« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

遠野物語

 今久々に読み返してそのおもしろさにびっくりしてます。ちょうど100周年ということもあり解説本なども刊行されてそれを読むとその時代の情景などもありありとわかりまたおもしろくなりますが、それにしても日本のチベット岩手(横浜ではよくそう言われた~)、そのまた奥の遠野という場所、外から見たイメージとはちがう、ものすごくゆたかで鮮やかで神秘に満ちた土地なんでしょうね、河童の子を産む女の話、馬と恋に落ちた女、狼との死闘、山人、山神、神隠し、座敷わらしに臨死体験、姥捨て・・・もう生と死のコスモロジーが描き出されてます。「むが~すむがすあったずもな~」ぜひ!読んでみらいん。

 ついこの間紫波から女性の患者さんがいらっしゃった。治療しに来たのではなく、つぎの盛岡での出張での予約をしにドライブがてら治療院も見てみたいとわざわざいらっしゃったんだけど、ちょうどひまだったので一緒にお茶を飲みながら世間話で盛り上がりました。その方は日本画家さんでこれから紫波にアトリエを構えるのだそうで、滝の絵を書くことが好きな、不思議な魅力のある方でした。その日はそのままお帰りになり、先日は再度千厩でのヒーリングを受けに来ました。そのときおもしろい話をしていきました。

 「このあいだ帰りながら車を運転してると、不思議な目には見えないけどでもそこにいるなんだかまるくてふんわりしたあったかいものがず~っとそばにいて、うちに帰ってもしばらくいっしょにいたんです。ずっとそばにいて~帰らないで~と思ってたんだけどそのうちどっかに行っちゃいました。」

 それを聞いて、あっサオリちゃんだ!と感じました。サオリちゃんていうのは、ずいぶん前ブログで書きましたが、僕のひざにしがみついてた子でそんときはひざが痛くて痛くてね(離れたときから痛みがなくなった)、霊媒の岩田さんを通して話したときにその存在がわかりました。聞くと、もともと人としては生まれてきてないみたいで精霊でしょうかね、ここにずっといんのか?と聞くと、お客さん来たらごあいさつするお手伝いするからいさせてくれ、甘いものが好きよ・・・と言ってました。どっから来たの?とたずねると、遠野からここにいつもくるおじちゃんにくっついてきたの、と言っていて、座敷わらしか?と思ったがいつも僕の財布はすっからかんですんでそうじゃないみたいだな、ちっ・・ざんねん。というわけでさおりちゃんが、お客さん紫波までの帰り道迷わないように(近道教えたので)送っていってくれたみたいです。よくできた子です。

 春になったら遠野にいってみようと思います。

| | コメント (4)

2010年1月28日 (木)

牡丹日記

 ど~もこんちわ~あたしタコ坊主んちの柴犬牡丹です。だいぶ寒さもゆるんできたようだわね、もちろん寒いんだけど・・前向きな寒さだわ、もうちょいで春が来るってかんじよ、そんなにおいがしてるのよ。

 ひさびさにタコの息子の蓮(小2)が散歩についてきたのよ、ま~だ手なんかつないじゃってさホホホ~あれやこれやしゃべってんのよ、生きもの好きだからね、虫の話、動物の話、妖怪の話・・水木先生を崇拝してるみたいでさ、タコよりやたら妖怪にくわしいのよ、それでこんなこと、「パパ、蓮は日本に生まれてきてよかったよ、だって山も海もきれいだしさ、動物も虫もたくさんいるしさ。」って。

 そうよ、そうして自分の国、自分の故郷を愛する心を持つことが大切なのよね、それはさ、大人たちが教えなきゃいけないし、みんなで誇りを持って故郷を護らなきゃいけないってことよね、さてさてあたしは縁側で寝転びながらテレビからながれてくる ”この国のかたち” を聞いてんだけどね、今のご時世たしかに大変よね、そして大きく変る時期だとも思うけどさ、ま~濁りきっちゃってるわよね、崩壊しっぱなし、おもしろい!川上が濁れば、川下までよ。この日本という国が好きだと言ってるチビたちがが安心して信頼して暮らせる国の今の政を司ってる方がた。どうかしら?

 こんなおもしろいお言葉があるわよ。

    

    

     にごれる代に登用せらるるは、無道の人なり。

     にごれる代に登用せられざるは、有道の人なり。

  

 

  はたしておおきな志をもち、たしかな道をゆく方がたかしらね?楽しみだわ。

 

 

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

お知らせ、

 来月の盛岡盛久ギャラリーさん、花巻ソーべーズ・カフェさんでの出張が決まりました。

盛久ギャラリーさん、 日時/2月18日(木) 10:00AM ~

 前回は月曜日のためギャラリーはお休みでしたが、今回はゆっくり見れると思います。なにせ素敵なところですので、ヒーリングの後ものんびりしてみることおすすめです。ご予約は伊庄ヒーリングに電話、もしくはメール(”お問い合わせ”から)お願いいたします。盛久さんでは受け付けてませんのでお気をつけ下さい。

 盛久ギャラリー  http://homepage2.nifty.com/oikawashogo/

ソーべーズ・カフェ(となりの事務所)  日時/2月20日(土) 9:00AM ~

 前回はお昼ご飯をみなさんといっしょにいただき楽しい時間を過ごさせていただきました。今回もまたさゆりつ姫のやさしいご好意で「すぐ次の日にち決めらいん!」と激をとばされました。気合をいれて頑張りますね。ご予約はソーべーズさんのホームページからです。

 ソーべーズ・カフェ  http://cafe.sobe.jp/

 盛岡でのヒーリング残り枠がわずかです。もしお申込み多い場合は、もう1日増やすことも考えております。よろしくお願いいたします。

 さらに、皆様からヒーリング講座はないのか?とのお問い合わせ、「そのうちにね」と答えてましたが、やります。なんと1番目の申込みは花巻市の某カリスマ主婦・・・ただ二人一組で行いたいと思いますので、もう一人、やってみたい!という方いましたらどうぞ、ご遠慮無く・・・おたずねください。

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

さゆりつ姫

 今回行ってまいりました。花巻ソーべーズ・カフェさんでの(正確には惣平事務所)出張ヒーリング、寒いなかたくさんの方にお出でいただきほんとうにありがとうございました。こんなこと言っちゃ失礼ですが、楽しくお仕事させていただきました。みなさんに「疲れませんか?あと何人治療するんですか?」と気を使っていただきまして、でも僕は人に会うことが大好きですんで、逆に元気になります。

 盛岡同様今回もいろんなこと感じたり、気付いたりと勉強させてもらいました。そして今回感心したのは ”さゆりつ姫”!いい仕事してるわ、僕が言うのもおこがましいけど、お店といい、”さゆりつ姫”を慕ってくるお客さんといい、とてもいいですね、わくわくします。これからも楽しみですね、もしいろいろと協力できることがあったり、こまったことがあればいつでも!エロ話しに行きます。終わって一緒に食事しながら「あ~わだしとしたことが~次回の日にち決めて予約とっとけばよかったね~」と、ありがたいことに来月も”さゆりつ姫”にお世話になりソーべーズさんでのヒーリングが決まりました。日時はまた決まり次第です。もしよろしければ感想など”さゆりつ姫”さんのブログなり僕のブログに書き込んでいただけるとありがたいです。よろしくおねがいいたします。

ソーべーズさんHPhttp://cafe.sobe.jp/

 

さて、明日も朝から盛岡に出張に行きます。明日は、おばけ退治です。依頼を受けた数日前からもうせめぎあってます。いつものような納得させて成仏してもらうではないようですね、仕上げをしてきます。

| | コメント (7)

2010年1月22日 (金)

6年目の1月20日

 一昨日、僕の母が亡くなって6年目の命日を迎えた。61歳で亡くなった母は白血病だった。もう8年になるかな・・はじめて病状を聞いた瞬間のこと、カミさんが横浜市の看護士だったことから病院と医師をすぐに紹介してもらい横浜から実家まで母を迎えに行った。新幹線の中では何を話していいのか、二人とも無言だった。検査後はっきりとした病名を医師から聞き今後の治療法、そして治癒する”生”の可能性と”死”の可能性を聞いた。今でもあの時のこと昨日のように憶えている。母は今後の治療を僕たち親子がいる横浜を選んだ。大好きな孫たちと一緒の生活、治療の無いときは僕たちと旅行に行ったり、美味しいもの食べに行ったりと楽しみました。ただ抗癌剤を使う治療で髪の毛が抜け落ち体調が崩れ出したりといったことは予想以上のこと、そんな時カミさんが3人目を妊娠してることがわかりました。予定日は1月25日。

 正直言って「うれしいけど、なんでこんな大変なときに!」という気持ちだったが、なぜか今思えば僕も母も同じくして肝が据わった気持ちになった気がする。そう、”命がつながった”ということ、頭では理解したくはないが、でも魂が理解した。それからの生活は死にもの狂いで怒涛のように過ぎていった。毎日3時間も無い睡眠時間、1日がどこから始まってどこで終わるのかわからない生活、仕事が夜、朝方帰って、子供たちとカミさんのお弁当朝食つくって送り出し、ちょっと寝て起きて洗濯掃除すませて、母がいる病院に行ってそれから仕事の一年半でした。でも大変だとか疲れたとか思ったことは本当に一度も無い、毎日が充実しきっていた。よくうちの母が言っていたのは、「あたしは二の次でいいのよ、自分たちのこと、子どもたちのことを優先させなさい、日曜日に来ることはない、みんなで遊びに行きなさい。」僕は毎日涙がでそうになりでも歯を食いしばってこらえていた。

 その時期はまた忙しいのに整体の学校にまで通っててね、1日24時間なんて足りない足りない、さらに持病の椎間板ヘルニアが再発(その学校の先生にもいろんな整体の先生の治療にもまったく効果なしのひどいもんでした)あまりにいろんなことがあって笑いたくなってきてました。で、そんな時出会ったのが、ヒーリングの師匠の小松先生「伊藤君もやれば?できるんだから。」の一言で、もしかしたら母にも効果が出るんじゃないかという気持ちで伝授してもらいました。で、毎日母にヒーリングをしましたが、一応気を使って言ってくれたのか、からだが楽、抗癌剤を使った後のつらさが少ないと言っていた。

 その年の年末、骨髄移植を前に一時退院していたところ、予定日より早くカミさんが破水しいつも通り自宅分娩で出産、すぐに母もかけつけそしてだっこして命名し、「あたしの生まれかわりよ。」と言った。生きてんのに生まれかわりってと思ったが、その意味も数ヵ月後にわかった。そして母は骨髄移植をしたがその数日後1月20日に亡くなった。なんとなく母はその最期のとき何時かの瞬間に自ら決断し死を選びとったような気がする。葬儀の日は1月25日、そう、娘が生まれる予定の日だった。

 

 命とは、生とは死とは、その1年半で母からちょっと学ばせていただきました。命が大切と説くのはあたりまえ、命は厳しいもので自分の思う様にはならないもの、そして生きている以上死も意識しなくてはならない。時折末期の方のところに治療におもむくことがあるが死を前にし何も言わないその後ろ姿から、ふと見せる笑顔から感じられることは、どんな美辞麗句をちりばめて、「生きてるってことは素晴らしいんだ。」と壇上から話される言葉よりも魂に響いてくる。そしてその死に様がのこされた家族ひとりひとりの魂にどう響いていくか、日々命は引き継がれていく。

 

 ”神が愛であるならば、神は、この人の生涯のこの死の瞬間が、その人の最良の瞬間であることを知っている。たとえこの人が長く生きようと短くしか生きなかろうと、それに応じて神が永遠の命の与え方を加減するわけがない、また死ぬ人たちも現生よりもなを悪い罰を永遠にわたって受けるわけが無い。わたしは神の愛を信じます。”

                E・キューブラーロス 「死ぬ瞬間」より、

                                                       

 

| | コメント (1)

2010年1月21日 (木)

盛久ギャラリー

 今回、盛久ギャラリーさんで行いました出張ヒーリングにもすんごく寒い中、遠くは青森からも来て下さいましてほんとうにありがとうございました。そして知人の紹介とはいえ、どこのタコだかわからん人相の悪い坊主頭にお部屋をお貸しくださった盛久ギャラリーの及川さんにはほんとうに心から感謝しております。当日会うまでは不安だったと思いますが、車を誘導していただく時車の中でたまたまかかっていたCDが CRUSADERS の”STREET LIFE” これを聞いて”ふっ”と合っちゃったかと思います。なんていいタイミング~♪と感じました。

 さて由緒正しい盛久さん、僕がお借りしたお部屋は、あの今東光師がご宿泊なさっていたお部屋でした。入り口には師の色紙が飾ってあり、そこにはなんと読むのか・・ま、いいや、とても落ち着いた部屋でした。窓をあけると雪景色、かわら屋根に積もった雪、近くには盛岡城の石垣が見えます。山鳥が庭の木にとまり鳴いている。光が射しこんで来る。ん~この仕事やって良かった~ほんとに!感無量の瞬間でした。そして思い出した今東光師の言葉、

    「失望するなかれ」

 実はこの日朝からかなりの腰痛が来てました。痛くて立ち上がれない、剣道の稽古のしすぎだったかな~と思いながら仕事をしてました。ところがふたりめ、さんにんめ・・・こなしてくうちにあんなひどい痛みが薄れていくのを感じました。終わりの頃にはあんまし痛くない、ふつうの感じ、これは、場所だ!と直感しました。なんだかわかんないけどとってもつながりやすい場所と感じます。これからすごく楽しみになってきました。次回おいでになる方がたも楽しみに来てください、「失望するなかれ」 です。ちなみに2月の予定もそろそろ決めたいと思いますが、すでにご予約が入りだしてます。感謝。

 また、盛久ギャラリーさんにもぜひうかがってみて下さい。

 盛久ギャラリーHPhttp://homepage2.nifty.com/oikawashogo/media/index.html

 

 

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

寒稽古で、

 今日は午前中、愛宕剣道クラブの寒稽古でした。お仕事のご予約は勝手ながら午後にまわしていただいたので、いつも時間のゆとりをぶっこきながらの仕事はちょっときつめになってしましました。

 でも気持ちよかったな~ 子供たちとみんなで愛宕神社へ参拝し、境内で雪の中声を張り上げ素振り、吐く息も白くさっぶい~けどなんだか気持ちがあがってきた~!場所を移しての基本稽古にも力がはいります。そういえばドラちゃんのように腫れあがった僕の右手はサポーターで保護、今日は中坊と高校生がいないからバッチ~ン!と小手を打つ輩もいないので安心今日のところは大事な商売道具の僕の右手大丈夫でした。

 最期にかかり稽古で子供たちに打たれる役をこなし1時間半の練習を終えたっぷり汗をかきました。みんな力強くなったな~ これからも剣道の「道」を通じて「心」と「からだ」そして「魂」の鍛錬にはげんでほしいと思います。僕も親として人間としてもまだまだの存在ですからね~もっともっと勉強 「打って反省 打たれて感謝」です。

 「道」とは、私たちの理解をはるかに超えているもの、その「道」を見失うような生き方は止め自らの中にある「道」つまり「生命の法則」を大切に生きなければいけませんね。

 そして「道」とは、人間に神が満ちること。

 

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

痛ぇ・・

 今年度の剣道の稽古も先週からはじまりました。なんせ一般人、中坊や高校生のように毎日練習があるわけではないので日々足腰がなまらないよう動き、そして素振りもかかさず・・・やらなきゃいけませんね。

 先週の練習で小手打ちがありました。高校生相手に練習してたんだけど、何度も小手をいれられしかも相手は首をかしげながら納得のいく小手が入らない様子、オレの手首腫れました。痛いですかなり、んでも我慢、いつもの腰の痛みも不思議と練習中は痛みを感じないので手首くらい、と、いきたいところですが昨日の子供たちとの練習でもあまりの痛みについ逃げてしまう情けなさ~ いてぇもんはいてぇんだよな~こんちくしょう!ついついうちのカミさんに入れる面にも力がはいってしまい、先生に「周平さん、その面打ちいたいよ~力ぬいて」と、カミさんの面の奥の目にめらめらと燃える青い炎を見てしまい一瞬氷ついてしまいました。おそろしや・・・。

 なぜにこの歳で剣道を始めたか、これでも学生の時はテニスで敵無しの成績でした。今なら中高生にテニスを教えながらラケットでぶんなぐってても(今の時代はダメよ)よかったんですが、なぜか剣道をやりたかった。戦争で亡くなったじいちゃんが剣士で、戦前、神宮でも試合をしているんでその血でしょうか、僕のやりのこしてることのひとつが剣道でした。そして人から教わることの大切さを得ることも必要と感じてました。なかなか歳も重ねるとあったまが硬くなってね、素直に「ハイ!」と言えなくなりますよね、自分は何にも知らない、だから”素”になって取り組むことが大切だなと思います。”素”になり面の奥で自分の呼吸を感じただただ集中する。とっても気持ちのいい時間です。

 僕の大切なテーマのひとつが”素になる”ということ、”素”になった瞬間が”主”とつながっていることを感じる瞬間でもあります。

 んでも・・やっぱ少年たちについてくのは大変だ。まだまだ体力が続かない、肩で息してゲロ吐きそうになるわ!今夜も稽古がんばるぜぃ!あ~手首痛ぇ・・。

| | コメント (2)

2010年1月12日 (火)

ありがとうございます。

 おかげ様で、1月18日(月) 盛岡でのヒーリングご予約もすぐいっぱいとなりました。申込みおことわりしてしまった方にはたいへん申し訳ございません。御申込み増えるようであれば今後日数を増やそうかとも考えております。

 盛岡、そして花巻と今後続けてお仕事させていただけますこと心より感謝いたします。さらに、うちのほうにも来てもらえればとお考えの方がいらっしゃればどこにでも赴きますのでご遠慮無くご相談いただければと思います。ご相談の内容も、肉体的なものから精神的なもの、そして霊障についても、まさかこんなこと、と思うことでもできる範囲で応じたいと思います。

 すこしでも皆様のお役に立つそのきっかけになればと考えております。

 寒い季節、みなさまおからだ御慈愛しておすごしください。

       伊庄整体ヒーリング治療院    伊藤周平

| | コメント (2)

明日から3学期、

 うちの小学生たちも明日からやっと学校が始まる。そう、ふつうの生活がやっと始まるわけです。今回の冬休みは、うちの親父が入院中ということもあり実家の横浜には行けず寂しい思いをさせたかな~と思っていたが、意外と不平不満もでず毎日おりこうちゃんに過ごしていました。そんなことを話すとある年配の方が「それは、満足してるからなんだよ。」とのこと。唯一楽しい思いをしたのはカミさんかな、12月25日にうちの伯父が理事を務めている日本プロスポーツ協会のパーティーに出席、あの遼君や原監督はじめ、昨年一年活躍したプロスポーツ選手の表彰式とパーティーに行き楽しんできた。まわりからは「スポーツおんちの真実ちゃんが誰が誰だかわかんの~?」と言われてたが、もちろん前もって予習させました。 

 カミさんは毎日忙しく、老人ホームに行ったり、民生委員で動き回ったり、病院に行ったりと家にいることはな少ない、で、僕は日中治療院でしごと、家は隣接してるのでひまな時は子供たちと一緒に素振りしたり、トランプしたり、お昼ご飯も僕が作ることが多く、それを楽しみにしてくれている。兄弟3人でなんやかんや工夫しながら遊んだり、宿題してるのを見てると微笑ましくなります。とにかくみんな家族一緒にいるのが大好きみたいです。もちろん今のところはですけどね、おっきくなればそれなりにね~いずれ巣から飛び立とうとするのが当然です。

 どうしても休み中は朝起きるのも遅くなってしまい、愛犬牡丹の散歩も不足がちで牡丹は欲求不満気味、でも明日からはまた嫌というほど歩かせます。そして僕と牡丹の楽しみ、朝の通学路パトロールと挨拶運動、冬休み明けまたおっきくなった子供たちに会うのが楽しみです。なかには休み中に声が変った男の子もいるかもしれないですね、三学期はあっという間、中学生になり、ランドセルにおぶられてたような一年生もしっかりしてきて、その成長振りにびっくりするだろうなぁ明日の朝は楽しみです。

 さで、うぢの子だぢ、いったい明日の準備はでぎだんだいが? チェックしなくちゃ。

 

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

盛岡出張とライブのお知らせ、

 盛岡出張が決まりました。

 1月18日(月)です。今回場所はいつもの桜山神社さんではなく、”盛久ギャラリー”さんです。以前は旅館を営んでらっしゃったところで今はステキなギャラリーになっています。そんな僕にぴったんこの場所を紹介していただきました。ありがとうございます。時間は10時から7時まで、すでに予約が入り始めてますので、お早めにご予約いただければと思います。

 今回は名プロデューサーツトム君が海外逃避行・・いえ海外進出のためいませんので、ご予約は直接伊庄ヒーリングにお電話もしくはメールでお願いいたします。ちなみに2月も盛久ギャラリーさんで行います。

 盛久ギャラリー http://homepage2.nifty.com/oikawashogo/

 

 そして僕の友人ブルース・ヒューバナーさんの盛岡でのライブが決まりました。1月11日(祝月)です。場所は2ヶ所です。最初は11:00と13:00の2ステージ クロス・テラスにて街角ミニライブhttp://crossterrace.jp/news/?p=590

 その後場所をかえて、大慈清水御休み処にて15:00~16:00までライブをするそうです。http://www.geocities.jp/moriokamatinamijuku/

 お時間のある方、ぜ~ひ足をおはこびください、まじでいいっすよ!そしてぜひブルースさんに声をかけてくださいね、一見外人ですが日本語でふつうにしゃべってますので、「周ちゃんの友人です。」と言えば喜びます。

| | コメント (0)

2010年1月 6日 (水)

ゆりかごから・・

 僕はこんなんでも一応ヒーラーというお仕事を通して、毎日患者さんたちと接し、肉体的痛みの緩和、精神的苦痛の緩和、張り詰めた心を緩め、そして魂に少しでも光が燈されるようにと治療をさせていただいています。患者さんは、ちっちゃい子からお年寄りまで、仕事の依頼のほとんどがもちろん肉体を備えた方がたばかりです。でもたまに・・つづくときはしょっちゅうですが霊障に関するものがあります。内容は様々、相手も様々なのでその解決策も一様にこうと言えるものはありません、いつも試行錯誤の連続です。これが独りでやるとなると偏った考えになったり、判断を誤ったりとサニワしがたいことがありますが、僕の場合は霊媒に入ってもらうことでその真偽をはかりながら浄霊の仕事をしていきます。

 今回も仕事の依頼をうけました。それは最近お亡くなりになられた身内とお話がしたいというもので、わざわざ遠方からいらっしゃいます。この場合も霊媒に降りていただき話をします。何度も行っているのだが、実は前回別の例で、のこされたご家族の事情でいろいろ話をしたいということで降りてきていただいたことがあります。しかしその結果降りてきた方にたいへん申し訳ないことをしてしまったな~ということがあり、今回もそうなってしまっては、と、ちょっと躊躇してしまいましたが、今回そのご家族は亡くなった方に色々お礼が言いたいという、でもそんなら手を合わせればつながるよ、と言ったのだが、やはり最期のお話を直接したいとのことで引き受けました。

 人が死んだ場合、当然ながら肉体が無くなるわけだから肉体的苦痛は無くなる・・とはいかない、あの世において持ち続ける痛みそれは魂が今生でうけた痛み苦しみである。本来その苦しみの強いものはあの世でいったん休むことが必要のようです。しかしなかにはその苦痛にいまだ晒され続けてると信じてる者、様々な執着をもち彷徨い続ける者、それらがこの世とあの世の狭間で喘いでいることが多い、そんな方たちに必要な”治療”それも僕がやらなければいけない仕事のひとつです。

 

  僕のお仕事  ゆりかごから墓場まで、さらにその先の方まで です。

 

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

ご縁を広めます。

 いつも精気にあふれ!?風呂上りのゆであがったたまごのように見え「せんせ~いつも元気でいいな~」と言われ思われがちな自分ですが、じつはそ~でもないときがあるんです。昨年暮れから今も実は調子がいまいち、いろいろ悩みもあったりしてね~でもその問題、悩みもこれからのテーマなわけですね、解決できるもの、できないものもあるかもしれないけれど、魂の苦しみからこそ成長がある・・・と信じましょう。日が昇らない朝はないですからね。

 こんな天候でもどの神社仏閣でも初詣でにぎわったみたいですね~ぼくは近所の氏神様へ、そしてうちの神棚から長野の皆神の神様、昨年お世話になった桜山の神様へご挨拶させていただきました。ご祈願は現世利益にあらず!世界平和やみんなの健康と幸せを祈るもの・・・ですが、やっぱり神様を前にうそはつけません、しっかり現世利益もお祈りしてきました。い~んですそれで、かねごん先生!宝くじ当てましょうぜ!まぁ・・ 神様は祈る前に総ておみとーしなんでしょう、万策つき、わらにもすがる思いのとき、人間が自分の意志で最善最良を求めることを待ってるはずですよね、ほほほ・・。  

 さて、今年もしっかりと皆様のために”道具”として仕事をさせていただきたいと思います。今年のテーマは「育んできたこのご縁を広める」です。今決めました。今までいただいたこのご縁これを今度はさらにみんなに広めていきたいと思います。もちろん迷惑なら「けっこ~で~す。」と言ってくだされ。

| | コメント (2)

2010年1月 1日 (金)

賀正!

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいいたします。

 これからの一年がみなさまにとりましてより幸多い一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 元旦

       

         

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »