« 太陽の下に、 | トップページ | 遠隔ヒーリングについて、 »

2020年4月13日 (月)

進化の過程・・

 こんな状況が続く中、我が家はどうかと言えば・・都内の大学に行ってる長女は3月半ば春休みで帰ってきてそのまま都内に戻れない状況のままうちにいます。当分の間はネット配信授業とのこと・・毎日うちでふつふつとしている。長男はこの春から仙台の大学に進学、待望の独り暮らしを満喫する間もなく、学校は連休明けまで休みとなりうちに戻って愛犬たっちゃんとじゃれている。盛岡の高校に行っている次女は今のところ変わりなしの剣道部寮生活。本当今頃みんなうちからいなくなり、ご飯をつくるのもお弁当をつくることからも卒業させていただいてるはずだったのに、またまた食事のメニューを考える生活となっている。いなきゃいないでさみしいと思っていたが、いればいるで・・なんだかそれも考えものです。

 世の中ストレスを煽るような人の気持ちを逆なでするような報道と対応にほとほと嫌になって来るので今はほとんどテレビの情報は見ない。まずは自分で考えることを優先するように心がけている。この現象はいったい何なのか、人の心にどんな変化をもたらし、何を目的とするのか、考えたい。9年前もそうだったが、かならず恐怖心を植え付けさせる何かがある。そこに乗るのか乗らないのか、選ぶのは自分自身の心です。

 

 ”私たち人間もこの宇宙も偶然の産物ではありえない、それぞれの存在がそれぞれにその役割を担っているある神的プランがある。そのプランとは生命の進化である・・生命は目的をもって進化しつつある・・個別的生命は全体の部分である。個別的生命が部分を成している全体がある。すべては一体である。一体である全体は完璧であり秩序づけられており、調和しており、愛に満ちている。この全体の中で人間は神と一体だ。自分は神の目論見に参与している。宇宙は創造的進化の過程にある。この一瞬一瞬が宇宙の新しい創造なのだ。進化は創造の継続である。神の思惟がそのプロセスを動かしていく。人間の意識はその神の思惟の一部としてある。その意味において、人間の一瞬一瞬の意識の動きが宇宙を創造しつつあると言える・・”

 

 と昔読んだ立花隆さんの本の一節。まさにその進化の大きな岐路に私たちがいると考えるとまたその時に自分が存在していると考えると身震いするものがある・・って思いませんか? うちもクライアントさん来なくて暇ですけど。

|

« 太陽の下に、 | トップページ | 遠隔ヒーリングについて、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽の下に、 | トップページ | 遠隔ヒーリングについて、 »