« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月25日 (金)

いい経験したね~

 連休最後の日、愛宕剣道クラブの子供たちは宮城県の中田町で行われた”千葉旗争奪少年剣道大会”に参加してきました。以前から先生に「かなりレベル高いですけど子供たちにとっていい経験になりますから」と言われてましたが、ほんっとに「うぢらのこどもたぢがででいい~のが~」ってくらい、県内外からたくさんのチームが参加していて・・・剣道始めた僕ら父母のほうが目をはなせないくらいのいい試合ばかりでした。

 2年生の息子に「思いっきり行ってこい、どうせ打たれるなら気持ちよく相手に面をとらせてこい!」と送り出したが、やっぱりみごとに面を2本とられて負け、みんなも気持ちよ~く打たれましたが、それでもどの子も成長のあとが見られました。前回より今回が、そして次にはもうひとつ一歩一歩成長するはずです。 「パパ・・今日はどうだった?」と息子に聞かれ、「良かったよ~剣道楽しいだろ?試合すると楽しいだろ?」  「うん、楽しかった」 「じゃあ次の試合に向けてまた練習しよう!」 4年生の娘はみんなよりスタートが遅く補欠だったけど、「早く試合に出たい!」と興奮気味でした。

 「この子たちは勝てるようになるんだべが?」というお母さんたち、でもきっと大丈夫、今は、「あ~また負けた・・」だけど、「また勝った!」で僕たちの観客席が沸くことが頭にうかんでます。だからその日のために今は練習あるのみですね。

 もちろん剣道は相手に勝てばいいというもんじゃないですけどね、どんなスポーツでもスポーツを通しての心と身体の成長があります。厳しい練習で培われた精神力と体力、勝って感じる自分への自信、負けて味わう自分の未熟さ、いろんな思いがそこには交錯しますが、それらはすべてこれからの自分への糧となるものです。そして応援する私たち父母も一緒に成長させられます。私たち父母は”思いやりと尊敬”を持ってすべてにあたらなければいけないと思います。

 これからもその行為一つ一つにいろんな意味合いを感じながら子供たちを見守りたいと・・・・い~やそんなこといってられん!俺ら親たちももっと練習してはやく試合に出れるようにならねば!ワクワクしてきたぜっ!さっ素振りだ!

      ”打って反省  打たれて感謝”  これで行こう  

 

 

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

ライブ良かった~!

 またブログをさぼってしまったが、色々ありました~ブログで書いて紹介できればおんなじように困ってる方の参考になるんだろうけどやっぱりね・・・楽しかったことを書かせてもらいます。

 先週土曜日は黄金井脩ちゃんのライブがありました。今回は、オラが町のある野外イベントへの出演だったんだけど、ライブ直前に雨が降り出し急きょ客席にテントが張られました。スタッフさんの対応ものらりくらりもたもたしているのに業を煮やし、突然脩ちゃん客席のテントの中の椅子に飛び乗りギターをかき鳴らし”津軽甚句ラテン・ジプシーバージョン”を熱唱、お客さんはいきなり大盛り上がり!さらに麒麟麦酒のCMでつかわれている♪ボ~ラ~レッ!ウォ~ッオーッ!♪っていうあの曲(脩ちゃんの曲です)で観客いっしょに熱唱!さすが脩ちゃんどんな悪環境の中でも自分の世界に引き込んでしまいました。遠方からわざわざ来たファンの方にとってはつばが飛び散るほどの間近での演奏とトークが最高のご馳走だったみたいです。えがったね~わざわざ盛岡や北海道からも来たんだもんね~。

 やっとこさステージの準備が整い、気を取り直し・・どころかハイテンションでギターを弾き歌いまくり、バラードな曲ではしっとりと歌い上げる姿にうちのカミさんそのお友達たちはまるでつきたてのおもちの様になり、すっかり参ってました。

 ライブ終了後、うちの治療院に場所を移し打ち上げが始まり夜遅くまで飲んで騒いでの大盛り上がり、そして「生でもう一度ききたいなぁ・・」というお母ちゃんたちのリクエストに応えての演奏が始まりそのセクスゥィーな声と官能的な指の動きにまたももちたちはどろどろに・・・まぁみんな楽しんでくれてなによりでした。

 次回はうちのライブハウス・・治療院でね、でやることになりました。

 黄金井さんはじめ、尺八のブルースさん、津軽三味線の黒澤さん、うちに集う方がたの奏でる音楽は日本のそして東北のど・ぶるーすですね~最近は自分の琴線にみごとにマッチしてかなり気持ちよく、そして”元の根”に還ってきてること実感してます。

 黄金井脩ホームページhttp://www.blueasia.jp/

 

| | コメント (1)

2009年9月 8日 (火)

牡丹日記

 こんちは~お久しぶりっ、あたし牡丹です。

 秋らしいお天気になってきたわねぇ、秋といえばスポーツの秋、お勉強の秋、お昼寝の秋、そして食欲の秋よ!

 そおいや~お勉強しないタコ坊主に睡眠学習が得意な一応女子大生(四十半ばだけどね)はじめ、そのお友達の父ちゃん母ちゃんたち10人は”Eボートレース”ってのにに参加してきたみたいよ。なんでも隣町を流れてる北上川で船漕いでタイムを競うんだって、数日前から「優勝ねらうぞ~!ら~くしょお~」とほざいていたけど、たいした結果じゃなかったみたいだわね、それより帰ってきてからの宴会がメインだったのよね、うちの庭でバーベキューはじめちゃって、ビールなんか酒屋からサーバー借りてきてまるでビアガーデンだわよ。それにしても子供たちよりさわがしいのがおっきい子供たちね、お母ちゃんたちは日頃のストレス解消なんだかすごいわね・・・お父ちゃんはおとなしく焼き専門でね、でもたまにはいいわよね~羽伸ばさしてやることが夫婦円満家庭円満のコツだわよ。

 それにしても酒がはいってきて恐ろしいお母ちゃんたちのきわどい話・・たぶんなに話してたかなんて憶えてないわよきっと、夫婦生活が赤裸々になってしまったわね。あたしのまぶだちのみゆきちくんなんかよっぽど楽しかったのかずっと帰りまで「たのしい~!最高っ!」って吠えまくってたけど、大丈夫だったかしらね。

 こうやってみんなが集まって楽しいこともつらいことも、飲みながら美味しいもの食べながらいろんなこと話し合っていけば、これからの人生悩んじゃったときでも楽しく乗り切っていけるんじゃないかしらね、まぁ人生経験豊富なあたしが相談なんでものってあげるわよ、えっ、犬だろおまえって?んじゃ犬生経験ね、でもただじゃ~聞いてあげないわ、食欲の秋だかんね、美味いもんもってこ~い!

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

お導きに沿って、

 このところ身体がけっこうつらくなってきたな~・・・と言うもんなら、「なにいってんの?」 「遊んでばっかいるのに?」 「体力ありあまってんじゃん」 と言われそうだが、こう見えてもごくごくふつうの肉体を持った人間ですのでそれなりに仕事をこなしていけば疲れます。さらに霊障についての依頼がたてつづけに来てたのでかなりエネルギー使いました。

 霊障を解決するのには人によって色んな方法があるかと思いますが、僕の場合こちらからその場所に訪れるのは最後のお清めのみで、”あちらの方”をうちにお呼びしてこんこんと今の状況やら生死の摂理やらを説明したり、”あちらの方”の言い分から泣き言から愚痴まで聞いたうえで納得していただき成仏の方向へ向わせます。そう言うとなんのこっちゃと思われそうですが、とにかくその場所が清らかになれば住む人たちの気持ちも清らかに、その土地をお守りする自然霊さん精霊さんたちも動きやすくなればいいわけです。

 うちの治療院のホームページ上では、霊障や浄霊、除霊についての案内は一切してませんが、人づてに聞いて連絡をいただいたり、なぜか市内某居酒屋のご主人から数々のご依頼をいただき、かなり困ってる方が多くいることを実感しています。あとは”上の方”が導いてくれることですので、僕はあくまでその”道具”としてそのお手伝いを遂行するのみです。

 昨夜も霊媒師の岩田さんと”一仕事”終えた後、僕が使っているある道具が、今はあの世にいらっしゃる生島先生から頂いた物だということを話しました。するとやはり呼んでもいないのに・・降りてきました。「伊藤君・・・来るつもりはなかったけど、久しぶりに来たよ。」と、そこでしばらく談笑(霊界の方とね)その頂いた物がどういう力を持っていてどんな念を込めたのかを聞き、あらためて再発見でした。さらに霊界から見たこの世の現状やらなにやら色んな話をしました。「伊藤君・・そろそろ来たいだろ?」 「は?いや~まだあの世には逝かないよ~」 「ちがうよ、長野の皆神だよ、そろそろ来なよ、充電が必要だろ。君はそこで修行していたんだよ、今でも見えるよ君がその山を駆け上がってくる姿が、そして私と出会った場所でもある。仕組まれてるんだよ全て・・・」 どうやらお見通しのようだった。「待ってるよ・・」 と言って生島先生は去って行きました。

 来月、やはり年に一度その時期に行くことになってるみたいです。そこは、かつての僕が雪の野山を駆け巡り修行をしていたらしい場所です。そ~れでわかった・・・坂道や階段、山を登ってると駆け出さずにはいられない衝動にかられるんだわ、どうしても。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »