« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

去るもの、来るもの、

 今日で3月も終わり・・昨日は転勤なさる近所の銀行員の方々が挨拶に来てくださった。たった3年ほどのお付き合いだったが商店街の行事などいろいろと協力していただいて楽しい思い出がたくさんありました。数年での転勤に引越し荷物もまだ解かないまま、またその荷物を持って転勤なそうで、ほんとうに大変なお仕事だなとつくづく思います。

 そして今、外では聞き覚えのある鳥の鳴き声、ツバメが帰ってきた。出て行く人がいれば帰ってくる鳥がいる。うちの入り口にある巣も車庫にある巣もちょっと手直ししてまた使うんだろう、これからまたフンの始末に追われるが、ここが子づくりにとって最適と思ってはるばる遠くから帰ってくるのだからそれもおもてなしと思ってやりましょう。

 ”来るものはこばまず 去るものはおわず” そのスタンスをずっと続けている。必要のないときは気にも留めることはない、必要と感じたときに在ればいい、その間変わらずそこに在ること、そして必ず結果を出してあげること。でも変わらず・・ではいけない、確実に進化していなくてはいけない、そのための努力はちょっとだけやってます。

 https://www.youtube.com/watch?v=zkH3PdDZZuA

| | コメント (0)

2015年3月20日 (金)

感情の引き出し、

 なんとも慌ただしい一週間、娘の中学卒業式に高校合格発表に(無事志望校合格)大忙しでした。こんな慌ただしさを幾度となく経験してるうちにも月日は流れていきます。昨日、朝稽古に子供たちと行く道すがら北上川の流れと朝日が重なるのをふと眺めなんだかちょっとさみしくなりました。みんなの成長も頑張りもうれしいかぎりなのに・・・今までにない感情です。

 

 昨日午前中は老人ホームへの出張ヒーリング、いつも待っていてくださるば~ちゃんたち、大概のことはおぼえてないのに僕が来る日はおぼえてくれてるそうだ。からだに手をふれ、そっと撫でるだけだがみなさん気持ちよさそうにすぐ眠ってしまう。長年患っている苦痛や病を取り払うことなどできないのだが、週に一度のこの時間を楽しみにしていてくださるのはとてもありがたいです。なんとなくだが、仕事を通じて人生を通して・・たった一人でも元気づけてあげられることができればいいのかもしれません、それが自分の役目であると知ればもしかしたらこれからもっと価値のある仕事と生き方ができるのかもしれませんね。

 

 この仕事、人に触れる仕事・・というのはその人の生き方の少しの断片にも触れることができ、自分の中にある感情の引き出しをまたひとつ開けてくれるような気がします。

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

今朝は雪、

 今朝はまた冬に戻ったのか・・と思うような雪景色、隣近所の雪を竹箒ではく。この冬は雪が少なく、雪かきで苦労するようなことはなかったが、その分これから一年の天候が気になるところです。

 愛犬牡丹と雪降るなか散歩に出かける。つい数日前には鶯が鳴いていたが今朝は他の鳥さえ鳴く声もなく、静まりかえったいつもの道を歩く、もう4年も経ったんだ・・といろんなことを思い出してみた。震災で亡くなった親戚のみんなの顔を思い出したり、うちの父をはじめそれ以降亡くなった方たちの顔や声、口調までも鮮明に覚えていて、なんだかまだ会話しようと思えばできるんじゃないかと思うほどです。

 お寺の前を通りかかり、いつも門前にかけてある標語を読んだ。

 

      ”苦しみは苦しみのまま 悲しみは悲しみのまま

            はからう力もつきて 一切片づかぬまま  南無帰依仏”

 ほんとに片づかないな。

| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

整体・ヒーリングについて、

 私が行っている ”整体ヒーリング” ってどんなものなのか?

 とりあえず最初は疑問や不安があるかと思います。いろんな痛みや不快な症状を持っていれば様々な治療院や病院へと行くはずです。おそらく病院では「検査の結果には以上は見当たらない」 「気のせいじゃない」 「歳のせいでしょう」 と言われたり、実際そういわれてくる人が多いです。整体院や整骨院では「背骨が曲がってます」 「頚椎が・・」 「元に戻すのに時間はかかると思います」 とあくまで骨の歪みのせいにされることが多く、どこかのヒーリングを受ければ 「前世に問題が・・」「何かがついています」 と不安を植えつけ、まるで本来のヒーリングとはまったく関係のないこともあるようで、そんな相談を受けることもおおくあります。もちろん、病院や整体、整骨でよくなるものはたくさんあるし、その症状に適した治療法、その人に適した治療法は必ずあり、結果不快な症状、痛みが改善されればいいわけです。

 

 まず、身体が活発に動くというのは、エネルギーの入り組んだ複雑な流れによって可能です。そのエネルギーがブロックされたり圧迫を受けたりすると、私たちは本来与えられた心と身体のしなやかさ、流動性を失うことになります。そのブロック、圧迫が不快な症状を生み痛みや病の症状となって現われることになります。私の施術の目標は患者さんがそのエネルギーブロックを解除する作業を手助けすることにあります。

 誰でも長年心と身体を酷使していれば、どこかが歪むし、磨り減るし、いろんな想念はエネルギーとなり身体に蓄積してきます。エネルギーが解放され流れるようになれば、身体は自然にその治癒のプロセスをたどり始めようとしてきます。施術が終わった後多くの方が味わう開放感、「心も身体も軽くなった気がする」という言葉をいただくとほんとうにうれしくなります。

 身体が自然に治ろうとする内部の力、ほんとうのヒーリングとはその内部の力に火をつけることだと思います。エネルギーブロックの解除とは心にとって身体にとってそして魂にとっても心強い味方であると思います。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

記念日

 

 ちょうど奈良へ行っていたときが僕とカミさんの結婚記念日でした。17回・・め、のようである。「留守していっしょに迎えられないな・・」と末娘に言うと、「じゃぁケーキつくってお祝いしとくから、お花もプレゼントするね。」と兄妹と大学生の姪っ子がパーティーをしてくれました。それにしてもさすが、なかなかポップなケーキです。

 17年前の3月1日、横浜の伊勢山皇大神宮で式をあげたのだがなぜかその日だけ大雪、出張先から来るはずだった友人も飛行機が飛ばず来れなかったり、岩手からのご一行様はまさか雪まで運んでくるとはと大騒ぎ、でも桜吹雪ではなくほんとの吹雪のなかでの式はかなり幻想的でみんなが忘れられないものになったみたいです。

 

 あれからいろんなことがありました~(きみまろ風) ほんとに、でも独りではなく二人、そして三人、五人家族になって乗り越えられてきたことがたくさんある。両親が早くして他界してしまいとても残念なことではあるが、”家族みんなで力を合わせれば大丈夫、すべてを乗り越えられる” と、きっと信じてくれているのだろうから、それに答えなくてはと常々感じます。とはいうもののやっぱり一家の大黒柱になるのはたいへん、いろんな経験を積んでそうなるんでしょうね。

| | コメント (2)

2015年3月 4日 (水)

3月 盛岡での整体ヒーリング予定

 3月、冬から春へと季節の変化と同じく心も身体も変化を生じてくる時期です。この芽吹く季節に心身ともに閉ざされていたのではいけませんね。

 私のヒーリングを受けたことで肉体的苦痛が和らぎ身体が軽くなる、閉ざされていた心の内側が開放される、何よりも目の前が明るく鮮明に見える、すべての方にそのような効果が現われればいいのですが、そこにいたるまでの様々な要因やタイミングもあるのは事実です。でもまずは試してみてはいかがと思います。自分自身で「こういうものが治せる」「こういうことに効果が必ず出る」と言い切ることはできませんが、お困りの事例に対し少しでもお役に立てるよう全身全霊こめて施術させていただきたいと思います。

 クライアント様のお声を多数いただいております。これが唯一私のヒーリングを表すものと思います。またこの中にはありませんが、様々な事例も多数あり、自分にはあてはまらないのでは・・と考えずまずはご相談いただければと思います。

 クライアント様からのお声、施術例 http://www.isho-healing.com/05.html

 3月27日(金) 盛久ギャラリー2F

(1)10:00~ 予約済  (2)11:00~ 予約済  (3)12:15~ 空   

(4)13:30~予約済 (5)14:45~ 予約済  (6)16:00~ 予約済  

(7)17:30~ 予約済  (8)18:30~ 空

  施術料 7000円

 

     お問い合わせ お申し込み

  伊庄整体ヒーリング治療院      0191-52-2606

             メール http://www.isho-healing.com/06.html

  盛久ギャラリー      http://homepage2.nifty.com/oikawashogo/

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、精神的不調、霊障等に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 

 ”治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。”

 ”心と身体そして魂のバランスがとれていればそのまま健康でいられます。でも、時には不調和が生じ自分の力だけではどうにもならない時があります。そんな時は外部からの力を借りて崩れたバランスを取り戻し治癒へ導くことが必要です。そして、魂が再び火を灯すことができたなら幸いです。” 

 春よりヒーリング・セミナーも行いたいと思います。これからますます必要となってくる”癒しの技” ご自分の愛する家族のために、これからの仕事として、今の自分の仕事に活かすために、そのための技術はもちろん、今までの経験をもとにした心のあり方を多くの方にお教えしたいと思います。 

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

一夜、

 今回タイミングよく二月堂修二会の法会を間近で拝観することができました。これまで一千二百有余年休むことなく続けられた修二会、前回は外からしか拝観できませんでしたが、今回は妹の義父さんが東大寺の職員で妹も二月堂のお茶屋さんに勤めていることから中に入れてもらえました。もちろん撮影は禁止です。

 堂内では須弥壇の周りを三十数名ほどの錬行衆(お坊さん)方がお経を唱え法螺を吹き歩き続け時に走り回り五体投地など激しい所作を伴う行法が8時間ほど繰り返されています。もちろん暖房はなし、ろうそくの明かりのみに照らされたその所業は仏道でありながら神道的にも思え、幻想的で、時間の経つのも寒さも忘れてしまいます。なんといっても声明と鈴の音、鐘の音、法螺貝の響き、差懸けという特殊な履物の音が堂内に響き渡り、仏教音楽を奏でています。もう頭の中がきもち良くてたまりませんでした。

 なんとかご祈念をと思うのですが響き渡る声明で頭が一杯で思うように出てこない・・・途中から、そうか・・錬行衆の方々がみんなに代わって鎮護国家、天下泰平、風雨順次、五穀豊穣、万民快楽、要は人々の幸福を願っての行をしてくださってるんだなと思うと、ただただありがたい・・・と言う思いがわいてきました。

 どうかみなさん今年も大病なく、そして、大難を小難へとかえていただきますように。


| | コメント (0)

2015年3月 1日 (日)

奈良にて

奈良にて

奈良にて

奈良にて

  今日は朝から雨です。
午前中に番組の収録が終わり、東大寺二月堂に来てます。

番組は4月5日朝10時半から
読売テレビ、グッさんのグッと地球便、関西でしか放送してないらしいです。

  6時からお水取りが始まります。僕は二月堂堂内に入り一晩御祈念します。家内安全はもちろんクライアントさん達のお顔一人一人の顔を思い出しながら健康と幸せを祈念
したいと思います。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »