« 重要な時期 | トップページ | ヒーラーという仕事、 »

2018年9月10日 (月)

この先の鍵

 8月後半からのなんともおもわしくない天候で残暑も晩夏の情緒も味わうことなくこのまま秋へとすすんでいるようだ。今日の日中の気温は20度、昨日さんも30度の横浜から帰ってきたカミさんも今朝は震えていた。
 
 
 尋常でない天候も災害もあれやこれや考えてもなるようにしかならない、まずは自分の命は自分自身で守るほかない、もういちど過去を振り返り今そしてこれから何が必要なのかを考えるべきだと思う。それは私たち自身の肉体、健康についても同じこと、過去精神的に肉体的につらい思いをし現在は回復しているのならなぜそうなったのか、どのように回復を果たしたのか思い返す必要がある。喉元過ぎれば熱さ忘れる・・・というわけにはいかない、そうなればかならずぶり返すことになると思う。
 
 
 自分自身の健康の責任は自分自身にある。この先何があっても心身ともに健康であれば何とかなる。健康であれば意欲がわきそして即行動に移すことができる。心、肉体、魂、この三すくみの調和こそがこの先の鍵になる。

|

« 重要な時期 | トップページ | ヒーラーという仕事、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重要な時期 | トップページ | ヒーラーという仕事、 »