« 真の祈り | トップページ | 無我夢中で、 »

2018年2月10日 (土)

春になる。

 昨年の暮れから先日まで、この地域でもたくさんの方々がお亡くなりになっている。高齢の方はしかたないとしても、頼りにしていた方は病魔によって、事故でご夫婦とも・・という方も、そして横浜の友人も僕より年下だが病により逝ってしまった。ほぼ毎週のように通夜に顔を出していた気がする。

 そのたびに思うのだが、やはり今顔を合わせている方と次に会うことができるかどうかなんてわからないということ。その時その時の出会いをつねに大切に思わなければならないと最近歳を重ねるたび冬の寒さとともに感じている。

 あと少しで雪も融けだし花の季節となる。生きること、死ぬこと、去ること、来ること、その繰り返しもまた花、華の様々なあらわれであり、そのままが光明であることを心に刻みたくさんの出会いをこれから大切にしたい。

 我が町はこれからひなまつり、たくさんの方々が訪れ、もう間もなく春になる。

|

« 真の祈り | トップページ | 無我夢中で、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真の祈り | トップページ | 無我夢中で、 »