« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月28日 (木)

楽しくいきましょう、

 3月はじめ、春休みを利用し帰省していた長女、そのまま東京にはもどれず3か月もうちにいました。考えてみれば高校3年間も早朝出かけて遅くに帰ってきていたし、大学生になったらなったであまり帰ってこない・・コロナによる3か月は5~6年ぶりにゆっくりと自宅で過ごした時期でしたが今朝東京へと向かいました。そして今週末には仙台の大学に入学したのはいいが独り暮らし1週間もせず自宅にもどってきた長男も仙台に戻ります。本来なら自分とカミさんと愛犬たっちゃんとの生活だったはずがとんだことで楽しい3か月を過ごしました。

 まだまだ予断を許さない状況、常にあらゆることを想定した判断が必要だと思います。ウィルスはもちろんですが、現在世界中のニュースを調べてみても自然災害など大変な状況になるのは実はこれからだということはわかるはずですよね。できるだけ自分を律し様々なことに想いを馳せ、でも楽しくしていきたいな・・と思います。

 そしてもうじき県をまたいでの行動の自粛も緩和される模様、他県からおいでになるクライアントさんが比較的多いのですが、身体の痛み精神的苦痛に苛まれている方々にとって自粛も何もないのが本当のところ、訪れてくださる皆様に笑顔が取り戻せますよう努めていきたいと思います。ご遠慮なく今まで通りぜひいらしてください、お待ちしております。

 

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

心の準備、

 今日も寒い雨、ついこの間の爽やかな天候はどこへ行ってしまったのか・・今週いっぱいはこの天候とつき合わなきゃいけないが、愛犬たっちゃんは今朝も元気に廃校の校庭を元気に水しぶきをあげながら走り回りました。

 現在、いろんな会の代表やら事務局やらを務めさせていただいてるのだが、のきなみ今年度の事業は中止と決定されています。まぁただでさえイベントが多い地域、こなしているうちに気づけばいつも一年が終わってるという町です。今回はすべて見直しするいい機会と考えるべきと思うようにしてます。もともとあまりものごとに執着しない性格なので(自分が好きなこと以外)すべてなるようになるさ~と思います。

 

 あたりまえのことをあたりまえとしてそこに寄り添い、執着せず、とらわれのないことを平常心、不動心という・・

 

 と言うそうですが、そうは言ってもそこに至るまでには多くのことを身をもって体験しなきゃわからないことがたくさんある。家族の健康についてだったり、死別だったり、仕事がうまくいかないとか、人間関係がうまくいかないとか、どうしてこんなに悩まなくちゃいけないんだろう・・老若男女性別を問わず、歳も関係なくみんなが悩みの種を心に抱えているのが現実であり、今生で肉体を持つことゆえ体験させられる修行みたいなもんなんでしょうね。とてもとても平常心にも不動心にも至りませんが、でも、今この時期を生き体験させられていること、そしてさらにこれから起き得るであろう様々なことにまちがいなく対応して順応していかなくてはならない。常に心の準備だけは整えておき平常心、不動心を目指したいですね。

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

揺るぎない信念

 もう20年も前になるかな・・ヒーラーとしての勉強修練を始めたころ先生に、「インドからある聖者が来るから会いに行かないか?」とお誘いを受けた。私にとってヒーラーとしての師匠はふたりいて陰と陽の様な存在。誘ってくださったこの師匠はインドで長年修行を積んでいた方でまさに陰の部分を教えてくれたような方でした。

 で、興味もありその聖者に会いに行った。実はその時、師匠は病を患っており、久しぶりに会うなり「伊藤君、実は私は余命があまりないようだ・・」と、見た目にそんな感じは全くなくいつものパワーみなぎる感じでした。様々な難解な仕事を引き受けてきたことで自分に付けが回ってきたと仰っていたが、そんなこととても信じられないくらいその時は明るく振舞われていた。

 都内の某所にはその聖者のダルシャンを受けるためにたくさんの人たちが集まっていた。壇上にいるそのインドの聖者の傍らには日本人の僧侶の様な男性がいた。男性の話を聴くと、自分は日本から離れ俗世から離れ聖者といることで心の平安を得た・・みたいなことを言っていたが、なんだか腑に落ちないもやもやした気持ちが自分の心にその時残った。なんともピンと来ない変な気持ちを残し帰りの途に就いたが電車の中で師匠が、「伊藤君、俗世から離れて聖者といてもね心の平安は訪れないよ。我々の仕事はねそんな俗世の中で苦しむ人のためにあるんだよ、常にその中にいなければいけないね。」師匠は長野に住んでいることからその後会うことはなく、私が岩手に越してから何度か電話で話したが、しばらくして訃報を聞いた。

 短い間だったが様々な思い出があるし、この目で信じられないようなものも見せてもらった。決して表には出てこないのが本物のヒーラーだと思った。世間に何と言われようと”信念”がある方だった。どうにもならずに苦しんでいる方々の問題を身体一つで全国を飛び回り他人のために尽くした人だった。そしてヒーラーとして最も重要なものそれが ”揺るぎない信念” であると教えられた。今この時期もう一度自分に問いただす必要があると思う。

 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

毎日の散歩

Img_4904

 毎朝の散歩道、歩き続けていて空を見上げて大きく息を吸い込む。川面を走る風に思わず静かに大きく息を吸い込む。

空は間違いなくいつもの年より澄み渡っているし、空気も澄んでいる。空気を吸い込むと身体中の細胞がじわりと喜びだすのがわかる。

 

 自分の環境はすべて自分で決めている。人から生まれる影は、影が勝手に動くのではなく自分が動くから影がそうやって作られる。自分が変われば影も形も変わるし、影を自分の思うようにしていくことができる。

 

 毎日歩いていると、それだけで気づかせてくれるものもあるんだよね。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

散歩で思うこと、

Img_4720

 毎朝かかさず行っている散歩。ちょっと今朝は時間も押していたので短い距離、昨日は5キロ以上歩いていたので愛犬たっちゃんは歩きたくない・・という目で訴えてきた。鳥が鳴き花が笑うこの季節、外に出て歩かなきゃもったいないです。

 さて、不安に思っても仕方ないことだが、ここまで世間で人と人との距離をとること、隔離することや、自粛という強制措置をとっていれば人の精神状態はいずれどうなっちゃうのかな~と思う。人ってコミュニケーショできる他人という存在が必要な生き物であることは間違いない。高齢者が独り籠っていたら間違いなくぼけるだろうし、精神疾患を患っていなくともすべてを奪われてしまった形でいればどうなってしまうのか・・社会的つながりやコミュニティとの接点を失うことで死亡率は50%上昇という・・社会的孤立は他の疾患の死亡リスクに匹敵する重要な致死要因とのこと・・書き出していったら暗くなってしまうよね。

 わが田舎町はいつも人がいないのでどうというわけではないが、それでも交流イベントはほぼ無いです。完全になくすのもどうかと思うので、個人的には少しづつ何かを始めなければと思います。なにせ高齢者が多い町、世話人としてはみんな呆けられては困っちゃう。

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

人の志向、

Img_4823

 

 いつものように庭いじりをしてぼ~っと過ごす連休、仕事も普通にしてたし何も変わったことは無し、残念ながら剣道の稽古がない・・これはもう少しの我慢ですね。ひたすら日々素振りをしていました。仕事は遠隔ヒーリングがあり、遠方の方とお話したりと楽しかった。

 さて、この状況がいつまで続くのかはわかりませんが、一説には70日の周期があると読みましたがどうなることか・・この渦から抜けた時に人間の思考の変化や本性がどう出てくるのかは楽しみですね。

 様々な事柄が変わるとは思うが、ひとつ・・人間の志向も変わる。より一層自分自身の健康については考えるだろうと想う・・変わらねばと感じる‥あたりまえだけどね、他人が自分の健康に責任を持ってはくれないです。そしてどうしたら健康を維持できるのか、自分の置かれている環境についても考えるはずです。もうひとつ、人の価値観、簡素であり静謐そして利他など精神的価値についての大切さを想うはず。今はみんなが我慢している芸術に音楽・・この重要性、精神面においてなくてはならないものとわかるはずですよね、そんな芸術の重視へと向かったらいいなと想うこの頃です。

  

 

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

稽古の場

 そんなころな・・こんなで何もすることがない日々、普段から出かけたりすることは少ないので外出自粛はとくに苦ではないのだけれど・・つらいのは稽古ができないこと。いつもなら夜間の稽古と早朝稽古で週に3回は行ってるがもう2週間できてない、今は毎日1000本の素振りを日課としてるのみです。はやく道場に通いたい、凛とした空気に浸りたいという感じ。

 武の言葉に「道場は楽屋であり、道場の外が舞台である」と、道場とは常に実験の場である。課題を見つけそれを実験する。失敗し反省する・・そしてまた反復練習、何度も何度も同じことを繰り返しそして進歩する。それが道場であるという。では、道場の外、舞台は・・そこは「真剣勝負の場」であること。戦国の世であればそこは生死をかけた戦場ということになるが、今は自分の生業に道場で学んだことをどのように生かすか、そんな場が普段いる場所であるという教えです。

 どんなことでも学ぶ場所があるというのはありがたいものです。ただ気分転換に体力増進にでもいいのだが、自分自身が生きる知恵と力を養える場所、教えを請える場所、気づきの場所、汗を絞り出せる場所、そんな場所を見つけることができるのなら幸せだと思います。

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »