« 流れにのる・・ | トップページ | これからは、 »

2021年6月18日 (金)

たっちゃんに思うこと

 今朝も愛犬たっちゃんと散歩。この季節いたるところで桑の実がたわわに成っていて熟れた実は地面に音を立てて落ちてきます。そんな場所を憶えているたっちゃんは一目散にそこへ駆けつけまるで掃除機のように桑の実を食べ始めます。生後4か月まで野犬だったたっちゃん、その間どんなものを食べていたのかわからないが、生き抜くために食べられそうなものは選り好みなどしてられなかっただろうことが想像できます。

 今、我が家では以前は棄てていた野菜や果物のくずがほぼ出ない、それはたっちゃんにしてみれば大好物のごちそうです。キャベツやレタスなどなど食べてるときのそしゃく音はとっても気持ちよい音です。で、時々思うのだがこのおなかの中に生息する何兆もの微生物にとってたっちゃんのおなかの環境は最高ではなかろうかと思っている。その微生物の健全な生態系こそが生き物の健康を司どっているとたっちゃんを見て常々確信しています。

 お腹の調子、腸内環境はそのままその人そのものであることもわかります。それはうちに来るクライアントさんのお腹に触れた時に共通してわかること、不思議とおなかの調子をよくすると思考までも変わってきますよ。お腹と思考は密接に関係していますし、腸は第二の脳なんて言われてますが、脳を支配してるのは腸内にいる微生物、細菌たちではないか思いますよ。微生物ちゃんたちが住み心地の良い腸内環境を整えることで健康が維持できる。で、地球にとっての細菌である人間が健康であれば地球も元気になると、そうでなければ・・・お腹が下って排除されるというわけね。

|

« 流れにのる・・ | トップページ | これからは、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流れにのる・・ | トップページ | これからは、 »