« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

生島先生と、

 先日、浄霊の仕事を終えた後、久しぶりに生島先生(今年2月に亡くなられたヒーラーであり浄霊師、サニワ。マントラを使い爆弾!?のようなヒーリングを行う、死期が近いころはまさに神がかり!)と話してみたいなぁと思ったところ ”どっか~ん!”と(ほんとにこんな感じ)霊媒師の岩田さんに降りてきました。いつものように「よ~周平くん、元気そうだねいつも見てるよ~」と、話しはじめ、霊界の様子や霊界から見たこちらの世界、これからかなりの数の自然災害が起こるだろうという話、今僕のところに来てる霊障で悩んでいる患者さんのことなど、よくそんなことまで見てるな~こりゃへたなことできんな~と思うことなど話していきました。アドバイスくださいとお願いしたところ、「たしかに見ててはがゆいところあるんだよねぇ、でもそりゃ~自分で経験しながらおぼえたほうがいいよ。でも、手伝いたいな、いいのかな、上の方に聞いてみるよ。」とのこと、「でも生島先生、先生がやったみたいにぼくの身体に吸い込ませないでね。」と念をおしておきました。

 ヒーリングにおいて”力””パワー”を誇示してはいけません。”力”でねじ伏せようとすれば”力”によってこちらもねじ伏せられることになる。ではどうするか、「自分が治す、何かをする」のではなく、それは「自然に起こる」ということを認識することです。どんな強い力よりもまさるものがあるんです。それは・・・・僕にはまだまだです。

| | コメント (0)

老人ホームにて

 毎週木曜日は老人ホームで数名のじーちゃんばーちゃんにヒーリングをしています。と言ってもご本人たちにとって僕は「もみ師さ~ん」であってどんなことしてるかなんてことより気持ちいいと感じてもらえればいいわけです。もう3年くらい続けているんだけど、もちろんじーちゃんばーちゃんが元気になって退所していくということはないわけで、だんだん思うように身体が動かなくなってきてるし頭の方も・・・だし、しっかりしゃべれる方は数人であとはご自分で食事もとれない方、寝たきりの方がほとんどです。ベッドが空いてるなぁと思ってヘルパーさんに聞いてみると、「あぁ○○さんお亡くなりになりましたよ~」というぐあいの場所でホスピスとどう違うんだろうと考えるとたいした差はないかなとも思います。

 でもみなさん大正、昭和の混乱の中生きてこられてきた方ばかり、昔話にも重みがあります。そう、言葉のひとつひとつに重みがあり、そして言葉の一つ一つに優しさがあります。それはみんなで戦後たいへんな生活をしてきてみんなで支えあってきたんだというあらわれなのかもしれませんね、だから「ありがとうね~」という言葉をかけられると胸に響きます。その「ありがとう」の言葉の中にどれだけの思いがこめられてるのか、僕なんかにはとうていわかりません。でもとっても力が湧いてきます。清清しくなります。頑張んなきゃと思います。これからもじーちゃんばーちゃんのために続けようと感じます。が、先週痴呆のばーちゃんに「・・おれの・・まんじゅぅ・・どごさあっかしらねぇすか・・」と聞かれ「あっおれ食っちゃった。」と答えてしまいました。ばーちゃん「・・・・」うつむいてました。ごめんなさい、また来週ね。

| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

まっかな太陽!

 「先生、俺がつくった無農薬のトマトうんまいがら食ってけらいん。」と箱いっぱいのまっかな太陽!

 農業を営んでる方がたや趣味で園芸をやってる知人(といってもプロなみ)の患者さんたちがいらっしゃるので、いつもたくさんのお野菜をいただいています。最近はトマトをたっくさんいただきうちには山のようにつまれてます。で、これをですね、ミキサーにかけトマトジュースにして毎日家族で飲んでるんですがまたこれが美味いのなんのって、太陽をいっぱいにあびた完熟トマトはこの季節にしか飲めませんまるで太陽を丸飲みしてる気分です。だいたい1日10~20個ペースでジュースにしていますがあっというまに飲んじゃいますね、うちのカミさんはビール飲んだあとにトマジュ―飲むと調子がいいとビールの勢いもついてしまいました。僕もたしかにいい感じです。

 どんな野菜でも一年中スーパーに行けば手に入るご時世ですが、その季節に採れる野菜にはその季節のエネルギーがふんだんに盛り込まれています。自然の恵みに感謝していただきます。

 天も地も人も動植物もみんな互いに施しあい支えあいながら生きていくのがほんとうの姿。人は人にたいして地球にたいしてなにをすべきでしょうね。

| | コメント (1)

2008年8月18日 (月)

お盆を終え、

 ひとつづつまた夏の行事がすぎていきます。この夏休み中奈良から末の妹家族が来ていて、近くに住む妹家族と合わせて大人6人子供8人と犬3匹がうちにおりました。全員で食卓をかこむのはさすがにきついので先に子供たちに食事させその後に大人というぐあいです。上は中学生から下は11ヶ月の子供までご飯を食べてる姿はほんとに楽しく気持ちのいいもんですね、いっぱい食べて元気に健康に育ってくれればいいと願う以外はありません。お盆のあいだ天国から来ていた祖父母に母そしてご先祖様方に見守られてなんとも温かな雰囲気をすごしていました。それにしても毎回たいへんだったろうと思うのはうちのカミさん、この人数の夕食を毎日作り、お盆の準備と大忙しだったとは思いますが、毎晩ガソリン(麦のやつね)入れて頑張ってくださいました。

 終戦記念日を終えお盆を終え、感じるのは生命の尊さと脈々と繋がる私たちの生命、その生命は私たちの愛するものの中にゆくんですね、子孫を愛したご先祖の生命は子孫の中に、人類を、祖国を、郷土を、教育を、芸術を、科学を愛したその人々の生命は、その愛したものの中に生きてゆきます。今生に生を受けたこの大切な因縁の尊さ、しっかりと明らかに究めなければいけないと感じます。

 のこりわずかな子供たちの夏休み、工作に絵画にまだまだ仕上げがのこってんだよね~ で、夢中になってしまって、あまり手を出さないように気をつけてるんだけど・・・つい得意分野なもんで、いいさじ加減でお手伝いしようと思います。

 

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

最高のパフォーマンスのために、

 うちの治療院にはいろ~んな痛みやら悩みやらをお持ちになる患者さんがいらっしゃいます。横浜に住んでたときはカミさんが腕利き!?の看護士で、その経験からこっちに越してきてからは、保健センターと福祉課と老人ホームと民生委員の仕事をこなすことになり赤ちゃんからご老人まで相談事はつきません、んで僕は相変わらず肉体を持たない方からのお悩みと問題もろもろ・・・・と、やってるわけですが、もちろんいろんな痛みを肉体に持ってる方がたもいらっしゃいます。

 で、さいきん増えてきたのがスポーツ障害をもつ患者さんたち、学生がとくに多いんですが、元々うちに来てる親御さんが連れてきます。みんなけっこう痛み抱えてますね、でも部活休めないしね、でも練習続けなければいけないしね、オリンピック見ててもみんな痛みを抱えながらやってんだよね~だから「休めば?」とは正直言えません、僕も体育会だったからわかります。んじゃ~どうするか、まず治療でほぼ身体の痛みを緩和させます。さらに最高のパフォーマンスができるような頭と身体の関係をつくっていくという風にするわけです。治療後、ベッドから起き上がったときの患者さんの”にんまり”した顔を見たとき「よしっ!」と感じますがもちろん100%効果が出るわけではないですけどね、数日後「勝ちました!」とか「よかったっすよ~」とか言われるとうれしいですね。横浜で数年前夏合宿を終えてから治療に来た極真空手の選手を治療した時、その方は正座が出来ない、拳を握れない、肩関節も股関節も稼動しない状態でしたが、治療後はご自分の身体の変化に目をまんまるにしてました。動体視力もいい状態になるし、集中力も持続するみたいです。ぜひいいパフォーマンスに繋げていただきたいと思います。

 ちなみに僕は昨日中学生のバドミントン部の姪っことバドミントン対決2時間をこなし火がつきました。しかもこの全身筋肉痛がまた心地いいっすよ!ちょっと最近やってみたいスポーツがあってね~水泳やってるとき誘われたんだよね~「伊藤くん、朝日を太平洋で見て、そのあと日本海で夕日を見るんだよ。やりませんか?」っておもしろそう・・きつそうだけど、ただいま構想中です。

 

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

お盆にて、

 午前中お寺で、先祖供養法要 大施食法会に出席してきました。うちの町のお盆の入りの行事でたくさんの方が出席なさりお塔婆をいただいてきます。この法要では、正面に「三界万霊」と書かれたお位碑がかざっており、この意味は、ありとあらゆる世界、目に見えるもの、見えないもの、ご縁をいただくもの、帰る家がない無縁さま、命をいただいたすべての御霊をいうそうで、こうした有縁、無縁、生きとし生けるものすべてを等しくわけへだてなく供養するのが盆供養の本来の姿だということです。

 この時期が一年でもっとも自分とご先祖様との繋がりを感じるんじゃないでしょうかね、今自分の心臓が鼓動しているのは、今色んなことを想像できるのは、美味しいものをいただけるのは、その”みなもと”と”繋がり”があるからこそですよね、あらためてご先祖様方に感謝の心を捧げたいと思います。またお盆は自省の日ということでもあるわけで、自省することたっくさんある僕としては~うちの庭にウ○コしやがる野良猫に石投げたり罠をしかけたりとか、小1の息子と剣道の練習中気合が入ってないからといって竹刀で頭パコン!なぐって泣かせたりと・・・あらためてこの時期考えさせていただきます。感謝。

 

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

夏の一日

 幼稚園のPTA連合の会議が盛岡であったので行ってまいりました。いつもは新幹線で行ってたんだけど、天気もいいしなんだか普通電車に乗りたくなり、本を読んだり景色を眺めながらのんびり1時間半の電車旅を満喫しました。それにしても空の青さと緑の美しさに眩しくて目をあけてられません、ほんとに岩手県ってのは深い緑、神々しい山々と澄んだ川のある自然と調和した土地だな~とつくづく感じました。そして電車に乗るとわかるのが人々の様子、穏やかな顔をした方たちが多いですね。

 会議が終わってから、盛岡に住んでいるクライアントさんの入院している病院へとお見舞にうかがった。思ったよりいや予想以上に元気だったので安心、ちょっとの時間ヒーリングをしてきました。

 盛岡は32度もあったらしいんだけど、歩いていても清清しくて汗は出るけどぜんぜん気にならないほどの気持ちのいい夏の一日でした。歩いてるとよ~く解るのが自分の心がどういう状態にあるかということ、さらに自然に囲まれてるところにいるとなんだかわからないけど色んな期待感が生まれてきます。そして内部から援助してくれる力を感じることが出来ます。

 その力を感じたいのなら、その力は静穏な環境を必要としています。その力はあなたの魂に内在しています。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

ライダー1号2号参上!

 治療院の玄関の片隅に睡蓮鉢があり、その中には金魚が2匹涼しげに泳いでいます。飼いはじめてもう1年以上になるんだけど大きさは2倍になり毎日元気に過ごしている。名前を付けてやろうとも思うんだけどこれといっていい名前が思い浮かばず「ライダー1号、2号ご飯だよ~」と呼ぶと口をパクパクさせながら水面へ顔を出す。そのお姿に僕はもちろん患者さんたちもとっても癒されてます。(タコ坊主談)

 数日前、ある霊感の強い患者さんに憑いた霊たちの御霊鎮めを終えた後、その患者さんが帰り際「猫が金魚をみてるよ・・」とおっしゃった。もちろんその場にはいないんだけど、たしかに数日前に猫が侵入してきた気配があった(水草が外に出ていた!)。その猫が自分の霊体なのか幽体なのか想念なのか、とにかく「金魚欲し~よ~」というエネルギー体を残して去っていったんだねぇ。

 これ、おんなじように、人間でもそうなわけであって、自分の欲しいもの例えば女性なら宝石ね、「この指輪ぜったい欲しいわ~」なんて思えばその指輪のまわりにご自分のエネルギーなんかが集まりだしてそれを実現する為にあれやこれや命が吹き込まれたように動き出してね、そのエネルギーは今度はどうしたらその欲を満たすことができるかという想念になりはじめて、そのために突然彼氏つくっちゃったりして、その彼に指輪欲し~というエネルギーがまとわりついちゃったりするとそれで彼はなぜだか買わなきゃいけなくなると・・・で、クリスマスなんかはおお賑わいになるわけね、めでたしめでたし。買ってもらったら熱冷めちゃったりしてね・・・。

 というわけで、人間のつくりだす想念、いや猫までもつくりだす想念は、つくりだした本人から独立して自分の姿と生命をもつということで、この世界を良いところか悪いところか、どのように見るかも自分の中にどのような想念をつくりだして外に投影していくかってことによって決まるんじゃないでしょうか、ねぇ1号、そうだねぇ2号、これからはわたしたちにもなにか書かせてもらいましょうね。(金魚ライダー1号2号談)

 

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

日々の生活から、

 夕べ、久々に泳ぎに行ってきました。7月中はな~んだか身体も気持ちも不調だったし、行事はたっくさんあったしで、身の置き場がない感じがずっとしてました。でもなぜか8月に入ったらちょっと軽くなったような気がするんでこりゃ思い切ってくたくたになるまで泳ごうという気になったわけです。1時間びっちり泳いで外の空気に触れた爽快感はたまりませんね、そしてちょっとの筋肉痛も気持ちいいもんです。やっぱり週2くらいのペースで泳いだら身体の”はり!”もいいだろうね、うちのカミさんは週2回くらい飲んだら調子いいんだろうけどね、きっと・・。

 寝床に入るとき寝ている子供たちをみながら、今日一日子供たちの話をしっかり聞いてあげられたかなと自問します。毎日色んなことを吸収して成長していくとくに夏休みのあいだの成長はびっくりすることがあります。虫や草木に興味を持ち、海や山や星空に感動し、いつも私たちがあたりまえにあるものと思ってることにあらためて気づかせてくれるのは子供たちじゃないでしょうか、一緒に発見して感動して楽しんで親として人として成長させてもらいましょうね。

 大切なのは日々の生活だと思います。その中にこそ”何か”があるのかもしれません。神仏はなにを人に求めているのか、何のために、何を目的として、この痛み苦しみ悩みは何に気づくためのものなのか。ふつうの生活から離れて、特殊な力を得ようとしてもそれで問題の解決にはならないでしょうね、答えはきっとちかいところにあるのかもしれないですから。

 今夜は蛍を観に行こうかな。

 

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »