« 12月 盛岡 整体ヒーリングの予定 | トップページ | 夢と志 »

2019年12月 4日 (水)

12月に感じること・・

 先月末、商店街で100有余年の歴史ある老舗が閉店した。それはご主人が高齢で最近急に体調を崩したためという理由。その前月には高齢の家族の世話で大変になったという理由での閉店もあった。僕が帰郷した10数年前もその波があったが今回はさらにその波が来た感じ。周りを見渡せばどこの店も7,80代の方々が現役で頑張ってはいるが、その余波で気持ちが落ちている感じは否めない。

 昔は賑わっていた・・という話はどこでもそうだろうが、今はまるでゴーストタウンとなりつつある商店街、おそらくどこでも抱えている問題だと思う。そんななか僕が振興会会長となってからはじめた事業”せんまや本町アートフェスティバル”を通じて店舗兼オフィスを先ごろ開店させたデザイナーの若者もいたり、高齢の店主からお店を借りてあたらしく雑貨屋営業を始めた方もいたりと暗い話ばかりではないし、まだまだこれから伸びしろがある商店街だと感じている。なにせ自分が店舗を構えているわけだから少しでもいろんな方たちが興味をもって訪れる商店街にしたいと思う。

 高齢・・病・・誰でも通る道であり、そのお世話の大変さも身をもって知れば、将来の自分自身を見ている・・感じている・・・ということになる。元気いっぱいだった昔の姿から老いていき時には病んでそして死んでいく。生老病死・・誰もが逃れられない現実がそこにある。そんな現実とは誰もが生きているうちに学ぶべき事象であるとあらためて感じる12月です。

|

« 12月 盛岡 整体ヒーリングの予定 | トップページ | 夢と志 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月 盛岡 整体ヒーリングの予定 | トップページ | 夢と志 »