« 帰り道 | トップページ | 牡丹日記 »

2013年11月25日 (月)

商店街が・・

 おそらくどこの町でも直面してる問題が閑散とした商店街・・・人がいない・・誰も歩いていない・・・といったこと、もちろんうちの商店街もそうです。先月もひとつ老舗がシャッターを下ろしてしまいました。今お店を開いてる方々も高齢の奥様方です。そんな商店街で会報配りやら集金やら花壇の世話やら一人身のご婦人方の話し相手やらしてるのが日課のひとつ、要はこまめに歩ける年齢の方々がいないってことですが、先日も、「お客さんも来ないし、疲れたわ~いつ閉めようかしら・・」なんて話をされ、「バス停で寒そうに待ってる人がいるし、あったかいものがあるってことだけでもわかるようにすれば?」と娘に一筆書いてもらい店先に張ってみました。

 

 どこの町もどんどん変化していきます。でも変化していいもの、してはならないものがあると思う、していいものは数えたらきりが無いかも、逆にしてはならないものは唯一「心」かと思う、人の幸せを願うこと、共生共栄を願えば人の心は優しくなれるのでは?と思ったりします。商店街が笑店街になればいいですね。

 今朝、店のおばちゃんに、「あのポスター見ながらはいってきたお客さん甘酒飲んでいったのよ~そしたらほかのもの買ってくれて~」と、甘酒のお供にお菓子も売れるのだ、まさに一石二鳥、お礼にとおばちゃんにサツマイモをたくさんいただいた。子供の書く文字にはなんだか人を癒し心をあったかくし笑顔にさせるパワーがありますね。

 chet baker  ”as time goes by”   http://www.youtube.com/watch?v=AZj2ozo06oM

           

|

« 帰り道 | トップページ | 牡丹日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰り道 | トップページ | 牡丹日記 »