« 毎日の散歩 | トップページ | 心の準備、 »

2020年5月18日 (月)

揺るぎない信念

 もう20年も前になるかな・・ヒーラーとしての勉強修練を始めたころ先生に、「インドからある聖者が来るから会いに行かないか?」とお誘いを受けた。私にとってヒーラーとしての師匠はふたりいて陰と陽の様な存在。誘ってくださったこの師匠はインドで長年修行を積んでいた方でまさに陰の部分を教えてくれたような方でした。

 で、興味もありその聖者に会いに行った。実はその時、師匠は病を患っており、久しぶりに会うなり「伊藤君、実は私は余命があまりないようだ・・」と、見た目にそんな感じは全くなくいつものパワーみなぎる感じでした。様々な難解な仕事を引き受けてきたことで自分に付けが回ってきたと仰っていたが、そんなこととても信じられないくらいその時は明るく振舞われていた。

 都内の某所にはその聖者のダルシャンを受けるためにたくさんの人たちが集まっていた。壇上にいるそのインドの聖者の傍らには日本人の僧侶の様な男性がいた。男性の話を聴くと、自分は日本から離れ俗世から離れ聖者といることで心の平安を得た・・みたいなことを言っていたが、なんだか腑に落ちないもやもやした気持ちが自分の心にその時残った。なんともピンと来ない変な気持ちを残し帰りの途に就いたが電車の中で師匠が、「伊藤君、俗世から離れて聖者といてもね心の平安は訪れないよ。我々の仕事はねそんな俗世の中で苦しむ人のためにあるんだよ、常にその中にいなければいけないね。」師匠は長野に住んでいることからその後会うことはなく、私が岩手に越してから何度か電話で話したが、しばらくして訃報を聞いた。

 短い間だったが様々な思い出があるし、この目で信じられないようなものも見せてもらった。決して表には出てこないのが本物のヒーラーだと思った。世間に何と言われようと”信念”がある方だった。どうにもならずに苦しんでいる方々の問題を身体一つで全国を飛び回り他人のために尽くした人だった。そしてヒーラーとして最も重要なものそれが ”揺るぎない信念” であると教えられた。今この時期もう一度自分に問いただす必要があると思う。

 

|

« 毎日の散歩 | トップページ | 心の準備、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日の散歩 | トップページ | 心の準備、 »