« どんな世界に? | トップページ | 牡丹日記 »

2011年2月 9日 (水)

若人よ~

 「そんなにいい子でいなくてもいいんじゃないの?」 

 最近の若い子を見ててふと思う、たとえば最近の歌を聴いても歌詞がおなじよう、”感謝、ありがとう、だいじょうぶ・・・”そしてプラス思考のみに偏る書籍の数々、 もちろん人にとって大切な言葉ではあるが、若い子達が言うととても切なくなる、まるでこれで終わりなような、お先ありませんとでもいうような、弱さを感じてしまう・・・社会に出たら君たちの思った通りにはいかないよ、今まで何不自由なく弱い自分を繭で守ってきたかもしれないが、世の中はきれいごとじゃすまないことがほとんどだ、傷つくことを恐れるな、世に出て挫折を繰り返せ、反抗、反抗、反抗の何がいけない!自分の殻を打ち破るために反抗する、そのパワー、エネルギー無しに生きぬくことができるのか?自分の大切な人たちを守ることができるのか?

 かつて僕が若い頃世話になった60年代日本のロック創世記をつくりだした伝説のギタリストが昔インタビューでこう言っていたのを思い出した。

 「あの頃は、反抗、反抗、反抗、なんだかわからないがただただ反抗」

 自分の国籍や祖国とはなんなのか、自分は何者なのか、自分は何をすべきか、それを問いていた。

 そして、「あなたにとって音楽とはなんだったのですが?」 の問いに

 一言タンカをきった。「暴力です。」

 ・・これは、ほんとに暴力的でしたけどね~

 

 でも今の自分があるのもこの方のおかげであるのは間違いない。いつも陰と陽を見せられてました。

 賢くなることを教える世の中に、自分の愚かさを気づかせる教え、これが必要なんではないだろうか。

 たくさんの経験を経てこころの底からでてくる言葉、自分が生かされていることを痛感するときにでてくる言葉、そこからでてくる感謝の言葉、感謝の念、若人はまだまだ人生試されろよ、ギラギラしろよ!

                             

|

« どんな世界に? | トップページ | 牡丹日記 »

コメント

しゅうちゃんのこの記事、すっご~く共鳴しました。
若者は、毒気があってこそ大人になった頃に収まるもんです。
僕など毒気が強すぎて、いまだに収まっていませんけれど・・(笑い)。

投稿: かねごん | 2011年2月10日 (木) 23時23分


いつの時代でも「最近の若いもんは〜」
って言われてたなぁー。

流行やパーセンテージの問題じゃないですかね?

うちらはヤンキー世代 暴走族世代
昔が良かったか??! いやいや きっとそうじゃない。
僕の周りには20代で強烈なバカが居ますよ。
いつの時代でも絶対生き残ってるって(笑)

マスコミがピックアップする流行り?が、あるんじゃないですかね?

心配する気持ちもすっごい良く分かるけど、
大丈夫!! バカな野郎はまだまだ生き残ってますから。
スポットライトが当たらないだけさー。


投稿: まるつとむ | 2011年2月11日 (金) 21時59分

 そうそう、観測史上まれにみるつとむ君がいるから大丈夫でしょう、そして類は友を呼ぶからね。
 もっと中高生のところに行って”こんなオトナ”もいるんだ、だからだいじょ~ぶ、と、夢とがけっぷちの楽しさを伝授してください。

 

投稿: まるつとむくんへ、 | 2011年2月12日 (土) 17時37分

 かねごん先生、いつもお世話様です。
 毒っ気って大事ですよ、世の中の毒にも負けないよう、「毒をもって毒を制する。」 「毒を食らわば皿までよ。」というステキな言葉があるじゃないですか。こころにもからだにも毒が少々あったほうが健康かもね。

投稿: かねごん先生へ、 | 2011年2月12日 (土) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんな世界に? | トップページ | 牡丹日記 »