« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

僕の治療、ヒーリングとは、

 うちに来る患者さんは、小さい子供から中高生、大人はもちろん産前産後のお母さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、まぁ幅広くいらっしゃる。内容はほんとに様々、スポーツ障害もあれば肩こり腰痛に坐骨神経痛に内臓機能障害に自律神経機能障害、いろんなトラウマを抱えてたり、ストレスに押しつぶされそうだったりと、100人来れば100通りの痛み苦しみがある。

 最近とくに多いのが、原因がわからないと病院で言われたというもの、でも相当な痛みに苦しんでいて夜もろくに眠れない症状で来る方が続いている。どんなにその痛みをお医者さんに伝えても「検査上問題なし、わからない、ただの筋肉痛じゃない、持病のせいかもしれないから他の科で・・・」と帰されてきたそうだ。原因の無い痛みは無い、かならずどこかにあるはず。足が痛いからといって足だけ検査するなど話にならない、だからといって腰だろうといってレントゲン撮っても何も無し、だから問題はない、うちじゃ~わかりません・・・そんなの問題外である。

 まずは手をかざし、触れて、触って、身体がなにを訴えているのかを感じる、そこから治療がはじまる、もっと言えば問診しながら世間話しながら治療は始まっている、も~っと言えば予約の電話をいただき名前と症状を聞いたときから始まっています。

 ヒーリングというものが心や精神的なものと捉えられる昨今、直接の治療行為ではないというふうに考えられがちですが、ヒーラーとして、治療師として、治療院という看板をかかげ、いろんな肉体的痛みを抱え訪れてくる患者さんがいらっしゃる以上、まずは治すお手伝い、治っていくためのお手伝いをしっかりさせていただきたいと思います。心の問題、肉体の問題、これは別々に考えてはいけないもの、心と身体これはひとつのもの、それはひとつの全体であり、全てはひとつにつながっているものです。

 

 ヒーリングを終えベッドから立ち上がり、何ともいえない不思議な表情で歩き出し、「痛くない・・身体が軽い!」と、痛みから解放され嬉しそうに言う、その言葉を聞く瞬間が最高ですね、そして、患者さんの魂にも僕の魂にもほんのりと炎が燈されてる気がします。

 

 ”治療は外部から施される だが 治癒は内部から起こる 治癒の原動力は 生きものとしての われわれの本然の力そのものから生じるものである”

 

| | コメント (2)

2010年6月28日 (月)

絶好調な漢(おとこ)

 盛久さんでのお仕事の帰り、”世界王者マルツ工房のしゃちょさんツトム君” のところにおじゃましてきました。鼻の穴がひらいてますね。オイラ絶好調!といった感じです。

 今日6月28日から7月10日まで、盛岡市中の橋通りの”ひねもす ほっと茶屋”さんで、「マルツ旅  freedom マルツ世界の秘法展」っつうタイトルで自身が撮りためた写真の個展をするそうです。その準備で大忙しの様子、ちなみに ”おらが町の秘法ともちゃん汁”を「スタミナつくぜい」と渡してきました。左手に持ってるのがそれ、なんとうちのクライアントさんにも頼まれててその日余分にもっていってたものも他のクライアントさんが購入してくれて完売!あぶないブツの売買してるみたいですな。

マルツ工房さん http://moririncho.exblog.jp/

 

 今月も残すところあとわずか、自分のやるべきことしっかり尽くしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

窓から、

窓から、
今日は盛岡に来てます。お借りしてる部屋の窓から見える盛久さんの玄関口、涼しげです。気持ちいい風が入ってきます。でも外の気温はまだ10時だというのに30度…暑いです。

いつもここに来て頭をよぎる言葉、「法無妙」 まだまだ僕には無駄がありすぎだな〜でも、そんな無駄がけっこう好きです。

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

誕生日

 今日6月24日は、みーとれんの誕生日、11歳と9歳になった。「はっやいな~」そんな言葉しか出てこない、あっという間に過ぎていく年月です。

 みーは横浜で自然分娩で、れんも横浜の実家で自宅出産、あの瞬間、たしかに自分の中の何かが変った。というより自分の中の何かが生まれた瞬間だった。そう考えれば僕にとっても誕生日であり、そぉりゃおめでたい!めいいっぱい祝わなきゃいかんでしょ今夜は、カミさんも「今日は飲まなきゃ!」と、いえ・・いつも飲んでるじゃないですか。 

 子供たちにどんな風に育ってほしいか? 

 どんな風にも何も、育つもんは育つのさね、

           

       「充分なお日様と水があれば自然に花が咲く」 

 それでいいじゃんね。

 が、しかし!僕はみーにもれんにもぜ~ったい剣道で負けたくない!やつらの壁になってやる。今はみーに練習後だめだしされてますが、いずれみんながおっきくなって稽古することがあっても絶対負けない!

 と、「な~に子供じみてること言っちゃって~ いしょさんこころせま~い」と、言われそうですが、要は、 ”情熱では絶対負けん!” ということです。

 大切なのは、「情熱を持ってやる」 それを知ってほしいくらいかな。

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

牡丹日記

 どうよ、みごとに走ってるでしょ、タコ坊主が「走ってるとこ写真とってやるよ」っていうんでがんばっちゃったわ。あら?牡丹ちゃん白くなったわね、って思ってるでしょ、もういいお歳なのに無理しちゃってって?   大きなお世話よ。

 こんにちわ、ひさしぶりだわね、あたしタコ坊主んちの柴犬牡丹です。ここは家から徒歩20分いつもあたしがリードを外して思う存分はしれるとこなのよ、ときどきカモシカなんかいてね、えっ?どっぐらんかって?なにそれ?ただの田園地帯よ、広さはそうね野球場よりず~っと広いかもね、いつきてもあたししかいないから、あたし専用ね。あたしたち犬にとっては走ることがいちばんの健康法よ、ちんたらリードにつながれて歩いてたらストレス溜まっちゃうわよ、たまにはこうして思う存分走る!そして帰ってご飯食べて、寝る、ご飯はもちろん米よ!

 さてこんな健康法毎日続けてるわけだけど、もひとつ大事なあたしにとっての健康法は、小学校の通学路をパトロールすること、子供たちの元気なあいさつの声を聞いて、あたまなでてもらうことよ、もう6年も続けてるからね~みんなあたしの名前を知ってるし、みんなの成長もしっかり見てるわよ。み~んなちがってどの子もみんなめんこいわね~みんながそれぞれいろんな可能性を持ったたいせつな宝物だと思うわ。

 さてさて、あなたたち人間は・・もちろんあたしたち犬もよ、子供たちを優しく世話して、守ってあげる必要があります。そしてあなたたち大人は子供たちにとってモデルになってることを忘れないでほしいわ、でも子供たちはそのモデルに順応するかもしれないし、反抗するかもしれない、大切なのは、子供たちにとって常に真実を語ること、世の中で起こってるいろんなことも簡単な言葉でいいから説明することよ、それをどう解釈するかは彼ら自身の選択に任せること、そして自分たちおとながここにいる理由、それは彼ら子供たちのためだということ、自信をもって教えてあげるべきだと思うわ、必要なのは、愛、真実、責任、そしてルールを与えることなんじゃないかしらね。

 ちなみにうちのタコ坊主は・・・・お世辞にもルールだとか、真実だとか、責任だとか、そんなこと言えないわよ~とてもとても・・若い頃なにやってきたんだか、だいたい想像がつくわよ。

 

 すべての親たちが育ててるこの子供たちは、未来の世界の住民を育ててるってことなのよ。あなたたちは、どんな世界を子供たちのために準備してるの?

 

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

7月の盛岡、北上の出張予定です。

 雨も上がり、愛犬牡丹ねーさんとちょっと散歩、この場所はすぐ近く大光寺の山門につづく道で両脇に巨大な欅が何本もそびえ立っていて、季節によっていろんな表情を見せてくれる素敵な場所です。

 ちなみにすぐ側に、ともちゃん汁製造工場があります。最近はまだ色とりどりで妖しげな煙が煙突からでていませんのでまだ製造にとりかかってないもよう・・盛岡のⅠさん、たくさんのご注文ありがとうございます。もすこしご辛抱ください。

 

 

 さて、7月の盛岡、北上の予定です。

7月8日(木) 盛久ギャラリー

(1)10:00~11:00 予約済 (2)11:00~12:00 予約済  (3)12:00~13:00

(4)14:30~15:30  (5)15:30~16:30 予約済  (6)16:30~17:30

(7)17:30~18:30 予約済  (8)18:30~19:30 予約済

7月13日(火) 北上さくらホール 和室さくら

(1)9:30~10:30 予約済 (2)10:30~11:30 予約済  

 13:00~16:00 ヒーリング・セミナー  (6)16:00~17:00 予約済

(7)17:00~18:00 予約済  (8)18:00~19:00 予約済

7月23日(金) 盛久ギャラリー

(1)10:00~11:00 予約済 (2)11:00~12:00  (3)12:00~13:00

(4)14:30~15:30 予約済  (5)15:30~16:30  予約済  

 (6)16:30~17:30

(7)17:30~18:30 予約済  (8)18:30~19:30 予約済

 

 尚、8月の盛岡、北上は、お休みさせていただきます。

 暑くなってきました。おからだ御慈愛しておすごしください。

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

昨日のセミナー

 最近、携帯からブログを書いてしかも写真まで送れる!ということをカミさんから教わり(気付くのが遅すぎる・・)朝から出張でいないときでも気軽にブログをアップでき喜んでおります。それにしてもアナログ人間の僕、自分だけではこむつかしい機械いじれません、実はぜんぶカミさん頼みです。

 

 さて、昨日は盛久さんで、 ”おうちでできるかんたんヒーリング講座” を、盛岡在住のお母さんたち(幼稚園仲間)のご希望でやってみました。これは 今までの”ヒーリング能力伝授” とは違うので、例によって何をどう教えるかはま~ったく考えずに、その場に行って皆さんの前に出ればやることが降りてくんだろうな・・くらいの感じでした。が、やはり・・自分で言うのもなんだが・・いいセミナーだったわ、また自我自賛。ほとんどが会話ね、やってみたい!という強い気持ちがみなさんあるからできるのさね、「んじゃ~ほらやってごらん」と、やらせてみると、みんな目を真ん丸くして、「で、で、で、出てる!しかもすんごく!」 という感じ、あとは大切なお話をちょっとして(これが他とは違う重要なポイント、あまりにシンプルな内容にみなさん拍子抜けしたようですが、)これでもう大丈夫!あっというまの楽しい4時間でした。後半は実技だったのでみなさんもうとろけてましたが、無事帰れただろうか。

 

 あとは愛する人、愛する家族に手を当てるだけ、心の底から湧いてくる ”愛のエネルギー”、人のために使うエネルギーは際限なくどこからかあふれ出てきます。そしてそれを見守る”存在”がかならず手を差し伸べてくれるということ、きっと気付くはずです。めでたし、めでたし。

 昨日参加された愛に溢れるめんこいママさんたち、ほんとうにありがとうございました。

 

 それにしても、毎回僕にとってもいい勉強になりますね。

 

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

盛久さん、

盛久さん、
今日は盛岡、盛久さんでヒーリング講座です。

この写真、盛久さんの裏にあるお稲荷さん、今はお社がなくなり、かわりにかわいい石仏が鎮座してます。
とってもいい感じですね、「諸願成就」と書かれてますから、もしかしたらかなうかもね。

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

さくらホール

さくらホール
今日は、北上市での初仕事、場所は、さくらホールの和室さくらです。近代的建物の中にこじんまりした16畳ほどの部屋、静かで落ち着くな〜やっぱ日本人は和室だ、盛久さんといいうちといい和室は僕にとって仕事しやすい環境ですね、そういえば盛岡で最初の仕事場は桜神社、ここはさくらホール、ちなみに僕の好きな花はもちろん桜です。
来月は13日(火)とってあります。

このあと3時から7時まで仕事です。

| | コメント (2)

2010年6月15日 (火)

愛語とは、

 ちょっと前、うちの子の友達のサッカーの試合を観に行った。とうぜん激しい競り合いの中相手にぶつかり倒してしまうのもしばしば、それはそれでいい、ただやはり子供、足を抱え込んで痛がりなかなか起き上がれない、でも試合は続けなければいけない、そんな時、倒してしまった相手の子が気にしたようで近づこうとした時、仲間の子が、「はやくしろよ、そんなのあやまっときゃいいんだよ!」と言った。なんとなく気になる言葉である。あやまっときゃいいのか?スポーツだからいいのか?誰がその言葉、その心を教えたのか?

 どんな時、どんな状況でも相手を思いやる心、それが大切なはずだ。

      

       しるべし、

       愛語は愛心よりおこる、

       愛心は慈心を種子とせり。

 

 やさしい言葉を、人やものにいつも掛けるように心掛けたい。愛語というのはすべてのものを愛する心から生まれ、愛する心は、また、すべてを慈しむ心を種として育っていくものである。

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

爆奏!!

爆奏
土曜日の千厩夜市、まさかほんとにやるとは…

はい、左が津軽三味線黒澤会黒澤博幸先生、右が北日本民謡聡友会菅原聡先生、
いわずと知れた津軽三味線会のトップ二人がアドリブで爆奏してくれました。お客さんは大盛り上がり、凄い、凄すぎる演奏に、若いお客さんは、こりゃROCKだ、SOULだ、と熱狂してくれました。なんと聡先生、三味線抱えジャンプして最後の曲をしめるという、みなさんやんやの拍手。

それにしても、岩手県人はスゴイね。

黒澤博幸先生のブログ、やはり何もきめずにはじめたらしい・・・おそるべし。 http://jucojp.p1.bindsite.jp/kurosawa/blog.html

| | コメント (2)

2010年6月10日 (木)

和んだわ~

 今日はかねごん先生んち、いえ ”風と虹の教室” へ行ってまいりました。というのは、かねごん先生の奥様が企画してくださった、ママのまなびや講座、「おうちでできるヒーリング手当て術」で、うちのカミさんが講義をするため、僕は助手として荷物持ちとしてお付してきたわけです。

 ”風と虹の教室”は、シュタイナー教育をベースにした幼児教室で、庭で遊んだり、お絵かきしたりと、田園風景の中と~ってもいい感じの教室です。家のいたるところかねごん先生が手作りのものがあったり、あの厳ついかねごん先生とちっちゃい子供たちの戯れる様は、まさにおじいちゃんと孫・・・です。

 8人のめんこいおかあさんたち、とっても気持ち良かったみたいで、これを家で実践するにはまずお父さんたちにしなければいけません、そしてここからがたいへん、そう、お父さんにも憶えてもらわないと自分がやってもらえません。そこは、ギブ・アンド・テイク・・ではいけませんよ~ギブ・アンド・ギブです。おたがいギブ・アンド・ギブになれるよう夜な夜なしっかり愛を育んでね~うふっ!

 さてさて講座はおもったより以上に楽しく進み、うちらも大満足、って僕はなにもしてません、縁側でぼけ~っとしてました。そして第二部はかねごん先生お座敷ライブ、これも盛り上がりましたね~奥様は「聞きたくない人は部屋から出たほうがいいですよ。」と、金田家裏番長ぶりを発揮してました。新曲ではこの地の歴史がらでしょうね妙なハプニング・・があったりと、これも今後とても楽しみです。

 久しぶりにめんこい子供たちに囲まれとても和んだ一日、うちのカミさん、ぼそっと「あかちゃんほし~な~」と・・・あのぅもう年齢的に無理だかんね。

 さて、実は、僕も盛岡で今月18日「おうちでできるヒーリング手当て術」講座やります。うちの盛岡のクライアントのママさんたちがやってみたというので、といってもいつものヒーリング伝授ではないですので、”あそこまで” はやりませんが、おそらく巷のヒーリングなどよりはパワーすごい状態になると思います。でも、あくまでおうち用です。

 風と虹の教室  http://kazetoniji.cocolog-nifty.com/

 

| | コメント (2)

2010年6月 8日 (火)

生きることは、

 人はみな神より命をいただいた時から、「オギャ~!」 と生まれたその瞬間から毎日確実に死に向って進んでいく、では、その死とはいったいなんなのか、病とは、老とは・・様々な死のかたちを向かえ、苦悩しつづけること、それ自体が不幸とよばれるものなのか、医療の進歩とともに様々な病を克服しつつある、しかし、死そのものがなくなるわけでない、つまり人の生まれてきた目的のひとつ、それは、死すること、では、その先があるのか?そんなことも考えずただひたすら生きる。毎日をただ ”一日是一生なり” と考え生きるでもいいと思う。

  

     「よく死ぬことは、よく生きること」 

 

 それまでをどう生きるか。それも課題ですね。

| | コメント (2)

2010年6月 7日 (月)

今週のニコニコ会青年部は、

 えらいことになっちまったな・・・今週土曜日の千厩夜市、うちの商店街のイベントに子供たちの日本舞踊をみせることに、どうせなら津軽三味線黒澤会のかたがたにも出てもらおうとお声をかけ快くうけてくださいました。そして近所のオヤジも津軽三味線習ってるんで、「んじゃ~やろうよ、人前でやるのも練習だよ!」とかつぎだし、”千厩本町芸能祭り”と銘うって進めてました。するとそのオヤジさんのお師匠さん、実は・・・菅原聡さんという津軽三味線界ではものすごい方でした。あの北島サブちゃんや細川たかしさんと共演、そしてジャズ・ピアニストの穐吉敏子さんとの共演などなど・・お、大御所じゃね~か!その菅原聡先生が、「黒澤の弟子たちが出て、俺の弟子も出て、俺がやらないわけにはいかんだろ。」と、出てくださると言う・・・ギャラどうすんだよ。で、先ほど黒澤博幸先生からも電話があり、「伊庄さん、僕も出ますから、聡先生が出るのに僕が出ないわけにはいかないでしょう。」と・・・・ギャラどうすんだよ。まぁなんとかなるだろ、心の広い先生がただから・・きっと。

 にしても、二人で一緒に人前で演奏するとなったら、するかどうかは当日までわかりませんが、すんごいことです。ほんとに、どんなことが起きるやら、もしかしたら歩行者天国が終わってもやりつづけるかもしれん。今からぞくぞくしてきます。というか違う意味で背中がゾクゾクするわ。

 さてこのお二方、7月3日、青森県五所川原市金木町で行われる、津軽三味線の始祖「仁太坊」生誕祭で共演いたします。ぜひ、ご興味のある方は行ってみてくださいね、俺も行きたいです。

 黒澤博幸 ホームページ http://www.tenchijin.info/top.html

 

 あ、ぜひ今週土曜日の千厩夜市にも足をお運びください、今週は神輿!あの佐惣珈琲豆店の旦那も担ぎに来ます。きっとまたべろんべろんです。そして、謎のともちゃん汁、好評ですね、もう予約でいっぱいです。早い者勝ちです。昨夜、うちの庭で剣友の鵜浦一家、藤野一家と、ともちゃん一家とで、気仙沼ホルモンパーティーして飲んで食ってエロ話して大騒ぎ、しっかりいい油、こくのある汁が出ることまちがいなしにしときました。楽しみにしてください。ぜひ、「ホルモン系のともちゃん汁ください。」と言ってくださいね。

 というわけで、秘密結社ニコニコ会青年部、今週も暗躍します。

| | コメント (2)

2010年6月 5日 (土)

メメント・モリ

 8年前に他界したうちのおばあちゃんの友人お二人が連れ添うように旅立たれた。一日で葬儀と納棺とにかけまわりその合間に仕事と大忙しだったが、お年寄りになり往生なさったときの旅立ちの儀式というのは、こんなこというのは不謹慎だがけっこう楽しい、いろんな人、ふだんあえない人が集まり思い出や昔話に花が咲き、自分の幼いときの思い出がわきでたりする。

 葬儀もだんだんと簡略化され、故人のお顔を拝見することさえできない、思い出にふけることさえできない昨今の葬儀、忙しい時代、できるだけみなさんの負担にならないようにということかもしれないが、まだうちの方ではちょっと時間をかけてあの世に送り出す。七日詰といって一週間かけるところもある。亡くなった方がこの今生でみんなと過ごした人生の思いにふける時間、そして身体が動けず会いたい人に合えない現象界での肉体から離れ身軽にご挨拶に伺い、どこかでけじめをつけるだろうこの期間、けっこう大切なんではないだろうかと思います。そしてみんなで行う納棺の儀、これは美しい。 合掌

     

     なき人の為にとつとむ追善は  生ける我が身の教えなりける

 

  僕は、この言葉がたまらなく好きです。

| | コメント (2)

2010年6月 3日 (木)

老人ホームにて、

 8年前に亡くなったうちのおばあちゃん、その親友たちお二人が昨日今日とたてつづけにお亡くなりになった。旅は道連れ~って感じかな、仲良く逝きなさいました。もう90歳くらいだろうからな、精一杯生きたのだと思います。合掌

 そして今日は週一回の老人ホームへの出張の日、「待ってだよ~」と言われるのはほんとにうれしいもんです。昔から若いねーちゃんにはもてず、年増からもててたわたくし・・今は究極の年増もて・・・そして、あ、愛のマッサージ・・・どうよ・・すごいだろ。

 僕が行ってる老人ホームはもうほとんどのじーちゃんばーちゃんが痴呆の方、よくて車椅子で動けるけど寝たきりの方です。とうぜんあちこち痛い、でもさすってあげると、気持ち良さそうにしています。あとは特別なことはしないが楽しみにしてるのは世間話のようで、僕なんかが持ってくるたわいもない話を楽しそうに笑いながら聞いていただいていると、それだけで元気になるみたいですね。そんなじーちゃんばーちゃんを見てると、痴呆というのは、病気ではなく、旅立つための準備なのね~と思ってしまう、あの世に行くために今生でのたくさんの思い出や感情を整理してるんだね~なにせあの世には ”もの” は持っていけない、持っていけるのは ”想念” だけです。今は大切な思い出をひとつひと~つ玉手箱にしまう作業かな、と感じますね。

 明日から葬儀つづきでばたばたしてしまいますが、うちのばーちゃんたちもあちらからお迎えに来てるだろうから、こちら現象界からしっかり御送りしたいと思います。

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

姉御・・

 昨日久しぶりに、伊藤”ponta姉御”洋子さんと電話で世間話をした。洋子さんは茅ヶ崎に住んでらっしゃるのでなかなか会えないが、まぁたま~に電話すると「元気~!」といつも明るい声で癒されます。もう4,5年は会ってないけど、そのうち会えるさといつも思ってます。

 うちのクライアントさんならご存知”卵の・・”の筆者であり、ステキなカウンセラー、その言葉はいつも”ほんとうの自分自身”に届いてくるような、自分のほんとうの気持ち、魂を引き出してくれるような、素になれるんだよね、まぁ・・太陽のような・・大洋のような・・女性だな~ ほんとに近くにいればみなさんに会わせたい・・・んなら呼ぶか、というのが僕の目論見~しかも骨董好き、そんなら場所は盛久さんでしょ、「お話パチパチ会!」でもするかな、と日々考えてます。どう?おもしろそうでしょ?やるからね、そのうち、期待してて。

 伊藤”ponta”洋子さんHP http://ponta55.com/index.html

 なんせ湘南ね~ちゃんで、さらに沖縄ばっか行ってるからね~岩手はさむいべ~あったかいうちに呼ぶかな・・いや・・極寒の岩手を体感させるってのもおつかもしれん。

 

| | コメント (2)

2010年6月 1日 (火)

教わることで学ぶもの、

 この仕事をはじめたのは・・・実際にはいつからだったのかな、横浜に住んでるときだからもうかれこれ8年くらいかな、試行錯誤しながら今に至っていますが、特定の先生はお二人、僕に伝授してくれた東京の小松先生、そして今は亡き長野の生島先生、この二人は陰と陽、白と黒、というかまるで違うでもおんなじ・・まぁいろんなもの見せてくれました。とくにこんな方法で、というようなことは何も教えてはくれません、ただ経験、体験、魂で感じること、感じたままに、要は自分で考えろ、ってこと、おかげ様で今の自分のヒーリングがあります。

 さて、この歳でも何かを教わりたいというのが芽生えてきます。それは仕事に役に立つこと、とかそんなことは関係無しにただただ無性に教わりたいというものでした。そこで始めたのが剣道です。子供たちを通わせてたというのも実は自分がやりたいが為のきっかけづくりです。先生はとにかく基本に忠実にということを教えてくれ、実際子供たちの試合を観ていても、基本がいかに大切かということを実感させられます。まして僕なんかの歳で中学生、高校生のスピードに対抗することは難しい、ただただ基本通りにいくしかありません。2時間の練習はとにかく集中、最後に面を外し、正坐して黙想した時の爽快感は言い表せませんね。42歳で始めた剣道、予定では身体が動かなくまでできるはず。さていくつまでなのかはわかりませんが、それができるように日々の鍛錬はかかせません、それは肉体的レベルだけでなく、精神的レベルでの鍛錬の重要性がありますね。

 剣道には、蹲踞(そんきょ)というのがあります。これは礼です。礼を尽くす対象にもっとも近づいた時の、礼を尽くす姿です。日本では「立ったまま失礼します。」という言い方があるように、立ったまま相手を見下ろすということは、礼を失うということです。身を低くして、礼を尽くすことが、自分の”高慢””驕り”を捨てた姿となる、ということです。身を低くした姿勢つまり謙虚さが大切なわけですね、剣道を習うことで、いろんなこと、それも実生活において大切なことを知ることができます。

 教わることで、自分の知識も経験も増してきます。そして何かを始めるとき、どんなことでも必要なのは”情熱”でしょうね、そして成功したとき、それを維持するために大切なのは謙虚さ、「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」という言葉があるように、情熱と謙虚さはソウルメイトなわけです。そしてこの二つの心もちを支えるのが、楽しむ!ということです。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »