« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

牡丹日記

 みんさんお久しぶり、あたし柴犬の牡丹です。ねぇ夏ってどうなったのかしら?梅雨とはいえ毎日曇りと雨お日様もしばらく拝んでないわよね~ 毎日ジメジメでからだ中にカビがはえそうだわよ。

 先日の大雨大変な目にあった方がたくさんいたみたいだけど、だいじょうぶだったかしら?うちの近くの川も間一髪・・けっこうあふれてたみたいだったそうよ。それにしても日本中、いえ世界中で洪水が頻繁に起こり、かたや同じ国内で熱波で大干ばつですって、10年に一度とか100年に一度の記録的な・・なんて言葉がテレビで頻繁に聞こえてくるけど、それ去年も言ってたわよね、今やそんな統計はあてにならないし何があっても何に遭遇してもおかしくない世の中、まったく特別な出来事とはいえない頻度の中でそんな時代に私達は生きているってことよね。

 一体全体これからどんな時代を私達は生き抜いていくのか・・・想像もつかないけれど、どんなに空に雲がかかっていようともその上には必ず太陽の光が輝いているし肉体的にも精神的にも打ちのめされようともかならず雲間から光が私たちの心に差し込んでくるはずだと思うわ。そしてそんなときだからこそ自然的な愛や善や寛容の表現、つまり”霊性”を学んでいくということが大切になるんじゃないかしらね。

 そしてこんなときだからこそ、お庭でお肉やきやきが大切だとは思わないかしら?スタミナつけるためにもね、タコさん。

 

          

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

工夫なし、

 昨日は盛岡県営武道館で岩手県下剣道選手権大会に出場・・・いつもは子供たちの試合ですが僕の試合です。試合前のぶるぶるする緊張感がたまりませんね~僕が出場した枠は3段2段、どちらかというと若い人たちがたくさん出場してるところに47歳の僕・・どこまで若いスピードに対抗できるか・・なんて考えるひまもない戦術考えてもそんなの思い通りにならないから”別無工夫”の気持でいきました。結果は~3回戦敗退、惜しかった・・まだまだです。最後は大学生に延長の末敗れましたが、どこかで相手を待ち考えてる自分がいることに気付き・・その瞬間に打たれました。まだまだダメ~稽古を続けるしかありませんね。

 ”別無工夫” とは無窓疎石の言葉。誰でも人生のなかで困難に遭遇しているとき、どん底に居るとき、そんなときはそこからはやく抜け出そうとあれやこれやと自分なりに工夫したくなります。でも、そんなとき、そんな工夫は不要であるという、どんなときでもどんな場所でもただ己の最善を尽くせということ、環境や相手に合わせて打算的で手を抜くこともなく、意気込んで大切なことを見落とすこともなく、淡々と日々同じように真摯であれと、そうすればそこに余計な工夫は必要ない・・・ということです。

 とはいえ、そこに至るまでにはもちろん経験の重なりがあるでしょう、何もしないうちから工夫無しなんてありえませんね、やはり日々の鍛錬は重要なことです。そんな中からはじめて気付くものがあるのだと思います。

            

| | コメント (0)

2013年7月25日 (木)

珈琲

 こうも曇天雨天が続くと気も晴れないですね~ 今週末に控えたお祭りの準備もしてるんだけどどうも天候があやしい、”百鬼夜行”の山車、子供たちにうけると思うんだけどな・・。

 

 外は雨だし予約も入ってないし・・・好きなレコード聴きながら珈琲をいただいてます・・「喫茶店やれば?」とよく言われますが・・・20代学生の頃は横浜の元町で喫茶店まかされてやってました。カフェ・・ではなく喫茶店!です。そう、ずっと喫茶店が好きなんです。マスターが珈琲を一杯ずつ丁寧に淹れてくれる、あの香り、音、雰囲気、気遣い・・いいですね~大好きです。最近は盛岡へ仕事で行くと合間の時間をみて通ってる桜山界隈の某珈琲専門店を楽しんでます。自家焙煎、ネルドリップで淹れてくださる美味しい珈琲はもちろん、申し分ない雰囲気、気遣い、とてもいいです。

 喫茶店が好きなのは僕の子供の頃の記憶にあります。”おらが町”はひと昔前はどっこでもそうでしょうが、かなり賑わっていたし昼夜人が絶えることがなかった。そして昔に思いをふけると記憶の中に珈琲の香りが漂ってくる。憶えてるだけでもこの界隈に喫茶店が4軒、ケーキ屋さんの奥のスペースにもお茶を飲めるところが2,3軒あったり、その辺走り回ってれば珈琲の香りが漂っているそれも豆を挽いてサイフォンで淹れた珈琲でした。さらに親父も珈琲好きでサイフォンで淹れた濃いのを飲んでた。てなことで染み付いてるわけですね。

 もちろん珈琲は大好きだけど、何よりもその場所、空間が良くなきゃね、どんなお店でも言えることです。その空間のいい空気を醸しだすのがマスター最大の仕事です。その適度な緊張感とリラックスできる空気の中にどっぷりと浸かれるかどうかが僕にとってのリラクゼーションなのだと思います。僕が気持いい・・と感じられる空間造り、お客様もそう感じてもらえれば・・と思います。そのためにもよき”マスター”となるよう日々勤めたいですね。

ちなみに、お客様がうちに来るなり「おちついたいい香りがしますね~」と言ってくださいますが、それは数種類のアロマオイルの香りと毎朝淹れる珈琲の香りがほどよく・・ごちゃ混ぜになったものです。もしかしたら僕の加齢臭も・・。

  ”maputo” http://www.youtube.com/watch?v=OSsGIQt2Lbg

           

| | コメント (2)

2013年7月24日 (水)

8月盛岡での整体ヒーリングの予定です。

 8月9日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~   (3)12:30~  (4)13:45~ 予約済

(5)15:00~ 予約済  (6)16:15~ 予約済  

(7)17:30~ 予約済  (8)18:40~ 予約済

 8月23日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~  (4)13:45~

(5)15:00~  (6)16:15~  (7)17:30~  (8)18:40~

整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

 8月10日(土)に ヒーリング”伝授”セミナー のお申し込みがありますので、他に若干名のお申し込み受付いたします。もしご興味のある方、自分の能力を開花させてみたい、何かに役立てたい、という方がいらっしゃればご連絡ください。再受講でもかまいません。

 ヒーリングの能力、治療のための能力というのは、霊的本性から生じてくる霊的な性質を持つものです。それは信仰心があついとか、特定のものを信じているとか、そういうものではありませんしそんな必要性もありません。霊性というものは自然的に発生する愛や善や寛容の表現であり、いかに日頃の生活を大切にしているか、ということだと思います。思いやりの気持、敬い畏れる気持、感謝の気持が大切なことだと思いますし、それを毎日の生活の中から学んでいくことが大切です。神様が与えてくれた最大の修行が日々の生活です。

              

| | コメント (0)

ふくろう、

 昨夜おそくぼ~っとしながらテレビを見ていると、近くでふくろうが鳴いているのが聞こえた。「とても悲しげな声に聞こえるなぁ・・・」とその鳴き声に聞き入っていたががよく考えればすぐ近くの木に止まって鳴いてることはめったにない、なぜかなとふと気になっていた。

 

 今朝、重機の大きな音と共にチェンソーで木を切る音が聞こえてきた。先日古い家具をいただいたあの古民家が取り壊され庭にある古い松の木も切られていた。そうか・・あのふくろうはきっとその松の木で鳴いていたんだろうな、松の木やその周りの木々と最後の会話をしていたに違いないと思う。いったいどんな話しをしていたんだろう・・小さな庭だったけど、小さな生き物たちにとっては大きな楽園だったはずだ。

 ”依正不二” という言葉がある。自分と空気とは別物だけれど、空気がなければ自分も存在することはできない、環境というものが汚れてしまえば同じように自分自身だって汚れてしまう。小さな生き物の気持ちになれば小さな環境であっても命を育むための大きな大きな世界なはず、主体生命である私たちの気持想念によってすべての生きものの環境が良くも悪くも変わるのであれば、今世界中で、身のまわりでおきているこの環境の大きな変化はいったいどういう意味を持ちこれからどのように変わっていくのだろうね。昨夜の悲しげなふくろうの声がまだ頭から離れない。

| | コメント (0)

2013年7月22日 (月)

宝を見つける。

 去年のスケジュールをパラパラとめくってみると、「あぁもう一年か・・」と気付いた。それは、うちのカミさんがちょうど一年前に岩手医大で乳がんの摘出手術をした日、あれから一年カミさんよく頑張ったな~すごいな~と感心しきりです。そんな自分もよくあの状況のなか夫婦二人家族一丸となってその難関を乗り越えたな~と自我自賛・・と思いにふけりながら今珈琲を飲んでいるところ。

 「経験に勝るものはない・・あるがままに受け止めて神様にすべてを預ける。あとは自分のすべきことをやるのみ。そしてその経験はかならず活かせる。」なんてプラス思考のようだけど、そりゃくじけそうなときも愚痴の一つも言いたくなることだってあったし、マイナス志向になるときもたくさんあった。でもそれでいいじゃない、その両方の気持が鬩ぎ合い悩みながらこうして今自分の気持がつくりあげられたのだと思うし、その経験は確実に今も生かされている。苦しい体験の中からこそ魂の成長がある・・・・自分にあったかどうかはわからないが子供たちの中にはその一年確実にその成長があったようだ。こうして家族はひとつになるんだな~と感じるその経験こそが最大の宝なのかも。

 でも魂の”宝”はそう簡単にやすやすと手に入るものではないらしい、もし簡単に手に入るのなら苦労などする必要もない、痛みや苦しみの最中にあるときはなかなか得心がいかないものですが、必死にもがき苦しんでいるときこそが魂にとっての薬なのだという。苦しみの中からこそ何かを学べたらいい、誰もが背負いきれないほどの苦しみを背負わされることはない、そんな経験の中からこそ霊的な宝を見つけることができるのだという。 さて今夜も僕のお宝であるカミさんに極上ヒーリングとマッサージをしてあげようっと。

 

 

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

涙、

 泣きたくなるのを我慢しなくていい、流れる涙をおさえる必要はありません。

 涙はあなたの心と魂を浄化するための大切なもの、そのとき、きっと頑張っていた自分に無理を強いていた自分に対して素直になれる・・そんな大切な瞬間なのだと思います。

 いろんな思いを胸に涙を流してください。

 ・・にしても涙に暮れる女性はどんな年齢であっても・・ステキだなと可愛いなと思いますよ、はい。どんどんじゃんじゃん泣いてくださいな。

 ”sara smile” http://www.youtube.com/watch?v=LQYc2fItJNQ

 

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

夜市DEヒーローショー!

昨夜の千厩夜市、大雨の中たっくさんの子供たちが傘をさしながら目をキラキラさせて待っていてくれました。”夜市DEヒーローショー!!”今年は”鉄人ガンライザーと握手をしよう!”って企画、他県の方はなにそれ?でしょうが、岩手の子供たちにはお馴染テレビ岩手さんで放送されてる超ご当地ヒーローさんです。http://www.ganriser.jp/main/

 

 それにしてもヒーローはいいね!どうして子供たちはあれほど心ワクワク目をキラキラさせてるんだろ、ガンライザーのテーマ曲を流したとたんに歌いながら飛び跳ねてました。ほんとうならヒーローショーの司会はミニスカのお姉さんが大道なのだが昨日は僕が名司会ぶり!?を発揮させていただきました。雨の中誰一人文句もいわず長蛇を作り握手会を待っていてくださりほんとうにありがたいことです。子供たちの喜び興奮する姿を見るのが何より楽しみです。たまにはす~っごく怖いものでも見せて数日夜もトイレにいけずおねしょ連ちゃんってのもいいかなと思うのだが・・。

 子供たちの歓声に混ざって黄色いおばさんの声もありましたが・・ヒーローとおばさんは似合いませんね。

        

| | コメント (2)

2013年7月10日 (水)

富士山

 ちょうど10年前に登った富士山からのご来光、こんな光景が観れるんだから行きたくもなりますが、登山は途中息は苦しくなり足は動かなくなるし登山というより巡礼でした。もちろん今テレビで見るよりも人はそんなには多くはなかったので楽に登れた気がします。でも不思議とその後ここは登っちゃいけないな・・登っといてなんですが、そんな気にさせられ後は遠くから手を合わせるのみの対象となりました。住んでいた横浜の本牧からも時折見ることができ子供たちをつれて公園から惚れ惚れとその姿を拝していました。

 世界遺産・・別に世界のためのなんて考えずに日本人の魂の拠り所として世界に誇れるそのお姿を大切にしていけばいいんじゃないだろうか、なんだかんだといっても経済効果をねらってのこと、テレビでのインタビューでも人がたくさん来てくれて売り上げが・・と言う話が中心となっているのを見ると、昨今世界遺産になった平泉も最初は経済効果の話なんて浅ましい・・と言ってたが、観光客が少なくなればあの手この手で売り上げを伸ばそうとする始末、本当に大切であれば、そしてそこがどんな役割を果たすべき地なのかを考えれば本当にやるべきことが見えてくると思います。

 それにしても、自分も登っといてなんですが・・ほんとに噴火するんだべか?なんでも地下マグマの位置が上がってきてるとか言ってたが、「箱根だって変だぞ」と横浜の友達も言ってた・・そこにこれだけの人がどかどか登っていったら富士山に与える振動ってどうなの?今は亡き長野の裏師匠の言葉を思い出した。

 「山は生きているんだよ、山は神そのものだよ」

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

セミナーについて、

 ヒーリングセミナーをするようになって4年位になる。それまでは人に教える伝授するなんて考えもしなかったし自分が試行錯誤するのに精一杯だった。師匠に「教えることで自分も得るものもあるんだよ」と言われてはいたが、まぁそのうち僕に教えてほしいという物好きなな人がいたらね程度にしか考えてはいなかった。が、どういうわけかあるときを境にそんな物好きな方々が増え始めた。

 

 どんなことするのか?特に難しいことなんてしません、その方の個性というか培ってきたもの”経験”があるはずそして”想い”があるはず。想像・・想いを形づくるプロセス、そして創造・・創意工夫して造り上げる。今、自分の想うヒーリングを造り上げるために今まで培ってきた経験を生かし自分だけのものを造り上げる・・そのためにちょちょいとするだけです。すぐにエネルギーの違いがわかりますが、大切なのはそこから、どんなことでもそうですが、何度も繰り返し行うこと、質を高めるためには量を極めるしかありません、”すぐにパワーが身につきます!”なんていうセミナーもあるみたいですが、エネルギーワークするにしてもパワーもありゃいいってもんではありません、質が大切です。僕も10年やってますが、ヒーリングの質を高めるにはまだまだ目の前にこれでもかと現れる課題をこなしていくしかないと感じてます。

 

 そして方法論、これは僕の経験値でしか教えられません、もっといい方法があるのかもしれません、最近「これいいな・・」と気付くこともあります。それも鍛錬を積むしかありません、今教えられる最善最良な方法を教えますが、あとはご自分で試行錯誤して経験を積んでほしいと思います。ヒーラーとしての熟練の技があるとするならそれは、エネルギーを「特定の方向に流す」能力にあります。それは決して厳しい修行とかによって得られるものではありません、その人の生来持つ能力によるものが多いと感じますね、先天の力と後天の力ではやはり違いがありますしそれでも弛まぬ努力は必要ですね、思い通りになんていかないし奇跡もないですからね。

 「宝は己の内にあり」使うも使わぬも自分次第です。

 こんな感じでやっていますが、8月10日(土)に都内から受けにいらっしゃる女性がおりますのでもし一緒に受けてみたいと言う方がいらっしゃれば受付いたします。

| | コメント (0)

2013年7月 8日 (月)

7月盛岡での予定です。

7月12日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30 予約済   

(4)13:45~ 予約済  (5)15:00~  (6)16:15~  

(7)17:30~  (8)18:40~ 予約済 

 7月18日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~   (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 予約済   (4)13:45~

(5)15:00~ 予約済  (6)16:15~  (7)17:30~  (8)18:40~ 

 整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

 8月前半に ヒーリング”伝授”セミナー のお申し込みがありますので、他に若干名のお申し込み受付いたします。もしご興味のある方、自分の能力を開花させてみたい、何かに役立てたい、という方がいらっしゃればご連絡ください。再受講でもかまいません。

 ヒーリングの能力、治療のための能力というのは、霊的本性から生じてくる霊的な性質を持つものです。それは信仰心があついとか、特定のものを信じているとか、そういうものではありませんしそんな必要性もありません。霊性というものは自然的に発生する愛や善や寛容の表現であり、いかに日頃の生活を大切にしているか、ということだと思います。思いやりの気持、敬い畏れる気持、感謝の気持が大切なことだと思いますし、それを毎日の生活の中から学んでいくことが大切です。神様が与えてくれた最大の修行が日々の生活です・・・僕もまだまだ頑張らねばです。

           

| | コメント (0)

治療例、

 今朝も5時に起き、暑くなる前に牡丹と1時間の散歩、とはいってもやっぱり歩くとかなり汗をかきます。牡丹も「短めに頼むわよ・・」と目で訴えてくる。もう11歳、以前ほど長時間の散歩は好きじゃないみたいで、野原で放しても遠くまで走ってはいかなくなった・・・でも歩くよ!「牡丹!三浦雄一郎さんをみてみろ!パワートレーニングだ!」と言っても無視された。

 うちには様々な症状をうったえて遠方からもお客様がいらっしゃることがある・・というか、ほぼ遠方の方が多いです。「どういった痛みや苦しいのを抱えてくるんですか?」とたずねられることが多いので、今まではあんまり書かなかったんですがこれからは書いてみたいと思いますので参考にしていただきたいと思います。もちろんすべてに対処できるとは言いきれません、。

 数年前から頭痛や身体のあちこちに痛みが出始め病院で何度も検査を受けたが異常なし、健康体です。と言われるがとにかく苦しい・・といらっしゃった女性、最初の治療では手技により能脊髄液の循環を促し、呼吸活動を活発にしていき神経、筋肉ともリラックスさせ身体を流れるエネルギーのバランスを回復させて痛みを緩和させていく方法、ほぼこれで大丈夫、治療後、身体も心も軽くなったといって帰っていったが数日後再び、「家に帰ったらまた違うところに痛みがでてきた。苦しい・・」といらっしゃった。問診に書かれた名前や住所を見ながらヒーリングをはじめると、不思議といろんなものが浮かび上がる。”名前、住所には多くの情報が込められている。” そして身体には外側にもう一つの肉体、生命場があり、肉体的あるいは精神的不調なときに表れるエネルギーの変化とは別に外からのエネルギーの関与を示す部分があり、その方にはそれが現れていた。いわゆる霊障といえるものです。まずはそれを断ち切り関与しないようにする。そして施術後、なんとなく聴いて見ると、あるある・・そりゃそうだね、と言えるもので、本人もじつはそれを気にしていた。「あぁ・・すっきりした。」とそのときにはもう頭痛もあちこちの痛みも消えていた。これからどうしたらいいかのアドバイスをして変だなと思ったらまたすぐ来てねということで無事終了。

 

 なんでもそれにあてはまるとは言えないが探るとけっこうそんな例があります。どんなことでも原因があるはず。そしてその人には”良くなりたい”という気持と、”良くなってほしい”という援助の導きもある。つねにその導きの方との関わりを密にしておくのは大切なことだと思います。

 

         

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

重ねていく、

 今朝もお客さんからいただいた”夏珈琲”を淹れてレコードを聴くひととき・・最近、朝起きて自分のにおいが気になる。においフェチの僕としては人様の香りは気にしてても自分のことはあまり気にしてなかった。が、最近焼肉など食べた次の日から数日間は自分のにおいが肉くさいなと、若い頃はそんなことなかったはずだが、これも加齢臭というやつか・・。

 歳を重ねると共にいろんな身体の変化が出てくるのはあたりまえのこと、筋肉は衰えるししわも白髪だって増える。ちなみに僕はこじわが大好きです・・胸がぐっとキュンときてしまう、どうでもいいですけど。衰えるんだからしょうがない、なるようにほっときましょ、それ相応に、でもいいですが、老いに抗うのもいいんじゃないかと思います。無理してでも身体を動かし心を整え姿勢が整えば本当の歳相応が身につくと思います。

 便利さや効率の良さからちょっと離れてみることもいいかもね、めんどくさいな、億劫だな、と考えてもどうにもならないようなことってありますよね、でも一見無駄だと感じることの中に本物が隠されてたりするかもしれないし、理屈を通り越したその先の世界にこそ何か腑に落ちるものがあるかもしれない・・どちらにしてもやはりやり続けるしかない、無駄だと思っても正しいと心で感じるままにやるしかないのかもしれません。重ね続けていけばそこに美しさが奥底から湧いてくるような気がします。

| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

力を頼りにすると・・

 力を頼りにするとろくなことにはならない。

 なまじっか腕力があるもんでどこかでその力を頼りに竹刀を振る・・あたればいいが力を頼りにするものは速く見えそうでとてもスローなことに気付く・・あっさりと力はいなされみるみるうちに窮地に追い込まれる・・・はいおしまい。というのが夕べの稽古、反省しきりです。

 

 今はなんでも力にものを言わせる世の中でしょう?政治も経済も。力ずくで何かをやり遂げようとすれば必ずその反発が起きるし抵抗も起きるのは今の世の中が証明している。それは日常どんな些細なことでもあてはまることです。それが法則なのかもしれません。治療もそうです。無理な力はそのまま自分に帰ってきます。僕の施術は肉体的に力をいれませんが、エネルギーの入れ方で誤った考えを起こすと、もう少し・・がそのまま自分のふたんとなることが昔はよくありました。

 

 何をするにしても「自分の力で起こしたんだ」と誇ったりしないことが大切なのかもしれないですね、なぜならそれは自分が起こすのではなく、あるタイミングで「自然に起こること」なのだから。それを知ることが大切。なかなかたいへんなのだが・・びっくりするようなことも起き得たときには、どう考えてもそれは自分の力ではないよね、そのタイミングで起きた。としか言いようが無い。だから力にたよらず・・それほどの力も無いが、「自然に起きる」という気持でいること、それで世の中も見てみるとおもしろい。今の世の中を見てみると、いったいどんな力が働いてるのか・・なぜ自然発生的に起きてるのか・・自分も何かの力に左右させられるのか?おもしろいですね。

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

古いもの、

 今日からうちの庭に庭師さんが入り年に一度の剪定作業、これを終えると裏山からの風が心地よく庭を通りそして治療院へと風が入ります。夏でもエアコン無しでいられるのはそのおかげです。

 

 代々受け継がれてきた庭や蔵、家具にいたるまで古いものが大好きでよく観てまわることもあるが自分の家の庭と蔵は格別に好きです。だれがどんな風にどんな気持で造ったのか、どんな風に使ってきたのかどんな日常の中で使われてきたのか・・なんて考えるとおもしろくなる。先日、今は誰も住んでらっしゃらない遠縁の方の家を壊すことになり、遠方に住んでる持ち主の方が僕に、「しゅうちゃん、古い家具好きでしょ、たいした物は無いけど全部あげるよ。」と、その家に最後に住んでいた亡くなったおばあちゃんはとても物をだいじにする方だったのをおぼえていたが、小さな家具から柱に至るまで漆がぬってあった。柱やはりまで欲しいところだがそうはいかない、漆塗りの家具数点などいただいた。古物好きにはたまらないはずで、引き出しを開けてみると大正○年、誕生日に、などとその時の思い出が一筆あった。

 

 古いものを大切にするというのは精魂込めて造った人の熱い心はもちろん、だいじに使い続けた人の慎ましやかな心もものを介して受け継ぐことになる。縁あって僕のところに来たもの、その”もの”には様々な魂がこもっていて使ってくれる人間を探して待っていたんだと感じる。そう思えばものを粗末に扱うことはできないですね、長く大切に使わせていただきます。

 が、長年使用したTシャツやジーンズさえも捨てられない自分、古い家具や陶器は大好きなカミさんも「捨てなよ~」と言い続けてたが、今息子が大きくなって着てくれている。いいものを買っといてよかった~と思う今日この頃です。

 

 

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

7月盛岡でのヒーリングの予定です。

 7月12日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30 予約済   

(4)13:45~ 予約済  (5)15:00~  (6)16:15~  

(7)17:30~  (8)18:40~ 

 7月18日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~  (3)12:30~   (4)13:45~

(5)15:00~  (6)16:15~  (7)17:30~  (8)18:40~ 

 整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

 8月前半に ヒーリング”伝授”セミナー のお申し込みがありますので、他に若干名のお申し込み受付いたします。もしご興味のある方、自分の能力を開花させてみたい、何かに役立てたい、という方がいらっしゃればご連絡ください。再受講でもかまいません。

 ヒーリングの能力、治療のための能力というのは、霊的本性から生じてくる霊的な性質を持つものです。それは信仰心があついとか、特定のものを信じているとか、そういうものではありませんしそんな必要性もありません。霊性というものは自然的に発生する愛や善や寛容の表現であり、いかに日頃の生活を大切にしているか、ということだと思います。思いやりの気持、敬い畏れる気持、感謝の気持が大切なことだと思いますし、それを毎日の生活の中から学んでいくことが大切です。神様が与えてくれた最大の修行が日々の生活です・・・僕もまだまだ頑張らねばです。

           

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »