2022年11月16日 (水)

宿題

7cc7bdb0de27455298206d6a4ac7e3d9

 "伊庄さんは現実社会に生きるヒーラーさんですね" とクライアントさんに言われたことがある。どうしてもヒーリング、ヒーラー、と言う言葉には目に見えない世界やふんわりゆらゆらしたイメージ、ニューエイジやら宗教的な…というイメージがつきまとう、だからこそ本来のヒーリングとは何なのかということをつきつめたい。

 Healとは癒しだけではなく治すという意味がある。クライアントさんに対し、ただ、大丈夫ですよ、神に宗教に心を傾けなさい…では何の効果も与えることはできない。ヒーラーにとって大切なことは、実生活での体験、貢献、信用、信頼、忍耐…人生からいかに多くを学ぶかということ…らしいが、要はその中でいかに自分と向き合い相手と向き合い自分自身をコントロールするかにより必要な治療エネルギーが徐々に培われる。とても難しいですね、まだまだです。

 今、自分に与えられたことが大切な課題であり、やり遂げなきゃいけないこと、宿題は徐々に難しさを増しています。

| | コメント (0)

2022年11月14日 (月)

仕事をするということ、

 朝、愛犬たっちゃんと歩いていると、すれ違った車が直後バックで戻ってきた。

 今日夕方空いてますか?と、症状がこーであーでとひとしきり喋ったあと、ふぅ…とため息をつく、半分くらいは楽になったと思う。

 20年前、帰郷してヒーリングをやると決めた時、その当時は地方ではまだまだヒーリングは認知されてはおらず、仙台でさえまだまだ無理だよ、と言われたことを思いだす。でも師匠は、だからこそやるべき、東北でいちばんのヒーラーになれ、と言って送りだしてくれた。どんな仕事であろうと、やる気になればその地に深く広く根を下ろす覚悟が必要だ。20年を要したがまだまだ足りない。ただ、何もないところにいちから始める楽しさを知った。

 種を蒔き芽をだし根を張りいずれ大輪の花を咲かせる…たったひとりではできないこと。そこにはたくさんの心と魂の栄養が必要になる。

5f451fd511024db99182a7603727a1b5

| | コメント (0)

2022年11月10日 (木)

想う

 想うことが大切だ。

 想うとは字の如く、相手の心を想うこと、そして慈しむこと、この仕事はもちろんのこと、どんなことでさえ相手あってのこと、時には相手を読むことも必要。たまに読み間違えることもあったりするがまぁよしとする。

 と、珈琲を飲みながら今日のクライアントさんを想う朝。

82f262c1b1cc4cd08e94672690f96dec

| | コメント (0)

2022年11月 9日 (水)

今日のはじまりは、

B6f00b77a1bd49b78ca90339d7b67514

 仕事場に入り、珈琲を淹れ、レコードに針を落としてからはじまるいちにち。

 すぐさまクライアントさんからのメール、精神的不安な状態だという。遠隔ヒーリングをするまでもなく、メールのやりとりだけで不安が解消され楽になったとのこと、よかった…魔法の言葉が効いたな。

 この仕事をする者は日々祈りのなかにいなくてはならない。そして考えうる限りの内的平静を自分の魂の中に確保しなければならない。そうでなければあらゆる事案に対応はできないだろうと思う。


 

| | コメント (0)

2022年11月 8日 (火)

信用と信頼の行

 小春日和の良い天気のなか、今朝も愛犬たっちゃんと散歩、だいたい月平均にして4.8キロ同じコースを歩くこと16年、1年を通して歩くとその時々の景色や空気感の違いを微妙に感じる。そして挨拶を交わす人々も自分も含めて変わっていく、それなりに歳はとっていくのよね。

 さて、今日の午後は16年前に生まれたであろう地元高校1年生の前で講演をしなければならない。先月は小学校で2回と、夏は小中学の先生方の前でも講演をしたが、お題は治療家としてではなく地元の地域振興について。

 ヒーラーなんていう仕事をしているが、しっかりと現実社会に根付いたことをしてたりするししなければならない。そこをおろそかにして目に見えない世界を語ることはやはりおかしいと感じますね。大切なのはヒーラーとしての"信用と信頼の行"を常におこなうということです。

| | コメント (0)

2022年11月 2日 (水)

晩秋の夜

0fb98e6f9d9f47ebb4d2de7ff22cb3aa

 日中はまだ暖かいものの、もう晩秋、午後からはストーブを点けて暖をとる。

 もう11月これから転がるように年末へ向かっていく。今年1年を振り返る気にはまだならないが、身近なところでも、また世の中でもたくさんの別れがあった。義父が亡くなったのもそう、そしてプロレス好きとしてはアントニオ猪木が亡くなったのはさみしい限り、子供の頃の熱狂が思い出される、昭和がいよいよ遠くなり終わっていくことを感じる。

 そんな晩秋の夜、YouTubeでアントニオ猪木の闘魂ビンタ特集を観ながら涙してしまってます。ビンタされて感謝してエネルギーをもらっちゃう。そんな人これから先間違いなくあらわれないだろうな…なんでビンタされてるの観て感動するんだろ…。

 あ〜僕もしてほしかったな。

 


| | コメント (0)

2022年10月24日 (月)

ヒーリングとは、

 朝、職場に入ると、珈琲を淹れ、レコードに針を落としてひと呼吸おき、気持ちを整えてから仕事にかかる。

 先日までにいらしたクライアントさんのカルテを確認、その後どんな状況なのかをチェックする。今朝は遠隔ヒーリングの依頼者から、心身ともに改善されていることを伝えられてはいたが、気になることもある。

 伝えなければならないこと…しかし、その体験から本人が気づかなければならないこともある。痛み、病、それらを取り除くことはできる。しかし、心魂に火を灯すことができなければヒーリングが成功したことにはならない。

| | コメント (0)

2022年10月19日 (水)

最近のこと、

 "老人が支配する国は滅びる"

とは、あるロシアの経済学者が残した言葉。名前は覚えてないが、あるコラムで読んでから突き刺さるように心に残っている。

 現在、お元気な高齢者が世の中で頑張っておられるのは良いことだ…が、国や街をうごかすとなるといかがなものか。現にこの状況が物語るのはその弊害であることは確かだなとつくづく感じる。

 「たくさんの方々とお会いすることで元気をいただけるんです!だから続けられるんです。」80代、結構なことだが、せめて組織のなかでそれは無理。ボランティアにしていただきたいと切に感じる。

 今月は小学校で2回、来月は高校で講演を依頼されている。テーマは"地域振興"のこと。この国も町もこれからは少ないながらも若い人が前に進めなくてはならない、少子化がなんだというのか、自分で考え行動したくさんのことを経験してもらい自分自身の糧にしてもらいたい…そして気が向いたら故郷にでも還元してちょうだいって感じで話そうと思う。老害になる前にさっさと地域振興から手を引く手引きを取ってる今日この頃です。

| | コメント (0)

2022年9月29日 (木)

最近思うこと、

 最近、近隣でお亡くなりになる方が続いた。地域振興の一躍を担った方、大正生まれでつい最近まで元気に一人暮らしをされていて、議員の経験もあることから様々なご指導をいただいていた。まるでピラミッドの頂点を失ったようだ。でも大往生、満足そうなお顔をお通夜で拝ませていただいた。

 なき人の為にとつとむ追善は 生ける我が身の教えなりける

 とある。

 故郷のため国のために命を尽くした人のためにその思い出を語り合う、そのなかにハッ…と腑に落ちる何かがあるはずだ。罵倒を繰り返す世の輩には決して明るい未来などない。

| | コメント (0)

2022年9月26日 (月)

大切な時間を、

 3人の子どもたちも親元を離れそれぞれに楽しく頑張ってる。長女は今年から横浜市の看護師、長男は理学療法士になるため大学で猛勉中、次女は中高校時代の剣道漬けの毎日から解放され美容専門学校に通いながらチャラチャラして楽しそう。みんな目標を持って頑張ってるんだと思う…たぶん。

 さて、現在我が家は夫婦2人と犬いっぴきの生活、まだまだかかるものは続くが、部活追っかけ生活もむかしの話、休みの日の過ごし方がもはや老夫婦に向かってることに気づく。昨日は天気もいいので宮城の温泉へ、知らない道をドライブするのが好きなので苦にはならない。ちょっと朽ちた温泉街を散歩したりして過ごした。

 あと何年、一緒に健康で楽しく過ごせるか…あとどのくらい一緒にいろんなところに出かけることができるのか…子育てがひと段落つき、これから孫たちと一緒に、というところで病に命をうばわれた母のことをいつも思いだす。どんな状況であれ一緒に過ごした時間というのは貴重であり今の自分を作り上げた…いや作ってくれたものだとつくづく感じる。

 次は自分の番だと自覚しながら大切を時間を過ごさなければならない50半ばです。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