« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月30日 (金)

9月 盛岡でのヒーリング予定です。

 9月、盛岡でのヒーリングの予定です。盛久ギャラリー

 

 9月13日(金) 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~  (3)12:30~ 予約済  

(4)13:45~ 予約済  (5)15:00~ 予約済 (6)16:15~ 予約済  

(7)17:30~  (8)18:40~

 9月20日(金) 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~  (4)13:45~

(5)15:00~  (6)16:45~  (7)17:30~  (8)18:40~ 予約済

整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

 10月5日(土)に ヒーリング”伝授”セミナー のお申し込みがありますので、他に若干名のお申し込み受付いたします。もしご興味のある方、プロのヒーラーとして勉強してみたい、自分の能力を開花させてみたい、困っている人のために家族のために役立てたい、という方がいらっしゃればご連絡ください。再受講も申し受けます。

 (10月5日に受講する方は鹿児島からいらっしゃいます。もし遠方からのご希望があればご相談ください。)

 

 ヒーリングの能力、治療のための能力というのは、霊的本性から生じてくる霊的な性質を持つものです。それは信仰心があついとか、特定のものを信じているとか、そういうものではありませんしそんな必要性もありません。霊性というものは自然的に発生する愛や善や寛容の表現であり、いかに日頃の生活を大切にしているか、ということだと思います。思いやりの気持、敬い畏れる気持、感謝の気持を持つことが大切なことであり、それを毎日の生活の中から学んでいくことが大切です。神様が与えてくれた最大の修行が日々の生活です。

| | コメント (0)

日々・・・

  ”身の威儀を改むれば、心も随って転ずるなり。”

 ただ季節の流れに身を任せるだけでなく、ひとつひとつの大切な行事のその作法に従うこと、日々の生活の中自分の身や姿勢をきちんと整えると、心もそれに従い正しくなる。道を求めるということもしっかりとした気持ちをもって行い続けていると、自然に、本当に道を求める心が興ってくるというもの。

 

 この仕事をはじめて9年・・心の進歩があったのかどうか甚だ疑問だらけ、正直自分が嫌になることもある。やってることが間違いだらけじゃないかと常に思う。誰の役にもたちはしないし、無くてもいい仕事だとも思ったりする。それなのに続けてるのは、たった一人のクライアントさんの心に火が灯された瞬間、自分を通じてなんらかの光がクライアントさんに注がれたその瞬間に受ける悦楽ともいえるもののためかもしれないしヒーリングを終えた後のクライアントさんの笑顔、その笑顔を見ることほどいいものはない。

 季節の流れ・・大きな川の流れのようなものに身を任せながらときには逆走してみたり、道をそれてみたり、それでもその先にある・・あるのかないのかわからないその”道”に向かって日々苦闘するしかない毎日・・それも道を求める一つの姿です。

 

| | コメント (0)

2013年8月28日 (水)

リセット

 6年生の息子が、発熱、下痢などの症状で学校を休んだ。前の晩はいつもどおりに美味しそうにご飯を食べご満悦だったが、翌朝朝ごはんを食べない、息子が食べれないということはよっぽどだな・・と思ってたらやはり早退して寝込みました。でもいつも薬も飲まずとにかく寝て治している。年に一度ほどこんなことがあるがおそらくは身体をリセットしてるような気がする。いつも体調が戻るとぷっくりおなかもへっこみなんとなく背丈も縦に伸びている。6年生だし、いつまでも子供と思っていても確実に変化はしてきている・・うれしいようなさみしいようなね~。

 

 体調をくずしたとき、病をおこしたとき、すぐに効果のある薬や治療もあるのだろうが、自然治癒力の発現ということを考えればいつのまにか知らず知らずのうちに起こっている、気付けば以前よりも良くなっている・・というのがいいと思う。体内に入ってきた菌を退治するために、不調を克服するために、表向きの元気はなくなるものの、体内ではものすごいエネルギーを使い生命力を支え治癒力を発揮し頑張っていますね、それは健康でいたいという本然の目的”理”のためです。そして成しえたとき肉体はリセットされさらに強くなるのだと思います。

 僕もそろそろ年に一度の修復、リセットの時期が近いようです。夏が過ぎると自然と心と身体、魂がそれを欲してきます。また車をとばして600キロ・・楽しみなお籠りの季節です。

 

| | コメント (0)

2013年8月26日 (月)

残暑

 残暑が残るけど毎年このお祭りが終わると秋を感じるようになる。裏山の秋葉神社のお祭りは子どもたちみんなで川に灯篭を浮かべ参道にも絵を描いた行灯を飾ります。僕が子供の頃から変わらぬ風景と夏の思い出、これからも変わらぬ、いえもっともっとよくしていくのが私たちの勤めだと思います。

 

 遠くの広大な自然に目を向けることは大切だが、こんな近くの生活と密接になっている自然もとても大切です。この自然を守るのも私たちの大切な仕事であり、日常生活の中の連鎖を知るということにつながる。この地球上において連鎖力なくしてすべては成立しませんね、家族の連鎖が、地域の連鎖につながり、社会の連鎖に、自然の連鎖、私たちすべての命の連鎖、地球の連鎖につながるのだと思います。

 

 日常の生活を大切に生きる。この機会を改めて知ることができるのも今なのかもしれません。

 あ~っなつかしいっ・・ ”残暑” http://www.youtube.com/watch?v=cJdZPihz46s

                                              

| | コメント (0)

2013年8月21日 (水)

牡丹お散歩紀行

 暑い日中は縁の下でごろごろと涼んでいた愛犬牡丹、夕方涼しい風が吹き出し「散歩に行きましょ」と誘いをうけたので、一時間ほど歩きました。

           

         

 

 空は薄暮に・・草むらからは秋の虫の声が聞こえてきてます。東北の夏はほんの束の間ですね、西のほうはまだまだ暑い日が続いているようですが・・よく東北人は寒い冬を耐え忍び春を待ちわびることで我慢強くなる・・なんてよく言いますが、西の人はこの暑い夏を耐え忍ぶ?な~んてもんじゃないですよねきっと、冬は着込めばなんとかなるが、暑いのは脱げばいいってわけじゃないですもんね、10月のヒーリングセミナーには鹿児島からおひとりいらっしゃる予定ですが暑い上に桜島もついに我慢がつきたみたいです。どうぞおからだご慈愛してお過ごしいただきたいと思います。

 

 それにしても、”天は長く地は久し” という言葉の通り、天も地も自らの命を延ばそう、コントロールしようなんて思ってはいない、だからこそこうしていつまでも天と地であり続けることができる。人も人であることを成し遂げるために存在し続けるためにどのように生きたらよいのか考えなきゃいけませんよね。

           

 

           

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

心を・・

 お盆に入る前、父方の祖父が夢に出てきた。優しそうに微笑み、でも何か言いたげな表情をしていた。

 

 昨年のお盆にガンで亡くなった親戚、歳も近いうちのカミさんと一緒に「がんばろうね」と励ましあい闘病していたが「疲れた・・あたしの分も生きて・・」と力尽きた。素敵な女性だった。いつも写真の中でこちらを見て微笑んでいる。

 

 うちの親父、生きていれば今日は76歳の誕生日、母も父も今はあの世にいるのだが、なぜだろう・・生きている人間よりも、死んだ人間の存在のほうがはるかに自分の魂を揺さぶるものがある。やはり死んではいないのだ、この世での肉体は役目を終え朽ちただけ、霊魂は本当の世界ではるかに存在を強めこの世で生きている私たちの心を鼓舞してくるような気がする。

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

お盆休み、

 

 

 今年の夏休み、奈良から妹親子が、フランスから弟が、お盆にはあの世からご先祖様方が帰ってきてくださり家は大所帯で楽しい数日間を過ごしました。十数名そろって仏壇に向かいこの一年みんなが健康で元気に過ごせたことを感謝・・いつしか僕がこの家族の先頭にいるんですね、「おかげさまでみんな元気に過ごすことができました・・・」このおかげさまとは「御陰様」つまり陰から支えてくださる存在、ご先祖様方に他なりません。私達はご先祖様から命を引き継いで生かされている、そしてこの命を精一杯燃やしてまた子孫へとたすきをつないでいきます。

                       

                 

 この短い夏のひとときが過ぎるとまた子供たちが大きくなる、どんどん成長して羽ばたいていく、昨日奈良の親子は帰って行きました。とき同じくして治療院の看板の上に二度目の巣を作って子育てしていたツバメも昨日巣を羽ばたいていった。また来年まで、元気な姿で会えるのを楽しみにしてます。

 

 昨夜あたりから風もちょっと変わった気がする。これから晩夏へと季節が流れていきます。気持ちを切り替えて、新たな気持で仕事に集中していきたいと思います。とっても楽しいお盆休みでした。

  

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

これからの予定、

 8月23日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~  (4)13:45~ 予約済

(5)15:00~  (6)16:15~  (7)17:30~  (8)18:40~ 予約済

整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

 10月5日(土)に ヒーリング”伝授”セミナー のお申し込みがありますので、他に若干名のお申し込み受付いたします。もしご興味のある方、自分の能力を開花させてみたい、プロのヒーラーになりたい、家族のために役立てたい、仕事に役立てたい、という思いの方がいらっしゃればご連絡、お申し込みください。

 

 ヒーリングの能力、治療のための能力というのは、霊的本性から生じてくる霊的な性質を持つものです。それは信仰心があついとか、特定のものを信じているとか、そういうものではありませんしそんな必要性もありません。霊性というものは自然的に発生する愛や善や寛容の表現であり、いかに日頃の生活を大切にしているか、ということだと思います。思いやりの気持、敬い畏れる気持、感謝の気持を常に持つことが大切なことだと思いますし、それを毎日の生活の中から学んでいくことが大切です。神様が与えてくれた最大の修行が日々の生活です。

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

セミナー行いました。

 先週土曜日にヒーリングセミナーを行いました。東京と北上市から今回はお二人の女性の参加をいただきました。

 東京の方は現在都内の病院においてカウンセリングとセラピューティック・タッチというヒーリングを行っていて、マニュアル化してないヒーリングを知りたい・・さらなる向上を・・・・とのこと、はたして僕のヒーリングでパワーが向上するかどうかはわからんが、自由なヒーリングであることはまちがいない・・それだけは自身があります。もうおひとりはヒーリングがまったくどういうものなのか知らない、うちには2度ほどうけに来たことがある程度、まっさらな状態ですが、目的がしっかりとしたものがあります。このお二人にわかりやすく・・・いや楽しく教えられたんじゃないかなと思います。あとは日々の努力と精進、そして経験と鍛錬を積むこと、毎日を愛をもって大切に生きること、それ以外に良きヒーラーになる方法はないと思います。ぜひ頑張ってほしいですね、続けていればかならず壁にもぶちあたるし、疑問も湧いてくるし、思い通りになど簡単にはいきません、そんなときはその問題を放置せず気楽に聞いてくださいね。

 

 ”霊性を悟ることは容易なことではありません。もし容易であれば価値はありません。その道に近道はありません。王道はないのです。各自が自分で努力し自分で苦労しなくてはなりません。しかし同時にそれは登るにつれて喜びの増す、素晴らしい霊的冒険でもあるのです。”

 

 と、いうことみたいです。僕もさらに頑張ります。

| | コメント (0)

2013年8月11日 (日)

窓をつたう雨・・どころではない!

 すんごい雨だった。盛岡に仕事に行く途中から降り始め、携帯での警報は何度も鳴り響く、高速道路、前の車は豪雨でほぼ見えません、そして高速を降りた直後に通行止めになったようです。

 そんな天候の中でもおひとりキャンセルがあったものの、みなさん大雨・・いや豪雨の中盛久さんまで来ていただきました。さらには警報出っ放しなのに「何時か空いてます?」と予約を入れていただいたりと、本当にありがとうございます。とともにみなさんのお宅近辺は大丈夫でしたでしょうか?あとからいらした方の住所を見ると大変な被害に遭われている地域では?と心配ですがくれぐれもご慈愛くださいますよう、そしてご無事でありますようお祈りさせていただきます。

 それにしても、「経験のない・・うんぬんかんぬん・・想定外のうんぬんかんぬん・・」と、この1,2年何度聞いたことか、もはや想定も予想もできない、そんな環境の真っ只中に突入したこと、他であることは自分にも起こりうるということ、何があっても自分の身は自分で守らなきゃいけないということをほんとうに自覚しなくてはならないみたいです。災害は忘れた頃に・・いや忘れなくともやってきます。

         

 

 窓をつたう雨、その音に耳を傾けながら美味しい珈琲をいただく・・としたいころですが、雨が窓を殴りつけてますんで、あわてて家へ電話すると、「こっちは降ってないよ、今からプールに行くから。」と、岩手は広いというけど・・極端なほど局地的な災害だったようです。

 これからはさらなる心の備え、心の警報機がいつでも作動するようにしておくことが大切なようですね、そんな現在に私たちが生きていることを自覚しましょうね。

         

        

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

8月の予定

8月9日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~   (3)12:30~  (4)13:45~ 予約済

(5)15:00~ 予約済  (6)16:15~ 予約済  

(7)17:30~ 予約済  (8)18:40~ 予約済

 8月23日(金) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~  (4)13:45~

(5)15:00~  (6)16:15~  (7)17:30~  (8)18:40~

整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

 8月10日(土)に ヒーリング”伝授”セミナー のお申し込みがありますので、他に若干名のお申し込み受付いたします。もしご興味のある方、自分の能力を開花させてみたい、何かに役立てたい、という方がいらっしゃればご連絡ください。再受講でもかまいません。

 ヒーリングの能力、治療のための能力というのは、霊的本性から生じてくる霊的な性質を持つものです。それは信仰心があついとか、特定のものを信じているとか、そういうものではありませんしそんな必要性もありません。霊性というものは自然的に発生する愛や善や寛容の表現であり、いかに日頃の生活を大切にしているか、ということだと思います。思いやりの気持、敬い畏れる気持、感謝の気持が大切なことだと思いますし、それを毎日の生活の中から学んでいくことが大切です。神様が与えてくれた最大の修行が日々の生活です。

| | コメント (0)

定霊会

 昨夜は月に一度の”定霊会”・・なんだけど先月夜の行事が多かったせいでやってない・・といういい訳も関係なくその分ハードな仕事となる。霊媒師さんには負担をかけてしまい申し訳ないです。月に一度ではだめだと、2度はやらなくちゃならないみたいだ。依頼されたことをこなし、ちょっと気になることなどを尋ねるといつもながら明らかな答えをいただきそして仕事をする。

 ”生死ならぬ死生の狭間で彷徨う御霊、生霊死霊へと響き、轟き賜うことを祈念する”

 それにしても、いつも定霊会の翌日は身体が冴え渡っている。エンジンフル回転したおかげで自分のエネルギーも入れ替わったみたい、あとはまた献血でもするかな。

| | コメント (0)

2013年8月 3日 (土)

健康維持、

 今朝は朝6時からの早朝稽古のため市内の中学校の道場へ出かけた。到着するとすでに大きな気合の入った声が外まで響き渡っている。先生がすでに素振りで汗を流しているので急いで身支度し素振りを始める。60過ぎの先生、まだまだ脂が乗り切っていてしかも全身から爽やかなエネルギーを感じます。そして側にいるだけで元気をいただけます。休憩無しで2時間の稽古、「まだやるの?じゃないよ~ まだまだ~!さぁ来い~!の気持ちで気合入れて行かなきゃだめだよ~!」と、笑顔で激を飛ばされる。夜の稽古とは違い、朝稽古をやっていると全身の細胞の一つ一つがびりびりと振動しエネルギーが満ちてくるような気がします。

 さて、朝っぱらからハードな運動してるのが本当に体にいいのかどうか?と言う人もいるかもしれませんが、もちろん前日に夜更かしも酒も飲んでないし基本的に日々規則正しい生活を送っている。それもこれも理由はいい仕事をするためです。そのためのその行いが正しいと信じているからこそです。自分自身が信じていることのすべてが自分の健康に強い影響力をもっているのだから、どうなろうとそれは自分の信じた結果ということですね。

 自分自身の心と身体に最終的に責任をもてるのはやはり自分自身です。健康を維持するためにはどうしたらいいのか? 今日は暑いし、今夜は美味しいビールでも飲みながら考えてみてはどう?

 

         

| | コメント (0)

2013年8月 2日 (金)

散歩にて、

 早朝、朝稽古に行く子供たちを送りながら愛犬牡丹と散歩、この季節道を歩いていると芳醇な香りがあちこちから漂ってきます。お日様もまともに出ない日が続いていたがそれでも満開の花を咲かせる山百合、漂う香りは深く深呼吸する自分の身体中に染み渡ってくるようです。

 私たちの意識を変容させる・・その過程で自然との関係はとても重要なものだと思います。もう少し自然の中で時間を過ごす・・そんな時間をつくってみてはどうでしょう?とくべつ山に登らなくてもいいです。ふらりと朝にまだ誰も歩いていないその辺の道を、田んぼのあぜ道を川辺を歩くだけ、そして大きく深呼吸をしてみる・・周りの自然環境に意識をちょっと向けてみる・・すると木々や花々はその意識を感知し自分たちの役割を遂行するため瞬間的にエネルギーを私たちに調和させるようです。そんなときに発せられる花々の香り、かたち、色、木々の緑の輝き、鳥の囀り、虫の音、様々な音、波動、それらは今自分が調和とバランスを保ち維持するためにもっとも適切なエネルギーなのだと思います。

 私たちが生きている限り絶えず外と内とのエネルギーの交換はされますよね、植物は酸素を出し私達は炭酸ガスを出す。そんな完璧な相互関係、”生きながらに与える”ということが日々行われているわけです。きっと、今自分にもっとも必要な”薬”はそんな身近な自然の中に在るような気がします。

 な~かなか起きられなくって~時間がなくて~ すぐ効果が?な~んて迷ってる暇があるならだまされたと思って歩いてみてね、ただし一年、四季を通すことね。

           

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »