« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

牡丹日記

  ど~も、お元気ですか?あたし柴犬の牡丹です。

 先週は大雪でど~なるかとおもったら、今週は小春日和続きで雪はすっかり溶けちゃったし、寒かったり暖かかったりもうからだがおかしくなっちゃうわよ、うちのママちゃんはもうすっかり真冬モードに突入しちゃってね、やっぱハマっこだからさ、寒さにからだが適応しないつくりになってんのよ、タコ坊主にはいつも「肉体を進化させろっ!」ってわけわかんないこといわれてんのよ~、タコは・・・雪ふったときの朝、子供たちといっしょに大はしゃぎだったわ、一番先に外に飛び出していって雪掻きを楽しそうにしてんのよ、なんでも雪掻きしてると頭んなかが真っ白になってきもち好いんだって・・・去年雪無かったからね、たまってんのよねきっと、肉体バカだわね。

 明日からタコ坊主栃木に出張なんだと、また浄霊らしいわね・・・だって昨日の晩も来てたわよ~その土地の主って方、にょろにょろ~って大蛇様が・・・・あたしその気配でもう恐くてぷるぷるしてたわよ~なんでもその土地についてタコ坊主がいろいろ相談事のってたみたいね、その前はお稲荷様だし、天狗様も来てたし、鎧武者もいっぱい来るし、いったいなんなのよ~普通の人間より幽霊とかが多いじゃないのよ、そういえばタコ坊主「そろそろ、見えないもの、霊に関しての相談事ちゃんと受けようかな」って言ってたわ、あまりにも多いのよねその類の相談が、「でもさ~一応普通の治療院だしさ~」ってタコ坊主・・・みんな知ってるけど不通じゃないですぜタコちゃん。

 それにしてもタコと大蛇が向かい合って話してるって姿は・・・おもしろすぎるじゃないの。

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

おめでたい、

先日、奈良に住む妹夫婦に待望の第二子女の子の赤ちゃんが生まれた。電話口から聞く旦那の声は、立会いをしたこともあり「かわいいっすよ~かんどおっすよ~かわいい洋服かうっすよ~」と・・・とにかく喜びにあふれてるのはまちがいなく、めでたいこっちゃね。あの夫婦の子供だからとっても可愛らしい女の子になるのはまちがいない・・・たぶん。

 うちも自宅分娩で、目の前で赤ちゃんがとびでて!?くるのを目の当たりにしたときは総ての考え方が一変したといってもおおげさでないものだったし、そこには自然で畏怖を感じさせる神秘性がありそれを感じざるおえませんでした。だから今こうしているんだなと自信をもって言えますね。科学的に考えれば、ものごとには必ず原因があって結果があり、またその結果が原因になって次の結果を産むという一連の働き、つながりとしていのちを見てるだけでは、そこに神秘性は見えてはこないでしょうね。生まれたときの感動の中にはきっとその無意識の中にすっごく深いものがあるはずだし、不思議な「縁」でむすばれてるんだなと思うと、それだけで愛情が湧きあがってくるのを今でも感じます。まぁもっとも子供らが大きくなるにつれてあれやこれやと怒りや不安もふつふつとわきあがってくるんでしょうけどね・・・それも生きてるうえでの修行なんでしょうよ。

 今は”子供たちの成長の過程をできるだけ見逃さない”一緒に過ごす毎日をあたまのなかこころのなかに刻み込もうと思って過ごしてます。

 

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

初雪だ、

 ふっちゃいましたね~雪、朝起きたらあたり一面銀世界、子供たちは飛び起きてさっそく外に飛び出して行き初雪と戯れていました。牡丹と散歩中も小学校に向かう子供たちはあっちへふらふら~こっちへふらふら~と雪を集めながら歩いてる様はまるでちっこいゾンビを見てるような、でもみんな初雪に目を輝かせていて、「おはようございます!」という元気な挨拶に、僕も牡丹も一日の元気をいただきました。

 夕べは1年ぶりとなる遠藤ミチロー氏のライブへ、ミチロー氏は横浜の僕の店でもライブをやっていただいたことがある、56歳になったって・・・で、年間200本のライブ・・・あの声、あのパワー、こっからも妙な元気いただいちゃったよ。

 先週は中本マリさんのライブ、横浜の知人の紹介で今回お世話させていただくことになり、ピアノの大石学さんとも数年ぶりの再会、いろんなハプニングもあったが、楽しい時間素敵な時間をいただきました。マリさんの歌声、さすがです。そして大石さんのセンシティブなピアノ、米木さんの深みのあるベース、お客さんからは大喝采、みなさんに満足していただきました。

 ということでパワー満載で今週も仕事しましょう、これから盛岡と、東京、栃木への出張も控えておりますのでね、楽しみたいと思います。これからますます寒くなりますから体調崩さない様気を付けてくださいね。ぼくはなぜか冬が楽しみでわくわくしてます。

 

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

今、思うに・・・

  ある患者さんに、「最近、いろんな人たちに支えられてるんだなって感じるんですよ、そう思うと、大変だけど好きな仕事ができる今の状況、そしていろんなことがあるけど平和に暮らせるこの国にも感謝しなくちゃいけないなって思うんです。」と、帰り際に言われた。ほんとその通りだと思う、たしかに今の世の中政治も会社も人間もむちゃくちゃなことばかりだが、ある意味”膿が出てきた”とも言えるよね、そんな人間ばかりじゃないし、未来に希望をもてない人ばかりじゃない、未来に希望を持ってみんなのために働いてる人だってたっくさんいます。考えてみれば、「約束を守る国」なんて日本くらいです。「水道水がそのまま飲める国」なんて日本くらいです。「高等教育を低額で受けれる国」なんて日本くらいです。その他考えたらいくらでもあるけど、私たちは、日本に生まれ育ったこと、もっと感謝し誇りに思っていいんじゃないでしょうか、U2のボーノが言ってましたね、「日本は、本当にいろんな国に対したくさんの貢献をしている、もっと評価されるべきだ。」と、ただし思うに日本人が今問われていること、それは、”衣食足りて礼節を知る”豊かさの定義を考え直さなければいけないんじゃないかな。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

ライフスタイル1

振り返ってみると、どんなに嫌なことや苦境にたたされても、これも今必要なことだな、前向きに肯定的に考えよう、という発想をもってものごとをこなしてきた気がする。で、けっこうなんとかなってきたし、おもしろい経験もたっぷり味わってきた。これは、医学的に言えば脳内からいい~モルヒネが分泌され、脳細胞が活発化されるってことらしいが、たしかにいろんな方を治療していて感じるのは、頭、脳の若い方は心身ともに”元気”だということ、年齢的に若くても頭が活発に動いていない人は身体もいまいちです。んじゃ~頭、脳を若く保つにはどうしたらよいのでしょ~か、それは、「頭を使うこと」お勉強したり、手先を使うこと?それも必要ですが、脳を使うってのは、「プラス発想する」ことですね、プラス発想すれば脳内モルヒネが分泌され、脳内細胞が活性化されるんですよ~お立会い!ぜひ、「そんなんで良くなりゃ苦労はないよっ」なんて言わずに、そんなライフスタイルに変えてみるのもおもしろいんじゃないでしょうか、ケ~セラ~セラ~♪な~る~よお~にな~る~♪これがぼくのライフスタイルです。

 

 

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

晩秋の演奏会

 先日、何度かこのブログでも紹介している、アメリカ人の尺八奏者ブルースさんと琴奏者カートさんの”紅葉狩りツアー”ライブが隣町藤沢町で行われました。会場は築100年は経っている古民家で、今は民宿を営んでいらっしゃる囲炉裏があってなんともあったか~い風情のある場所です。大座敷に座布団をしいた会場に50人のお客さんが集まり、楽しい時間をすごしました。

 今回ぼくは2人を紹介をしただけで、あとの運営は藤沢町の石田さん、古民家民宿のオーナーであり町会議員の佐藤さんが引き受けてくださり、その真摯な姿勢とみんなに楽しんでほしいという一生懸命な取り組みに感動しました。お母さんたちがつくった甘酒や秋刀魚のつみれ汁(うまいよ~)をお客さんに振舞ったりといたれりつくせりで、2人の演奏もその気持ちにこたえ素晴らしかったです。お客さんの聞く姿勢もまたびっくりするほどで、演奏する側と聴く側のこころのキャッチボールがみごとできていた感じがしました。

 楽しんでくれたらいいな~と思う気持ちは、自分も楽しまなきゃ伝わりません、ものごとにたいして最善をつくすことが自分をも生かすということ、そして同時に他人が楽しいな~と感じてくれることは他人を生かすということじゃないでしょうか、それはと~っても尊いことだと感じるんですけどね。

 それにしても美味かった秋刀魚のつみれ汁・・・僕は3杯、彼らも4杯ずつたいらげました。ごちそうさんまです。

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

ひさびさに・・・

気配はすっかり晩秋ですね~、近所のお寺の前にある数本の大木、おそらくケヤキだろうけど、みごとな紅葉を観せてくれてます。前を流れる川面にそれが映し出されている様は、毎朝の散歩の時、たま~に靄がうっすらとかかっていた時などは絶景です。こういう近場の風景に見とれるようになったのはいつ頃からだろうかな~歳とったってことかな・・・たしかにちょっと車をとばせばみごとな風景を見に行くこともできるんだけどね、ちょっと目を凝らせばどこにでもすぐ近くにあるはずです。歩いてみれば、足元に小さな花々が、高台に行き遠くを見ればいつもは雲がかかって見えない山々が、心を静かにして木々の中をのぞくと動物たちが、色々なものが見えてくる。心をオープンにしていると「見せてあげるよ」とばかりにほんの一瞬見せてくれる。そんな時は朝から得した気分になりますね。

 自分自身とそれを取り巻く自然環境、別物のように考えがちだけど、空気や水がなければ自分は存在することはできない、環境が汚れれば自分も汚れてしまい、濁った気持ちを持っていれば、自然環境をいとも簡単に濁らせることができます。自分自身と自然界、この二つは切り離すことのできない存在です。どんな世界を創っていきたいですか?子供たちにどんな世界で生きてほしいですか?そして、自分の環境はすべて自分で決めています。人から生まれた影は、影が勝手に動くのではなく、自分が動くから影が作られる、自分が動けば影も形も変わるし、影を思うようにしていくことができます。

 すべては自分の”想い”からです。  ねっ。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »