« 今月も盛り上がりました。 | トップページ | 楽しいお友達 »

2010年5月12日 (水)

地味な仕事です。

 昨日は、盛岡での仕事でした。由緒ある旧盛久旅館さん、今は盛久ギャラリーとして、昨日も多くの方がたが訪れていましたが、僕がお借りしてるお部屋のある2階にはうちのクライアントさん以外は人が訪れることはほとんどありません。その中のお部屋には、作家浅田次郎さんが壬生義士伝を執筆していた部屋があったりと、ほんとに鎮まりかえって気持ちの落ち着くいい場所です。窓から見えるもみじの古木には葉が茂り、スズメや目白が枝枝を飛びまわりいい雰囲気でした。

 ヒーリングをしてる間も窓の外のもみじを眺めていましたが、ある瞬間ふっと自分でない自分を感じる瞬間がありましたね~そしてこれだな~!と感じるとてもいいエネルギーが循環してるのもわかりました。そう、それこそが到達すべき理想の状態で、穏やかな瞑想状態、肉体的な心がその状態に道を譲ると霊的心が上昇してくるということです。そのとき霊的自我の上昇に身を委ねる・・それがうまくいくと患者さんに溶け込んでひとつになっていく・・・ということですね、まだまだ奥が深い、まだまだ精進していかなきゃいけません、毎回治療に訪れる方がたの悩み、苦しみ、痛みも多種にわたってきています。もちろんどんなことにでも対応できるわけではありませんが、ご縁を通じて来ていただいてますから頑張らなきゃいけませんね。

 うちでヒーリングを習った方やいろんな治療師さんからも、どうしたらパワーを出せるのか、パワーアップするにはどんな方法を?など聞かれますが、はっきり言ってそんなことは僕にもわかりませんが、どんなにいろんな本で勉強しても知識はつくけどね、それはさほど重要ではないみたい、大切なのは神様からいただいてる”智慧”であり、どれだけ人が好きかじゃないかな?そしてな~んでもすぐにできるんなら苦労はないし喜びもないでしょうね、もしヒーラー、治療家を志すのであれば心に留めておくことは、「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。」だと思います。「鍛錬」その本質は、「鍛」とは金属を打ち鍛えること、「錬」とは絹糸を練ること、千日で荒々しい力が万日で繊細さが宿る、僕もまだまだその「道」の途中です。これってけっこう地味な仕事なんですよ。

 これからの予定は、

http://isho-healing.cocolog-nifty.com/ichigoichie/2010/04/post-3599.html

 そして、5月20日(木)は盛久さんで、ヒーリング・セミナー(伝授)行います。

 さらにクライアントさんお母さんたちからのご要望、簡単に自宅で行えるヒーリング・セミナーも今後企画しようと考え中です。「子供の体調の悪いときに・・・」だけでなく旦那にもやってくれ!ぜひ。

|

« 今月も盛り上がりました。 | トップページ | 楽しいお友達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月も盛り上がりました。 | トップページ | 楽しいお友達 »