« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

牡丹日記


 こんにちは、あたし牡丹です。この写真を撮りながらうちのタコが、「牡丹さん、立ち姿がおばぁちゃんになってきたな・・・」ですって、失礼ね!た、たしかにあたしも14歳、シニア犬にはなったけど、まだまだ走れるし食べれるし遊べるわよ!

 今日はタコ坊主と裏のおうちのお庭に遊びに来たのよ、素敵なところでしょ、タコはよくここでコンサートなんか企画してるんだけど、今年の春も久しぶりにやるらしいわ、詳細が出たらまた告知すると思うけど、今のところ予定は、尺八奏者のブルース・ヒューバナーさんのライブと、タヘルさんのイスラム文化の紹介とペルシャ絨毯の展示会をやるみたいよ、どちらもあたしたち伊庄家のお友達でもちろん外国人なんだけどふたりとも長いこと日本に住んでてある意味日本人より日本人だわね、いつも楽しいお話を聞かせてくれるわよ。

 タコがよく言うんだけど「ジャンルわけするのが嫌い」なんだって、音楽にしてもひとつのジャンルのものを聴いててもつまらない、いろんなものを聴いて楽しむ、いいものはいいんだよ。人だってそうね、人種がどうとか宗教がどうとか関係はない、人としておもしろいか、尊敬できるのか、心と魂で感じてお話しするのがいいのよね、そうすると不思議に言葉はかたことの会話でも気持ちがしっかりお互いに伝わるのよ・・ところであたしの言葉と気持ちはタコ坊主には伝わってるのかしら?あやしいわね、ただ散歩に連れて行って、てきとうにご飯さえ食わせりゃいいって思ってんじゃないの?

 大人は聞いたつもりで聞いてない、子供は聞いてないふりして聞いている。

 人は聞いたふりして聞いてない、犬は聞いてないふりして・・しっかり聞いてるわよ!

 

| | コメント (0)

2016年2月25日 (木)

健康を創りあげる、

 基本的に人は健康であるのが正常な姿です。そして自然はつねに正常な姿に人を導こうとしています。その証拠が自然治癒能力というものでしょう。そして自分ひとりではない力が加わりその人を癒し健康へと常に導いてくれています。

 大きく言えば私たちの住むこの地球もその作用を自然に行っています。今、そしてこれからは地球の自然治癒能力が発揮されるのでしょうね、それは世界各地で起こっている異常気象・・これは異常ではなく正常な機能が発揮されつつあると考えればいいわけです。ここに住まわせていただいている私たちはどのように大きな宿主に接していけばいいのか考えていかなければなりませんね、本気で。

 私たちの目標は健康な心と身体を創りあげること、そのひとつとして私たちは、神仏、あるいはこの大宇宙を創造した絶対的な存在、大自然の法則、なんと呼んでもいいとは思いますが、そうした超越的な存在が実在することを思うことが必要です。その実在を体得することが健康と幸福と心の安らぎへの鍵となるのだと最近常々思います。

 まずは想うことです。

| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

芽が出る、

 朝の散歩先の公園の雪もほとんどが溶け出し、見上げると空には帰っていく白鳥の群れ、大きく深呼吸するとその空気感にいよいよ春も間近と実感しますね。

 週末は、中2の息子たちが剣道東北選抜練成会に参加、末娘は市内の剣道大会、息子に同伴した僕は、東北トップレベルだからコテンパンにやられるだろうとふんでいたが、ほとんどの試合で善戦、聞けば「なんとなく身体が動くんだよね」と、まだまだ課題はあるが他のお父さんと顔を見合わせ「よくここまできたよね、ずっとこのチームを見ていたいよね」と話した。 「今年も準優勝だったよ~」と、末娘の試合は帰ってから録画で観た。いつもは辛口の僕も、「いいじゃん!すごいいい試合するね」と感心、みんな今まで頑張ってきた結果がなんとなく出始めてるのを実感、寒さも暑さも痛さも早朝のつらさも我慢してそのうち芽が出るさと剣道の稽古を続けてきた甲斐があります。きっと知らず知らずに心も身体も鍛えられているはずです。

 そして今日は高校1年の長女が交換留学のためにオーストラリアに出発、自分の目標を明確に持ち頑固に取り組んでる娘はいったい誰に似たんだろう・・・僕でもカミさんでもないが・・・で、これから送ってきます。みんなそれぞれの芽が確実に出始めてるのを感じます。暑さにも寒さにも雨にも雪にも嵐にも耐え、しっかり深く地に根をはり大輪の花を咲かせる、いずれきっと咲くでしょうね。子供たちの成長をみるというのは、うれしくもあり、でもなんだかさみしくもあるんですね。

| | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

歩く訳は、

 毎朝歩いていると、目に見えるもの、肌で感じるもの、においや、いろんなことに気付くことがあったり、ふと頭によぎること、「あっ、こういうことか」と腑に落ちることなんかもある。今日はクライアントさんのことなど考えていた。なぜ良くなる人、ならない人がいるのか、治っていく法則とはなんなのか・・・考えてもよくわからないのだが、ひとつ気づくことは、身近なところ、

 ”そこにそのためのエネルギーが在る” ということです。

 からだが不調になればまずは病院へ行き診察を受け薬を処方されます。それにより良くなる人もいればならない人もいる。あらゆる検査を受けてもその不調の原因のわからない人もいます。うちにはそういうクライアントさんが多いです。なかにはヒーラーなんだから病院や薬などとはは無縁なはずと誤った考えをもってる人もいますが、まずは調べてもらった方がいいに決まってます。そこで良くなるものがあるんですから。

 では僕のような治療家、ヒーラーができることは何か、まずかんたんなことのひとつが、そこにあるエネルギーを不調をもつクライアントさんに送るということです。ただし、ただ右から左へただ送るだけならヒーラーとしてはまだまだでしょう、そこにエッセンスを加えなければなりません。そのエッセンスを加えるためには日々の鍛錬こそが必要となります。

 ただし自分のパワーなんてたいしたものじゃありません、そこにあるパワー、静かで、繊細で、流れるようなそのパワー、生命を育み、あらゆるものを癒すパワー、そこに触れることができ導き入れることができればいいんです。だから毎日歩くわけです。うちでヒーリングを習った方にはそこに気づいてほしく日々鍛錬だよ、歩いてみて、と教えるのですが、はたして何名の方々が気づいてることやら・・・。

| | コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

牡丹日記


 おひさしぶりです。あたしタコ坊主んちの牡丹です。寒さも朝晩はきついものの日中は陽射しが強くなってきたけど朝の散歩は寒くてもかかせません。最近ちょっとばかし足腰がぷるぷるしはじめてきちゃって、タコの野郎それを見て 「ぼたん・・ついに・・」だと、あたしも14歳、人間で言えば何歳かしら?40くらいの熟女かしら?え?おばぁ・・!?やばいわね。

 公園に来て走り回ってると桜の木々にシジュウカラがたくさんとまり囀ってるのよ、この鳴き声が春はもう少しって感じだわ、啄木鳥の木をたたく音や、なんとなく漂ってくる陽射しのにおいなんか感じるようになると、自然に身も心もくつろいでくるわね。

 くつろぐ時間はとても大切よ、みなさんくつろいでるかしら?どうせひまさえあれば下を見ながら手元でぽちぽちしてんじゃないの?それがくつろぐことになるかどうかは個人の自由でしょうけど、もしあなたの心の中、潜在意識から何らかの信号を受け取りたいと願ってるのなら、くつろぎ、安らかな時間をつくることが大切よ、そんなふとした時間にあなたの意識の上にふわり・・とのぼってくるものだと思うわ、もしかしたらそんな時間の中からいろんな解決の糸口が見つかるかもね。

 

 

| | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

遠くを眺めて、


 今朝も朝から雪、雪かきをしてから愛犬牡丹と散歩、いつものコースから外れ高台の公園へ行った。遠くを眺めると見渡す限り・・と言っても住んでる町は周りが山に囲まれてるのでさほど遠くまで見渡せないのだがともかく遠くを見渡す。いつも通り深く深く深呼吸、澄んだ空気が身体の中に染み渡ります。

 遠くを眺めるのは別に景色だけでなくともいい、20年以上もパリに住んでる愚弟はどんなだろう、いいかげん結婚とかする気はないのか・・まぁ相手がいなきゃしょうがないね、と余計な心配してみたり、テロがあったけど治安はどうだろう・・これからEUはどうなっていくのだろう・・と想像してみたり、10年先の自分を眺めるのもいい、もすこしましになってればいいなぁ10年後もこうしておんなじようにここで遠くを眺められるかな・・傍で雪と戯れる愛犬牡丹さんは今14歳、10年後はさすがに・・・もう耳も遠くなったし、足もぷるぷるしてるしなぁなんて考えてみたり。とにもかくにもみんな健康でいられれば、と、遠くの山を眺めながら想ったりする。

 あと少し寒い日が続きます。でももう少しの辛抱で春がやってくる。春になったらまた遠くを眺めてみよう、また違った景色が広がるはず・・そう考えれば今辛いと感じてる人ももう少しの辛抱、今のつらさは10年も続かないはずです。かならず春が来ると信じて遠くを眺めてみるのもいいかもしれませんよ。眺めるというのは目の前に兆しが現れるということ、きっといい兆しが現われるはずです。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »