« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

6月 盛岡 北上 ヒーリングの予定です。

6月14日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~   (2)11:15~ 予約済   (3)12:30~ 予約済  

(4)13:45~ 予約済   (5)15:00~ 予約済   (6)16:15~ 予約済 

(7)17:30~ 予約済   (8)18:30~ 予約済

6月21日(金) 北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)11:00~ 予約済  (2)12:00~  (3)13:00~  (4)14:00~

(5)15:00~  (6)16:00~ 予約済

6月27日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 予約済  

(4)13:45~ (5)15:00~  (6)16:45~  

(7)17:30~  (8)18:30~

 整体ヒーリング施術料  7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

               

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

牡丹日記

 どもども、みなさんこんにちは、あたし柴犬の牡丹です。

 今あたしんちのお庭はいろんなお花満開、あたしの名前の由来でもある牡丹の花も満開です。どんな由来かって?あたしをもらってきてくれたのが冷たい男タコ坊主のお母さん、ちょうど10年前あたしがこのうちに来たとき牡丹の花が満開だったそうよ、で、この任侠溢れる名前がついたってわけです。牡丹の花はぱ~っと咲いてぱっと散る・・なんてステキなお花なんでしょうね、この花が咲くたびぱっとあの世に旅立ったタコのお母さんのことを思い出すわね。

 

 日々の忙しさにかまけて今いちばん大切な一瞬を見逃してはいないかしら?どんなに急いでも時間の流れは変えられないし変わらないわよ、すべては最善最良へとすすんでいくんだから、日々神の恵みに感謝してゆったりと腹を据えてあるがままを見つめて生きていきたいわね。

 

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

花々・・

 

 僕の父母はうちの庭が大好きで暇さへあれば手をかけていた。大輪の花を咲かせる牡丹、ひっそりと妖艶な花を咲かせるくまがい草、この時期うちの庭は精霊たちがたくさんがあふれている。

 

 他界した母は病床で多くの手記を書き残していた。なかには気付いたことを書き留めていたものも、母はおもしろい能力があり、僕がこの仕事をすることもずいぶん前に予知していてそれを聞いたとき僕は「???なに言ってんの?」だったが、今たしかにこうしている。しかも病の肉体をもって僕をこうさせた。母は僕ではなくうちのカミさんにいくつかメッセージを残していた。そのなかに、

 「心配することは要らない、過去はもう過ぎ去ったのだから”持越苦労”する必要はない、そして未来はまだ来ないのであるから”取越苦労”をする必要はない。心配とは心に不幸を描くことになる、心に描けば描くほど不幸は現象界に現れてくる・・・」

 とあった。

 今を精一杯生きればいいんじゃないだろうか、僕は生き様も死に様も父がそうしたように子供たちに精一杯見せようと思う。それを見た子供たちは考え想うだろう、そして行動するはずだ。小さなことだが、小さなことしかできないからそれでいい。人は必ずや進化する。僕はそうなると信じきっている。

 

 ”生命力と言うものは、地球上でもっとも理解されていない力なのかもしれない・・”

 

 そう、はかり知れない力を秘めたものが私たち一人一人にあるという真実がある。そう考えただけで身体の内が熱くなってくる。

   

                                                 

                        

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

地味に、

 「えっ?伊庄さん整体やるの?」とクライアントさんに言われた。そう、一応学校行ってお免状もいただいとります。でもね、その学校の先生でも、あそこの治療院は治してくれるよ、と紹介され何件か行った先生方でも僕の身体を治せなかった。どこ行っても、「うちの客でナンバーワン!」 「すいません、うちでは無理です。」と、で、出逢ったのがヒーラーの僕のお師匠、ものの10分で良くなった。

 

 整体を習いヒーリングを習得しながら気付いたのは、身体でおきている不調や痛みはよく言われる構造的な問題から来るものはわずかであるということ、ほとんどが心因性の疾患ではないかと考えた。実際治療し続けて感じるのは痛みの箇所にさほど問題はない。うちに来てるクライアントさんならわかっていると思うが、僕の治療はほぼ”頭部”と”胸部”と”腹部”に集中します。つまり、”精神””心””魂”へのアプローチが大切、肉体へのアプローチは溜まってる痛みのエネルギーを取り去り、そして解放へと向かわせる軽い整体マッサージのみです。重要なのは、無意識下の抑圧と憤怒をどう解放するか、そしてエネルギーを循環させ入れ替える作業をし蘇らせることがヒーラーとしての大切なお仕事です。

 だからといって別に特殊な症状の方々ばかりが来るわけでなく、あかちゃん連れてくるお母さんもいれば、スポーツで痛みの出た小中高生も来れば、ストレスで困っちゃった若い衆も来るし、老化のすすむ80過ぎのバーちゃんも来れば、肉体のない方も来たり・・・と、どんなかたでもどうぞ、できるものはできる、できんものはできんです。ただやるときは徹底的にやるつもりでおりますけどね、ヒーラーってのは地味で地道なお仕事だと最近つくづく感じるし、そうでなくてはね、と確信しています。

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

花も人も、

 あちらこちらで花々が満開です。大きな大輪の花がこれでもかと言うほどに咲き誇り、小さな花は気付かず見過ごしてしまいそう、うちの庭では牡丹が花びらを開き始め、そのすぐ下にある岩の陰でくまがい草が咲こうとしてるのを昨日庭の雑草取りしながら見つけました。

 

 時が経てば花びらは散っていきますね、でも花が散るわけではない、人もそう、時が経ちこの世に存在しなくなったって、その人の面影だけはずっとずっと残っていきます。

 

 どんな花であっても花は花、自分にあったその場所で精一杯咲いてそして春を謳歌しています。花それぞれ、人もそれぞれ自分のそこでの役割を見つけ実行することに意味があるのでしょうね、その役割とは・・自分らしく生きるということなのかな。

 

 

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

牡丹日記

 みなさんこんにちは、あたし柴犬の牡丹です。朝からいいお天気だわね~散歩の途中で気持ちよくなってゴロゴロしちゃったわよ、変なもの食べて痙攣してるわけじゃないわよ!

 

 もう、こうして8年間も春の陽射しの中、暑い日も、寒い雪の中も、うちのタコ坊主をつれて朝の散歩を続けてるじゃない、「続ける」ってことだけでそれはそれですごいことだわ・・ってふと思ったわよ、まさに「継続は力なり」ということ、あたしがいなかったらタコは歩かなかったんじゃないかしらね、歩き続ける意味を知らないままだったかもしれないわね、と言っても今わかってるとも思えないけどね、毎日毎日同じ場所、同じ道を歩いてるんだけど、同じじゃないのよ、五感で感じるものは一瞬一瞬がすべて違う、、風景も、空気のにおいも、肌で感じるもの、林の音、鳥の囀り、風の向きだって、毎日目を凝らしていないと見過ごしてしまうものがたくさんあるのよ。

 

 さぁ、あたしもあと何年タコをつれて歩き続けることができるかしらね、もちろん歩けなくなったらタコにおんぶだわよ。

 ”here there and everywhere” http://www.youtube.com/watch?v=8THouU576WY

 

 

                        

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

欲してる?

 こういうお仕事していると、ナチュラル志向で、身体に悪いものは受け付けず、朝日と共に起きて夕日と共に・・さらには善悪の分別をしっかりと・・と思われがちであり、「伊庄さんそうなんでしょ?」とクライアントさんによく聞かれます。実際、そうでもないです・・いや・・そうじゃないですね、身体に悪いもの(と言われるもの)けっこう好きだし食べるし、夜早く寝るのは遊びに行くところがないだけだしね~ 横浜の本牧に住んでた頃は普通の方と真逆の生活を十数年してたわけで、肉体的には若かったから無茶もできてたお年頃・・・でも今は体力的にも精神的にもそこそこ善い状態でいることは確かです。

 

 が・・最近、ちょっと何かが足りないな・・と思った。自然の中からエネルギーをいただけるのはもうここに住んでるだけで充分いただけるし、年に一度の長野でのお篭りでリセットもできるし、ヒーリングをすることで送られてくるエネルギーのおこぼれもいただける・・・が、夜の人ごみの雑踏から得られる変なエネルギーがちょっとほしいなと、十数年間もその中で遊んでいて・・いえ、お仕事していてそこからもらえる元気があったな、無国籍状態のあの雑踏がこの数日なんとなく懐かしく思えるのはなんででしょ、欲してるのかもしれませんね。

 そんな時は・・行ってみるかな・・なんとかかんとか理由つけて、仕事の依頼がありますとか言って、今年はまだ都内、横浜のほうからの依頼もないしな、それにしてもまったくないのは友人たちのめでたいお知らせだ・・みんなこのまま一人身をつらぬいていくんでしょうか?時々くる連絡は朝から酔っ払ったおっさんのさみしい言葉・・・聞けば「み~んなかわんないよ~」と、でもそんなかわんない、どうしようもない、いつも雑踏の中で融けちゃってるぐちゃぐちゃの人間たちが僕は大好きだしその中にいると妙に落着く自分がいます。

 ”street life” http://www.youtube.com/watch?v=NSOQhIl_kXU

| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

水鏡

 一年中どの季節も大好きだが、とくに今田んぼに水がはられたこの数日間が大好き、今満開の山桜も新緑も空の青さも・・今朝は曇りだが・・すべてが水面に水鏡に映し出される。

 

 心とは、森羅万象がすべて真理を説いていること、一切の法であり、山河大地であり、日月や星々である・・・というそうだ。この一切の存在をはなれて私たちの心は存在しない、この山河大地の説く教えを聴くためには山河大地の心が必要となる。

 山河大地に向かい感謝を伝えることをしてみては?・・すると不思議に心に何かが鏡のように映し出されるような、何かが返ってくる感覚を覚えます。

 

 ”estate” http://www.youtube.com/watch?v=IJKeYXTh8Wk

          

| | コメント (0)

今月の予定

 おかげさまで盛岡でのヒーリングは先月までご予約がいつもいっぱいとなっていました。今月からすこし時間の余裕を持つために月2回とすることに・・と言っても2年前まではセミナーも会わせると3回くらいは来てたんですが、いろいろ仕事以外で集中しなくちゃいけないこともあり減らしてました。これからは仕事に集中、ひとりでも多くの方たちの身体と心とそして魂が本来の素の自分自身に繋がるそのお手伝いをさせていただきたいと思います。

 時間がちょっと空くことで、大好きな珈琲をいただく時間をもつことができた。クライアントさんに「いいお店があるよ」と紹介していただいた喫茶店に行き美味い珈琲とマスターが醸しだす時間をいただきました。

 

 5月16日(木)  北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)11:00~ 予約済  (2)12:00~  (3)13:00~  (4)14:00~ 予約済

(5)15:00~  (6)16:00~  (7)17:00~

 5月24日(金)  盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:00~ 予約済  (3)12:00~  (4)13:30~  

(5)14:30~  (6)15:30~  (7)16:30~  (8)17:30~ 

(9)18:30~ 予約済

 整体ヒーリング 施術料  7000円

 お申し込み、お問い合わせは、 

            伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

               Mail           http://www.isho-healing.com/06.html

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

  ”手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

            

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

苦しみに・・

 世の中は理不尽で不条理に満ちあふれている。なぜ苦しみがあるのか・・と考えると、ではなぜ生まれてきたのか・・という問いにぶちあたる。人の死とは誰にも避けられない、神様から約束され平等に与えられたプレゼント、でも、いつどのように死ぬのか・・ふいに親より先に逝ってしまうということはどういう意味があるのか・・残された側のつらさに対しその厳しさも魂の成長のために・・などとは思いたくもないし、そう考えられるほど自分の魂の成長ができているとは思わない。

 だから、

    ”苦しみは苦しみのまま・・悲しみは悲しみのまま・・はからう力もつきて・・

         一切片づかぬまま・・南無帰依仏”

 

 という言葉のまま・・・彼には「それでも頑張れ、母を守れ」と言い、亡き兄の18年という短い生涯を自分らしく生きたであろうことを思い・・合掌

 

         

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

よい姿勢から、

 「調身、調息、調心」 という言葉があります。これは姿勢を整え、呼吸を整え、そして心を整えるということ、この三つがそろっているとけっこういい気持で過ごせると言われます。うちにいらっしゃるクライアントさんをみるときもこのバランスを感じるようつとめ、そして施術後はこの三位一体に近づければいいなと思っています。

 

 ただし、心の問題はヒーリングをしたから即良好になるわけではありません、そこに至るまでの過程があったわけで、その原因は自分自身でしっかり見つめなおすことが大切です。ヒーリングは痛みや苦しみ不調を取ってしまえば良し・・ではありません、ときには悲しみや苦しみをつつんでいたオブラートを外し思いっきり泣いてもらうこともあります。やんわりと包んであげることが癒しではなく、包まれていたものを取り去ったときにはじめて自分と向き合い悲しみも怒りも露になる・・・そこから癒されることがあります。”その人をまるごとの状態にする” それが癒しでありヒーリングという行為だと思います。

 

 どんな状況にあっても背筋を伸ばし、呼吸を整えて過ごしてみる。姿勢も呼吸もその人の生きかたと繋がりそして大きく影響するのだから、むずかしいことじゃないですよ、今日からでもためしにやってみれば?い~ご縁も舞い込んでくるかもよ。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »