« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月27日 (月)

癒しの技

 寒いし、雪があるし、だいたいこの時期は遠方からのクライアントさんは来ませんね、僕がクライアントだとしても行かないと思います。なので遠隔ヒーリングの依頼が多くあったりします。全国津々浦々・・・そこまで多くはないが岩手まで来れない方からの依頼、全身全霊こめて仕事にあたります。

 

 おもしろいのは受けた方からのお話、様々な、時には不思議な話が聞けます。共通しているのは、始まるとじわじわとエネルギーがやってきて気づくと1時間ほど経過していた・・など時間の感覚がなくなってしまうこと、実際僕がやるのは10分弱、会ったことのない相手のことを考えただその方向に祈る・・・あとはエネルギーがじっくりとことを成してくれるようです。

 直接であろうと遠隔であろうと、大切なのは 「特定の方向にエネルギーを注ぐ」 ということです。その道に熟せば熟すほどこの方法に長けてくるような気がします。こればかりは厳しい修行やらによって得られるのではなく、ただその能力を持ち合わせているかどうかです。あとはそのエネルギーを受け取った方が深い全身的リラクゼーション反応を誘導させ、そして痛みや不快な症状その他もろもろの緩和に効果を示すこと、ヒーラーからのエネルギーの移送はほとんどの場合クライアントさん自身の回復システム、治癒システムがその責任を引き継ぐまでのつなぎ増幅器のようなもので、それが治癒のプロセスを加速させているのだと思います。なんにしても”癒しの技”とは身体が持つ秘密の知恵のようですね。

| | コメント (0)

2014年1月25日 (土)

Feel the fire

2014年まだ一月も経ってませんが、世界中あちこちのニュースで聞く言葉が”非常事態宣”という言葉ですね、反政府デモで非常事態宣言、鳥インフルエンザで非常事態宣言、猛寒波で非常事態宣言、熱波でも、象が観光客を踏みつぶし自然界でも非常事態宣言、こりゃ~いったいどうしたことでしょ、わが国でもあちこちで感染症が蔓延してる模様、非常事態宣・・・などと言われなければいいですが、「災害は忘れなくともやってくる」その言葉を肝に銘じて過ごしましょう。

 

 どんな些細なことでも何かルール・・みたいなものが存在する。僕の仕事にしても力で人を治療しようとすれば必ず相手から力の反発が起こる。力に頼れば力の反発や抵抗が起こるのがルールだと知るべきです。「私が何かをする」のではなくそれが「自然に起こる」のだと認識すること・・そうすると結構うまくいくものです。

 

 人の心も身体も「非常事態宣言」起こす前にいちど見直すことが大切ですね、外で起きていることは自分自身にも起きうること、そして自分自身に責任を持つのは自分でしかありませんからね。

Stephanie Mills with Teddy Pendergrass  http://www.youtube.com/watch?v=R4KiZK-6-e8

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

シクラメン


 厳美のシクラメン・ダンディーからいただいたカサブランカ、昨年もこの状態のまま5月まで咲き誇っていました。みなさん口々に「ありえない・・」と、でもありえてましたね、丹精こめて魂こめてつくったものはこたえてくれます。なんて、特別なことはしてないんだけど、わりとうちの居心地がよかっただけですね、きっと。今年のシクラメンはいつまで咲き続けるでしょう。

 

 その生みの親シクラメ・・いや、佐藤さんとヒーリング後蕎麦屋へ行きました。かも南蛮食べながらくだらない話で盛り上がる、そんなむだな時間、くだらない時間ってとても心地よいですね。「必要なのはさ、くだらない時間とむだな時間をすごせる喫茶店だよね。」と、ここにはないんだよね~喫茶店、昔は旦那衆が集ってたところってあったのにね。

 なんでも合理的、むだをそぎとったような世の中、遊びとむだはあっていいものだな・・と思う、身体にも遊びの部分があるからこそ様々な外部からの衝撃のクッションとなるし、心のゆとりも遊び心も必要です。まぁ、ちょっとむだなお肉は・・個人的にはたまらなく大好きです(女性のね)。

| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

根を張る、

 まだもう少し春は先ですが、太陽に照らされている木々の枝が芽吹き始めてるようです。冬を越したくさんの花と実をつけるために植物はしっかりと根を地深く張っていきます。花を長く咲かせるために、おいしい果実をつけるためにも、地中深くからたくさんの養分を吸い上げなければなりませんし、枝を張り葉を大きく広げ太陽からのエネルギーもたくさん受けなければいけません。

 

 ”じゅうぶんな太陽と水があれば花は咲く” 人も同じかもしれませんね、長く花を咲かせ続けるためにはしっかりと根を張ることが大切です。

 

 日々なかなか思い通りにならないことがほとんどですが、それでも自分で決めたこと、信念を持って続けていけばきっと花は咲くのでは・・・・と、今はまだまだ根っこを深く張り巡らせたいと思います。

 

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

大寒


 パソコンの調子が悪くなり、友人のところに数日入院、バージョンアップして戻ってきました。これでまたいつも通りブログが書けます・・・いえ、ちゃんと書きましょう。

 

 今日は大寒、今朝はまるで羽毛のような雪が舞っていてその中を歩く、一点を見つめ歩いてるととても幻想的なのだが、さすがのワン公牡丹さんも寒いらしく眉間にしわを寄せこっちを見つめているので早めに散歩を切り上げ帰ってきました。

 冬もまだ半分を過ぎたくらいだろうか、暖かいストーブの前で本を読んでいればいつしか居眠りしてしまいなかなかページがすすまない、内容さえも忘れてしまう・・・毎日あたたかい珈琲を淹れてレコードを聴きながら冬が通り過ぎていくのを待つしかない毎日です。

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

遠隔ヒーリング体験談

 寒波が来てる・・がここは意外と穏やかな午後、昨日からカミさんと子供たちは花巻温泉に泊まりながらの剣道錬成会と試合です・・・「いしょさんちまたかよ!」と思うかもしれませんが毎年この時期はこれが続きます。ちなみに来週土日も・・中学の引率で泊まりです。で、土曜日は休みます・・すみませ~ん。でも子供たちに関わってるときがいちばん楽しいんですよねきっと。

 遠隔ヒーリングの依頼が続いており、そのなかで熊本の男性から体験談をいただきましたのでご紹介させていただきます。ワン公と散歩してたり、遊んでるんだか、部活してるんだか、僕がどんなことしてんだかわからない・・という疑問をお持ちの方にとってこの体験談だけが唯一うちの宣伝になります。ありがたいですね、ほんとに。

 施術例  熊本市 男性

 潰瘍性大腸炎をわずらって15年あまり、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら今回は一ヶ月以上も調子が悪く、風邪までひいてしまい体調は最低最悪な状態に陥っていました。
 そんな時にインターネットで伊庄先生を見つけさせていただき、藁にもすがる思いで遠隔ヒーリングをお願いしました。電話で話した先生の口調はとても優しく、安心してお任せしてみようという気持ちになったものの、初めての遠隔ヒーリング、いったいどんなものなんだろう・・と少し緊張もしていました。時間になり横になってぼーっとしていると、不思議な感覚に包まれ、今、エネルギーがやってきてるんだ!とはっきり分かるくらいの感覚で全身が気持ちよく包まれ、気付いたらそのまま眠っていました。1回目、2回目と受けていくうちに(遠隔ヒーリングは全4回)、徐々に身体の調子も良くなっていき、4回目を受けた後には食欲も出てきて、ご飯も美味しく食べられるようになりました。たった2週間でここまで回復することが出来て受けてみて本当によかったと思いました。本当にありがとうございました。またぜひお願いしたいと思っています。
 

 このクライアント様から、「自分で自分にはできないのですか?本当に気持ちいいですからぜひ先生にも受けてほしいです!」と、う~ん受けてみたいものだ・・・でもこうして感謝のお言葉を遠方の方からいただけるのが僕にとってのほんとう遠隔ヒーリングですね。

 

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

 夕べ、剣道の稽古の後、帰宅して息子をこっぴどく叱った。休み明けあまりに気合の無い稽古をしたからだ。技術がへたくそでもいいが ”心 技 体” こそ大切なのに冬休みで鈍った体に気合の無い稽古それに腹が立った。

 

 そんなことがあったからだろうか、昨夜の夢の中に久しぶりに親父が出てきた。しかも若かりし頃の体育会系のかっこよい親父だった。今までもことあるごとに出てきてはいたが病み老いてる親父だったので痛々しかったが、昨夜のはどうしたことだろう、僕はずっとその側にいることが懐かしく・・頼もしく・・心地よく感じたのを、そのにおいまでも今憶えている。母は出てこない、亡くなってしばらくして一度若い母が微笑みながら出てきたのを最後にみていない、でも親父はけっこう頻繁に出てくる。なんでだろう・・・でもなんとなくわかる。

