« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

Lady Blue

 昨夜は居合の稽古、中一の娘みずきと道場に向かった。ふとみあげると夜空にはみごとなお月様、なぜか深呼吸を深くしたくなった。

 みずきという名前は彼女が生まれる前からきめていた名前、ある晩・・やはり今頃の季節なはずだが、陸前高田に住むおばの家から帰ってくる途中、やけに外が明るいなと思い車を止め海を見てみると水平線のすぐそこに大きな美しい月がぽっかりと浮かんでいた。そのあまりの美しさに時間も止まってしまったかのように見とれていた。やはりそこでも深呼吸をした覚えがある。ふと言葉が降りてきたような気がする。”みずき” 美しい月・・もし自分に娘が生まれたならそう名づけようと・・・。

 数年が立ち結婚し娘をさずかることとなり迷わずその名前を頂くこととした。しかし美しい月”美月”はクラゲと読むのでそれもなにかと思い考えた末いろんな意味を含めてひらがなにすることにした。美しい月、月が満ちる、ツキも満ちたり、みずみずしく生きてほしいことも、などなどひらがなだといろんな意味をもたせてあげられる。もちろんどんな風に生きていくかは彼女次第だが、こうして中学生になって共に剣道に居合道に勤しむことができるのは幸せなことと思い、また月を眺めながら深く息をする。

 

 今夜は満月、

 日光浴は生命を養います。そして、月光浴は死想を養います。

 そんなことを想いながら、今夜も蒼い月夜を眺めてみます。

 ”Lady Blue” http://www.youtube.com/watch?v=5xDyq_RcSo8&feature=related 

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

”のり”ながら仕事します。

 好きな音楽を聴きながら仕事をする・・音楽好きな人にとってはこの上ない幸福なことだと思います。僕もそれがしたいがために横浜に住んでるときには自分の店(ショットバー)を持ち営業中10時間、好きなレコードに針を落とし、至極な一曲を聴きながら音楽好きのんべ~が集まる店を7年やってました。

 今は仕事前、空いてる時間に珈琲を飲みながらその時の気分で好きなレコードを聞いていますが、仕事中にかける曲は2枚ほどのCDに限られてます。その2枚をかけながらの仕事、ヒーリングはいい流れに”のる”という感じです。その中の一枚が友人ブルース・ヒューバナーさんのアルバム、”Deep Forest” うちでヒーリングを受けてる方はだいたいお聴きいただいてるはず、尺八の美しい旋律にまるで森林の中にいるような気分になります。何人かのお客様が「伊庄さんの施術は音楽とセットになってるよね。」とおっしゃってくれました。そう、僕も音楽があるとないのでは流れ方に違いがあるのがわかります。が、時々出張先にCDをもっていくことを忘れるときもあり、でもそんな時でも、外の風の音、鳥のさえずりがいい音楽を聴かせてくれていることに気づき、自然のつくりだす旋律に流れに身を任せ”のり”ながら仕事をしています。

 

 こんなムードで、http://www.youtube.com/watch?v=sR13ECD71xU 

 

 そしてブルースバージョンが僕の中ではかなりいいです。http://www.sound-ware.com/shop.cgi?order=&class=16%2F4&keyword=&FF=0&price_sort=2&pic_only=&mode=p_wide&id=811&superkey=1

 

 http://www.brucehuebner.com/ ブルースさんHP、11月14日に千厩病院内ホールでミニコンサートやります。

 

 「またお店やってよ~」と言われますが、もう10時には眠くなってしまうので残念ながらのんべ~のお相手はいたしかねます。

 ちなみにCDジャケット後ろのカードは以前からお会いしたかった書道家伊藤康子さんのもの、先日盛久さんに行ったら偶然にも個展の最中、そのままご予約いただきヒーリングすることになりました。ありがたや、一期一会です。

伊藤康子さんhttp://www.yasukoito.jp/

 

             

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

秋の身体に・・

 急に寒くなりましたね、先日長野へ行く朝の気温は3℃でした。秋を通り越して冬かよ・・と思ってしまいましたが、こうして寒暖を経て季節は変わっていきます。

 変わるのは季節だけではありませんね、人の身体も季節によって変化をしていきます。秋になれば空気も乾燥しお肌はかさかさに・・せっかくのお高い化粧品を使ってもどうなのよ・・と言う方の話もよく聞きます。で、「潤ってますか?」と聞くと、「いえ・・かれこれ彼氏がいないのも数年になります・・」とか、「いえ、最近はごぶさたです・・」など、深刻なお話ですわね・・。

 潤いは水からです(も~ちろん恋愛も大切)。寒いからといって水を飲まないのはダメですね、お水をがぶ飲みするのではなくちびちびと口に含ませながらよ~くとってくださいね、お茶や珈琲は利尿作用があるのですぐに外に排泄されますのでやはりお水です。ビールはだめよ、夏場も水分補給と言ってカミさんもたくさん飲んでましたが、冬場もやはり利尿作用がありますので、一緒にお水を飲むのが大切です。「ビール入んないじゃん!」 「その分お得じゃないのよ」 

 冬場に水を飲むと身体が冷えると思いがちですが、逆に温まりますよ。血液の濃度も循環も良くなるしね、人間の身体は6,7割は水、地球の7割も水、うまくできてるんですからうまく自分でそのバランスをとりましょう。詳しくはいろんな健康本に載ってると思うのでよく読んで、実行してみてくださいね。僕は自分の身体をもっていろいろ実行してるつもりですが自分のやってることが他人にあてはまるとは限りません、でもいいと思うことはお薦めしてますし、無茶なこと難しいことも薦めません。施術後に話すこともシンプルに、「ただ歩いてみてください、そしたら一年を通して今の自分に何が必要なのか、問いかければなんとなく答えが返ってきますよ。」ということだけ、外に答えを求めるのではなく、その前にもっと自分との対話が必要なんだと思います。

 http://www.youtube.com/watch?v=Xhy-yGvzeNM&feature=fvwrel

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

娘の音読、

 夕方、台所に立っていると、小学生二人の子たちの宿題の音読がはじまる。「パパ、音読聞いてね。」と3年生の娘が最近読んでくれるのは ”ちいちゃんのかげおくり” というお話、戦時中の話で、夕食の支度をしながらも涙無しには聞けなくなってしまう悲しいお話です。毎日読んでるうちに読み方にも感情が入ってきているし、その日は、「今日国語の授業で先生が戦争の写真見せてくれたんだ。」と、人々の上に落とされた焼夷弾のこと、子供たちが親たちがどんな気持で離れ離れになってしまった家族のことを探したのか・・いったいどんな光景を見てしまったのか・・・想像を絶します。

 今の子供たちにどんなことを伝えなければいけないのか、戦争がいけないことなのはあたりまえのこと、平和であることの尊さは何をもって知ることができるのか、おじいちゃんおばあちゃん、ひいじいちゃんたちはどんなことを体験してきたのか、それも知らなければいけない。今みんながあたりまえのようにいただいている平和とはどんな犠牲の上に出来上がったものなのか、もっと教えてももっと知ってもいいんじゃないだろうか。

 先日、遺族会の戦没者合同慰霊祭へ参加して来た。おじいちゃんを戦争で亡くした遺族としてはあたりまえのこと、おばあちゃんは遺族会会長を長いあいだ務めあげてきた。式場にはもう80歳以上のご遺族がほとんどである、どう見回しても僕が最年少、孫の代で終わらせることはできない、引き継いで、戦争はいけないことなんだ、二度と悲しみを受ける遺族をつくってはいけないんだということをせめて自分の子供には僕がおばあちゃんから聞いてきたことを教え伝えなければいけない。遺族代表の方の挨拶を聞きながら、そして娘が読んでくれるちいちゃんのかげおくりを聞きながら、今こうして幸せに生かされていることの意味を考えさせられました。

 

 ”ちいちゃんのかげおくり”  http://www.ina-ngn.ed.jp/~yoshiday/kageokuri.htm

              

| | コメント (2)

2012年10月19日 (金)

信州一人旅~

 明日から二日間、一年間のお礼参りと自分の身体を癒すために長野県松代の皆神山皆神神社にお籠りに行ってきます。

 松代のすぐ近くの川中島に僕の裏師匠(表もいます。)陰と陽でいえば陰の師匠生島先生が住んでおられました。もう6年ほど前にお亡くなりになりましたが、8年ほど前皆神神社にお籠りした朝迎えに来てくださったことがあります。でもその時までお会いしたのは一度だけ、「おもしろい奴がいる」というだけで迎えに来たそうです。車の中で、「伊藤君、君、ここにすんどったんだろ?」 「え?」 「大昔な・・・君がこの山を駆け下りたり、登ったり、修行してたのが見えるんだよ。」 と言ってましたが、この山はかつて修験道の聖地、表師匠の小松先生も「伊藤君、行けばわかるから行きなさい、」と理由を言わずすすめてくれた意味もその後よく分かりました。

 もちろんお二人の師匠のやってきたこと、見せられたことなど(けっこう信じられないことを目の当たりにしましたが・・本当にこんなことがおこり得るんだ・・というだけであえて書きません)今の自分の力などまだまだ足もとにも及ばないし、少しでも近づきたい、本当にお困りの方々のお力になれればと自分なりの方法を模索している未だ道半ばの中途半端な状況です。ただ、「やるしかないんだよ、自分なりにね、」とかけていただいた言葉を信じて・・時には何を信じてよいのかわからなくなるときもあるけれど、決めた以上はやるしかありません、覚悟をもってね。

 そんな気持も再確認するためにお籠りをします。”何ごとにおいても自分の気持を偽ってはいけない、自分の心に問いただす行為が神に通じる。自分の行為を心に問わず、他人のことも考えず突き進むのは邪道である。” という敬愛する安倍次郎貞任の遺文、僕も神に通じるよう自分自身を問いただしながら、しっかりとみなさんのご健康も含めてご祈祷してきたいと思います。

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

牡丹日記

 こんにちは、あたし柴犬の牡丹です。このところ朝晩すっかり寒くなってきたわね~っもう歳かしらね、おしっこが近くて朝は我慢ができないわよ、タコ坊主がみんなを送り出すのを待ってからや~っとお散歩、その瞬間が・・もう極楽だわ・・。

 今、心の中でいろんなこと悩みどうしていいかわからず、その心の世界にとどまってる人たちがたくさんいると思うけど、とりあえず、こうして外を歩いてお日様をあびてごらんなさいよ、歩いてどうなるのかって?それは歩きつづけていくうちになんとな~くわかると思うわよ。今、心が感じてしまうことはどうすることもできないけど、でもね、それをどうとらえ、どのように行動するかは自分自身が選ぶことができるのよ、心の持ち方こそがあなたの治癒力にもっとも強い影響力を与えることは事実なのよ、もしあなたがその力を封印してしまったらどうなるかしら・・・自分自身の心と身体に責任を持つことができるのは自分自身だけなのよ。

 さてさて、あたしの身体を元気にしてくれる、その責任を負っているタコ坊主ちゃん、この間はいいにおいをさせながら帰ってきたわね、焼肉?かしら・・そ~う・・いいわね、食欲の秋よね、がぶりといきたいわね、あたしが後ろを歩いてるときはそのお尻気をつけなさいよ。

 

 

 

                              

                                

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

ハッピーハロウィ~ン!!

 今年も大盛況だった”夜市でハロウィ~ン!!”無事終わりました。お天気も良かったおかげで約300人のかわいいお化けや魔女たちが集まってくださいました。年々親子での参加も増えてきたことがとってもうれしいですね、夜の町は子供たちの熱気で溢れていました。やっぱりお祭りは大人も子供も関係なしとにかく心から楽しむことです。

 いつも参加してくださるクラウンろっく&ろ~るとじゅにあちゃん、子供たちはもちろん大人も楽しそうに見入ってました。全身全霊で表現する素晴らしさですね、さすが!自然にぐいぐいとその世界に引き込まれていきます。来年もぜひぜひお願いいたします。http://blog.canpan.info/69theclown/archive/514

 今回初参加のピエロのとがさんありがとうございます。そしてシカイダーマンさんhttp://shikaiderman.blogspot.jp/と一関マジックの会のみなさん、いつも楽しいマジックで子供たちを喜ばせてくださいました。これからもよろしくお願いいたします。

 5年前カミさんと、「子供たちをおもいっきり楽しませようよ!」なんて話ではじめたハロウィン、今はのんべ~のお母さん方それぞれの得意分野を発揮しながらここまで大きくしてくれました。何かを始めるとき、どんなときにでも必要なのは”情熱”ですね、そして心のそこから楽しむという心もちがみんなに伝わるとそのエネルギーはどんどん大きくなっていきます。来年ももっと楽しいイベントを考えて・・・おそらくどこを探しても4月~10月、月に一度夜遊びができる町はないでしょう、この町に生まれ住んで良かったと、いつかそう思われるように、またまた楽しい企画を考えたいと思います。

                                                            
   

                            

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

またまた働くおじさん、

 こんなご時世、何かが微妙にいや確かに変わりつつある昨今、そこかしこで蠢いている何かも活発になっている模様。いわゆる霊障でお困りの方々からの依頼も続いている。ただ気をつけなければいけないのは、それらを呼び込んでいるご自分の波動はどうなのか?ということ、それと、多少見えるのだけの方々の話をうのみにしないということ、「あなたの背後に・・」なんて言葉と「お祓いが必要・・」なんて話は要注意です。

 最近僕が依頼をうけたクライアントさん方はみなさん”それなり”っぽいところに相談に行っている、で、どうだったか、清め塩をもらったりお札を家中にはらされたり、変な呪文でお払いされたり・・・で、効果はまったくなし、挙句の果てに、「これはすごすぎる・・手にはおえない・・」で、おしまい・・失礼きわまりないです。さいしょっからできないと言えばいいのにね。うちはその手の宣伝はいっさいしてませんしする気も無いですが、どういうわけか相談にいらっしゃるのでやります。生きた人の紹介ではないですから、そちらの世界界隈の紹介ですからやらざるおえませんし、かならずやり遂げるつもりでいます。それも僕のお仕事ですからね。

 そんな霊障なんてあるわけない、という方もいるかもしれませんが、これはあります。人は死んでも生きたままで勘違いして人様の身体を自分のものと思ってる方々もいたり、低級な動物霊、魑魅魍魎にとりつかれて変な技をもってしまったり、そんなのはかならず代償がともないます。そういう技を持った方の集いやらお話を聞きに行くのはよしたほうがいいけど、いいことばっかり言うから気をつけないとわからないんですよね。

 どうしたら憑かれないか・・気をとられないか・・引っ張られないか、それは、不安や妬み執着心、怖れ、怒りを増幅させないように気をつけること、何よりも日々の生活をしっかりと正すこと、何もむずかしいことではありません、霊と心と身体の三位一体の働きを信じること、人は神様の宿る生きる神殿です。そこに恥じないように主直に生活すればいいだけだと思います。

              

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

今年もハロウィ~ン迫る!

 今年もいよいよこの季節です。毎年恒例 ”夜市でハロウィ~ン” 今回は助成金なるものもせしめ・・いえ、ありがたく一関市より頂きましたのでグレードアップしてガキ・・いえ、お子様たちを楽しませようと企んでおります。え~っとお菓子のつかみどりはもちろん、プッチンプリンのプールにダイビング・・はしません、ビニールプールにうまい棒をたっぷり入れといたり、チョコレートフォウンテンをやったりと子供天国!そして恒例クラウンろっくさんのパフォーマンスにシカイダーマンさんたちのマジックショーやら、そうだな・・おもちゃ箱をひっくり返したようなイベントにしたいですね、昨年はコスプレしたおねえさんたちがちらほらと見られましたので今年も期待できるでしょうか?ぜひ大人のハロウィ~ンでも楽しんでほしいですね。

                       

 うちの子らは10月だというのにTシャツ半ズボン・・・決して暑いわけでなく夜は寒いくらい、でもそれが気持ちいいそうです。水泳に剣道やってるおかげで丈夫、健康こそが一番の財産ですね。

 ぜひ、夜市でハロウィ~ンにいらしてくださいね。僕もなんかかぶりものしてます。

                               

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

老人ホームにて、

 僕の父は74歳で先ごろ他界した。その最期は肉体的な生には余裕が無く、まさに最後の一滴まで使い果たしたともいえる生命力を使い果たした死であった。母は8年前に他界、病から1年半、なぜ自分が病気なのかというほど元気で、一緒に旅行したり遊んだりしながらの病との共存の中、余力を残しての死だったような気がする。二人とも最期まで看取ることができたのは僕の中で幸せなこと、子供たちにとっても身近なところで死を感じることができたことは後々成長の過程で大きな糧となると信じている。

 ちなみにうちはみんな自宅出産なので、長女、長男とも妹、弟の出産に立会い、まん丸の目で「あかちゃんがんばれ~」と応援しながら出産を見守った。そして大好きなおばあちゃんとおじいちゃんとの別れ、生と死、出会いと別れ、この二つ、別れがあればこそ出会いは輝く、また出会いがあることは苦しく悲しい別れもあるのだということを子供たちは体験したと言えると思う。

  

 さて、僕が週に一度行く老人ホーム、もうみなさん寝たきりで自分で食事も排泄もままならないおぼけになった方がほとんどである。自分ですることができないなら生きていても・・もし自宅にいれば時が来ればお迎えにも・・姥捨て山じゃないか・・なんて考える方もいるかもしれないが、施設にいらっしゃるじーちゃんばーちゃんは、仕事を雇用を生み出し、みんなを食わせてくれているのだ。老いてもなお若者のために生きて頑張ってくださっているのかと考えればとにかく尽くすしかないと思う。せめて最期は家族の見守る中で・・・と祈りながら今日もマッサージを尽くした。

 

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

言葉、

 僕にはある指針となる言葉があります。それは、

      「犀の角のように ただ独り 歩め」

 ”ブッダのことば スッタニパータ ” の中の ”蛇の章” その中で語られる様々な事柄その最後を結ぶ言葉である。もちろん僕も出家してるわけでもなく厳しい戒律の中にいるわけではないので普通には厳しい内容だが、人として正しく生きる方法がその中に記してある。意外と知られていないこの仏典、やはり昨今の精神世界の安易であやしく危ない内容の書籍と比べると力の差が歴然とわかるし、凛とする言葉がたくさんある。何よりも古典の経典には敵わないのだと実感する。そして千年たっても人の心、悩みも苦しみも変わらないということ、悲しいかな今もその繰り返しですね、でもしかし、神仏にとってそんな人間は魅力的で可愛いものなのでしょうかね。

 

 犀の角のように・・・草原を歩む犀、目の前にあるのは大きく美しい角のみである。それを想像しただけで自分の進む道がなんとなく不安でも淋しいものではないような気がしてくる。

 http://fallibilism.web.fc2.com/094.html  

 

 ちなみにひと昔前の僕には受け入れられないような言葉だらけです~なにせ煩悩の権化で快楽主義者だったもんな~今も変わらんけどね。

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

10月の北上、盛岡の予定です。

10月18日(木)  北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)10:30~ 予約済  (2)11:30~ 予約済  (3)14:00~

(4)15:00~  (5)16:00~  (6)17:00~  (7)18:00~ 予約済

10月25日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~ 予約済  (3)13:45~ 予約済  

(4)15:00~ 予約済

(5)16:15~  (6)17:30~  (7)18:30~

施術料 7000円

 お問い合わせ、ご予約は、 お電話 0191-52-2606 伊庄整体ヒーリング治療院

                  メール http://www.isho-healing.com/06.html

 よろしくお願いいたします。

 また、治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 ”手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 癒しの技”ヒーリング”伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html 

 受けられた方々がその後パワフルに活躍なさっているのを聞くとうれしいですね。これからも自身をもって頑張ってください。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »