« 7月の予定です。 | トップページ | 今日この頃、 »

2012年6月29日 (金)

居心地がいいのか、

 毎朝カミさんが起きて庭に出ると、そこにはいつもたくさんの雀たちが雁首ならぬ雀首をそろえてピーチクパーチク♪と歌いながら待っている。なにを待ってるかというと前日お仏壇に供えたご飯である。それを取り替える時間を知っていて待っているのである。庭に放るとあとは雀たちの朝ごはんの時間になる。さらに愛犬牡丹姉さんのご飯をも雀たちは待っている。牡丹姉さんが食べてる間もすぐ近くで残りを待っている。もう近くに人がいようがこわがる気配もさほどなく可愛らしい。

 そしてうちの店舗の玄関につくられたツバメの巣、今朝5羽の雛たちが僕のすぐ目の前ではじめて飛び立っていった。これでフンの始末も終わりか・・と思ってたらすでにうちの車庫に2箇所巣作りが開始された。カミさんの車の真上、これもまたフンが落ちないように細工しお取替えするのが日課となる・・いそがしい・・・。

 世間では雀やツバメが減少していると聞いてるが、まちがいなくうちの近辺だけは増加している。毎日すぐ目の前をすんごいスピードでたくさんのツバメが飛び交ってるのを見るがその美しさに惚れ惚れしてしまう。そして大瑠璃の極楽のようなさえずりを毎日治療してる間も頭の上で聞くことができたり、ついこの間は鴨が近くの空き地で生まれて隣の庭の池で泳ぎの練習、小鴨はうちの庭を歩き回りと、いったいここはどうしちゃったんだろと思うことが続いている。実はうちの治療院のシャッターも一箇所とつぜん閉まらなくなり、それと同時にツバメの巣作りも始まってるのを考えると偶然でもないのか・・と考えてしまう。近所の年配の方が、「動物は本能で住むとこを決めるから、周ちゃんのところは安全だと感じてんだよ」と言っていた。いったい次はどんな生きものがうちにおしよせてくるのか・・・ヒキガエルもいるし、トカゲ類もいるし、蛇もいるし、くわがたもいるし、どんなものにせよ居心地がいいと感じてくれるなら幸いである。しかし、なぜかうちに絶対近寄らないのは猫だけである。

|

« 7月の予定です。 | トップページ | 今日この頃、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月の予定です。 | トップページ | 今日この頃、 »