« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

歩いて気づくこと、

 明日から3月!身も心も春気分なのは僕だけではないはずです・・よね?散歩のコースもロングコースへと変えました。もうあんまり雪もないし路面凍結もなし、3キロの錘つけてガシガシ歩き回っています。

 僕がクライアントさん方に、「あるけ~あるけ~歩けばわかってくるから、一度くずれた健康を取り戻すのに、こころとからだのバランスを取り戻すためには時間はちょっとかかるよ。」と言い続けてるのだが、お友達のかねごん先生が数日前体調をくずしうちに治療に何度かいらっしゃっていた。その後調子を取り戻したようで、歩き始めたそうです。で、このようなことを書いていらっしゃったのでぜひ読んでみてください。

 大検セミナーわくわく日記  http://daiken.cocolog-nifty.com/

 ね、まさに僕が言わんとしてることです。さっすが塾の先生!

 別に足腰のためとかなんとかというよりも、「気づく」 ことが大切なんです。そこらに咲いてる草花に気づく、川の流れの清々しさに気づく、今まで見たこともないと思っていた鳥たちに気づく、見ず知らずの人と挨拶を交わし気づく、季節の変わり目のにおいに気づく、自分がたくさん呼吸してることに気づく、木々のありがたさ、そして太陽の光のありがたさに気づく、自分が独りで生きてないことに気づく、たくさんあるね~気づくこと、要は自分と向き合うということです。健康をくずしたとき、まず病院に行くことは重要ではあるが、本当は誰が治してくれるんだろうか、病まないに越したことはないが、病んで気づくこともあるし、気づいたときにはおそかったなんてときもあるかもしれないけど、こころとからだと魂でたっぷり感じながら毎日を生きていきましょう。

| | コメント (2)

2011年2月25日 (金)

考える・・

 胸が痛むニュースが続きます。ニュージーランドでの大地震、日本と同じ地震の多い国とはいえ、将来を夢見て勉強しに行った先での被災に、まさか・・という思いでしょう、うちのクライアントさんもあちらで結婚し住んでいらっしゃったり、留学しに行った方もいるが、「ほんとにいいところですよ。」と言っていたがテレビに映し出される風景を見るだけでもそれはうかがい知れることができます。時間は経過しているもののひとりでも無事であれば・・という思いでニュースを見ている毎日です。

  ニュージーランドに限ったことでなく、未だ他国でも異常気象は起きているようです。アメリカでもふだん雪の少ない地域で暴風雪が続いていたり、かと思えば突然気温が上昇半そでですごしたりなそうです。中国では相変わらずの異常気象、もはや異常ではなく通常なのではないかと思うくらいです。そして頻発する地震に火山の噴火、要注意箇所もたくさんあるらしい、そして民衆による革命、これらのことたまたまかさなったとは思えません、人の思いも自然の地球という存在の思いもそれを突き動かす力は何処から来るものなのか・・大いなる力が働いているのかもしれません。

 

 人間の力ではとうていどうにもできないことがある、それを思い知らされることが続く毎日ですが、みんなの力を合わせればどうにかすることもできる、それもあらためて知ることができる毎日でもあり、人の想念が創り出すこの世界で、人の想いこそがこの世を如何様にも創りかえることができるのではないかと感じる。もちろん良くも悪くも。

 深く考えてみる。

| | コメント (4)

2011年2月23日 (水)

通じる行為、

 僕の亡くなったおばあちゃんとの会話を思い出した。

 おばあちゃんの実家はかなり大きな麻問屋だったそうで、番頭さんから使用人の方々もいたそうである。で、よく行商に向かって帰ってきた番頭さんたちが、「いや~きづねにばがされだわ~」と言っていたそうである。昔は反物かついで徒歩で行っていたそうなので山の中でよくばかされたんだそうで、どんなばかされかたしたのか、きれいなおなごにそそのかされたのか、馬糞を饅頭と言われ食わされたのかわからないが、ほんとにあったらしい。

 そんなことほんとにあんの?現代じゃ~さすがにないだろ・・・?ばかされてるとは言わないが、まぁあるよね、狐憑き、狸やら蛇憑き、人霊憑き、天狗に仙人風・・だいたいがおんなじ様な症例で、憑かれた人はそこそこのお力をいただいてます。目先のことを予言予知したり、手から金粉出してみたり、人を信じさせ集めとうぜんお金がからんでくる、そんな教祖さんのような力、たまたまもらったのではなく自ら欲しいと強く思い願い”それら下級霊”と感応することで手を組む、よく神の声が聞こえそれから力を授かったなどというのはその類ですね、信じるも信じないも勝手、「鰯の頭も信心から」それで自分が救われたなどと思うのならそれでいいんじゃないでしょうか、ただ注意しなきゃいけないのはそこにはかならず代償がつきものということだけ、自分本位の願いはかなうが家族が不幸ではしょうがないですね。

 本来人は神と通じる神殿である、自分自身が神の御分霊をいただいているのだからそこを信じればいい、耳元に囁く神の声はない、自分の心に聞けばいい、何処からともなく感じてくるものを尊ぶ、そして問いただす行為が神に通じるもの、直感こそが神の声だと思います。

 だまされて帰ってきた番頭さんたち、いつも毎晩のように囲炉裏で火を囲み酒を飲みキセルで何かを一服、歌を歌い楽しそうだった・・と言ってました。昔はゆるかったんですよ。

                

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

眼が語る、

  昨日はなんでだか一日からだがだるく動くのがおっく~でしたが、今朝はこのお天気、子供たちの朝ごはんの準備をしてから散歩へと出発、歩きながら 呼吸をふか~くゆっくりと整える、そのうち歩くペースが早くなってくる、足には片足1.5キロの錘をつけてるがそれも感じられないくらいはやく歩けます。腰痛の箇所を感じながら徐々に全身自調整していく、そのうち痛みが緩和されていく、昨夜の剣道の稽古の筋肉痛も心地よくなり上り坂も急ピッチで登りきることができました。

 

 そしてこの場所でのお日様に会うことができました。昇ってくる位置が今までとは違いますね~だんだん季節が変わってきているるのがわかります。牡丹ねえさんのリードを放し走らせてるあいだに深呼吸しながらお日様を浴び祝詞をとなえる、からだの中にあつ~いエネルギーが満ちあふれてくるのがおもしろいくらいにわかります。自分の1日の調子を整えるのにこれほど効果のあるものはありませんね、   

 

 僕が患者さん方にお話しする”呼吸”の大切さ、あたりまえのように行っている呼吸、人は数日食べなくとも生きてられるが、数分呼吸できなかったら・・・ そして呼吸には4つのプロセスがあると言われます。その中のひとつに 「いのちの呼吸」 があります。それはからだにいのちを与えます。生まれたときの最初の呼吸とともにからだの中に入り込み、生きている限りからだがエネルギーを燃やすのを助けます。そしてその呼吸は眼の光にあらわれてきます。内側から輝くように光っている眼をしている人、生命力旺盛な人はやはり眼を見ればわかりますね。

 さ~今夜も稽古です。子供たちと竹刀をあわせ、眼と眼をあわせたとき躍動する何かを感じる瞬間、僕の内側からも生命力があふれ出てきます・・・・なんて感じてるすきに「め~~ん!!」とやられてしまう・・・でも気持ちいい瞬間です。

                 

               

| | コメント (2)

2011年2月15日 (火)

2月の予定

2月17日(木) 北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)9:30~10:30  (2)10:45~11:45 予約済  (3)12:00~13:00 予約済

(4)14:00~15:00 (5)15:15~16:15 予約済 

(6)16:30~17:30  (7)17:45~18:45 予約済

2月25日(金)  盛岡 盛久ギャラリー

(1)11:00~12:00  (2)12:15~13:15  (3)13:30~14:30

(4)14:45~15:45  (5)16:00~17:00  (6)17:15~18:15

(7)18:30~19:30 予約済

 料金7000円となります。

 お申し込みは、お電話 0191-52-2606  伊庄整体ヒーリング治療院

メール http://www.isho-healing.com/06.html

 にて、よろしくお願いいたします。また、メールですと、確認が遅くなる場合があり、ご希望の時間をおとりできない場合があります。

  ヒーリング・セミナー(伝授)

 引き続き少人数のみで行っております。自分も、家族のために、苦しんでいる人のために、今やっている仕事に活かしてみたい、そしてプロとしてやってみたいという”お覚悟”のある方、そしてそのための”ギフト”を持ち合わせている方にのみセミナー行います。

 癒しの技は、からだがもつ秘密の知慧である。治療家(ヒーラー)がするのは、それがうまく行われるように助ける以外のなにものでもありません。

 自分のために使うエネルギーは、どんどん減っていきます。しかし人のために何かをしようという人には自分自身に無限大のエネルギーが返ってきます。

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

牡丹日記

 アップはやめてって言ってんでしょタコ坊主! どうも・・あたし柴犬の牡丹です。ちょっと最近ふけ顔でさ、気になってんのよね。

 久しぶりに走り回ったわ~気持ちいいわね~ まだちょっと寒いけどほら耳をすましてみるとね、林の中から啄木鳥がトコトコと木々をつついてる音が聞こえ始めてるし、目白も梅の木々の間を飛び回ってる、今年の冬は厳しかったけど、もうすぐ春が近づいてるのがわかるわね、日々こうして歩いてるとちょっとした変化に敏感になってくるのよね、肌で感じるようになってくるわよ、まぁタコ坊主はあいかわらず両足に錘つけてガシガシ歩いてるだけだから、そんなことは気にもならないわよ、どんなに寒かろうがいつも薄着の自家発電男、燃費は昔のアメ車なみに悪いわよ。

 

 今自分がおかれている状況で苦しんでいる人がたくさんいると思うわ、でもその自分の環境はすべて自分が決めているものよね、人から生まれる影は影が勝手に動くものではなく、自分が動くから影がそうやって作られるのよね、自分が変われば影もかたちも変わるし、影を自分の思うようにしていくことができるんじゃないかしらね。

 どんなに曇天であってもその背後にはまぶしい太陽の光がある、その光はいつも自分自身を照らしてくれているのよ、その光に気づくかどうかよね。

 

                              

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

若人よ~

 「そんなにいい子でいなくてもいいんじゃないの?」 

 最近の若い子を見ててふと思う、たとえば最近の歌を聴いても歌詞がおなじよう、”感謝、ありがとう、だいじょうぶ・・・”そしてプラス思考のみに偏る書籍の数々、 もちろん人にとって大切な言葉ではあるが、若い子達が言うととても切なくなる、まるでこれで終わりなような、お先ありませんとでもいうような、弱さを感じてしまう・・・社会に出たら君たちの思った通りにはいかないよ、今まで何不自由なく弱い自分を繭で守ってきたかもしれないが、世の中はきれいごとじゃすまないことがほとんどだ、傷つくことを恐れるな、世に出て挫折を繰り返せ、反抗、反抗、反抗の何がいけない!自分の殻を打ち破るために反抗する、そのパワー、エネルギー無しに生きぬくことができるのか?自分の大切な人たちを守ることができるのか?

 かつて僕が若い頃世話になった60年代日本のロック創世記をつくりだした伝説のギタリストが昔インタビューでこう言っていたのを思い出した。

 「あの頃は、反抗、反抗、反抗、なんだかわからないがただただ反抗」

 自分の国籍や祖国とはなんなのか、自分は何者なのか、自分は何をすべきか、それを問いていた。

 そして、「あなたにとって音楽とはなんだったのですが?」 の問いに

 一言タンカをきった。「暴力です。」

 ・・これは、ほんとに暴力的でしたけどね~

 

 でも今の自分があるのもこの方のおかげであるのは間違いない。いつも陰と陽を見せられてました。

 賢くなることを教える世の中に、自分の愚かさを気づかせる教え、これが必要なんではないだろうか。

 たくさんの経験を経てこころの底からでてくる言葉、自分が生かされていることを痛感するときにでてくる言葉、そこからでてくる感謝の言葉、感謝の念、若人はまだまだ人生試されろよ、ギラギラしろよ!

                             

| | コメント (4)

2011年2月 8日 (火)

どんな世界に?

 あんまりニュースでは取り上げていないが・・というかもっと取り上げるべきだろうと思うんだが、世界各地で未曾有の大災害がおきてますね、オーストラリアでの洪水の後のハリケーン襲来、ヨーロッパではクリスマス寒波の後に急な気温上昇で洪水、ブラジルでも洪水・・・中国ではまたも干ばつ、世界各地で火山が噴火、最近噴火が危惧されてる大火山まであります。もちろん日本も例外ではありません。近所のお年寄りたち、農業を営まれてる方たちも、今まで経験のない天候に、「今年の春以降もまったく予想がつかない、どうなっちゃうのか・・」と話していました。

 道教の教えでは、宇宙は、天、地、人、に分かれると説いています。人心穏やかであれば天と地は恵みを施します。しかし、人のこころが荒廃すると天と地は災害をもたらす・・・まさにそんな時代でしょうか。

 私たちは想念の世界に住んでいます。こころに寄り添い、こころが現実の世界を創り上げています。良くも悪くも私たち人間が想像し創造した世界になる。どんな世界を後世に遺し、伝えていくのか、私たちができることは?大きなことはできないかもしれませんが、ひとりひとりの小さな愛をもって世界を創り上げなければいけませんね。

| | コメント (1)

2011年2月 7日 (月)

またひとり・・・

僕の青春時代を語るうえでかかせないギタリストが逝ってしまった・・・なぜか最近ゲイリーのギターサウンドが頭の中にありユーチューブ見たり、CDを買いに行かなきゃと思っていたが・・このことか。

 ゲイリー・ムーア、 ロック小僧たちにとって彼の奏でるギター・サウンドはまさに天上の響きであり、みんなが魅了された。 とっても残念です。

 これからもずっとレコード聴きながら、彼のギター・ソロで往かせていただきます。

 合掌

http://www.youtube.com/watch?v=XB-VW22_4GE&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=YzpMBscDNbM&feature=related

            

| | コメント (0)

自分らしく、

 真っ赤にも~えた~♪ っと、最近の朝日も夕日も真っ赤です。なんでこんなに燃えちゃってるの・・・と思うくらいですが、ほんとうにお日様あっての我々生き物、ありがたやありがたや~とお日様を拝むことが日課、そして僕の健康法のひとつです。やってみてよ、朝日を浴びながら歩いて、らく~に呼吸をしたり、ふか~く吸って、はいて~、すぐにとはいいませんが徐々に確実に効果が出てきます。ほんとに昔からごくごく自然に行われてた健康法なんですけどね。ちなみに僕の場合、距離は6キロほど、足には各1,5キロ計3キロつけてアップダウンを歩き続けます。なにごとも負荷をかけることが重要、ただのんびり歩くわけないじゃん!これも剣道の稽古のためのひとつ、鍛錬つむのよ。それから食べる朝食は最高に美味いです。快食快便、「一日是一生也」 今日が充実すれば自分らしく生きることにつながります。

 土曜日に、そんな自分らしく生きすぎてる友人マルツのツトム君                   http://blog.goo.ne.jp/moririncho/ が来ました。朝から室根登山をしてきたそうで、「参拝しにいぐひとは~いでも、登山するやづはいね~べ~まだ季節でね~もん」と知り合いが言ってました。下山後一緒に”たまご湯”へ、いい~湯ですよ、県内でも唯一自治会が運営するじじばばの熱意と情熱が沸かす湯です。近々改装するとのことですが今のいでたちも渋くてステキです。ちょっと糖のたったカップルのデートコースにどうでしょう。で、夜は我が家でヒーリングとうちのスタミナ源ニラ鍋で宴会、子供たちにいじられてました。

 自分らしく生きるって言うのは、きっと自分の役割を見つけ実行することに意味があるんだと思います。みんながそれぞれ得意な分野で、人をはげましたり、喜ばせたり、感動させたり、それぞれの分野で頑張ってる人に会うと何かを感じるし、自分も頑張らなきゃと思いますね。

 

  

              

| | コメント (2)

2011年2月 4日 (金)

治療について、

 いつも健康でいられて、そして活発にからだが動く、それはからだを流れるエネルギーの入り組んだ複雑な流れによって可能になるものです。ところが加齢もすすみ、ストレスが加算されたりと肉体的心的にもいろんなことでそのエネルギーの流れがブロックされたり圧迫されたりするわけですね、すると、本来あたえられたこころとからだのしなやかさというか流動性などを失うことになりなります。

 うちにいらっしゃるクライアントさんの多くは、頭痛や腰痛、肩こり、だるさ、なんとも表現できない様々な体調不良不快な症状をうったえに来ます。その不快な部分だけを病院などの検査診断しても問題がでてこないこともあるし、痛いところをだけを診断しても問題解決には至らないこともある。からだを流れるエネルギーのブロック、圧迫が症状となってその部分に現れていることが多いですね、その部分が重要なのではなく、やはり全体を診る必要が大切だと感じます。

 私がすることは、クライアントさん自身がそのエネルギーブロックを解除する作業を手助けすることです。エネルギーが解放され流れるようになればからだは自然にその「治りたい、善くなりたい」というプロセスをたどり始めるからです。

 と、僕のやってる治療についてたまには、治療師、ヒーラーらしく説明しようとすると固くなってしまいますね~大切なのは、からだが自然に治ろうとする内部の力にポッと火をつける、そんな感じです。一度深くエネルギーの流れがブロックされるとなかなか自分だけの力では元に戻すことはむずかしいです。人の手を借りて戻すこと、そしてこころもからだも時にはメンテナンスが必要になってくるわけです。

 からだにとってもこころにとっても、そして魂にとっても心強い味方になりうる治療、ヒーリングを目指したいと常に思いながら精進し頑張りたいと思っています。

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

日常が、

 昨日の若い柴犬君、無事飼い主さんが見つかりました。けっこうな距離を歩いてきてましたね、優しそうなおじいちゃんとおばあちゃんがまるで孫でもむかえに来たような感じでした。そしてお礼にと自分のところでつくられたお米をいただきました。それが田舎のいいところですね、野菜とかお米とかご自分で丹精込めて作られたものをいただくのは本当にありがたい気持ちになります。

 

 先日盛岡での仕事のとき、うちでヒーリングを習った生徒さんが空いてる時間で僕をヒーリングしながら習ったことを確認、勉強したいとおっしゃってきました。僕もただ伝授しただけでなくどのくらいできるようになっているのか確認する上でもいい機会でした。30分ほどでしたが、なるほど・・自分で言うのもなんですがみごとにちゃんと伝わってました。じわじわと身体を流れてくるエネルギーが今でも思い出されてくるほどです。あとは実践あるのみですが、これがなかなかむずかしいですよね、家族や知人に、または治療師であればいつでもできますが、これを他人にどのように使っていくことができるのか、これもまたその人の真摯な気持ちというのか、でも必然的に使う機会がかならずおとずれるはずです。それまで精進して頑張ってほしいです。いつでも練習の相手にならせていただきます。それにしてもちょっとしたヒーリングなら受けたことはありましたが、自分が伝授した方のヒーリングは比べものにならないくらいかなりいけますね、もちろんその方のもともと持ち合わせている”ギフト”が大きいです。あっKさん、僕の頭をさわったとき気になった左側のエネルギーの流れですが正解です。おかげでまぶたの痙攣すこしおさまりました。ちょいと疲れてましたね、ありがとうございます。

 

 

 肉体の内側を流れ、そして外側を被うエネルギーの流れをブロックしているもの、それを解除することは、からだにとって、こころにとって、そして魂にとっても心強い味方になるものです。大切なエネルギーの流れを阻害するものを取り除くことが私たちの仕事の中心になるものです。

 

  この世の日常は道場、そして日々稽古、鍛錬あるのみです。

| | コメント (2)

2011年2月 1日 (火)

君、だれ?

 今朝もご町内の雪かきをしていたところ、柴犬が一匹かけてくる、「ありゃ、ぼた公脱走したか!」と思ったが、なんか体型が違う、がっちりしたがに股だ、声をかけるとうれしそうによってきたのでとりあえず確保、放っておけば道路に飛び出し車が急ブレーキ、路面スリップで車が次々に衝突して町中大惨事!ワン公は何ごともなかったように去っていく、と、勝手に映画のワンシーンのようなものを想像し一人で朝から大うけしてしまった・・いけないわね。

 とりあえず、警察に一報いれといたし、ひまだからこのワン公つれておうち探ししてくるかな、ちゃんと案内しろよ!

 見る人によっては犬ならどの顔もおんなじに見えるらしいが、やはり一匹づつ顔が違う、そして僕はとりあえずにおいをかいでみる癖がある、やはり、それぞれちがうのだ。僕はにおいフェチです。

              

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »