« 草取り、 | トップページ | Bob・・・ »

2012年6月 7日 (木)

ツバメ

 こまったことに・・うちの入り口ドアの上に住み込まれた。おかげでシャッターはしめられないし、でも可愛いしと、車庫の上にも一軒、そちらはもう子だくさんみたいで毎日親は餌をせっせと運んでいます。

 僕がこの家で生まれて、覚えてるだけでも巣を作られたことはありませんでしたが、今年初めて巣を作られたのはなぜか?うちの建物が2階建てなのに3階並みの基礎があるのを知ってだろうか?ツバメなりの地震対策か?それとも僕が野良猫を威嚇しておいかけてるのを見てたか?ここならウ○コするにはもってこいとでも考えたのか、まぁそれにしてもよく作りました・・下のお世話はさせていただきます。

 いずれ雛たちは成長して巣立っていくんだねぇ、それまでのあいだは親たちがせっせと餌を運んでくる。僕たち人の親も毎日せっせと働いて・・たいして変わらないことを毎日してるわけですね、でもそれが親の務めと言えばそう、親が子に対して何を教えるのかは人それぞれ、教えなくとも親の背中を見て子は勝手に育っていくのかもしれないし、子供の言うことのほうがごもっともなときも多いし、ただ、親と子でいる期間なんて考えてみればあっという間のこと、気がつけば自分の親が自分にしてきたことを言われてきたことを今はしてたりして、あのときは反発してたのになぁ・・・遠回りして道から外れていろんなものを見て心と身体と魂で経験を積みつづけながら・・・・あぁ?なんでツバメの巣を眺めながらこんなことにまで思いを馳せられるんでしょうね、きっと・・ツバメの長い旅のなかの人生のいや燕生の縮図がこのひとつの巣なんだよ・・ってことを教えてくれてんのかなぁ・・ツバメも深いな。

              

|

« 草取り、 | トップページ | Bob・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草取り、 | トップページ | Bob・・・ »