 親父は息子にとって死ぬまで壁であり続けるべきだ。厳しさの中それを乗り越えていく様を見ることが親にとっては最高の至福かもしれない。スポーツがなんだ、部活がなんだ、剣道がなんだ、という人もいるだろうが、その厳しさを乗り越えた人しか見えない風景があるはずだし勝利を手にした人しか見えない風景もある。どうせなら見てほしいと思うし、やっぱり今親の楽しみは勝っても負けても一生懸命打ち込む子供たちの姿です。だから僕も負けずに自分なりの鍛錬を積んですすんで壁になろうと思います。

 どんなに泣いてもその後いろんな話をしながらいっしょにお風呂にはいる。それも至福のひとときです。今朝は息子の蓮ちゃん目がカエルのように腫れています。

| | コメント (2)

2014年1月 7日 (火)

COMPANY

 三日間ほど青森県の弘前にいましたが思ったほど雪も無く、聞けば数日前までは雪はさほど無かったようです。それでも夜な夜な繁華街に繰り出すと、舞い落ちる雪その空気は北国・・って感じで楽しめました。けっして遊びに行ってたわけでなく・・娘のため、一緒に朝稽古をしている他校の親御さん先生からお誘いを受けいつもは対戦してる子達と即席チームをつくり全国レベルに触れに行こう・・いや闘いを挑みに行ったわけです。結果は負けはしたもののいままでやってきたこと確信しました。まぁとにかくみんなで寝食を共にする同じ釜の飯を食うということは子供たちにとってはもちろん僕たち親もじゅうにぶんに楽しむことができ意義深いものと心から感じた三日間でした。朝稽古のご父兄のみなさまほんとうにありがとうございました。機会があればまた飲み会・・合宿しましょうね。

 さて、新年明けてから仕事の依頼が遠方の方からのお問い合わせと申し込みが多いようです。もちろんすぐに行ける地域ではなく、できることならお会いして直接ヒーリングしたいのですが、遠隔ヒーリングで対応することになります。そんな場合でもただ一方的にこちらからやるのではなくお話を伺いながら進めていきます。クライアント様の声を聴き話を伺うことで近くにはいませんがそこに親和力・・想念の媒介が生じる・・そんな感じです。

 なぜよくなるのか、効果があらわれるのか、実際自分でも驚くようなことが多々ありますがよくわかりません・・正直。ただ感じるのは、治療者とクライアントさんとの間の調和と一体化が何より大事なんだということ、目には見えない部分”霊我”での親和力が得られれば、そこから相互理解と信頼と共感へと進みその結果としての治癒が得られるのかもしれませんね。

 

 rickie lee jones ”company” http://www.youtube.com/watch?v=nG0zxxzvyYE

 

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

新年!

 新年みなさまいかがお過ごしでしょうか、さて今年どんな一年になることやら気になりますがきっと最善で最良な一年となること大いに期待して過ごしてまいりたいと思います。

 今年の仕事始めは昨日2日から始まりました。年末に遠方から遠隔ヒーリングの依頼を頂きさっそく仕事モードに!が、明日から中学生の娘の剣道の試合と合宿のため2泊3日で弘前に行きます。運転手です・・・。ですので治療院でのお仕事は7日からとなります。しかしこうして体調の優れない方にとって盆も正月もありません、そして”もしかしたら・・”という希望を持ちご依頼をいただけるのなんてありがたい話です。今年一年さらに全身全霊でお仕事させていただきたいと思います。

 さて、年末にかなり悲しいニュースが、崇拝する大瀧詠一氏がお亡くなりになった。中学のとき買ったアルバム A LONG VACATION  どれだけ聴きこんだだろう、いまでも車の中では必需品のBGM、雨の水曜日になるとかならず聴きたくなりレコードに針を落としているアルバム、洋楽一辺倒だった中高時代に唯一聞き込んだ洋楽のような邦楽で、もちろん今でも色あせることの無い素晴らしいポップスの金字塔です。岩手の生んだ宝であり音楽好きにとっては岩手の誇りでした。寂しいですがレコードをこれからもまた聴き込みます。 

 

 聴くたびにあの頃にもどしてくれますね~ほんとにいろいろお世話になった音楽だ・・・ありがとう。

 大瀧詠一 ”a long vacation” http://www.youtube.com/watch?v=n5LiNe1cpC8&list=PLP1D6Is6KLGNpYeGokvHJ9buYXl_BwkBa

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »