« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

老人ホームにて、

 今日も朝から超熟女の待つホームへ、部屋をのぞくと満面の笑みで迎えてくれます。ヒーリングを加えたマッサージしながら世間話をしばしする。忙しすぎるヘルパーさんたちとは会話もあまりできないらしく、こうして触れながらの会話はゆっくりと世間話から昔話へと、辛かったこと、楽しかったこと、嫁の愚痴・・まぁそれなりにいろいろあるわね。

 5年も続けてると、老いのかたち・・とでも言うのだろうか、勉強させられてます。老いて、病んで、死んでいく姿も見せてもらった。もちろんうちの両親も見せてくれた。辛いことだがこれも生の姿、生きとし生けるものの正常な姿だと思う。願わくば順序良く・・がいいですね。

 生まれて、存在して、死んでいく、その目的とは何か、何かなんてわからないけどはっきりと今それを自覚することは必要かと思う。

| | コメント (0)

2014年2月26日 (水)

春の足音

            

 こんにちは~お久しぶりです。あたし柴犬の牡丹です。今朝は寒さも緩んでいい天気、なんだかちょっとだけ心も身体も開放されたような気がしたわね、散歩の足取りも軽くてよかったわよ、長い長い冬を乗り切ればかならず春を迎えられるのよね。

 田んぼのあぜ道にはいろんな動物たちの足あと、そして風も空気も空の色も鳥のさえずりからも春の足音が聞こえてきそうだわね。

           

 私たちは今どんな世界に住んでいるのか・・世の中いろんなことが起きてるけどでも何がそれを起こしてるのかしらね?私たちは想念の世界に住んでるんだと思うわ、一人ひとりの想念がこの世の中を創造してるんじゃないかしらね、私たちのいい思いもそうでない思いもより現実になり得る、なり得やすい時代のような気がするわね、だったら一人ひとりの思いを精神から心、魂に移すべきだと思うわ、ほんとうの心から魂からの思いは身体の表現として現れるのよ、魂の表現とは、”喜び” そして ”愛” よね。

 で、タコ坊主さん、あたしの魂の思いは、喜びは・・わかるわよね、そう・・お肉よ。

 

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

真の師匠は、

 土曜日は盛岡での今年最初の仕事でした。いつもご予約をいただき、ヒーリングを受けることを楽しみにしてくださる皆様、ほんとうにありがとうございます。盛久さんでお一人様にとれる時間は1時間ほど、40分の整体ヒーリングとそのあとの時間は色んなことおしゃべりします。千厩であればお茶を飲み音楽を聴きながらの時間もありますが、盛久さんではご予約がつまっているとなかなかそうもいかずお話が途中になることもあり申し訳なく思います。もしよろしければ春にぜひ千厩まで来て整体ヒーリング受けてみてくださいね。また違った感覚を覚えると思います。

 「ヒーリングを受けてから、気持ちや考え方が変化してきました。この間までの自分はなんだったんだろう・・って、今は心の不調も身体の不調もとっても良くなってきましたよ。ほんとうに自分自身の思いからなんですね。」と、その日クライアント様に言われました。”良くなった 変わった”と喜ばれることは僕にとってはとてもうれしいものです。が、さて、自分はいったい何をしたんだっけ?としばしば思います。とくにこれといったことはしていない、踏ん張って力を入れクライアントさんの身体に負荷をかけることはないし、全身からパワーを注入するわけでもないし、ただ話を伺い、からだに手を当てるだけです。ただ「こんな風に流れてるんだな・・」と感じるくらい、ある瞬間に「おっ!?いいね~」という気持ちの良い瞬間があります。いろいろと試行錯誤してきたときもあったが、今は「回復には必要最低限のことしかしない 後はその人に任せる」というアプローチがいいんだな・・と感じてます。

 

 たくさんのクライアント様方との一期一会の出会いの中で色んなことを学ばさせていただき、その経験と体験から得たものがまた次のヒーリングで生かされてくる。壁に当たりそれをクリアーするとひとつステップアップしまた次の壁が現れる。その繰り返しが今の自分を作り上げています。クライアントさんが最大のお師匠さんだということ、実感しています。

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

明日は我が身

 

 オリンピックに一喜一憂してるあいだにも世界中で大雪、大寒波、干ばつ、暴風雨に洪水と様々なニュースが入ってきます。今現在でも日本の各地では陸の孤島と化しているところが多数あること経験したことのない方にとっては想像もできないでしょうね。3年前の災害のときもこちらではライフラインは10日間も寸断され、寒い中車は列をなし、ガソリン、灯油、食料を求めていました。先ほど山梨に住む友人と電話で話したところ、「状況はひどいよ~こんなの経験したことないよ~ ほぼ一日で1メートル30も積もったんだよ~ カーポートなんかどこも雪の重みでぶっつぶれてるよ~!」と言っていました。

 

 また、先日テレビでの米国の国務長官の発言、「世界の気候変動がもたらす地球への脅威は、デモや伝染病、貧困や大量破壊兵器の拡散より大きい」と、なんとも不気味なことを言っていましたが、それは今起こっていることがたまたま起きているのではなく予想されていることが現実となっていることを示唆し、さらにこれからも続くことを言っているようでしたね。

 

 明日は我が身と思って日々生きなければいけませんね、「まさか、ここは大丈夫」なんて通用しないかもしれません、でも、「自分は大丈夫だ」という常に備える気持ちは必要です。何かが起きたときこそその気持ちが活きて人の役にたつことにもつながると思います。どんなことでも身の回りで今起きていることはこれからの警告であり、今後も何かが起きるということも視野に入れ、最低限備え、心も身体も元気に暮らしましょう、「災害は忘れなくともやってくる」こりゃ間違いないですね、この流動的で何が起きるかわからない毎日、ここにこそ人間が人間としての生きる道とほんとうの目的を見出せるのかもしれません。

| | コメント (0)

2014年2月18日 (火)

2月盛岡での整体ヒーリングの予定です。

 2月22日(土) 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~  (4)13:45~

(5)15:00~  (6)16:15~ 予約済  (7)17:30~ 予約済  (8)18:40~

 

 2月28日(金) 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 予約済 

 (4)13:45~  (5)15:00~ 予約済  (6)16:15~ 

 (7)17:30~  (8)18:40~

 施術料 7000円

 

 

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 

 ”治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。”

 

 ”心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。”

| | コメント (0)

手技とは、

 

 昨日いらしてくださったクライアントさんは数ヶ月前に仕事の都合で東京から越してきた方でした。もともと腰痛もちでこのところの疲れがたまりなんとかしなきゃと思っていたそうで、ネットでうちを検索しいらしてくださいました。

 「オステオパシーやヒーリングでの治療はこっちにはないものと思ってました。」と、以前はカイロやマッサージ、整体にも通っていたそうだが部分的な治療ばかりで効果が出ず、オステオパシーでの治療を試したところ身体全体が楽になったのだそうだ。最初は「これだけでよくなるの?」と思っていたそうだがみるみるうちに改善され良さを実感したそうです。

 どんな治療でも言えることですが、その”部分のみ”を診る治療では良くはなりません、全体を診ることでその部分がはじめて見えてきます。腰が痛いから、首が痛いから、指先がしびれるから、おなかの調子が、めまいが・・・気持ちがスッキリしない・・・など、どんな原因がそこに潜んでいるのか、それはやはり全体を知ることで痛みや苦しみの”もと”がわかりそこから治癒へと導いていきます。

 

 手技による”癒しの技”は患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「まるごと」の状態にもっていきます

 。ヒーラーがかざし、触れる手は患者さんの本質がその人の身体とつながるのを助け、その結果、再び生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになる。

 そこで手を使って患者さんの身体のなかのエネルギーを整え、バランスを回復させる。

 

 ヒーラーは意志を通じて患者さんに愛を送る。すると、頼れるヒーラーに見守られてリラックスした患者さんは、その愛を受け取る。

 癒しもまた あたえ また あたえるものなのだ。

 愛読書である ロバート・C・フルフォード博士の ”いのちの輝き” の一節をもう一度読み返し、ヒーラーとしてすべきことをあらためて確認しました。

 そして治療士、ヒーラーにとって最大の指導者とは患者さんであること、もう一度肝に銘じます。

 

| | コメント (0)

2014年2月17日 (月)

心と身体の姿勢

 

 連日の冬季オリンピックに熱狂中、メダルを取った逃したというよりアスリートの方々の真摯な姿勢がとてもいいですよね~ 心技体が備わり、過剰でないが揺るがない強さと芯からにじみでる美しさ、「思い」「心」 がひしひしと伝わってきて連日感動させらて寝不足です。

 あらためて肉体の姿勢、心の姿勢というものの大切さを感じます。心のあり方はそのまま肉体のあり方に通じます。相手に勝つ負けるではなく、自分自身に、昨日の自分に今日は勝っているのか、何のために誰のために頑張れるのか、日々自分自身と向き合えば日頃の所作も整い心も綺麗に、立ち居振る舞いも綺麗になる・・美しい身のこなしはそのまま強さになります。

 特別なアスリートや特殊なことやってる方だけでなく、誰でもそんな気持ちを持って仕事や趣味や習い事に取り組んでみていいと思います。長く打ち込み続けていればそのうち味がにじみでるんだと思いますよ。ちなみに僕がやってる剣道、武道を見ても所作の美しさや技の美しさはそのまま強さに通じます。でも・・・私生活は、なんじゃこりゃ~心技体は?という人が多いですけどね・・ほんとに、でもそれが酔狂ないいお味のようです。

 

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

雪の日もよし・・


 ま~たまた降ったもんだな~ 横浜の友人からも連絡があり都会の雪に対する脆弱さを嘆いてました。そういえば日本ならず海外も大変だよな・・と昨日NYに住むクライアントさんに連絡してみると、毎日氷点下とのこと、唯一ライフラインが大丈夫だから助かってます・・とのことで、まぁうちの地域のこの程度の雪はたいしたことない、問題は周りが高齢者と独居老人だけなので雪かきをするにも広範囲にわたってしなければいけない、でも朝稽古に行けなかったぶんのトレーニングと思えばそれほどでもないし何せ雪かきの後は身体が暖まる。しかもまだまだ北国に比べればここはいいほうです。

 身体を動かすことはストレスを開放することにも役立ちますね、無我夢中でやったり、指導を集中して受けてるときは今日一日何があったかなんてこと一切頭の中に出てきません。生きていくことも仕事をすることもストレスとの調和をはかる努力の連続と言えます。そしてトレスそのものが悪の権化と決め付けるわけにはいきません、「ストレスは人生のスパイス」とも言われるように自分自身を鼓舞し心にハリを持たせ行動力を引き出すのもストレスをかけてのことです。要はなんでもプラスの面とマイナスの面があるということですね、溜め込みすぎはなんでも良くないからほどほどに自分にあった方法で心を放念してみてはどうでしょうね。

 

 うちの子供たちは明日まで剣道の合宿に出かけました。今日はカミさんとふたりだけなので、日頃の疲れとストレスを取るためにゆっくりとヒーリングしてあげたいと思います。

  Bill Evans ”You must believe in Soring” http://www.youtube.com/watch?v=FTlKzkdtW9I

| | コメント (0)

2014年2月14日 (金)

瞑眩

 朝の寒さは厳しいですね~でもちょっと外に出れば陽射しの暖かさに「あともう少し・・しんぼうすれば春が来る」という気持ちになれる前向きな寒さに感じられますね。一度暖かくなりもう少しで・・というところで寒さがいちだんと厳しくなる。その繰り返しが春を一歩また一歩と呼び込みます。

 人の痛みや辛さ苦しみから抜け出すときも同じようなことが起こります。病が快方に向かうとき、最後にもう一度悪化したかに見える症状です。それを ”瞑眩”(めんけん)と呼びます。治療を終えたときはさほどその効果は感じられないが、その晩、翌日など痛みがぶり返すようなことがあり、好転反応と言いますね、自分でも重度の椎間板ヘルニア(医者には手術しなければ治らないと太鼓判を押されていました)をヒーリングで治療をしてもらったときに経験がありますが、その痛みのぶり返しはかなりすごい、でもそれが不快に感じない・・むしろ熱を持ち心地よい痛みに感じていました。翌日それが抜けたあとの気持ちよさ・・爽快感・・そしてそれまでの痛みはありませんでした。同じように僕が様々な症状の方をヒーリング治療したときクライアントさんが好転反応、瞑眩を示された方はたくさんいらっしゃいます。すべてとは言いませんが、前向きに自分自身をなんとかしたいと考えていらっしゃる方はその”瞑眩”が自然に早く現れてくるような気がします。

 

 外的、内的、様々な事柄が原因で人の身体、心、精神は不調をきたします。でもかならずそれは克服できるはずです。人に生まれつき備わっているその力を最大限発揮できる環境づくりは個々において大切です。それが適わぬとき、ヒーリング、癒しの技はその自然に備わった力を引き出すにもっとも相応しい技であり、癒しの技とは身体が持つ秘密の智慧です。そしてヒーラーとはそれがうまく行われるように手助けする以外の何ものでもないと感じます。

 

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

Take me There

 少し前から息子と二人ではまってる番組がある。それは”吉田類の酒場放浪記”BS-TBSの番組で、酒場詩人吉田類が首都圏の一杯飲み屋を訪れその店の酒、料理を紹介し常連さんと飲み交わすと言う番組、小6の息子は食べることが大好き、僕が台所に立ったり庭でバーベキューをするときなどはかならず横に立ちアシスタントをして味見のチェックを入れる。外食しても、「これはパパのほうが美味いよ」などと言ってくれる。

 

 横浜に住んでいたとき、僕は飲食店を経営してたこともあり横浜での”おもての店、うらの店・・”と毎晩のように放浪していた20代30代の頃、この番組を見ながらなんとなくあの頃の空気感みたいなものを懐かしんでいる。息子が興味をもちだしたというのもうれしい・・・いろ~んなこと教えてやりたいもんだがやはり経験してもらうに限るかな。「う~んこの店行ってみたいな・・」と息子が言うときは、どうも料理がどうというよりも、その店が持つ空気みたいなもので判断しているのもおもしろい、ほんとうにそのとおりで、どんなに料理が美味くても店主の持つ雰囲気みたいなもので店は決まる。そしてカウンターに座る常連の客、これは店の最大のインテリア、これも店主の醸し出す味に集ってくる。で、僕がやってた店は・・いい歳して独身だらけ、酒にいつも飲まれ、男も女も恋愛ごと色事が大好き、何より音楽が大好き、うちの治療院に来てる方ならわかるがレコード棚、あの2倍のレコードが並び、いつも僕が一曲ずつ選曲するアナログレコードの音に酔いしれてくれていた。10年たったが・・こまったものでいまだみんな独身である。

 

 もう少ししたら、息子を連れて横浜の酒場めぐりをしてみたいなと思う、思ってる間にあっというまにその時期がくるような気がする。なによりそのときの友人たちが当分健康で元気でいることを祈ってる今日この頃です。

Grover Wasington Jr  ”Take me There” http://www.youtube.com/watch?v=kO0so5EFRqI

| | コメント (0)

2014年2月12日 (水)

空と海に、

 久しぶりに陸前高田に住むおばの家に行った。高台の家から一望できる海と山と空、眺めているとまるで時間が止まっているかのようだ。そんな景色を眺めお茶を飲みながらあのときのこと、今おきていること、昔話などして半日を過ごした。

 久しぶりに見る街は今これから何が起きるのか?海岸沿いはまるで工業地帯、大きなベルトコンベアーが建設され、工事用車両は休日であるのにすごい数が往来している。これから数年どうなっていくのか・・まるで想像はつかないが、穏やかな海と青く澄み渡った空の下、夏にはたくさんの人で賑わったあの海を思い出します。

 

 すべては移りゆくということを常に心にとめていきたい、世の中のことも、人の命も、明日にはどうなるのか、わかる人などいない、だから日々一瞬を精一杯生き抜く・・・そんなつもりではいるものの一日を終えてみれば後悔と反省しかない毎日ですが、空には空の海には海の木には木の花には花の役目があるように ”自分の役目に素直に忠実にやるしかないね”・・・空と海を眺めながらふと思いました。

 

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

雪の日

 大雪になれば喜ぶのは犬と子供、せっせとかまくら作りです。怪獣か?と聞けばかえるだそうです。夏になると庭に現れるヒキガエル、最近は現れないので、ヒキガエル祈願だそうだ。今年は現れるといいですね、うちの水神様ね。

 

 ”親になることはやさしいが、親になることはむずかしい” という言葉をどこからか聞いてずっと心の奥に留めてました。「こうしなさい」 「こうしたらいけない」 と教え躾ることはもちろん必要なのだろうが、それ以上に大切で、必要なことが親自らが持つ人生観、社会観だと思います。親にそういうものがあればそれは生きる上での信念となり知らず知らずに言動と行動となり子供たちに伝わる・・・もちろんその信念に良否はあるかもしれないが、人のために尽くす、人を思いやる、感謝の気持ちをもつ、簡単そうで難しいそんな気持ちをもって日々家族ですごしていきたいと思います。

 夕方、裏に住む一人暮らしのおばあちゃんから電話があった。「朝、雪かきしてくれてありがとうね~」と、僕が商店街の雪かきしてる間、子供たちは朝から近所の一人暮らしのおばあちゃんのところをまわって雪かきをしてくれていた。親としての出発点、子供としての出発点も、まずは日ごろの生活を最大最良の修行として大切にして過ごすことだと思います。

 

Herbie Hancock  ”Speak Like a Child” http://www.youtube.com/watch?v=lTNLWi-xAkE

 

 

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

いい迷惑

 

 父が病床でよく僕に言ったのは、「迷惑かけるなぁ・・すまないなぁ」と言う言葉でした。内心、ほんとにもう困ったもんだ・・と思っていた。”人に迷惑をかけてはいけない”と教えられる世の中で、実際他人にも家族にも迷惑をかけず過ごしている人はいないだろうと思う。そして迷惑はかけるためにあるものと思う。かけられ ”迷い” ”惑わされ” つらい思いもさせられそれでもなんとかその人に尽くさなければならないときが人生のなかで必ずあるし、かけるときが必ず来る。

 

 あの強くたくましい肉体をもった父が、晩年枯れ木のようになり、最期はほんとうに枯れて亡くなった三年前の今日、自分の家から旅立ったことは幸せなことだと思うし、幸せな死に方だったな、とうらやましくも思った。

 

 昨晩は、カミさんと 「あのとき気づけばよかったね、すぐ病院につれていけば・・」なんていろんな後悔を二人でしたが不思議とあのときは思いもよらなかったし、ふだん気遣ってる看護士のカミさんも気づかなかったのだから”その時”とはそういうものなのかもしれない。かけられた迷惑はたくさんの経験を家族に与えてくれた。それも勉強であると思うし、嫌な言葉ではないと感じる。最愛の人に家族にいい迷惑をかけるのも愛情の一つ・・・かな。

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月)

節分

 節分の今日、朝から友人の保育園の先生に首根っこをつかまれ「ほれ、着ろ」とわたされたのは鬼の衣装・・・そのまま町内の保育園に連行され「行くぞ!突撃!」と、節分行事をしている何も知らないめんこい子供たちの輪の中に突撃、泣き叫ぶ子供たち・・・なんとか豆をぶつけてくる年長の子もいるが木彫りの鬼の面があまりにリアルで後ずさり、3分間ほど暴れまわって撤収!

 楽しかった~ 親御さんたちからクレーム来なきゃいいが・・・きっとお漏らしした子はたくさんいただろうな、お昼ねできないだろうし、夜もうなされることまちがいない、でも子供たちは怖いものの存在を知っておかなきゃいけないですね、悪いことしたり、言うこときかなかったら「鬼が来るぞ!」ってね。

 

 ”諸悪莫作 修善奉行”・・・って言葉があったな・・”悪いことしちゃいけません、いいことをしましょうね” って意味、これが極意なんだそうです。なんだ簡単なこと、と思いがちですが、これが3歳の子供にも理解できるのに年を重ねたいい大人でも実行できないことです。もっとも何が良いことで何が悪いことなのかそれすら理解できてない大人が多い世の中ですけどね・・っていうか、善と悪なんて二つを分けて考えても答えは出ません、でもせめて子供には身をもって実行して示さなきゃね。

 Sade  ”Kiss of Life” http://www.youtube.com/watch?v=V54Em7nAdTI

 

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

2月、盛岡での予定です。

 2月22日(土) 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~  (4)13:45~

(5)15:00~  (6)16:15~ 予約済  (7)17:30~ 予約済  (8)18:40~

 

 2月28日(金) 盛久ギャラリー

(1)10:00~ 予約済  (2)11:15~ 予約済  (3)12:30~ 

(4)13:45~   (5)15:00~ 予約済  (6)16:15~ 

(7)17:30~        (8)18:40~

 施術料 7000円

 

 

お申し込み   伊庄整体ヒーリング治療院  TEL 0191-52-2606

           お問い合わせ メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 ”治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。”

 

 ”心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。”

 

 ”手技による癒しは、患者さんが自己の本質につながろうとするのを助け、その人を「丸ごと」の状態にもっていきます。ヒーラーがかざしふれる手は、患者さんの本質がその人のからだとつながるのを助け、その結果、ふたたび生命エネルギーがじゅうぶんに流れるようになります。”

 

 癒しの技 ”ヒーリング” 伝授については、http://www.isho-healing.com/f2.html

 

 ”お知らせ”

 3月にセミナーお申し込みの方がいらっしゃいます。少人数のみで行いますので、もし興味のある方、ヒーリングを身につけて家族のため、仕事として活用したいとお考えの方いらっしゃればご連絡ください。

 ”癒しの技 "ヒーリングの能力" とはからだがもつ秘密の智慧である。治療家ができるのは、それがうまく行われるように助けること以外の何ものでもありません。”

 

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »