« クリスマスプレゼント | トップページ | 牡丹日記  »

2008年12月12日 (金)

勉強は大切だが・・

 ちかごろ子供の教育についてちらほらと耳にするようになってきた。うちの姪っ子も来年は高校受験、近所の子たちも、あらついこのあいだランドセルしょってたと思ってたらも~受験?うちの長女はまだ小学3年生だからと思ってはみてもあっというまに時は流れていくんだろうと思う。で、みんなどんな勉強してんだろう、塾に通ってる子もいるしなぁ、頑張っちゃってる子もいるんだろうし・・・小学生のうちから・・などという人もいるが、はたして何のために?もちろん勉強しなくていいというのではなく、勉強はたいせつです。ぼくはしませんでしたが・・・。

 これからの社会ほんとにどうなっていくのか予想もつかない世の中、私たちが過ごしてきた時代とは明らかに違う流れです。これからの10年今までの10年とはちがうでしょうね、その社会の変化が激しくなるにつれて、人はいつものお決まりの考えに頼るのではなく、臨機応変に自分で判断したり、新しい考えを生み出したりできる人間に育っていかなければならないでしょう、が、それは今も昔もおなじこと、ただいつまでも古い考えに固執したり、逃げ出したりせず、そこにぶつかってゆき解決策を見つけられるようになってほしいとおもいます。そんじゃぁなにが必要か、やっぱり人と人が関り、ものごとを考えていく練習が必要、それが子供の時期に必要なんじゃないかなぁと思います。

 どうしても、みんなお金で解決できるもの、これを買ってあげればおとなしくなるだろうとか、みんなが持ってるから買ってあげなきゃということにエネルギーを使いがちだけど、それはお金を使って心のエネルギーを節約してるようなものでしょうね、もっと心のエネルギーを存分に子供たちに使ってみたほうがいいんじゃないでしょうか、それは子供たちと遊ぶこと、一緒にいろんなことを勉強すること、”子育ては、心育て”私たち親の心も育てられると思います。といいながら反省しきりのこのごろです。

 

 

|

« クリスマスプレゼント | トップページ | 牡丹日記  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスプレゼント | トップページ | 牡丹日記  »