« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

思い出

 ブログの内容はだいたいいつも朝の散歩のときに頭に浮かんでくることを書いています。今朝は久しぶりに数年前に他界した長野のヒーラー生島先生のことを思い出した。この先生の話は凄まじいものが多く、ほんとかよ?!と思うものがほとんど、インドで修行してたときの話などまるでSFとオカルトの混ざった話で、「うそでしょ?」とたずねるといつも「フッフッフ・・ほんとだよ~」と、しかしその不可思議なことをいとも簡単にやってしまったのを実際に見て信じざるおえなくなる。当時経験不足の僕には手に負えない依頼をお願いしわざわざ長野から出てきていただき駅で会うなり、「ほんとに周平君はいつも厄介な話ばっかり僕にくれるね~」と笑いながら言ったあの顔が今も鮮明に思い出されます。

 

 生島先生は末期のガンでした。たまに横浜から東京に呼び出され元気そうな顔で「病院行ったら末期のガンって言われてさ、まったくどこも痛くもなんとも無いんだけどね、」と、その日はインドから来たある聖者のダルシャンを受けに行こうと誘われ、なんだかわからず付いていった。たくさんの人で会場は埋め尽くされていたがそのインドの聖者さんの傍らに日本人らしき人が僧侶の様相で座っていて、その人は、私はこの方の側にいることで安らぎを得た・・心の自由を得た。なんとかかんとか・・と言っていて観客もさもうらやましそうな顔をしていたが僕にはいまひとつピンとこない節があった。

 

 帰りの電車の中で生島先生は、「あの側にいた男、自由を得たとか言ってるがおかしいよな。」と、そしてこんなことを、「山に入って滝に打たれて人と接することをこばんで自由や悟りを得たとか力を得たなんて言ってる人たちがいるが、そんなことでは何も得ることはできないよ、人は人としての義務を果たさなければならない、自由には様々なしがらみや義務や制限があるものだ。それを果たすためにはふだんの生活の中でしっかりとすべきことをしなければならない、それが人としての最良の修行なんだよ。」と・・・わりと晩年は普通のことをおっしゃいなさったな~家族を置いてインドにばっかり言ってたくせに、最後に話したのは僕が岩手に戻ってから、ある日電話がかかってきて「今、青森の恐山にいるよ。」と、いったい何をしてたんだか、不思議な人っているもんだわ。またいろいろ話を聞きたいなぁ・・・と思ったがそう言えば死んじまってこの世にいないんだった。

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

牡丹日記

 みなさんこんにちは、あたし牡丹です。なんとな~く過ごしやすい日が続くものの、もう目の前に訪れてる冬に戦々恐々としてるこの数日です。でもいちばん身構えて亀みたいになってるのはうちのママちゃんよ、横浜の人間だからね~岩手に住んで10年になろうとしてるけど未だ寒冷地仕様の身体にはならないみたいね、もっとも地元の人でもすんごく着こんでる人もいるけどね、あたしはご飯一杯食べて脂肪をたっぷり蓄え中よ。

 今朝は久しぶりにリードを外してもらって野山をかけまわったわ、ここはお日様がきもちよ~く燦燦と降り注いでるいい場所なのよ、ここで呼吸をするのがとっても気持ちいい。「命の呼吸」は、身体に命を与えてくれるのよ、それは生まれたときの最初の呼吸とともに身体の中に入り込み、生きてる限り身体がエネルギーを燃やすのを助けてくれる。その呼吸は目の光にあらわれてるのよね、内部から輝くように光ってる人は生命力旺盛だってことがわかるわよね。そして肉体をやしなう呼吸と共に「魂をやしなう呼吸」もあるのよ、身体を流れるエネルギーは宇宙に遍満するエネルギーの霊的な力の一部であるということ、私たちが呼吸するたびにその力は身体の中に入ってきてるのよね。

 なんとなくあたりまえのようにしている呼吸だけど、時にはその呼吸を意識して身体と魂を喜ばせてみてくださいね。でもあたしの身体と魂を喜ばせるものはやっぱりお肉よ!

 

 

 

           

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

商店街が・・

 おそらくどこの町でも直面してる問題が閑散とした商店街・・・人がいない・・誰も歩いていない・・・といったこと、もちろんうちの商店街もそうです。先月もひとつ老舗がシャッターを下ろしてしまいました。今お店を開いてる方々も高齢の奥様方です。そんな商店街で会報配りやら集金やら花壇の世話やら一人身のご婦人方の話し相手やらしてるのが日課のひとつ、要はこまめに歩ける年齢の方々がいないってことですが、先日も、「お客さんも来ないし、疲れたわ~いつ閉めようかしら・・」なんて話をされ、「バス停で寒そうに待ってる人がいるし、あったかいものがあるってことだけでもわかるようにすれば?」と娘に一筆書いてもらい店先に張ってみました。

 

 どこの町もどんどん変化していきます。でも変化していいもの、してはならないものがあると思う、していいものは数えたらきりが無いかも、逆にしてはならないものは唯一「心」かと思う、人の幸せを願うこと、共生共栄を願えば人の心は優しくなれるのでは?と思ったりします。商店街が笑店街になればいいですね。

 今朝、店のおばちゃんに、「あのポスター見ながらはいってきたお客さん甘酒飲んでいったのよ~そしたらほかのもの買ってくれて~」と、甘酒のお供にお菓子も売れるのだ、まさに一石二鳥、お礼にとおばちゃんにサツマイモをたくさんいただいた。子供の書く文字にはなんだか人を癒し心をあったかくし笑顔にさせるパワーがありますね。

 chet baker  ”as time goes by”   http://www.youtube.com/watch?v=AZj2ozo06oM

           

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

帰り道

 早朝稽古の帰り道、霧が北上川を覆い、その幻想的な風景にため息が出ました。

 今、目の当たりにする山や川、花や草は神仏の説かれた説法、言葉の顕れそのものだと言います。そのあるべき姿とは清らかなるものであり、究極の功徳が実現されている。自分が自分として、山や川や花と一体であり、自由な姿であることもその功徳のあらわれである。

 とな・・・・なんだかよくわからんが、美しいものを見て素直にそのまま美しいと感じるその心があれば健康なようだ。

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

美味いもの、

 先日いただいたfulalafuの珈琲と江刺の洋菓子屋さんのプリンアラモード、TOM WEITS を聴きながらの至福のひととき、MさんMさんいつもありがとうございます。

 それにしても、美味しい珈琲と甘いものは心を幸せにしてくれますね、糖分がどうとかカフェインがこうとか、アルコールやらニコチンやら、いろいろ身体に悪いとかなんとか言いますが、僕にとっては心にいいもの、心を養ってくれるものだと思って・・そんなことも考えず目の前にあるものはただただ美味しくいただいています。

 食事だってそう、どんなに栄養価があってバランスを考えて身体にいいもの・・であってもテレビを見ながら会話も無しに食べたらなんの栄養になるでしょうね、どんなに簡素であっても、一見偏ってそうでも、そのとき自分が欲しているものであり、また家族や仲間と会話しながら楽しくいただけるものであればそれは最良な栄養となると思います。毎日の朝食と子供とカミさんのお弁当、週に何度かは夕食も僕は作っていますが、なんとなく調子の良くないときはやはりそれなりのがっかりな味に逆にいい時は子供たちの食いつきもいいし笑顔もいい、「おいしい!」の一言が僕の栄養にもなる。どんな料理でも最後の一味は愛情・・・そしてどんな仕事であろうと、それがマニュアルに沿った仕事であろうと、最後のひとあじをその人の心を加えブレンドし、オリジナルな美味いものに仕上げるのだと思います。

  ”grapefluit moon” http://www.youtube.com/watch?v=LN0uBPt0UOA

                         

 

| | コメント (5)

2013年11月19日 (火)

11月後半の出張ヒーリング予定

 不調を抱えている方というのは、いろんな影響からほんとうの自分自身、本質につながれずにいます。ヒーリングを受けることによってその本質につながろうとする意思を助け、その人を”まるごと”の状態へと導いていくものと考えてください。

 ヒーリングによってかざし、触れる手が、その方の本質が肉体につながるのを助け、その結果ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れ出す・・多くのクライアントさんが共通しておっしゃるのが 「元気になれる」 「動きたくなる」 「あんなに毎日モヤモヤしてたのにスッキリとして視界が明るくなった」 などなど、人というのはただの肉の塊ではありません、肉体は従であり、魂、霊、その本質であるエネルギーこそが主です。

 ”エネルギーの自由な流れ”これは決定的に重要なものです。その流れを阻害するものを取り除き、さらに今その人が必要とするエネルギーを循環、供給する、それがヒーリングを通して私がする仕事です。

 

 お客様からいただいた感想です。http://www.isho-healing.com/05.html

11月28日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

 (1)10:00~ 予約済 (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 予約済 

 (4)13:45~(5)15:00~  (6)16:15~  

 (7)17:30~  (8)18:40~

整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

小春日和

 小春日和が続いて気持ちのいい朝、今朝も5キロほどの散歩を愛犬牡丹としてきました。散歩のコースはいくつかあるのだがほとんど同じコースを行きます。そのコースは亡くなった親父の実家の近辺です。

 

 歩いていると行きかう人たちと挨拶しながら「だんだん親父に似できたな~ 何年になる?死んで」などと立ち話をする。今朝は、父の幼馴染のおじさんに「ほれもって行げ」と畑から掘り起こした山芋をいただいた。時には袋一杯に野菜を詰め込んで持たせられることもある。こうしておみんなに世話になっていることも父のおかげさまとつくづく感じます。そして母のおかげさまは僕の仕事に今すごく活かされていることを実感します。父には丈夫な身体を養ってもらい、母には心を養ってもらっている、そんなふうに感じます。歩きながら、想うこと、気付くこと、日々いろんなことに気付かされますね。

 私たちの存在とは死んでも脈々と続くものですね、死んでしまった人でも心に思い、語りかければなぜか心に鮮やかに蘇ってきます。そして生きていたとき以上にその存在の大きさに気付かされてしまいます。

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

体験談いただきました。

 この仕事をしていていちばんの励みになることはクライアントさんからの「元気になりました!」と言う言葉ですね。一度いらしてから半年ぶり中には数年ぶりにいらした方でも「あの治療の後から調子が良くて・・」とお聞きするとほっとします。実際、治療後の効果を自分は知らされてないわけだから、「あの方どうしたかな~」と時々不安になることもある。ヒーリングの後すぐに効果の現れる人、数時間、数日たってじわりと効果が出る人、効果がわからないと言いながら痛みを忘れて普通に過ごしてる人、ほんとに効果の出ない人、いろいろいらっしゃいますが、できればまず2、3回の施術を受けていただければと思います。一度で効果の出る方でもその後のいい状態をキープするためにも受けていただいたほうが効果は間違いなくあります。と言ってもほぼクライアントさんの自主性に任せてます。

 最近では遠方からのお問い合わせも多くなり、なかなかこちらまではこれない距離の方からは遠隔ヒーリングの申し込みが増えています。中にはわざわざ岩手までいらっしゃりうちに滞在しながら治療、講習、を受ける方もいますが、遠隔を申し込まれる方は精神的にも肉体的にも不調が続きままならない状態ですので、じっくりと電話でお話をお聞きしながら4回の遠隔ヒーリングを行います。効果があるの?という疑問もあるかと思います。こればかりは本当にやってみなければわかりませんが、実際自分でもびっくりするような事案も過去にはたくさんあり、だからと言ってそれを自分で書き記すことはできませんのでクライアントさんから体験談を書いていただいたりしています。

  

今回も体験談いただきましたのでご紹介させていただきます。

 千葉県在住 40代女性 

 遠隔ヒーリングでお世話になって一ヶ月になります。
インターネットで、こちらを見つけて、お願いした時は、本当に辛くて辛くて…。
不眠で病院へ行ってから、ごっそり薬を飲むようになり、もう10年以上です。数年前から、ストレスなどで体力がなくなり、思うように外出することができなくなりました。
体の左右差がおかしく、外に出て歩くのがこわくなりました。 そして、薬の減薬症状で辛い時期でもありました。

電話では、優しく誠実な感じの先生で(お会いできないのが残念)、話を聞いてもらったり、体や心のアドバイスをしていただきました。
ヒーリングは、10分位でしたが、終わった後も何度も楽になる感じがありました。
徐々に楽になり、2週間過ぎたあたりから、外に買い物に出られるようになりました。
その後も体が楽になり、気軽に出られるようになり、気持ちも穏やかな感じが出てきました。家から出られるのは、本当に幸せなことです(^^)。

本当に不思議だなと思うのと、先生の考え方や人柄があって、この施術ができるのだと思います。
私も少しずつ、心と体をいい状態にできるよう、気をつけていきたいと思います。 もう少しお世話になります。先生、本当にありがとうございます(*^-^*)。

 

 ありがとうございます。ほんとうにありがたいです。これでもふだんは、”自分は本当にこの仕事やるべきなの?” ”なんか意味あるの?”なんて考えてることがいまだに多いので、体験談いただくと自信がつきますし、これからも頑張りますね!

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

レコードを聞く

 レコードの音は、その当時の空気感や匂いや息づかいや汗臭さみたいなものも感じ取れるので大好きです。目を閉じて聞いていれば若い頃に通っていたライブハウスにいる感覚になれるし、匂いまでよみがえってくるし、とにかく気持ちよくさせてくれる。70年代80年代の音楽に生で触れることができて本当に良かったとつくづく思う。

 レコード棚には気に入ってるレコードジャケットを飾ってますが、無意識に VELVET UNDERGROUND のアルバム飾ってたところ、数日前 LOU REED の訃報を聞いた・・。まただ・・以前にも無性に聞きたくなったアルバム聞いてたらその後に訃報・・・なんだかわからんがそんなことがよくある。

 今日は予約はなさそうだし、外はいい天気だし、レコードの虫干し・・いろいろ引っ張り出して聞いていろんなところにトリップしてみようと思う。

 VELVET UNDERGROUND ”sunday morning” http://www.youtube.com/watch?v=3qK82JvRY5s

 

 

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

翡翠 かわせみと読む、

 今朝も愛犬牡丹と散歩、川原を歩いていると、「チッ、チッ、チッ、」という声と共に翡翠色の鳥が猛スピードで目の前を飛んでいった。翡翠(かわせみ)だ、久しぶりに会ったその姿はほんとうに美しい、曇っていたからあの眩いきらめきは見れなかったが、早朝の朝日に照らされた時のあの輝いた姿はしびれるほど美しいです。意外と近所の方でも家のすぐ裏手の川にこの鳥が住み着いてることは知られていないし、見たこと無いと言っている。やはり散歩することは得だと思う。そして今日一日なにかいいことありそうな・・・・などと勝手に想像してしまう。

 もう間もなく雪も降りそうな雰囲気、冬が始まる。芽が出て、花が咲き、葉が落ちる・・・これを繰り返すことが自然の法則、私たちは日々いろんな計らいごとを考えながら四苦八苦しながら生きていますね、でもどんなに計らい、自然に逆らおうとしても逆に押し流され素の流れに戻されてしまうもののような気がします。自分の心も身体もまかせきる・・・その行いが連なり継続されていくこと、そんな表れができたならいいんでしょうね・・・。

 さて、今日も一日身のまわりでどんなことが起きるのか、身のまわりで起きることがすべて必然であるならば、今日出会う人との自然な会話がとても楽しみになってきます。あっ・・今夜は定霊会・・どんな話がされるやらちょっと怖いが楽しみだ。

 

 

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

朝稽古から、

 週末の早朝稽古、5時過ぎに出かけて6時から2時間ほどの稽古に参加してますが、様々な中学校から自主的に稽古しに来る子達がいる。ほんとうなら休みくらいゆっくり寝ていたいだろうが、強くなりたい、上手になりたい、いろんな思いで参加している。僕もやっぱり上手になりたいしそして学びたい、そのためには日々稽古の積み重ねです。そして先生方や子供たちと言葉は少ないが剣を交えて感じることが常にたくさんあります。

 

 子供たちはまだ種であり芽で、そして道場は田畑かな、先生方はたくさんの栄養と水を与えてくれるし、そしていつも静かに見守るご父兄は太陽の光、そのなかでみんなは芽を出し葉を開きいつしか花を咲かせるのだと思います。ただなんとなく花は咲くのではない、そこまでには夏の暑さもあるし台風も来る、真冬の寒さだって乗り越えなくてはならない、我慢に我慢を重ねやっと春が来てそして花は咲きます。

 どんなことにたとえてもそうじゃないかな、私たちは常に学ぶことが大切、学ぼうとする気持ち、思う気持を忘れてはいけないと思います。

 

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

11月の予定です。

 はやくも11月、今朝はいちだんと寒い朝を迎えました。あと少しもすれば雪が舞ってくるようになるでしょうね。

 ”風邪をひかない健康なからだ” とはいうものの人ごみに入ったり、ちょっとした体調の変化で風邪をひいてしまいます。風邪もひけないようなくらい身体も心も鈍ってる方もなかにはいらっしゃいます。風邪は万病の元とも言いますが、風邪をひくことで身体を浄化することができます。ちょっとした風邪症状が出るたび薬を服用し、結局何度も何度もぶり返す人もいるし、大切なのは風邪をひいてもすぐに治癒能力を発揮でき元に戻せる身体を常日頃からつくっておくことが大切です。そのためには、運動して、よく食べて、しっかり睡眠をとり、しっかり楽しんで遊ぶ、ですね、身体には栄養が必要、そして心にも栄養が必要です。

11月14日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

(1)10:00~  (2)11:15~  (3)12:30~ 予約済  (4)13:45~

(5)15:00~  (6)16:15~  (7)17:30~ 予約済  (8)18:40~ 予約済

11月28日(木) 盛岡 盛久ギャラリー

 (1)10:00~ 予約済 (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 予約済 

 (4)13:45~(5)15:00~  (6)16:15~  

 (7)17:30~  (8)18:40~

整体ヒーリング 施術料 7000円

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。

 心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。

 手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »