗っけてあかちゃん検診に行く、年齢聞かれて八十過ぎてますと答えたら、みんなで「ありえな~い!」で目が覚めました。一体全体どう解釈すればよいのでしょうか?誰かおしえて。まぁおもしろかったからいいけどね。それにしてもばば~あかちゃんの顔がリアルで忘れられん。

 おお~!?外は雪が降り出していつのまにか積もってる!なんか年末らしくなってきました。

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

牡丹日記

 ど~も、 あたし牡丹です。しっかしなんざんしょこの天気、12月よ、師走よ、ふつうなら寒くてぷるぷるしてんのに今日は暖房もいらない、発達した低気圧の影響で云々・・・ってこの季節にどんな低気圧だって~の?台風シーズンじゃあるまいし雷大雨洪水波浪警報まで出てる、しかも今おっきな虹まで出ちゃってわ~きれい・・・ってでもこの時期に虹が出るって憶えないな~、まったく変な天候だわね。

 もうすぐお正月ね~、タコ坊主は久しぶりに横浜に帰れるんでウキウキしちゃってるわ、2日と3日は新宿で、4日から7日まで横浜にいるんですって、その間も向こうに居る患者さん数人の所に行くらしいけど、楽しくって仕事になんのかしらね、どおせ夜な夜な放浪するんでしょ、きっと夜のネオンに飢えてんのね、なにすんだか心配だわ。心配って言えばあたしどうなんの?え?チャコおばさんのとこ?ごはんくれる?おせちは?もちは?寝正月でもするかな。そいじゃまた来年、ごっきげんよ~。

| | コメント (1)

2006年12月26日 (火)

さびしいな~

 12月25日をもって横浜山下公園のマリンタワーと氷川丸が営業を終えた・・・さびしいな~20年横浜に住んでいて、仕事に行くときに毎日前を通った。独身時代のあれやこれやの思い出、お世話になったな~。子どもたちとの散歩は自転車にみずきとれんを乗っけてマリンタワーへ、カンノンちゃんの居るおもちゃやさんで遊んだりお昼は氷川丸の見えるところでマックを食べ山下公園で遊んだ。夜中独りで公園のベンチに座って缶コーヒー飲みながらぼ~っとしてたり、あの独特な夜間のライトの色、正月行ったら見れないのかな~、久しぶりに夜ぼ~っとしにいこうと思ってたのに、本牧の家から代官坂トンネルぬけて元町に出るとき見えるライトアップされたマリンタワーが一番好きだった。明かりと言えば黄金町のガード下のあの毒々しいネオンももう無い、横浜といえば!ってとこがちょっとづつ無くなっていくな~、みなとみらいの夜景は東京とそんなに変わんないしね、ランドマークタワー眺めてるとゴジラが現われぶっ壊してる映画のシーンを思い出して興奮しちゃうのは僕だけか?寂しいと言えばソウルミュージックの神様JBも25日ほんとに神様になっちゃったな~いったい何歳だったんだろ・・・。

| | コメント (0)

クリスマス

「サンタさんきょうくるよね、たのしみ~、おもちゃもってきてくれるかなぁ、」うちの子たちは3人ともサンタクロースがほんとにいると信じてる。もう自分たち大人の感覚ではちょっと想像がつかないな~、すっごいわくわくしてるのがわかる。れんは夜中何度かハッと起きだし辺りをキョロキョロしてたし、2歳のキミにとってはサンタさんは恐ろしい存在、なぜか怖がる。そういえば以前サンタさんの真似と言って僕は「泣ぁぐ子はいねぇが~!!」と秋田のなまはげの真似をして泣かせたことがあったのでそれからよけいに怖がる、先日の幼稚園のクリスマス会のときは僕がサンタクロースになって出てきたときはキミだけ先生にしがみついて大泣きだった。みずきは1年生だからうすうす感ずいてる感じだ。で今年のプレゼントは冬用のブーツや長靴、でも履いてみなくちゃサイズわかんないから、画用紙に絵を書いて”目録”として枕もとに置いといた。れんはそれを見るなり、「なんでパパの絵があるの?」「・・・・」 きみは大好きなアンパンマンの絵に大喜びだったけどね、子どもの夢を大切にしなきゃいかんね、子どもたちにとっては現実に存在するキャラクターたちがいっぱいあるんだよね、大人の目に見えなくても子どもたちには見えてるものだったりね、子どもたちにとって大切なものはほんとに存在してるんだね~。

 「たいせつなことはね、目に見えないんだよ・・・」って星の王子さまが言ってたね。

 

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

大掃除しなきゃね、

土曜日に2件の浄霊をこなしたせいなのか昨日はからだがだるくて動かないし今日は午前中からだが痛かった。でも12月の末なのに朝から雲ひとつ無い天気で暖かい、こりゃ掃除しなきゃと治療院の窓と自宅の窓せっせと拭きました。しかし去年の今ごろは寒いわ雪降るわで大変だったけど今年はどうなってんだ?小坊がTシャツ一枚で学校から帰ってきたぞ、それとも油断させといてこれから本番か?スキー場は雪不足らしいけどねなんとも過ごしやすい毎日です。せっせと掃除してたらからだ痛いのもどっかいっちゃったみたい、窓がきれいなのって気持ちいいね~、僕のなかにも1年間のいろ~んなものが溜まっちゃってるみたいで掃除しなきゃいけないな、正月横浜に行ってヒーリング受けることになってるのでそん時ドバ~ッと大掃除だ!Ponta先生ひとつよろしくお願いします。楽しみにしてます。ほんとに。

 それにしてもこの辺は土地柄か?昔、戦があっちこっちであったからだろうか、根が深い場所だな~とにかく浮かばれないのがうじゃうじゃいらっしゃいますね。と言って大掃除するわけにはいかないしね、どうしたらいいんでしょ、さわらぬ神になんとか・・・と言っても向こうから来るんじゃね、がんばるしかないか。

| | コメント (0)

2006年12月22日 (金)

ALL YOU NEED IS LOVE♪

 はやいもので今年ももう残すところ10日を切ってしまった・・歳をとるごとにいつも思うんだけど、なんで~1年経つのがこんなに早いの?まぁ、1日が早いよね、で1週間なんてあっという間、1ヶ月なんてボケ~っとしてる間におしまい・・・1年なんてトイレで気張ってる間におしまいよ。もう40にもなったわけだし、肉体的には下降線をいくわけだが、精神的には若くいたいもんですね、そのためにどうしたらいいか、やっぱりどんなことでも楽しむことかな、それと~無理しない、身体を健康に保つためには適度な食事と休養が必要不可欠、そう適度な食事なんだよね~以前横浜に住んでるときに仕事中風邪気味で弱っちゃってたので、「こんなときは焼肉だ!スタミナつけるぞ!」と店のスタッフつれてホルモン屋に行ったんだけど・・翌日からえらいめにあってしまった。よく考えればあたりまえなんだけどね、そのとき「あ、おれもう若くないんだ~」と自覚しました。

 そして身体の健康とともに大切なもの、それはこころの栄養、いろんなこと経験して、喜んだり、楽しんだり、泣いたり笑ったり怒ったり、そして最高の栄養はやっぱり愛だよね、人を愛するこころ、家族、子どもたち、自分をとりまくすべて、愛はそれを自覚したときにこころの奥底から無尽蔵に湧き水のように次から次へと湧いてくる。口に出して言ってみれば?「愛こそはすべて」なにかが動き出すはずです。

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

決断力をやしなっとこ~

 最近、緩和病棟を備えた病院が増えてきていて、ホスピスと緩和病棟は同じものという風になっている。両方とも末期の方たちの痛みを極力緩和しながら徐々に死というものを受け入れていくもので当然からだの痛みの緩和だけでなくこころのケアも必要になっていくはず、死の間際に楽しかった思い出なんかを抱きながら旅立っていけるようにしてあげたり、肉体が滅んでも、命、魂は生きて生きて生きっぱなしなんだよってことを理解できるように教えたりね、そうすればみごと成仏できるわけだ・・が、最期まで癌をはじめ不治の病で余命がわずかということを悔やんでいたり、死んだら次どうなんの?ってことを考えることなく死んでしまったら、そのままからだとこころの痛みを抱えながら魂だけがそこに留まっちゃうんだよね、夕べはそんな方たち(けっこうたくさんいたよ)に死を受け入れてもらい次のステップへ旅立てるように”お手伝い”をした。みなさんそろって死とは何か考えも受け入れもしてこなかったってさ、もちろん市内某病院の緩和病棟では教えられなかったそうだ。

 これからは、積極的に死を見つめ、死を含めた医療の方向性が必要だよね。

 死というものは、なしくずしに人に訪れるものじゃなく、死が訪れたその最期のときの何時かの瞬間を、人は決断し選び取る、だから生きてるあいだに、自分が死ぬときのための決断力をやしなっておかなきゃいけない、やしないましょうよ!

| | コメント (0)

牡丹日記

 こんにちは、あたしタコ坊主んちの牡丹です。今朝は朝帰りなのよ、夕べ久しぶりに脱走したの、だって最近朝の散歩でおもいっきり走らせてもらってないんだもん、今までは朝6時前から散歩でたっぷり時間があったから広いところで放してもらってたんだけど、今は6時半にならなきゃ明るくならないし路面は凍ってるし寒くてタコ坊主もおきてこないしで散歩の時間が短いのよね、で、どこに一晩も行ってたかっていうと、タコ坊主の妹家族が飼ってるチャコおばさんのところよ、たまには世間話でもと思ってね、あたしもチャコおばさんも色々とストレスがあんのよ、そしたらタコ坊主の妹ったらあたしのことを夜這いに来たオス犬だと思ったみたいでチャコおばさんを家の中に入れちゃったのよ~ちょっとあんた毎日顔あわしてんのになんであたしのこのかわいい顔がわかんないのよ!失礼ね!しょうがないからこの寒い中しかも今までで一番の冷え込みの中玄関先で寝たわ、で朝子どもたちが学校行くんでドア開けて「あれ牡丹・・なにしてんの?」だと。

 みなさんもストレスや悩み色々とあるでしょうけどなかなか独りでは解決できないもんよね、そんな時は友達に話聞いてもらったり相談したり、大声出して笑ったり、泣いてみたり、怒ってみたり、あるがままの自分になっちゃえばいいんじゃない、悩んでることも答えは案外近くにあるんじゃない、「宝も 答えも 己の内にあり」よ。

 あたしの悩みはなにかって? ねぇ・・ どこかにいいオスいないかしら・・・。

| | コメント (0)

2006年12月19日 (火)

素直なこころとは?

 よく「○○ちゃん、親の言うことをよく聞く素直ないい子ね~」などと、あたかも人の言うことをよく聞き、逆らわず、従順であることが素直なことと思ってる方たちがいるようだけど、本当は素直ってどんなんでしょうね、ちなみにぼくは素直です!。とっても!。でも周りから言わせると頑固もんらしいんだよね~、素直ってとっても力強く積極的なものなんじゃないだろうか、昔20代の頃「いつまでもちゃらちゃら遊んでないで実家に早く戻って来い」と親父と叔父に説教され「親の言うことを聞く素直な子になれ!」とまで言われおもわずぶんなぐってやろうか!と思ったことがあったけど・・・そん時、素直って?何?と思った。何れ自分が子どもたちもにこんなこと言うのかな~なんて考えちゃうけど、ぼくの考える素直っていうのは、ひとつのことに捕われないこころ、あるがままに物ごとを見て考えるそしてその中から真実と真理をつかむ働きのあるこころ、そしてそれに適応していくこころだと思ってます。

 そして素直は”主直”つまり”主”=”神様”に真っ直ぐなこころ。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

気がつけば・・・

 今日18日、40回目の誕生日をむかえていた。あっという間の30代だったな~10年ひと昔なんていうけどもう昨日の出来事のようになんでも思い出される。なんといっても大きい出来事は結婚して3人の子どもに恵まれたこと、そして母が帰幽したことかな、これらのことが無かったら今の自分は無いね、きっといまだに横浜の夜を徘徊してたにちがいない。たくさんの人たちとの出会いや別れ楽しい思いも痛い目にも遭ってきたおかげで今日の自分があるんだな~と夕べはしみじみ思ってしまった。とは言ってもどっちかっていうと、”なんとかなるさ””ま、いっか””おもしろいじゃん!””楽勝!””いやなものはいや””起こってしまったものはしょうがない”などとB型気質で乗り切ってきたようなモンで幾分反省しなきゃいけないかな・・・ともちょっとは感じてるが俺の血がそうさせるんだから、ま、いっかな、ね。

 しかし、きょうから40代・・大人です・・多分?以前から頭に浮かんでいた言葉を心がけていこうと思う(まじめにね)それは「命をかけてことを成す」ということ、命をかける思いがあるのならば自ずとものに取り組む態度が真剣になり、ものの考え方が一新され創意工夫が生まれてくる、真剣になればおたがいの命が生きて働きだす。射手座のB型のぼくに出来るかな~。そしてもひとつ「道」をたいせつに生きる。です。

| | コメント (1)

2006年12月16日 (土)

風邪に注意

今日は幼稚園のクリスマス会でした。子どもたちの成長を家以外で確認できるいい機会、ここ数週間2歳のきみかは幼稚園から帰ってくるとお遊戯の練習づかれでくたくた~って感じ、れんはお弁当を食べてくるのに「おなかがすいてちからがでない~」と帰ってきていた。どんだけ練習していたのか今日は楽しみにしてクリスマス会に出かけた。きみかを含め2.3歳の子たちの踊りはほんとに感動的よくここまでがんばったな~、そしてプロとはいえ先生たちの忍耐力にも頭が下がるおもいです。れんは夕べ38度の熱と咳があったが今朝には回復「きょうはれんむりだな~おどれないな~でもガチャポンがあればな~」と例によって心理戦を挑んできた。時間もないのでちゃんとできたらねということで即決・・・でもはらぺこネズミよくできました。

 このところ風邪はもちろんやっかいなノロウィルスが流行りだしてきている。風邪をひいたみたいとすぐ病院に行くのも考えもの、抵抗力が弱ってるところにノロ、インフルエンザ、風邪の菌がうじょうじょいるところに行くのはうつってくれと言ってるようなもんだね、だいじなのはうがい手洗い、よく食べ、たくさん寝る、休む、水分補給をまめに(ビールは水分補給にはなりませんからね。)空気中には風邪のウィルスがたくさんいる、日頃それにかからないのが不思議なくらい、でも風邪ひいちゃっても対抗できるように治癒能力、抵抗力、体力を日頃から養っておくことが大切です。見てるとふだんちょっと風邪をひいたと言ってすぐ薬を飲んでる人ほど風邪をひきやすくそしてずるずると長引いてる感じですね、そりゃそうだと思わざるおえないけどね。元気で正月を迎えられるように気をつけましょうね。

| | コメント (0)

2006年12月14日 (木)

大人のロック

 ”大人のロック”という雑誌がある。ページを開くたびに中学高校時代に聞いていた、いや今ももちろん聞いてる60~70年代のバンドの情報やコンサートやレコーディング秘話など読み、レコード棚からそのアルバムを引っ張り出し聞いてみると今までとは違う輝きを放ちながら音が飛び込んでくる。ノスタルジックに浸るわけじゃない、新しい発見があるんだよね、ちなみに今回の特集は「レッド・ツェッペリン 轟音伝説の完成」も~ちろんでっかい音で聞いたが、血湧き肉踊るのを感じる!やっぱロックはええね~。ロックとプロレスこの2つは僕にとってのこころの栄養になっている。持ってますか?こころの栄養になるもの。

 今夜は伝説のパンクバンド、”スターリン”のエンドウミチロー氏のライブがあるので行って来ます。ちょっとこころに”毒”も必要なのでね。

| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

衣食足りてんのに・・

 毎日着るものがあって、食べるものがあって、雨露しのぐところもある。それだけで幸せであり、与えてくださった神様に毎日感謝しなくちゃいけないよね、「衣食足りて礼節を知る」2千年以上昔の中国の言葉らしいが、今でも使われてるってことは、そこに人間としての一つの真理があるってことでしょう、と~ころが!どうも最近じゃあ「衣食足りて礼節を知る」どころか「衣食足りてんのに礼節ますます乱れる」ことが多い、先日聞いた話ではなんでも、小学校の生徒の親が、給食のときうちの子に「いただきます」と言わせないで下さい、お金を払ってるんだから言う必要はない。とおっしゃる人が世の中にいるそうだ。世も末だなこりゃ、もちろんそんなひとたちだけじゃない、礼節を重んじてるひとだっているわけだし、今私たちがやらなくちゃいけないのは、世の中を正常な姿に戻して社会の繁栄と人間としての幸福を生み出していくことだと思う、自己中心的なものの考え方、行動をまず自ら反省しなくちゃいけないよね。ひとりひとりの努力、その力を信じてんだよね。

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

心です!

 先日、運転免許更新のため、金ヶ崎まででかけた、うちのあたりはまだ雪はないけど車で30分ぐらい走り峠を越えた辺りから雪景色、タイヤは履き替えてあるが用心しながらの峠越えだった。

 講習を1時間受けることになっているが、どうせいつもの気のない講義とビデオを見せられオシマイ(横浜ではそうだった。)と思っていたが、その初老の講師の方はちがった!まず入ってきて挨拶。「みなさん、おはようございます。」なぜかその声にひきつけられてしまった。そして講習がはじまる、だれひとり寝てないどころかその話の素晴らしさにひきつけられてしまってる。そしてあっというまの1時間の講義の最後にこう言った。「みなさん・・大切なのは心です。」おもわず拍手したくなってしまった・・・ってこれ免許更新のための講習だよな・・・。いや、ほんと涙がちょちょぎでるほど感動した講習だった。帰りはもちろん講義で言われたことをかみしめながら安全運転、みなさんこの季節間違っても飲酒運転はしないようにね、そしてなにごとにも譲り合いの精神でね、運転も心です。

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

進化

 寒い・・・でもまだ12月になったばかり、これで寒いと言ってたら1,2,3月などとうてい乗り切れないのであえてまだこんなの寒いうちにはいんないよと言っておこう・・・だって北海道はもっと寒いもんね。うちのカミさんはこの寒さに適応できるようなからだにできてないのでこれから寒さに耐えられるよう進化させないとね、大昔から進化しない生物は滅んでるからね~、進化するということは、第一にいろいろな環境に順応して自分のからだを変えること、次に環境の変化が去っていくのを待つこと、そして昔からの伝統や歴史を受け継いで次の世代に伝える、これが進化なんだって。ところが今の日本人は歴史を受け継いでいない。順応していない。順応するというのは、たとえば氷河期が来て寒かったら、寒さに負けず頑張ろうというのは滅んじゃう(オレだな・・・)。自分の力で自然を変えたり、自分の力でがんばるってことではなく、寒さに耐えるよう自分のからだを変える、体毛を増やしたり、脂肪を蓄えたりして順応させ、そして寒さが去っていくのを待つ、これが進化なんだって、これができた生物が生き残ってきた。ってことはカミさんは進化の過程にあるんだな・・だって脂肪がけっこう蓄えられてるよ。

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

にんにく

 生きてる間には、いいときもあれば悪いときもある。ずっと幸せってことはない。自分が健康なときでも家族の誰かが病気をしたり怪我をしたりすることもあれば、仕事だって順調なときもあれば、思うようにいかないときもある。人生には浮き沈みがあるよね。でも沈んだとき「自分はなんてだめなんだ、運が悪いんだ。」なんて自暴自棄にならずに、我慢し、耐え忍ぶこと、これが「忍辱」にんにく。辛抱するしかない、すぐに物事が好転するわけじゃないけど、我慢、辛抱を続けていればそのうちに少しづつ良くなるはず、信じるしかない、その苦悩でさえ何か自分の魂の成長にとってきっと必要で意味のあることなはずだ。   今日はこれから、その苦悩に耐えられず自らの死を選んでしまい、さらに苦悩を重ねてしまってる霊を浄霊する仕事です。今のこされた家族もつらいおもいをしてる。言いたいことたくさんあるだろうな、まずは聞いてあげなくちゃね、最善にして最高の結果が得られますように。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »