« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月26日 (月)

脳という機能、


 うちの愛犬牡丹さん、寒いこともありあまり散歩にも行かなくなりました。目も見えず、耳も聞こえず、(おそらく都合の悪いことは見ない聞かない)ほとんどの時間を小屋の中ですやすやと寝てるだけです。もちろん寝てるから牡丹日記も書きません。昨年まで朝晩何キロも何時間でも一緒に歩いたことを考えると寂しく今は僕一人だけの散歩の日々です。

 

 さて・・「多くの慢性の痛みは思い込み」といわれます。この思い込みというのは自分自身でつくり出しているということです。脳はどうしてストレスや我慢を「痛み」として発現させるのか・・どんな検査をしても異状「異状はありません」と言われ訪れる方が多いのに不快な症状は依然として存在する。現代の私たちは「存在しない痛み」に苦しめられていると言えます。

 いろいろと話しながら感じることは、人はたぶん自分の心を客観的に眺めることをしない。 普段の生活の中で、「人から良く見られたい」 「怒ってはいけない」 「いつも明るく元気よく・・」 「つねにプラス思考で・・」 などなど行動や感情への規制を自分自身でかけているのではないでしょうか、ほんとうの心の中はどうでしょうか?自分では見たくない・・・結果正視できないものがどんどん積もり積もってたまっていく、そこで脳という機能は、心の中を見なくていいように働き、「痛み」 「苦しみ」 として身体に症状を出現させていきます。

 どうでしょう?思い当たる節はありますか?

 

 

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

日々のひとつひとつ、

 相手に対して、心配や不安、怒りや苛立ちをおぼえることがあったり、自分自身に対しての罪の意識をおぼえるようなことがあったら・・・ない人などいないとは思いますが、今、ご自分のお子さんや旦那さん奥さんが心を病んでしまったりしてるときはきっとそんなことが頭をよぎり、心を痛めてしまうことがあると思います。

 まずはふか~く深呼吸をしましょう、そしておちついたら、相手との思いでのなかでいちばん楽しかったひとときを思い返しましょう、まさに今体験してるかのように思い出してください。その幸せなひとときの感覚は深く心の奥からくるもので、私たちの肉体、感情、思考にしっかりと影響を与えるはずです。そして思い出してください。その幸せを感じていたときどんな行動をとっていたか・・・・。

 特別なことなどなかったはずですよね、料理をつくったり、掃除したり、会話したり、一緒に散歩したり、一緒に笑ったり・・・だからおなじように日々のなかでのひとつひとつを大切にしていきましょう。私たちは愛を学ぶために存在してる・・と思います。

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

質を問う。

 この場所は波動がいいとかよくないとか、身体から出るエネルギーの波動が・・などよく言われますが、では波動とは何か、単純にエネルギーと言えばそうですが、それらはすべて質が異なります。治療において必要な波動は単一のものでは使いものになりません。強すぎてもダメ、弱くちゃ使えない、なんとなくふんわりした感じのヒーリングエネルギーでは効果は期待できません。

 波動とは、意志と情報を持ったエネルギーです。

 そのひとそれぞれに症状それぞれにその日の体調によっても違います。ヒーリングの際、どれだけその情報をくみ取れるかが問われます。ただしそこでの集中は禁物、放念です。ヒーリングにおいて必要なエネルギーは質です。質が重要です。ではその質を高めるためにはどうしたらよいか、”量を極めて質を問う”これにつきます。

 うちでヒーリングを習った方はそこを考えてじっくり取り組んでください。日々の生活が最大の修業、行うことが大切ですね。

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

うれしい言葉を、

 伊庄整体ヒーリングを立ち上げて10年、様々なクライアントさんがみえられました。最初のうちは、もちろん整体をうたっているので肩こりや腰痛などが中心、そのうちになかなか改善されない様々な不調をうったえてくる方々がほとんどに、今は内臓機能障害、自律神経機能障害と診断されるクライアントさんが多く、体調の回復をはかりたいといらっしゃっています。

 もう何年も前から、たぶんいちばん長く通われている女性がいます。いわゆる原因のわからない難病・・と診断されていて様々な病院に通われていました。その病からくる倦怠感や不快な症状を緩和したいと通われていました。もちろんたくさんの薬も服用していますし月に何度かは遠方の病院に通っていました。何年かして、そういえばその病院には通っていないとのこと、薬も服用していない、症状がないわけではないが仕事もできる。つらいときはうちに来てヒーリングを受け楽になる・・・いつしかその病は無くなっていました。そして先日「お嫁に行きます。ちょっと遠いけど、つらくなったらまた来ますね。」と、最近仕事をしながら自分の方向性や目的意識など、迷っていた時だけにものすごくうれしい言葉をいただきました。

 ”癒しの技”は、身体がもつ秘密の知恵である。私たち治療家ができるのは、それがうまく行われるように助ける以外の何ものでもない。その言葉をあらためて実感しました。

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

古典の言葉は、


       しるべし、愛語は愛心よりおこる、

                 愛心は慈心を種子とせり。

 できてないけど・・でも心がけなくてはいけませんね、人だけでなくものに対しても。

 愛語というのはすべてのものを愛する心からうまれ、愛する心は、また、すべてを慈しむ心を種として育っていくものです。

 古典の言葉をもう一度考えてみる・・・でもそれは古の言葉ではなく、古から今へのメッセージだと思う。

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

あるものはあるんです。

 昨日の昼頃まるでフラッシュバックしたかのようにある青年の顔を思い出した。しかもそれは夢で見たものとわかり、いったいだれだったかな・・と考えていた。その青年は車に・・バスだったような気がするが僕が運転する車とすれ違いざまこちらを見て何か目で訴えてきた。

 あっ!とすぐにその青年が以前来ていたクライアントさんだと思い出し電話を入れましたが出なかったので、その青年のお母さまに連絡、すると、その青年が今ちょっと苦しんでいて僕のところにヒーリングを受けに行くようにすすめていたところだというメールをいただきました。

 その青年がなんで苦しんでいたのか・・それはここでは書けませんが、普通に考えればそんんなことあるの?ということでも、あるものはあるんです。それに気づき苦しんでいる方、何が何だかわからず誰に相談していいのかわからず苦しんでる方がいる以上対処しなければなりません。

 一寸先にある闇も、たとえその闇の中にいようとその先には必ず光明があることを信じて頑張りましょう。

| | コメント (0)

12月の盛岡 整体ヒーリングの予定

 12月15日(木) 盛久ギャラリー

 (1)10:00~  (2)11:00~ 予約済  (3)13:30~ 予約済  (4)14:30~

 (5)15:30~  (6)16:30~  (7)17:30~  (8)18:30~

 

             整体ヒーリング  施術料 7000円

   会場 盛久ギャラリー 2F  http://homepage2.nifty.com/oikawashogo/ 

   お問い合わせ お申し込み 

   電話   0191-52-2606

   メール http://www.isho-healing.com/06.html

 治療に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、不快な症状、精神的不調、に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 

 人間の身体は心構えひとつで良くも悪くも大きく左右されるものです。悪い心構えの時は身体は不調をきたすものだし、良い心構えの時は少しくらいの無理も平気で活力に満ちあふれるものです。人間の心と身体は密接に関連しています。もし健康に気を配るのならその両方に気を配らなければいけません。

 ”治療は外部から施されます。でも、治癒は内部から起こります。治癒の原動力とは生きものとしての私たちの本然の力そのものから生じるものです。”

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

繋いだ線は、

 以前ヒーリングセミナーを受けた女性が久しぶりにいらっしゃいました。ヒーリングを受けそれからもう一度練習を、2時間の集中した時間、僕もいろいろと再確認したこともあり充実した時間を過ごしました。

 その女性は心理学を習得していることもあり実践としてのヒーリングを兼ね合わせた仕事をしたいとのことですが、何よりも多くの人との出会いが、そしてその相手が彼女をヒーラーとして育ててくれるのだと思います。大切なのは情熱ですね、きっとできると思いますし、ご本人もやる気なようです。僕も見習わなきゃね。

 この数年の間、習いに来た方はいらっしゃいましたが、不思議なことにセミナーを受けるまでは頻繁に訪れ、習ったとたんに音沙汰がなくなる方も多くいます。何のために習いたかったのか、その後実践してるのかどうかも今となってはわかりませんが、習ってからが大切な期間であり、思い通りにいかないことのほうがほとんどなはずです。こうして訪れる方にはいろいろとアドバイスもできますが、ほんの数人にとどまっていますし、ふだんから実践していなければ向上はしないでしょう。今後セミナーを受けたいという方がいたとしてもほんとうにやりたい目的は何なのか情熱はあるのか、そして素質があるのかどうか見極めてからにしなければと思います。つないだ線は想いにより太くなりますが、切れることもあります。

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

瞑眩

            「瞑眩 眩せざれば即ち病癒えず」 孔子

 という言葉があります。病気が快方に向かうとき、最後にもう一度悪化したかに見える症状、これを瞑眩(めんけん=目がくらむこと)と言います。

 長いこと患っている肉体的痛みや不快な症状、すぐに快方へと向かう方、なかなか思うようにはいかない方、様々な方がいます。ほとんどが心に何かしらのものを積み重ねてきた結果だと感じます。心はその表現として肉体に痛みを起こします。

 すべては良くなっていく仕組みと信じましょう。今まで無意識に積んできたもの、自分自身をいたわることなく感じることなくただ使ってきたこと、今はまだ苦しいかもしれませんが、すべては良くなるための仕組みプロセスです。かならず光が見出せるはずです。

 

| | コメント (2)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »