« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

7月 盛岡整体ヒーリングの予定

 7月14日(金) 盛久ギャラリー

 (1)11:00~ 予約済  (2)12:30~ 予約済  (3)13:30~ 予約済  

 (4)14:30~  (5)15:30~  (6)16:30~  (7)17:30~  (8)18:30~

 7月21日(金) 盛久ギャラリー

 (1) 11:00~ 予約済  (2)12:30~  (3)13:30~  (4)14:30~  

 (5)15:30~  (6)16:30~  (7)17:30~  (8)18:30~

  施術料 7000円

 お申し込み、お問い合わせ    TEL 0191-52-2606

 メール http://www.isho-healing.com/06.html

 施術に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、不快な症状、精神的不調に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

 

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

立禅

 朝の立禅、近くの観音堂庭園に行く。

 夏になるにつれて成熟した鳴き声で語りかけてくる鶯や他の鳥たち、山から流れ来る水の音、そして花々と緑の香り、太陽からいただく恩恵、すべてを取り込みながらの立禅。

 呼吸に意識を置く、呼吸は宇宙とつながる手段、呼吸が無ければ意識も無い。呼吸は肉体の組織づくりをし修復し、身体にとって必要なものと不要なものとのバランスを維持しています。

 呼吸は心につながる唯一の重要な生理機能であり、意識的に行えばもっと多くの生命力を身体の中に入れることができます。呼吸はなによりも大切な生命力の流れを調整し最大限にするための最善の機会を提供しています。

 数十分ほどの立禅ですが、流れるエネルギーの調和をはかるにはじゅうぶんなほどです。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

老いる・・

 最近やっと一人で歩く朝の散歩にも慣れてきた。10年連れ添って歩いた愛犬牡丹は・・まだ生きてますけど・・目も見えなく、耳も聞こえなくなりちょっと行動も???なところもあり家の庭を歩き回るのがちょうどいい散歩になってます。

 老いるというのはだれしもが等しくこれから経験すること、そして病むこともあるだろう、でもそんなときでも安心して自分を任せられる存在が側にいてくれるというのは心苦しくもあるだろうが頼もしく安心できるものです。父、母を老いて面倒見ることもなく数年前病の中で看取ることになったが、いずれ今度は自分の番になる・・そんなことを考えるような歳になったのかと感じる。

 否応にも周りは高齢化が進み、そのうち痴呆という言葉もちらほらと出てきている現実、話をすれば昔話を多く語る方もご近所にでてきた。痴呆とは・・それは旅立つための準備、あの世に行くためにこの現象界での思いで、体験、記憶・・もろもろの感情を整理している。あの世に持っていけるのは想念だけだから、大切な思いでをひとつひとつ大切に折りたたみあの世に持っていける「玉手箱に」しまう、顕在意識に溜まっているものを選別圧縮し潜在意識に移し替える作業・・そんな感じだろう。

 我が家の愛犬牡丹さんはどんなだろう、いい思いではあるのかな、僕と喧嘩ばっかりしてる思いしかないんじゃなかろうか、ご飯をくれ下の世話をしてくれる僕の存在を頼もしく感じてくれてるか・・・な?

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

効く薬・・

 朝の散歩の道すがら、とある個人病院の前には長蛇の列ができている。ほとんどが高齢の方であるが僕と同じくらいの方もちらほらと見える。どんな痛みや病に困っているのか知る由もないが、およそ数分の問診ののち大量の薬をもらって帰ることは間違いない。

 

 身体的病そして心の病に対しての答えとははたして薬なのでしょうか、それは身体の本来もつ知性を否定していないだろうか。

 あなたは、あなたの肉体における責任者で、あなたの健康状態とは、あなたが思うこと感じること、そして感情など、あなたの内なる世界の直接的反映であると知るべきだと思います。

 

 そして心に効く薬などありません。

| | コメント (0)

2017年6月 7日 (水)

命育む・・


 今年も4月に入るとすぐにやってきました。今回のツバメたちはまったく僕を警戒する気配がありません、もちろんまっさきにうちの入り口のすぐ上にある巣に入るわけだから昨年ここから巣立ったツバメなはずです。ここなら安心と思ってのことだと思います。ありがたいですがお掃除も大変です。

 昨日5羽の子たちが一斉に飛び立ちました。その瞬間をずっと真下で見ていましたが、巣立っていく子供たち・・なんとも感慨深いものがあります。うちもそう遠くないうち・・長女は来年か・・切なくなります。

 これからまた2度目の産卵があるはずです。全部で何羽巣立ちそして来年何羽ここに戻ってくるのか、旅の途中、違う場所での様々な営み、そしてたくさん困難も潜り抜けてくるのでしょうね、ただひとつの目的は、ここに戻り子孫を残すこと…この場所が命を育む最適な場所であるということです。

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

体験談いただきました。

 最近なんとなく行き詰って・・いやかなりかな、どうしたらいいんだろうな~もう自信もなくなっちまったな~などと自暴自棄になりかけてたとき、ふとメールが届いているのを開きました。
 
 それは、6年前に遠隔ヒーリングをしたクライアント様からのもので、読みながらその内容に涙がこみ上げてきました。基本的にはよほど心配な方でないかぎりこちらからは連絡を取りません、ヒーリングの後どのようになっているのかは何度か来ていただいている以外は知る由がありませんし、一度きりのクライアント様が多いのも事実です。そんななか遠方の方からの遠隔ヒーリングの依頼でお顔もお声もわからない方からの一通のメールに、やり続けなきゃ!という新たな思いになりました。
 
 体験談をいただけること、それが私にとっての最大のエネルギーになるとあらためて実感、クライアント様からのやりとりのメールの最後の一文に、
 
    「ヒーラーさんを続けてくださっていてありがとうございます。」
 
 と・・・はい、これからもそうあり続けます。
 
    兵庫県 40代 女性
 
 
 6年前に遠隔ヒーリングをしていただきました。
その後は睡眠も食生活も整っています。
 
 先日、日常生活のひとコマで知人から「ありがとう」と言われることがあり、
「私ではなくて、あなた自身ががんばったからだよ」と言ったら、
驚いた表情で「そうなのかなぁ、ありがとう」と返事がありました。
 
 この驚いた感覚、覚えがあるなぁ、と何かを思い出しました。
伊庄さんのことでした。
 
 ヒーリング後に体調が良くなったのでお礼を伝えたら、
「僕ではなくて、あなたが持っている自己治癒力で」と言われ、
(細かい言い回しは違うかも。)
当時の私は、心身に支障をきたしていて、そんな力を想像さえ出来なかったので驚き、
100%伊庄さんの力だろうと思いながらも、
こんな私にこのような言葉をかけてくださるかたがいるのかぁと驚きました。
 
 今、こうして元気に暮らせていますので、
あらためてお礼を言いたくなりました。
 
 人生でとてもしんどかった時期に助けていただき、ありがとうございました。
これからも毎日を大切に生きていきます。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

道は続く・・

 ひとつまたひとつと大切な行事が過ぎていきます。

 長女の高総体最後の試合が終わった。剣道をはじめて9年間、兄弟の中でだれよりも思い入れが強くて一生懸命頑張った。高校に進んだとき部員数が少なくて他校への出稽古を続けた。2年になり先輩もいなくなり、たった一人で稽古を積んだ。悔しかっただろうし、寂しかっただろうがそれでも泣き言ひとつ言わず頑張った。そんな中で出稽古先に友人もでき、同じ志で頑張れたのもその友人あってのことだと思う。

 高総体剣道、第一試合まさかの敗退、まるで桜の花の様に散った。我が娘らしいと言えばらしい負け方。でも誇らしい。たった独りで伝統校の剣道部を背負った。そして背負わせてくださった学校にも感謝、そしてこの春新入生が1人入部したことでまた繋がった。これが娘の剣の道だった。

 背負わされた試練とは、どんな困難であっても背負いきれる資質があってこそ背負わせてもらえるものだと思う。その間の汗も涙もすべてが糧になる。私たちの生きる道はまだまだ続きます。

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

6月 盛岡での整体ヒーリング予定

 

 6月16日(金)

 (1)11:00~ 予約済  (2)13:30~   (3)14:30~ (4)15:30~

 (5)16:30~ (6)17:30~ (7)18:30~

 整体ヒーリング  施術料 7000円

   会場 盛久ギャラリー 2F  http://homepage2.nifty.com/oikawashogo/ 

   お問い合わせ お申し込み 

   電話   0191-52-2606

   メール http://www.isho-healing.com/06.html

 施術に関するご質問や、現在抱えている身体の痛み、不快な症状、精神的不調、に関してもご遠慮なくお問い合わせください。悩んでいるよりまずは一歩、踏み出してみましょう。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »