« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

春が届いた。

 蒼い眼の虚無僧、友人の尺八奏者ブルース・ヒューバナーさんから待望のニューアルバムが届いた。今回はジャズ・ブルースギタリスト原とも也さんとのデュオです。ジャケットもいいですね~そしてタイトルは ” Z U I ” なかなか私たち日本人でさえ使えないというか気づかない言葉、「ずい」 どんな風に解釈したらいいのか・・想いをめぐらせながらそのサウンドに聞き入ってます。ヒーリングを受けに来た方なら聞いてますね、そう、いつもBGMとしてかけているあの尺八の響、フルートだと思っていた方もいらっしゃいましたが、なぜにこんなに溶け込むことができるのか、僕のヒーリングにはかかせない響です。

 今年も春になったら桜前線ツアーで岩手に来ます。どこかでコンサート情報を眼にしたらぜひ聞きにいってみてくださいね、いつも聴きながらいろんなことを気づかされます。アメリカ人でありながらなぜにこれほど日本のことを、日本のこころを音で表現できるのか、これはもう見た目ではなく生まれでなく、こころのなせる”わざ”だと思います。ぜひライブで聴いてほしいです。

 コンサートツアーが決まり次第ブログでご案内したいと思います。

 ブルースさんのホームページhttp://www.brucehuebner.com/ 

 原とも也さん http://www.k5.dion.ne.jp/~tomoya_h/

                             

| | コメント (0)

2011年1月29日 (土)

2月の予定です。

 いや~昨日も盛岡まで行ったんですが、山越え怖かった。ほとんどの道路が凍ってる、うちから水沢インターまで40分で行くところ1時間半かかりました。さらに高速道路は除雪作業で渋滞、でも午前中クライアントさんのお宅にはなんとか間に合い、午後の盛久さんでのお仕事もこなしました。で、帰宅は夜11時半っと・・来月も凍ってんだろか。

 昨日は、ある町の包括支援センター様からのご紹介でご高齢のクライアントさんがいらっしゃいました。長い間かなりの痛みを抱えていらっしゃり、なんとかしたいという思いでいたところのご紹介であったそうです。治療後のはきはきしたお声と眼の輝きとおどろきのご感想に僕も「今日は来てよかった~!(もちろんいつもですが)」とありがたく思いました。このご縁にこころより感謝申し上げます。ご紹介くださり本当にありがとうございます。これからも痛み苦しみに苛まれている方たちの少しでもお役に立てるよう精進して参りたいと思います。

 そしてもちろんマルツ救急車ツトム君にも感謝!

 http://moririncho.exblog.jp/

 

 

 2月の予定です。

2月11日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)11:00~12:00 予約済 (2)12:15~13:15  (3)13:30~14:30

(4)14:45~15:45 予約済  (5)16:00~17:00  (6)17:15~18:15

(7)18:30~19:30

2月17日(木) 北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)9:30~10:30  (2)10:45~11:45 予約済  (3)12:00~13:00

(4)14:00~15:00 (5)15:15~16:15  

(6)16:30~17:30  (7)17:45~18:45 予約済

2月25日(金)  盛岡 盛久ギャラリー

(1)11:00~12:00  (2)12:15~13:15  (3)13:30~14:30

(4)14:45~15:45  (5)16:00~17:00  (6)17:15~18:15

(7)18:30~19:30 予約済

 料金7000円となります。

 お申し込みは、お電話 0191-52-2606  伊庄整体ヒーリング治療院

 メール http://www.isho-healing.com/06.html

 にて、よろしくお願いいたします。また、メールですと、確認が遅くなる場合があり、ご希望の時間をおとりできない場合があります。

  ヒーリング・セミナー(伝授)

 引き続き少人数のみで行っております。自分も、家族のために、苦しんでいる人のために、今やっている仕事に活かしてみたい、そしてプロとしてやってみたいという”お覚悟”のある方、そしてそのための”ギフト”を持ち合わせている方にのみセミナー行います。

 癒しの技は、からだがもつ秘密の知慧である。治療家(ヒーラー)がするのは、それがうまく行われるように助ける以外のなにものでもありません。

 自分のために使うエネルギーは、どんどん減っていきます。しかし人のために何かをしようという人には自分自身に無限大のエネルギーが返ってきます。

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

初心の気持ちで、

 レコードに針を落とす。パチパチッ・・という音のあとには清々しく胸を打つ曲がはじまる、なぜだか今朝は、BEATLES の” No Reply” が聞きたくなった。早朝の散歩のときから、いや、目覚めたときからず~っと頭から離れないでいた。なんでだべ・・・・もしや・・初心の気持ちで・・・ということかと思ったりしてみる。中年真っ盛りではあるが、まだまだ燃えるなにかがある、そして燃やさなきゃいけない脂肪もある・・・。

 今、どうしたらいいんだろう・・これからの世の中に見出せないでいる希望だったり夢だったり、こんな時代だからな~なんて思ってる若い世代の人はたくさんいるだろうと思う、でもこんな時代だから?僕はバブル全盛期の時代をすごしたが、将来の夢も希望も何も見出せないでいました。大学に通っていてもただ空しくいたずらに時をすごしていただけ、みんなと同じように就職すれば社会の渦にのみ込まれてしまう・・それならいっそ違う世界の渦に飛び込んじゃえ!そりゃ!って感じで大学を中退、自分を探すにはたくさんの人々の中にもまれてみよう、といろんなことをしてました。

 たくさんの人と人との縁、考えてみればこれが今の自分を創り出したものですね、いろんなことを教えられました。きっかけをつくってくれた方たちは、夜の世界やけっこうダークな世界の方たちだったりね、偉い先生方ではなく、人生の先生と呼べる人たちでした。なんだかわからないけどただ自分自身を信じて今目の前にあることを懸命にこなす。そうしなければ次の御題はあたえていただけません、苦労をするよりしないほうがましかもしれないけど、

      「梅は 寒苦を経て 清香を発す」

 

 風の寒さと雪霜の苦しさに耐えてこそ清い香気を放ちます。人間だって困難に鍛えられてこそ一回りも二周りも大きくなるのだと思います。

 困難をおそれることなくそれすら楽しむつもりで進んでいきたいですね、いくつになっても挑戦、そしてまだまだ自分自身の鍛錬をつまなきゃいけませんね。

 で、この曲を聴くと、初心に戻れる気がするわけよ。http://www.youtube.com/watch?v=-vIyaGOSxcY

 

                                                                                                                                                              

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

牡丹日記

 お久しぶりで~す。あたしタコ坊主んちの柴犬牡丹です。

いや~今朝は寒かったわね~この冬一番だったと思うわ、じっとしててもうごいても寒いさむい、まだ暗いうちからタコ坊主おこして散歩にくりだしたわよ、とにかく歩いて走ってからだの中からエネルギー沸き起こすしかないもんね、そして学校に行く子供たちになでてもらうのがいちばんいいわよ、あたしの健康法だわ。

 まだ日が昇らず月もくっきりでている雪景色はまるで墨絵のようね~見とれてしまいました。もっともみんなこの寒さで景色どころじゃないわよね、道路はスケートリンクのようだし、ちょっと油断したら足元すくわれコケちゃうしね~気をつけなきいけないわよ。あっなぬ?タコ坊主の愛車は1ヶ月の入院・・・まぁ人様にご迷惑かけなかったみたいで良かったわね~。

 

 暑い日であれ、こんな寒い日であれ、大地を踏みしめて歩くというのは最大の癒しであることはまちがいないわ、歩けばエネルギーがからだの中から満ちあふれてくるし、朝日を浴びれば生命力が養われる、こころとは森羅万象、一切の理であり法、山河大地なのよね、まずは一歩、外に出て大地を踏みしめ、山河大地の説く法に耳を傾けてみてはどうかしらね。

 

             

             

| | コメント (0)

2011年1月24日 (月)

きっかけ、

 土曜日は北上での仕事でした。この雪の中訪れ、車を使わず電車でいらっしゃったクライアントさん、ほんとうにご足労をかけもうしわけなく思います。みなさまほんとうにありがとうございました。

 そしてびっくりすることも、娘さんがお母さんを連れていらっしゃったのだが、そのお母さん、なんと僕の母の同級生だったことがわかりびぃ~っくり!!前々日が母の命日だったこともあり、離れた街でこんな出会いがあるのも何かの思し召しと思い感動しました。痛みが和らいでいてくれればさらに言うこと無し、これからも元気でいてくださることこころよりお祈り申し上げたいと思います。

 

 5人のクライアントさんのヒーリングを終えた後、申し込みのあったお一人の方のセミナーを行いました。僕の行うセミナー・・基本的に少人数のみで行います。それは毎回受けられる方に合わせた内容になるからです。それぞれいろんな個性を持ち合わせていらっしゃるわけですから、内容も様々、そのときになってみなければわかりません。大切なのはその方の過ごしてきた今までの経験や気持ち、想念、やる気、覚悟、などなど、僕も感じながら進めていきます。”伝授”を終えたらそこからあとはやるだけ、そしてそこからが本当の勉強になるわけです。よく、「こうしなければいけない、ヒーラーはこうでなくてはいけない、怒っちゃいけない、肉を食べちゃいけない、」などと自分にいろんな制約をつける方がいらっしゃいますがあんまりしないほうがいいですね、僕はしません、やっちゃいけないことをあれこれ探して自分に呪縛をかけるより、自分のできること、楽しんでできること、いろんなものとの関わりを増やしたほうがいいはずだし、要は自然の摂理に添った生活、普通の生活を大切にすることが大切です。普段の生活こそが与えられた最大のお題、それができずして特別なことなんてできるわけがありません、家族を愛し大切にし、自分に関わるすべての方達、事柄に想いを馳せる、感謝する・・・僕もこんなこと言えた義理じゃありません、できないからこそのたうちまわってるわけで、だからこそ不完全なこころと肉体での勉強、お題をこなしていくわけです。

  ヒーリングを教えながら生徒さんにいろんなことを教えられたりして、「オレってまだまだだ~」っとあらためて感じることもありますね、というか、僕は何にも教えられませんね、すべてはその人の中にあって、僕はその扉を開くだけの仕事かもしれません。宝はあなたの中にあるってことだと思います。僕はただそのきっかけです。

 

 

 

| | コメント (2)

2011年1月21日 (金)

光の導き、

                         

 今朝もまだ日が昇らないうちから牡丹と散歩に出かけた。しばらく歩いて高台に差し掛かったところで朝日を拝みました。とにかく寒いですね~手袋をとった手が痛くなるほどです。なんで犬は裸足で平気なんだかね。

 

 昨日はうちの母の命日、もう7年になります。はやいもんですね時のたつのは、あの時もすごく寒かった。横浜の病院で息をひきとり、翌日にはめずらしく雪の多い千厩に戻ってきた。

 

 子供たち、母の孫たちははみんなで、おばあちゃんのためにと大きな雪だるまをつくった。その雪だるまをかこんで写真を撮ると、雪だるまのまわりに光のうずが移っている・・「あっ、おばあちゃんだ!」子供たちが叫ぶ、なんでそう感じたのか、でもたしかにその光は母であり、そう感じた子供たちの直感もすごい、そしてその光のうずを見てると、なんだかわくわくしてきたのを憶えている。それはなぜか、死んでも無ではない、肉体から開放された本当の存在、それは光だ。そう感じたのかもしれない。

 

 病床の母から教わったことはたくさんある。今この仕事をしているのも母のおかげかも、というより母が導いてくれたものだと思う、眼には見えないが、ひとすじの光がたしかに自分と ”どこかのだれかに” つながっている感覚、ますます強くなるのを感じます。

              

             

| | コメント (0)

2011年1月20日 (木)

お知らせ、

1月22日(土) 北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)9:30~10:30 予約済  (2)10:45~11:45 予約済  

(3)12:00~13:00 予約済

(4)14:00~ ヒーリング・セミナー  少人数制です。もしご希望の方いらっしゃればご  

                        連絡ください。(現在一名の方が受講予定)

(5)17:45~18:45

1月28日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

 (3)13:30~14:30 予約済

 (4)14:45~15:45  (5)16:00~17:00

 (6)17:15~18:15  (7)18:30~19:30 予約済

   料金は、7,000円 となります。 

 

 お申し込みは、お電話、またはメールにて (メールでのお申し込みですと、確認が遅れご希望の時間をお取りすることができないことがあります。)

 0191-52-2606  伊庄整体ヒーリング治療院

 メール http://www.isho-healing.com/06.html

| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

オレンジ色の灯りに、

 20年ほど横浜の本牧に住んでいた。仕事帰り時おり自転車を飛ばして本牧ふ頭に向かった。たくさんのコンテナに囲まれた運河の傍らにまるで放置されているかのように一台のバスが停まっている、明かりは灯されていないのでまさかそのバスが店だなんて思わないし車でなければ行けないところ、しかも営業時間は深夜から、その店、BARの名前は ”JACKKNIFE” 知る人ぞ知る隠れ家BAR。

 前方の入り口から入ると、いいツヤのでている重厚なカウンターがバスの後方まで延びている。マスターは無口にギターを爪弾いていることが多かった。カウンターに座ると窓の外に埠頭を照らすオレンジの光、それはまるでろうそくの灯りのようにも見え、見ているだけでこころが癒され、そして時間はしばらくのあいだとまり、気がつけば夜が白々とあけてくる。そこではよく ”クリス・レア” のアルバムがかかっていた。

 

 僕も10年ほどBARをやっていて、めざす境地は店に入ったとたんに癒され、言葉をとくに交わすこともなく客は元気になって帰っていく・・うん、そんな境地に近づくにはまだまだ経験が必要でした。歳を重ねそして経験が醸し出す知慧とでもいうのだろうか。そして今いろんな経緯からヒーラー、治療師となりここ(岩手)で治療院をやっている・・もう6年、めざす境地にかわりはさほどない、入り口を入った瞬間、こころが癒され、「あれ・・痛みが楽かも・・・」 たまにいらっしゃいます。この仕事は奥がまだまだ深い、人のこころの深さがあるのとおんなじように奥深くそして治療の方法もかぎりない、いや方法なんてないのかもしれない、あるのは神から与えられた”智慧”のみ、そこにいたるには、経験と気づき、自然との調和、そして”深い愛”だと思う、まだまだ精進と努力が必要です。

JIACKKNIFE・・今はどこで営業してるんだろう、その店の雰囲気にみんなが言葉を忘れてしまう、ふふふ・・・おかげさまで独身の頃にはた~いへ~んお世話になりました。

  ・・・・独身の頃ね!

               

| | コメント (0)

2011年1月17日 (月)

寒い日に・・

 最近のような寒い日がつづいたり、季節の変わり目になると町角のあちこちで葬儀のご案内の看板を多く見かけるようになる。たいていはご年配の方々のようではあるが、なかには若くして・・というものも見かける。

 人は誰一人例外無く、いずれあの世に召されますね、それを不幸というのかどうかはわかりません、長く生きたけど、短い生涯だったから、どれがどうとはいいがたいものがあると思います。でもまちがいなくみんなそれぞれの生涯を懸命に生き抜いたのだと思います。

 

      ”若し人、生きて百歳あらん、諸仏の機を会せずは、  

            未だ生きて一日にして、能く之を決了せんには若じ。”

 

 人間として生まれ生きるということは、たとえ百歳という命を得ることができても、生きることの真理を、その身で行い知ることができる一日がなければ、その一生は、虚しいものとなる。(道元 正法眼蔵)

 目的を持って生きる、これは大切なことだと思います。でもその目的がわからず懸命に目的を探し続ける、これも尊いことなのかもしれませんね。 生きることの真理、このテーマを持って日々精進しそれぞれの仕事に懸命に取り組んでいくこと、何れどこかで光明が射してくるのかもしれません。

 僕の好きだった俳優、細川俊之さんが亡くなられた。昨日さっそくDVDを借りに行く、もっちろん!”ムー一族” たこ八郎と伊藤四郎とのからみ・・・子供たちも大爆笑、絶賛してました。晩年大学で教鞭をふるっていた故人のご遺体は医学のためにと検体へ、そこにも真理があるのでしょうね。    合掌

 

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

よいこの冬休み

 子供たちの冬休み最後の日です。この休み中僕とはどこにも行ってないので、かねてから「おねがいつれてってくれ~!」 とご要望のウルトラマンアート展を見るため盛岡へ行きました。  

 もちろんわたくしウルトラマン育ち!そして子供たちにとっても永遠のヒーロー!最高です!萌える・・・いや、燃えるぜい!しびれまくって見入ってしまいました。それにしても平日のせいか大人の姿が多い、細部にわたって見入ってる人、目を子供のように輝かせ見入る人、いろんな思い出なんかあるんだろうな~ 

 こんなオトナなのかコドモなのかわかんないような人もいたみたい。   http://moririncho.exblog.jp/

 

 そしてご存知メトロン星人!いちどあなたに叱られてみたかった・・・

 「だめだべ~おめぇ~頭丸めてでなおせ~」  「はい・・・・」

 メトロン星人に畳とちゃぶ台、こんなサービス思いついた方、ありがとう~~~~~~!!

 あ~楽しかった。何が楽しいって、子供たちと共通の話で盛り上がる、しかももう僕なんかより詳しくていろんなこと教えてくれて再発見!うちの子ながらすごい!そして雪の盛岡の街をみんなで手をつないで歩きながらコレクティブモードさんへ、http://collemo.exblog.jp/  

 さらに2階に事務所を構える友人のマルツツトム君に行ってきた自慢話を話す。最初は「ふ~ん・・」と聞いていたが、メトロンさんの写真を見せると「え?・・・・」眠っていたウルトラ魂に火がついたのか鉄砲玉のように飛び出ていきました~で、あの写真ですhttp://blog.goo.ne.jp/moririncho/e/e6c6e780fb0d73c298ba9c4f24ea31db。おとなこどもなのかこどもおとななのか・・・。

 コレクティブさんの品揃えにうちの娘たちは大食いつき!大ファンになりました。「パパ、つぎはいつつれてきてくれんの?」と、欲しいものがいっぱいあるみたい、おこづかいもってまた行きたいそうです。

 そして最高の思いでは、みんなで手をつないで夕暮れの街を歩いたことですね、あのみんなのほっこらあったかい手の感触、そして笑顔は永遠に忘れません。

                                                                                                                                                                                     

| | コメント (2)

2011年1月12日 (水)

思った。

 伊達直人・・なんとかっちょいい名前だろう、タイガーマスクを見て育ちそしてプロレス人生論を重ね考えてしまう今の自分にとってもその名前は未だに光輝いている。そういえば子供のころ「なんでぼくのなまえだてなおとにしてくれなかったの~」と親に言ったっけ、きっと僕だけではないはずです。その伊達直人が日本中で大騒ぎですね、やるじゃね~かタイガー!この国の未来を担う大切な宝である子供たちを思う気持ち、”愛する子供たちに・・・”という一文にぐっと来ました。まぁそのあと矢吹ジョーだとか、肝っ玉母さんだとか、ほんとにマスクしてカメラの前に出てきたりとかいろいろとまぁ・・あれですけど、とにかく無償の愛である行動に心から敬服いたします。

 と、そんないい話もあれば、こんな話もあり考えさせられます。それは、各地で保育所建設に近隣住民が猛反対しているという話、理由は、うるさいから・・・子供がうるさいのは人類誕生の頃から決まってることじゃないだろか、一人でもうるさいのに数十人集まればそのうるささはまさに爆弾級、ものすごいエネルギーを発しますね~ でもうるさいけど、まぁ子供だからいいか、だいじな子供たちのためだからうるさくともいいじゃん、という考えにはならないらしい、静かにくらしたいのだろう、「最近のわかもんは~」といういつもの高齢者の声、しかし、「最近の年寄りは~」と思わず首を傾げてしまうことも多々ある。

 思うのは、社会の余裕の無さ、子供は未来を担う大切な存在であり、変な言い方をすれば、資源の乏しいこの国にとってのだいじな資源とも言える。僕らが年寄りになったときには、この国を動かす原動力である。そんな子供たちを「うるさいからいやだ」なんじゃそりゃ・・・未来を完全否定してますよね、これからの社会は高齢化に向かって進んでいる、そんなわかりきったこと、それならそうでやるべきことはひとつ、子供たちを大切にする。それは甘やかすのとは違います。自分の頭と心で考え肉体を持って体現する人間を育てる・・・それにはやはりまずオトナである自分たちから行動するしかないですね、人としての勤めを余裕を持ってしっかりやりましょう。

| | コメント (2)

2011年1月11日 (火)

どんと祭

 どんと祭、風物詩ですね~正月飾りや昨年一年間お守りいただいたお守りなどをお焚き上げする行事ですね、寒い中火にあたりながらお神酒をいただいてます。親父たちはいつから飲んでるんだかもうべろんべろんの神様がついてました。

 今年一年も無病息災で暮らせますように、考えてもみれば健康でいられるってほんとうにありがたいものですよね 、病気になったときにこそ健康のありがたみがわかるといいますが、健康であるからこそその健康を維持するための努力も必要です。大切なこと、それは心と身体のバランスを保つこと、自らの自然治癒力を高めること、そのためには安定した精神状態を保つ、健全な食事、適度な運動、適切な休息、などが必要です。「わかっちゃいるけど~なかなかね~」という言葉をクライアントさんからよく聞きます。そう、なかなか安定した精神状態を保つって難しいことです。でも、そこに近づけるためにこその生活習慣の見直しですよ。

 今年一年みなさんの心と身体が健康でありますように。

 

 

                 

             

| | コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

SPEAK LIKE A CHILD

 ハービー・ハンコックの68年のアルバム ”SPEAK LIKE A CHILD” です。内容はもちろんのことジャケットもとても美しい・・これだからレコードはいいですね、ジャケット飾れるから(裏の写真もとても素敵です)。

 ”SPEAK LIKE A CHILD” 「子供のように話す」 と直訳ですが、無邪気なおはなしという感じかな、その話はとても慈愛に満ちた優しい言葉の印象を受けます。優しい言葉、そんな言葉をいつも心がけたいですね、といってもいつも毒のある言葉しか吐かないわたくし・・あとで反省することが多いです。

 優しい言葉、慈しみある言葉を人やものに語りかける。その言葉はすべてのものを愛するという基本的な心から生まれ出る言葉であり、そして愛する心というのはまたすべてを慈しむ心を種として生まれ出るものである。 (正法眼蔵) 

 う~ん・・人間、求めるべき道っつうのはとても身近なところにお題があるんですよね~でもそれがなかなかむつかしい~だからこその毎日が修行、そして精進、人それぞれ背負わされたお題をこなしていく、神様仏様はそれぞれに合ったお題を背負わせます。「お前ならそれができる」という慈愛の言葉をもって。

 

             

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

寒稽古にて、

 ゆ~きやコンコン♪と、ほんとにコンコンどころかどんどん降ってる昨夜も子供たちと剣道寒稽古のため中学校の武道館へと出かける。暖房なんてもちろんはいってない、ひんやりした道場、足の裏は感覚を失います。でもいざ稽古が始まれば汗は流れ落ち心と身体がが絞られます。稽古終了後の黙想、しんとした中みんなから湯気が立つ、この瞬間こそが醍醐味というんでしょうか、たまりません。

 十数人の小中学校の子供たちと稽古をしてるとき、ほんとに幸せな気分になる。それは、この子達の心は自由だ(中には自由すぎるガキんちょもいる)、と強く感じるひと時でもある。私たちはこの世において、その自由な心を不自由な制約のある肉体という乗り物に押し込めて生活しています。自由な心、それを制限ある肉体をもって行動する、そこに 「礼節」 というものが生まれます。そう考えれば、不自由なもの同士、お互いが助け合い、切磋琢磨する、そこに魂、心の成長があり、愛を学ぶ機会があるのだと思う。

 今夜は寒稽古最終日、そして明日から2日間は花巻での大会がある。試合は稽古の延長であり、いかに稽古したかが試合で試される。常に成長、稽古の連続です。そんな子供たちとともに稽古でき成長を目の当たりにできること、これほどありがたいものはない、そしていつまでも奴らの壁になることが僕の目標、そのためには人一倍稽古、身体は衰えていくが心と魂、精神はまだまだ成長しなきゃいけないです。

 親父たち、気合を入れてまだまだ頑張ろう!

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

ご褒美、

 今年最初の仕事は老人ホームへの出張、まずはスタッフの方々と新年のご挨拶そしてバ~ちゃんたちのところへ、みなさん風邪もひかず良い年越しを迎えたみたいです。どんなお正月だったのか世間はどんな感じなのかやはり知りたいのは当然です。今日はやたらと話がはずみました。ここの老人ホームへ来るようになって5年めだろうか?ヒーリング(といってもマッサージね、)を受けてた方であちらに旅立たれた方も数人いらっしゃるが、スタッフの方曰く、「先生のマッサージ受けてる方は比較的お元気なんですよ、生き甲斐だとまで言うば~ちゃんもいるんですよ。」と、ありがたいですね、立てない方が立ち上がるように・・・とはいきませんがせめて痛みが楽になってくれればと思います。

「あ~きょうもきんもぢよがったな~からだがかるっこぐなりました~もみしのせんせ、ありがど~」という言葉をいただける時のしわしわのお顔はまるで花のようです。そしてそれが僕の褒美です。

 

   生死去来も、はなのいろいろなり、はなの光明なり

 そのひとつひとつが、花、華のあらわれですね・・・。

  5日間の留守番のご褒美、横浜元町喜久屋のラム・ボール!!僕の大好物、珈琲とともに堪能・・ラム酒の芳香さとチョ~コレ~トのハ~モ二~・・最高です。僕は横浜で結婚式を挙げたのだが、引き出物にこれつけました。子供たちにはラムがちょっときついのであげません、鼻血出されちゃ困るから、カミさんはラムよりウォッカが好物だし、やはり僕だけで味わいます。

                

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

そのための、

 元日からうちのカミさんと子供たちは東京と横浜に里帰り、僕は今日まで留守番です。ひとりだとお風呂を沸かすのももったいないので先日は東和の温泉へ、そして昨日は地元の鉱泉たまご湯へ行ってきました。ここは県内でも唯一自治会が運営してる温泉として有名で、地元のおじちゃんおばちゃんが手弁当で頑張ってる言わばみんなの力で沸かしてる温泉です。最初は農作業の後の憩いの場だったそうだが今や県内外から風呂好きが集まる場所になってます。といっても大人6人も入ればいっぱいの浴槽はすべて手作り、でもその狭さがコミュニケーションを生むようで、いろんな話が聞けて楽しいです。お湯は結構熱めだがからだの芯までしみこんで来る感覚はたまんないね~そしてたまご湯の名の通り肌がたまごの様につるんとします・・・って、かつて深夜番組での温泉レポートはうさぎちゃんだったっけ、11PMね、知ってる人はもう40代以上だなぁ・・

  今夜からは剣道の寒稽古、3夜連続の稽古です。正月で鈍った身体に活を入れて、今年はさらに心と身体を絞り込んで生きたいと思います。みんながいない5日間で今年の目標もちょっと絞り込めたみたいだし、徐々に動いていき、そのときになったならすぐさま動ける力が必要です。

 ”其れが起こることを信じなければ、其れを経験するチャンスは無い”

 そのための準備が大切です。

             

| | コメント (0)

1月の予定です。

1月13日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~11:00  (2)11:15~12:15  (3)13:30~14:30

(4)14:45~15:45  (5)16:00~17:00 予約済  

(6)17:45~18:15  (7)18:30~19:30 

1月22日(土) 北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)9:30~10:30 予約済  (2)10:45~11:45 予約済  

(3)12:00~13:00 予約済

(4)14:00~ ヒーリング・セミナー  少人数制です。もしご希望の方いらっしゃればご  

                        連絡ください。(現在一名の方が受講予定)

(5)17:45~18:45

1月28日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~11:00 予約済  (2)11:15~12:15  (3)13:30~14:30

(4)14:45~15:45  (5)16:00~17:00

(6)17:15~18:15  (7)18:30~19:30

  料金は、7,000円 となります。 

 

 お申し込みは、お電話、またはメールにて、メールでのお申し込みですと、確認が遅れご希望の時間をお取りすることができないことがあります。

 0191-52-2606  伊庄整体ヒーリング治療院

 メール http://www.isho-healing.com/06.html

 今年もヒーリング・セミナーを引き続き行います。今までの経験を踏まえ、さらに内容等充実、パワー・アップしたものにしたいと考えております。そのためには自分ももっと精進し心と身体と魂の体験を深めなきゃいけませんね、「自分にもできるヒーリング」 ですが受講者さんの「自分にしかできないヒーリング」を引き出してみたいと思います。「宝は己の内にあり」です。

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

新年早々、

 昨日、愛犬牡丹が・・いや今日は愛犬とは呼ばんでおこう・・牡丹・・いや、うちの犬ぼた公と大喧嘩をした。実は牡丹この時期雪が屋根から落ちる音、しずくが勢いよく落ちる音に恐怖を感じている、で、その恐怖をどうするかというとなんと自分の小屋を破壊する・・さらに鎖が絡まりがんじがらめになり動けない、キャンキャン騒ぎまくる、で外そうとするとまるで僕がいじめてるかのように「きゃい~ん!なんでか弱いあたしをいじめんのよ!」とばかりににらみ鳴く、あったまにきて勢いよく引っ張り、鎖を直す間蔵の中に放り込んでおいた。で扉をあけると、僕に一瞥をくれたかと思うと、すたすたと後ろも振り向かず歩いてどっかに行ってしまった。歩いてである!走って逃亡するなら犬らしいが、歩いて去っていった。僕が「こら~ぼ~たん!どこ行くの~!」と呼ぶと、これまた僕をちらりと見て「フン!」だと・・超むかついたんで「もう帰ってくんな!」 向こうも「帰ってこないわよ」とばかりの態度である。

 たまに逃亡することはあるが気が済めばいつも帰ってくる、だがこの日は半日たっても帰ってきてない、いい人にひろわれておいしいドッグ・フードでも食って暮らしなさいね~と思いながら夜になり、ちょいと心配なので小屋にいってみるといつ帰ってきたのかしっかりふて寝してる・・いつもなら「ごめんちゃい、帰ってきたわよ、ご飯ちょうだい、」といった感じがこの日はご主人に対し完全無視、無視寝。

 そして今朝は何事も無かったかのようにご飯の催促・・・むかつく・・・だが、これ以上腹を立ててはいけないと思いつつもやさしく「ご飯だよ、おすわり、はい、お手は?」牡丹さん顔を背け、お手しません、こ~の~にゃ~ろ~・・・怒ってはいけない・・・・

 世間ではペットを家族とみなし何しても怒らず優しく接するみたいだが、家族は家族であるが、やはり人間は人間、犬は犬の人間と犬との立場、線引きをすることはお互いにとって大切なことと思う、それが証拠にうちでは代々その関係を保ち結果、最期まで動物病院にお世話になるようなことはなかった。つまりうちでは犬は犬の楽な生き方をしてきたということだと思う、が、この牡丹さん、今はあまりにお気楽極楽のようである。

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

気魄を持って、

 各地で大雪やらで大変なことになってますが、うちの町は正月からまるで春のような天気です。今朝も散歩しながら、ありゃ、もう春か?と思わせるような暖かさ、がしかし、冬はこれからが本番です。

 大晦日は毎年うちのいとこ総出で神社で甘酒を配るご奉仕をしていましたが、今年は親たちが体調を崩してるため自宅での大晦日をするということで、ご奉仕は中止、私たち家族はご本殿にて宮司さんにご祈祷参拝をお願いいたしました。神前で昨年一年みんなが健康で暮らせたことへの感謝のご挨拶、そして今年一年また元気に過ごせますようにと、そしてうちのクライアント様方のご健康とご健勝をお祈りさせていただき、新年はじめの儀式に身が引き締まりました。

 2日は、宮守の丹内山神社へ参拝、さすが、ちょっと他とは違う雰囲気、まさにご神域です。ふざけた気持ちで行ったり、憑かれた人は立ち入ることができなくなると言うのはごもっともな場所、まさに直結の神社です。参拝後はいつもの温泉にゆっくりつかり英気を養いました。

 昨年暮れからなぜか胸の奥底でふつふつと何かが沸いてます。な~んだか今年は楽しい予感がする・・・何かはまだ具体的になってないが、”動く” ことは間違いないような気がします。「総て祈りに願うことは、既に得たりと信ぜよ、然らば得るべし。」こんな感じです。

 今年もたくさんの方との出会い一つ一つ、「一期一会」 を大切に毎日を精進し、そして気魄を持ってまいりたいと思います!

             

              

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »