« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土)

盛久さん、

 盛岡での仕事の拠点を盛久さんにおいてもう3年も経つ、最初は桜山神社さんのお部屋をお借りしていたがなかなか予約がとれず、どうしようか悩んでいた。よくあるホールの一室かなと思っていたが、地元のクライアントさんが「伊庄さんそれはだめよ、あなたに合う場所を探すからそれまで待ってて・・」とおっしゃってくれて紹介されたのが老舗旅館の盛久さん、街のまんなかにあるにもかかわらずその雰囲気、佇まいはとても凛として美しい、鳥が鳴き、庭では花が笑い、そしてギャラリーはもちろん部屋のあちこちに美しい書や絵画が飾られていて、それまでの歴史にとても力を感じ、全体に流れる空気には心も癒される。

 「ここで仕事ができるって・・なんて幸せなんだろう・・」と、じわりと湧いてくる感覚がさらにパワーを増してくれるのもとても不思議です。過去多くの芸術家の方々が定宿としていた部屋、今東光が好んで泊まり、浅田次郎さんが執筆していた部屋を今使わせていただいているが、何かインスピレーションが湧いてこないだろうか・・な~んて期待を持ちながら仕事をしているのがとても楽しい。

 クライアントさん方も、毎回時間を待つ間ギャラリーで展示している作品を見たりするのを楽しみにしていただいている。ヒーリングを終えて今まで身体全体、目の前を覆っていた幕が取り払われてから観る美しい作品はまた特別に違って見えるような気がします。これからも月に2度はお世話になります。よろしければぜひいらしてみてくださいね。

 

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

想念

 私たちが日頃考えてること、思いを馳せること、希望だったり、夢だったり、楽しいことも辛いことも、中には日々不満を思い、怒り、妬み、悲しみ、誹謗中傷、そんな思いを募らせる人もいる。そんな思い・・想念という衣装を私達は誰しもが身にまとっている。私たちのエネルギーの特質というのは私たちが心に思い浮かべる想念のパターンによって形作られています。想念とはまさに物質です。

 うちにヒーリングを受けにいらっしゃる方が施術後口をそろえておっしゃることが、「軽くなった・・視界がはっきりと広がった」という言葉、軽くなった感じがするんではなく、本当に軽くなってるんです。でも・・残念ながら体重は軽くなってません、今まで身にまとっていた色んな想念が取り払われた・・って考えてください。そして問題は、その身にまとっていたエネルギー、そこにはその質によっていろんなやっかいなエネルギーも付着してくるということです。気をつけましょうね。

 よく聞くのが、日頃の生活の中で、ポジティブな人にはポジティブな人が集まり、そうでない人にはそうでない人が集い・・愛念をもった人には愛念をもった人が、そうでもない人にはそれなりな人が・・・と。実際そうですか?”同じ穴の狢””類は友を呼ぶ”みたいなことはたしかにあるが、実際にはプラスにマイナスがくっついてくる・・みたいに異質で波形、波長の違うもの対極にあるものが干渉しあってるのがこの世なようです。ちなみに本当に波長の合うものが集うのはあの世、霊魂の世界でしょうね。こうしてこの物質界、地球は対極のもののバランスを取ろうとする力、意思が働いているようです。何らかの意思想念が働いているということは、それは何かの目的がありそこに向かっているということでしょうね・・・・それっていったいなんでしょう?

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

誕生日、

 昨日は長女のみずきと長男蓮太郎の誕生日、14年前と12年前のおんなじ日にこの世に生まれてきた。別に病院で調整されたわけじゃない、二人とも自然分娩、蓮は横浜の実家で自宅分娩で生まれた。思い返すだけでも出産は素晴らしい体験・・といってももちろん僕は見て応援するだけ~カミさんが頑張った。そして助産士さんの凄腕にも感動モノ。そうそう、蓮の出産前にしょうが醤油を用意しておいて胎盤を二人でちょっといただいてみた・・美味いよ。

 生まれてきてくれて、神様から預かった命、とくに何かをしてきたわけじゃないが、みんな健康でいてくれるだけでとにかく感謝です。毎日寝顔を見てると、えもいわれぬ感動を覚える。長いようであっという間に短いこの成長の時間、自分たちが親になったなんておこがましいね、親にしていただいたんだね、そして授かったんではなく、預かった命、社会に出るまでの間しっかり家族みんなで小さな愛を育み、大きな愛をもてる様になってほしいですね。

 これからどんな将来がまっているのか、どんな宿命を背負い、運命を切り拓き、天命を全うしていくのか、心配してもしょうがないけど、自分らしく生きればいい、自分が思ったとおりに、自分を信じて精一杯ワクワクすることで生きていけばいいんじゃないかなと思います・・・まぁ自分がそうだったからだけど・・社会勉強は大切だけど、それなりにもすこし学校のお勉強は大切よっと、反省してます。

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

今週の盛岡ヒーリング

6月27日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 予約済  

(4)13:45~ (5)15:00~  (6)16:45~  

(7)17:30~  (8)18:30~ 予約済

 整体ヒーリング施術料  7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

| | コメント (0)

変化・・

 爽やかな晴天で昼間は庭の草取りを済ませ珈琲を飲みながら木陰で読書に昼寝、夜はなんかさわさわするなと思ったらなんと素敵な月夜に魅せられた夜・・・と、でもよく考えれば、いや考えなくとも今の時期は梅雨である。一昔前の梅雨の記憶と言ったら毎日のしとしと雨に外で遊べない欲求不満でもんもんとしてたはずが今雨が少ない。かたや西のほうは大雨、諸外国でも信じられない大洪水、災害で大変な状況です。

 

 ここ数年は近所のご老人たちも口にする「今までどはちがうねぇ~」の声、もはや今までの経験則では計れない気候の変化、肌で感じていた少しの変化が今はもう予想もつかない大きなかたちで目の前に現れ経験させられている。それはこれからも加速して起こることは確かなことよ~く心に留めておかなくてはならないと思います。

 「地球上の生命現象は宇宙の物理的な現象とつながっている。」と言われます。今起きている気候の変化はもちろん人の精神にいたるまで宇宙の大いなる力、全体としての何かが機能し関わっていることはまちがいないこと、その中で私達は何かを求められているのだろうか?と考えてみましょう。すべては何らかのプランに沿いすべてが役割を担い動いている。そのプランとは?それはすべての生命の進化ではないだろうか、そのために自分はどんな想念を持って生きるのか、これからは試されるのだと思う。

 

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

今朝のできごと・・

 朝、いつものようにあまちゃんを見て大笑いしていた。ふと縁側にいる愛犬牡丹の方を見ると突然小屋の前に何かが降りて来た。犬の本能として小屋から飛び出す牡丹、おもわずかぶりとかんでみる・・・「あっ!だめ牡丹!」と叫ぶが遅し・・それはまだ巣立ったばかりの雛鳥・・・かわいそうなことことしてしまった・・・もう息絶えていた。もちろん牡丹に責任はないが、僕に怒られたと感じたため小屋の中で小さくなり反省ポーズ。本人も「しまった・・いつもタコがくれる手羽先かと・・」と思ったに違いない。

 そのほんの数秒のことだったのだが、雛鳥が降りてかまれた瞬間、庭にいる鳥たちの悲痛な叫びが聞こえた・・これほんとに・・親鳥はずっと泣き続けていて、声の主を探しに庭に出てみるとメジロのようだ、近くに行っても逃げない、悲しそうな声で子供を捜すように鳴き続けている。いつもピーチクパーチクうるさいスズメたちも「きゃーっ!」て感じで瞬間一斉に鳴いたのをおぼえてる。でも数分しないうちに庭で何ごともなかったように世間話しながら餌を食べている。

 親鳥の悲しそうな声が頭から離れない、親だもの、ほんとうに悲しいよね、愛情もって育てたはず、希望にわくわくしながら空へ、外の世界に出たはずなのに、どんな生きものだって笑ったり、怒ったり、悲しんだりするんだってあらためて気付いた。鳥たちの餌場のそばに穴をほって埋葬してあげた。「ほんとにごめんね・・牡丹がアホだから・・」後ろで牡丹がご飯くださいとつぶやいている。

 

| | コメント (0)

2013年6月20日 (木)

腑に落ちる・・

 世の中にはいろんな考え方、思想をお持ちの方がたくさんいて、100人いれば100通りの考え方があり生き方もあり、そのどれもが間違いではない。

 

 それが自分にあっているのかどうか、他に問うのではなく自分自身に深く問うことが大切だと思う。僕がそんなとき判断を仰ぐのは ”腑に落ちるかどうか” という感覚です。

 この時代に生まれてきた理由、必ずその理由があるはずです。今生で成さねばならない役目が必ずあるはずです。そのためには自分に深く深く問いただし腑に落ちる生き方をしなければならないと感じます。

 

 

 

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

GIVE AND・・

 今年もツバメが子育て中、つい先日孵化したばかりと思ってたが今朝はもう一羽が巣から身を乗り出し羽をおもいっきり広げていました。今日明日にでも羽ばたきそうです。はじめて空を飛ぶなんていったいどんな気持なんだろう・・と思いながら巣の下で眺めてたら例によって親鳥が僕めがけて急降下で威嚇、ほんとに数十センチで顔に激突しそうです。毎日のフンの掃除と軒下を貸してあげてるのに、ツバメの恩返しなんてないものか・・・。

 うちの庭では毎朝スズメとヒヨドリが餌を待ちかまえているし、オオルリは美しい声で鳴いてくれるし、鳥たちを眺めながら自分もふくめ生きものすべてがこの地球という大きな生きものの細胞のひとつなんだな、どれもこれも大切な命に変わりないし、それぞれが生かされている理由があり、支えあい調和しあいながら地球という星を成しているんだ、ということを感じます。

 て、ことであれば・・地球も・・「いいかげん・・恩返しなんてないものかね・・」と感じてるかどうか、すべては ”GIVE AND TAKE” ではなく、 ”GIVE AND GIVE” 見返りを求めないのがほんとうの ”愛” 地球も大いなる力の主もTAKEなんてもとめはしない、ただただ与えてくれる。私たちもおんなじようにただただ愛を感謝をおくらなくちゃいけない。えぇ・・も、もちろん!きっとみなさんも彼氏に彼女、旦那に奥さんにプレゼントやらの見返りなんて求めてないでしょ?!

           

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

陰日向

 光と影、陰日向、すべての事物には二極が存在しています。この世もあの世もあるようで、そんな中、生死の狭間、死生の狭間、二極どちらにも行くことができずもがき苦しむ方々がいる。昨夜は長年続けている定例会ならぬ”定霊会”の夜でした。霊媒師のIさんを介してあれやこれやと声を聴き送り出す作業を1時間ほど続ける。二人ともエネルギー全開であたるので終わる頃にはくたくたになるのだが、その後のじわりと来る爽快感がたまらない、自分のエネルギーも入れ替わるようだ。

 内容を言えば「そんなことあるの~?」と言われそうだが、この際めんどくさいからあえて説明しない、地道な作業をただ「やれ」と命ぜられたまま繰り返すだけです。

 

 この仕事・・ヒーラーと言う仕事もまた地道で地味な仕事だと思っています。いかに人をよくするか、その力を活かすかは同じことの繰り返し、鍛錬を積むこと以外には力を増す方法はありません。最近ではヒーラー、セラピストが主役となり表に出ているかの風潮、”ライトワーカー”などとと呼ばれるのには違和感があります。善いか悪いかはわからないが、僕は職人、仕事人としてのヒーリングに仕事としての魅力を感じています。ほんとうに地味で地道な仕事、自分の肉体も精神もつねにクライアントさんのためにベストな状態でいなければならない、そのためのトレーニングも欠かせない、よくもまぁ~快楽主義者のじぶんがここまでと思うが、この仕事自体が最高の快楽を生んでいるということでしょうね。なんにしてもクライアントさんが日向、光を得るように影、陰に潜む存在、陰日向のあり方がかっこいいと思っています。

 

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

光と影

 昨日は家族で県立美術館へ、かねてより本物を見たかったプライスコレクション、伊藤若冲をはじめ江戸時代の画家たちの絵を拝見してきました。とにかく楽しい、美しい、生き生きと生命力ほとばしる作品を間近で見てみんな大喜びでした。絵を描くことが大好きな蓮もなにか想像力が湧いてきたのか夏休みの作品作りのヒントを得たみたいです。いつもみんな稽古で身体を動かすことが多い日曜日だが美術館で心を動かし想像力を働かすこともいいですね、美しい作品をみることは魂の糧となります。

 

 美しさ、清らかさ、明るさ、これらもすべて逆があるから際立つものです。この世は光と影の両面を保ちながら維持されていますね、人の心にも光と影が投影されてるように仕組まれ、一念三千の心はどこにでも通じるようになっています。影は誰の心にもあるからこそ光とのバランスをとりながら生きていくのが神意に沿った生き方と言えるのかもしれませんね。

 

昼夜の区別があるように人の心にだって朝日は必ず昇り、夜の帳も必ず訪れます。以前は夜ばっかり楽しんでたけど今は昼がいいみたい、もう・・年齢的にもね。

                         

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

今月の予定です。

6月14日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~   (2)11:15~ 予約済   (3)12:30~ 予約済  

(4)13:45~ 予約済   (5)15:00~ 予約済   (6)16:15~ 予約済 

(7)17:30~ 予約済   (8)18:30~ 予約済

6月21日(金) 北上 さくらホール 和室しらゆり

(1)11:00~ 予約済  (2)12:00~  (3)13:00~  (4)14:00~

(5)15:00~  (6)16:00~ 予約済

6月27日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 予約済  

(4)13:45~ (5)15:00~  (6)16:45~  

(7)17:30~  (8)18:30~ 予約済

 整体ヒーリング施術料  7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

| | コメント (0)

整える

 昨夜の稽古から帰ってきて、なんか痛いな・・と思って胴着を脱ぐと、わき腹の上のところに紫色の大きなみみずばれ、稽古中は痛みなんかあんまり感じない、痛くても顔に出しちゃいけないから我慢してたかな、それにしてもそんなところ打たれたということは、よっぽど防御がなってないし何よりも姿勢が悪いということです。

 姿勢を整える、呼吸を整える、そして心を整える、その場その状況そのときの体調いろんな状況の中で臨機応変に整えていく、整えられる心、動かぬ心も大切です。姿勢も呼吸も私たちの生き方と密接に繋がっているのだと感じます。

 あらゆる競技においてスピード、パワーと言うのは重要な要素となりますが、こと武道においていかに速く、力で・・と言うわけにはいきません、しかも歳相応に動きは鈍くなります。でも心のせめぎ合い、我慢、これが大切になってきます・・が、これが難しい、難しすぎます。だから稽古が楽しい、こんな痣や打撲を負ってくるのも自分の未熟さの戒めと思って楽しみます。週に一度ダメな自分の心を整えるための稽古、何年も何年もこの繰り返しで少しはマシな自分ができてくると思います・・・死ぬまでかかるね。

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

うましかさん、

 田老町のNPOうましかさんからご当地菓子が送られてきた。震災後クライアントさん生徒さんのところに何度かおじゃましたが自分はさほど役にも立たないなということを実感してきました。

 

 こうして、「まだまだ進みませんがこんなものがつくれる様にまでなりました・・」と、送られてきたものを見て、他者への批判ばかりする人が多い中、自分のところだけでも精一杯なはずなのに他者への思いやりを忘れない姿勢に感銘をうけながらかりんとうをぼりぼり食い漁ってます。

    ”生は他者への生であり、他者との交わりにおいてのみ成立する”

 ありがとう、うましかさん。まるで役に立たないけどまた行くよ。

           

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

老人ホームにて、

 週に一度、近くの老人ホームへ出張に出かけています。世の中の酸いも甘きも知り尽くした4人の熟女・・・とお話しながらマッサージとヒーリングをしてます。

 

「週に一度のこの時間がおばあちゃんたちにとって楽しみを通り越して生き甲斐になってるんですよ、先生が来れない時なんか肩を落としてため息つくんですよ。」と、言われた。ありがたい、若い子にもてなくともまぁいいか・・男冥利につきるわ。

 ばあちゃんたちに触れながらいつも悔恨の念が湧いてくる・・それは自分の親に対しての悔恨、それが最近どういうわけか強くなってくる。今さらどうにかできることではないが、あの時もっとこうしてあげればな・・もっと気持を汲んであげられたらな・・と思うと他人のば~ちゃんも自分の親のようにも思えてくるし、可愛らしくも思えてくる・・が、いくら熟女好きの僕でもさすがにぐっとはきませんです。

 みなさんもご両親が健在でしたら、今しかできないこと、今しか言えない悪態も遠慮なくぶつけてみてください、いなきゃできません。病で臥していようとなんであれ親はいるだけでありがたいですよね。

| | コメント (2)

2013年6月 6日 (木)

 親類がまたひとりあの世に旅立ち昨日まで”お詰め方”でした。最近ではうちの一族の葬儀一切の司会進行を仰せつかることになり、90歳でこの世とおさらばしたおじを無事送り出しました。法事のたびあつまる一族をみまわして、みんな歳とったな~と感じるしこうして世代交代がすすんでることを実感し寂しくもあり責任も感じてきます・・・それが自分も歳をとった・・という証拠ですね。

 

 数日の法事疲れと昨夜の稽古の疲れで寝坊(といっても6時起床)してしまい今朝は近くの神社まで散歩、写真だけでは感じていただけないが、とてもいい空気の中しばらくのあいだぼ~っとしているとちょっと淀んでいたものが浄められ、大好きなこの大きな楓からエネルギーをもらった感じがします。

 さあ!今日も、「一日是一生也」 生命と時間は使うもの、自分の生命をとことん使いましょう、そう決めたときにエネルギーがほとばしる様に活動するはずです。

 

 

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

思いを馳せる、

 毎週末は朝4時に起きて娘と剣道の朝稽古に出かけている。おかげで夜遅く寝てもいつも朝は早起きになってきています。もちろん天気もいいし、空気もとてもいいので愛犬牡丹との散歩も早朝に出発です。牡丹さんとモウモウさん熟女同士でなにか話していました・・。

 

 なんといってもお日様の輝きが素晴らしい!木々草花、新緑が照らされたその様は神々しく感じ、おもわずお日様を仰ぎ見深呼吸してしまいます。昔から人々がお天道様と言って拝んでいた気持が良くわかりますね、自然が醸しだす一瞬の神々しさを仰ぎ見てそして人の力ではなんとも仕様が無い力を畏れて、たくさんの恵みをいただけることに感謝する。私たちが正しく進み思いを馳せる道は天へと通じる道だとお天道様お日様が教えてくれています。

 

 今、太陽活動が活発であり、人体、社会へ有害なものが降って来ていてそのせいで体調をくずしてしまう・・・今日頭がいたいのは具合がおもわしくないのはそのせいだ・・と嘆いてる人もいるようだが、はたして具合が良くないのはそれだけのそのせいでしょうか? ”天 人 地” 人の想いは天に通じ、地に通じます。良くなるも悪くなるも私たち一人一人の想念がこの世を創っているのなら、まずはこの大自然の大宇宙の恵みに感謝の念を送ること、それが今始まっている”進化”の扉を開く第一歩だと僕は想っています。

 

           

| | コメント (0)

2013年6月 1日 (土)

ヒーリングについて、

 「ヒーリングを習いたいんだけど自分にもできるのですか?」 というご相談を受けます。実際習われた方は、「こんなにすぐにできるんだ・・」とびっくりしてますが、基本的にはできるんですよ、なぜか?それはそのエネルギーの素となるものはすでにあなたに内在しているものだから、では、そのエネルギーの素とは?それは”愛”ですよね、無い人なんていないでしょ、つかい方とか表現の仕方が不器用な人はいるかもしれないけど、でもみんなにある最大の力です。

 

 愛は大きさをはかることも、重さをはかることも、目で確認することもできません、でもたしかに存在する力であり、宇宙根源の力、私たち生きとし生けるものの原動力すべての証となる力です。注ぎ込まれるそのエネルギーを受け入れ、吸収する能力に応じて配給されます。そして受容力が増せばそれだけエネルギーも増して行きます。さらに質を高めていくには肉体をもつ私たちの質も問われていきます。いかにヒーラーが道具に徹するか・・これも大切なことです。ヒーラーは主役ではありません、脇に徹して患者さんの眠れる力を押し上げなければいけないと思っています。

 あとはひたすら鍛錬です。なんでもすぐには思い通りにできませんし疑問だらけ、わからないことがあったら聞けばいい、クライアントさんの身体が教えてくれることもあります。量を極めた上で質を問う、これが基本です。

 

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »