« 想念とは、 | トップページ | 13年目の3.11 »

2024年3月 8日 (金)

鍛錬を、

 今週の2日間、仕事どころではなくある剣道の稽古に参加させていただいた。それは東日本の最高位八段の先生方そしてこれから八段を受ける先生方の集まりの稽古会で今回一関で行うことに、その会の会長でもあるうちの先生から参加してこいとお誘いを受けたもので普通ならあと10年以上もしないと無理だろう。

 30人ほどの剣士先生が集まりしかもみなさん高齢者とはいえさすが猛者ぞろい、場内にはなんとも言えない緊張感とすごい圧の気がみなぎっているのを感じる。あぁこうなりたい…と始めて思った。

 稽古、立ち合いでは剣道においては年齢は関係ない、体力もさほど関係ない、ただただ挑むが先生方の気に押され飲み込まれ何もできずに終える。ただこの集中力、気の駆け引き、一瞬の勝負この魅力に勝るものはない。いかに気をコントロールできるか、体力、精神力を維持できるか、これからさらに研鑽をそして鍛錬を重ねていかなければならないかを再認識した2日間だった。

|

« 想念とは、 | トップページ | 13年目の3.11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想念とは、 | トップページ | 13年目の3.11 »