« いたわる | トップページ | 調和ってむずかしい »

2020年1月22日 (水)

変わらず歩く

 2年間の独り歩きを経て昨年の5月から相棒の辰っちゃんと毎日散歩をしている。ほぼ10数年間歩いてるコース、その季節によって景色は少しづつ変化しているが、寒かろうが暑かろうがかならず同じ頃に草木は芽吹き花が咲き生き物が命を育む。あたりまえのようだが毎日観て感じているとそのすごさに感嘆せざる負えない。

 さてさて、様々な説があり色んなこと言われてますがまちがいなく今もこれから先も経験も体験もしたことのない様々なことが起きるのは間違いないんだと思います。それに伴い体調の変化も著しく変わる方が多くなると思います。地球上の生き物は否応なく太陽の恵みによって生きています。その太陽に変化があり地球上にも変化があれば私たち人間に大いに影響があります。そこに順応できるのかそうでないのか、大きな分かれ道に来ていると思います。

 ”変わらないで生き残るためには 変わらなければならない”

 というわけですね。毎日歩いて太陽を拝し、自然の音に耳を傾ける・・それでも何にもわかりませんけどね、ただ独りより相棒と歩いてる方が楽しいです。

|

« いたわる | トップページ | 調和ってむずかしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いたわる | トップページ | 調和ってむずかしい »