« あり方次第で | トップページ | 感じる心、 »

2020年2月 7日 (金)

機微を知る

 今朝ニュース番組の特集を見ていたら、60歳定年を迎えてから僧侶になる方々がいるという・・な~るほど~と興味深く見入ってしまった。働いている間は家族との時間もそこそこに会社勤め管理職ともなれば人を追い抜け蹴落とせの世界に自ら出る言葉もひどいものだった・・と語っていた。数年僧侶としての勉強をし僧としての名前をいただき全国各地僧侶不在の寺がたくさんあるのでそこに赴任するそうです。まさにそこからが本当の修行なんですね、そしてそのお顔がみなさん良かった。清々しい目をしていたのが印象的でした。

 人の心っていうのはなかなか理屈では割り切れないもの、理論的にはこうしたらいいと考えてもむしろその逆に動いたりしますよね~まったく厄介なものだといつも感じます。でも考えようによってはそれもある種の方向性法則的なものがあるんじゃなかろうか・・と考えたりします。そんなことを様々な体験の中で習得体得できるとすればそれが”人情の機微を知る”ということなのかなと思います。そんな”人情の機微を知る”には、やはりいろいろな体験を通じて多くの人々と触れ合うこと、体験に立ちつついつも素直な目で人間というものを見てその動きを知るということだと思います。

 どんな心の法則が働いたのか、人情の機微を知るという体験を積んだ60オーバーの新人僧侶の方々はきっとその地域で必要とされ活躍なさるんだろうな~とそのお顔を見て確信しました。

|

« あり方次第で | トップページ | 感じる心、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あり方次第で | トップページ | 感じる心、 »