2020年5月28日 (木)

楽しくいきましょう、

 3月はじめ、春休みを利用し帰省していた長女、そのまま東京にはもどれず3か月もうちにいました。考えてみれば高校3年間も早朝出かけて遅くに帰ってきていたし、大学生になったらなったであまり帰ってこない・・コロナによる3か月は5~6年ぶりにゆっくりと自宅で過ごした時期でしたが今朝東京へと向かいました。そして今週末には仙台の大学に入学したのはいいが独り暮らし1週間もせず自宅にもどってきた長男も仙台に戻ります。本来なら自分とカミさんと愛犬たっちゃんとの生活だったはずがとんだことで楽しい3か月を過ごしました。

 まだまだ予断を許さない状況、常にあらゆることを想定した判断が必要だと思います。ウィルスはもちろんですが、現在世界中のニュースを調べてみても自然災害など大変な状況になるのは実はこれからだということはわかるはずですよね。できるだけ自分を律し様々なことに想いを馳せ、でも楽しくしていきたいな・・と思います。

 そしてもうじき県をまたいでの行動の自粛も緩和される模様、他県からおいでになるクライアントさんが比較的多いのですが、身体の痛み精神的苦痛に苛まれている方々にとって自粛も何もないのが本当のところ、訪れてくださる皆様に笑顔が取り戻せますよう努めていきたいと思います。ご遠慮なく今まで通りぜひいらしてください、お待ちしております。

 

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

心の準備、

 今日も寒い雨、ついこの間の爽やかな天候はどこへ行ってしまったのか・・今週いっぱいはこの天候とつき合わなきゃいけないが、愛犬たっちゃんは今朝も元気に廃校の校庭を元気に水しぶきをあげながら走り回りました。

 現在、いろんな会の代表やら事務局やらを務めさせていただいてるのだが、のきなみ今年度の事業は中止と決定されています。まぁただでさえイベントが多い地域、こなしているうちに気づけばいつも一年が終わってるという町です。今回はすべて見直しするいい機会と考えるべきと思うようにしてます。もともとあまりものごとに執着しない性格なので(自分が好きなこと以外)すべてなるようになるさ~と思います。

 

 あたりまえのことをあたりまえとしてそこに寄り添い、執着せず、とらわれのないことを平常心、不動心という・・

 

 と言うそうですが、そうは言ってもそこに至るまでには多くのことを身をもって体験しなきゃわからないことがたくさんある。家族の健康についてだったり、死別だったり、仕事がうまくいかないとか、人間関係がうまくいかないとか、どうしてこんなに悩まなくちゃいけないんだろう・・老若男女性別を問わず、歳も関係なくみんなが悩みの種を心に抱えているのが現実であり、今生で肉体を持つことゆえ体験させられる修行みたいなもんなんでしょうね。とてもとても平常心にも不動心にも至りませんが、でも、今この時期を生き体験させられていること、そしてさらにこれから起き得るであろう様々なことにまちがいなく対応して順応していかなくてはならない。常に心の準備だけは整えておき平常心、不動心を目指したいですね。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

散歩で思うこと、

Img_4720

 毎朝かかさず行っている散歩。ちょっと今朝は時間も押していたので短い距離、昨日は5キロ以上歩いていたので愛犬たっちゃんは歩きたくない・・という目で訴えてきた。鳥が鳴き花が笑うこの季節、外に出て歩かなきゃもったいないです。

 さて、不安に思っても仕方ないことだが、ここまで世間で人と人との距離をとること、隔離することや、自粛という強制措置をとっていれば人の精神状態はいずれどうなっちゃうのかな~と思う。人ってコミュニケーショできる他人という存在が必要な生き物であることは間違いない。高齢者が独り籠っていたら間違いなくぼけるだろうし、精神疾患を患っていなくともすべてを奪われてしまった形でいればどうなってしまうのか・・社会的つながりやコミュニティとの接点を失うことで死亡率は50%上昇という・・社会的孤立は他の疾患の死亡リスクに匹敵する重要な致死要因とのこと・・書き出していったら暗くなってしまうよね。

 わが田舎町はいつも人がいないのでどうというわけではないが、それでも交流イベントはほぼ無いです。完全になくすのもどうかと思うので、個人的には少しづつ何かを始めなければと思います。なにせ高齢者が多い町、世話人としてはみんな呆けられては困っちゃう。

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

人の志向、

Img_4823

 

 いつものように庭いじりをしてぼ~っと過ごす連休、仕事も普通にしてたし何も変わったことは無し、残念ながら剣道の稽古がない・・これはもう少しの我慢ですね。ひたすら日々素振りをしていました。仕事は遠隔ヒーリングがあり、遠方の方とお話したりと楽しかった。

 さて、この状況がいつまで続くのかはわかりませんが、一説には70日の周期があると読みましたがどうなることか・・この渦から抜けた時に人間の思考の変化や本性がどう出てくるのかは楽しみですね。

 様々な事柄が変わるとは思うが、ひとつ・・人間の志向も変わる。より一層自分自身の健康については考えるだろうと想う・・変わらねばと感じる‥あたりまえだけどね、他人が自分の健康に責任を持ってはくれないです。そしてどうしたら健康を維持できるのか、自分の置かれている環境についても考えるはずです。もうひとつ、人の価値観、簡素であり静謐そして利他など精神的価値についての大切さを想うはず。今はみんなが我慢している芸術に音楽・・この重要性、精神面においてなくてはならないものとわかるはずですよね、そんな芸術の重視へと向かったらいいなと想うこの頃です。

  

 

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

稽古の場

 そんなころな・・こんなで何もすることがない日々、普段から出かけたりすることは少ないので外出自粛はとくに苦ではないのだけれど・・つらいのは稽古ができないこと。いつもなら夜間の稽古と早朝稽古で週に3回は行ってるがもう2週間できてない、今は毎日1000本の素振りを日課としてるのみです。はやく道場に通いたい、凛とした空気に浸りたいという感じ。

 武の言葉に「道場は楽屋であり、道場の外が舞台である」と、道場とは常に実験の場である。課題を見つけそれを実験する。失敗し反省する・・そしてまた反復練習、何度も何度も同じことを繰り返しそして進歩する。それが道場であるという。では、道場の外、舞台は・・そこは「真剣勝負の場」であること。戦国の世であればそこは生死をかけた戦場ということになるが、今は自分の生業に道場で学んだことをどのように生かすか、そんな場が普段いる場所であるという教えです。

 どんなことでも学ぶ場所があるというのはありがたいものです。ただ気分転換に体力増進にでもいいのだが、自分自身が生きる知恵と力を養える場所、教えを請える場所、気づきの場所、汗を絞り出せる場所、そんな場所を見つけることができるのなら幸せだと思います。

 

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

普通に、

 非常事態・・だからこそ普通の生活パターンを変えないということ。

 とは言え岩手県はまだ感染者は0だから言えるのかもしれないが、人様に迷惑をかけないのはもちろんだが、ご自分の生活パターンは変えない方がいいですね。ましてや人の行動をとやかく詮索したり批判ばかりする風潮はどうかと思うが、それも普段通りと思えば、まぁい~かな~とさえ思ったりですねしますけどね。

 

 生は他者への生であり、他者との交わりにおいてのみ成立する。

 

 人と人とが交われないこの一時ですが、相手を思いやるという行為をあなた自身の想念をその方向に向けるだけでいい。

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

遠隔ヒーリングについて、

Img_4638

 今朝も、朝の空気と太陽を浴びながらの散歩。桜は8分咲きほど、”鳥鳴花笑” エネルギーをじゅうぶんに味わいました。

 昨今では人と人との接触を避けるためにテレワークやらなにやらが推奨されていますが、これを期にそういう社会体制へと変革していくんでしょうね、うちの娘の大学もしばらくはオンラインでの授業なそうですが、さすがに友達とも会いたいし、何より看護大なのでこれから現場での訓練があります。時々やってるオンライン飲み会が今は唯一の友人との交流の場のようです。

 さて、ではうちのような仕事はというと・・対面でのカウンセリング、直接行う整体ヒーリング、さすがに初診のクライアントさんは減っていますが定期的に来るクライアントさんはいらっしゃいます。そして増えたのが遠隔ヒーリングのお申込みです。僕の遠隔ヒーリングは詳しくはお客様の体験談を読んでいただくのがいいと思いますが、時間を決めて勝手にやったりはしてません。ご指定の時間に連絡を取り、カウンセリングから・・どちらかというと世間話ですが、もちろんお会いしたことのないクライアントさんですので近況やどのようなことでお悩みなのかなどなどお聞きしながら始めています。遠隔ヒーリングなんてどうなの?とお思いでしょうが、まぁ体験してみなきゃわからないことは世の中たくさんありますので、でも話すだけで楽になることってあるでしょ?僕の中ではごくごく自然な行為ですしクライアント様にとってもその時間を楽しみにしていただけたらと思います。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

進化の過程・・

 こんな状況が続く中、我が家はどうかと言えば・・都内の大学に行ってる長女は3月半ば春休みで帰ってきてそのまま都内に戻れない状況のままうちにいます。当分の間はネット配信授業とのこと・・毎日うちでふつふつとしている。長男はこの春から仙台の大学に進学、待望の独り暮らしを満喫する間もなく、学校は連休明けまで休みとなりうちに戻って愛犬たっちゃんとじゃれている。盛岡の高校に行っている次女は今のところ変わりなしの剣道部寮生活。本当今頃みんなうちからいなくなり、ご飯をつくるのもお弁当をつくることからも卒業させていただいてるはずだったのに、またまた食事のメニューを考える生活となっている。いなきゃいないでさみしいと思っていたが、いればいるで・・なんだかそれも考えものです。

 世の中ストレスを煽るような人の気持ちを逆なでするような報道と対応にほとほと嫌になって来るので今はほとんどテレビの情報は見ない。まずは自分で考えることを優先するように心がけている。この現象はいったい何なのか、人の心にどんな変化をもたらし、何を目的とするのか、考えたい。9年前もそうだったが、かならず恐怖心を植え付けさせる何かがある。そこに乗るのか乗らないのか、選ぶのは自分自身の心です。

 

 ”私たち人間もこの宇宙も偶然の産物ではありえない、それぞれの存在がそれぞれにその役割を担っているある神的プランがある。そのプランとは生命の進化である・・生命は目的をもって進化しつつある・・個別的生命は全体の部分である。個別的生命が部分を成している全体がある。すべては一体である。一体である全体は完璧であり秩序づけられており、調和しており、愛に満ちている。この全体の中で人間は神と一体だ。自分は神の目論見に参与している。宇宙は創造的進化の過程にある。この一瞬一瞬が宇宙の新しい創造なのだ。進化は創造の継続である。神の思惟がそのプロセスを動かしていく。人間の意識はその神の思惟の一部としてある。その意味において、人間の一瞬一瞬の意識の動きが宇宙を創造しつつあると言える・・”

 

 と昔読んだ立花隆さんの本の一節。まさにその進化の大きな岐路に私たちがいると考えるとまたその時に自分が存在していると考えると身震いするものがある・・って思いませんか? うちもクライアントさん来なくて暇ですけど。

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

太陽の下に、

 今朝も愛犬たっちゃんと1時間の散歩、だんだん野山が色づいてきた。あと少しで桜も満開というところでどうやら寒の戻りがあるみたいですね。空気は冷たいが暖かい陽射しをからだいっぱいに浴びながら歩きます。自分の健康管理としてずっと続けていることのひとつが朝の散歩・・朝歩くことの効用は有酸素運動というだけではない、太陽に当たる・・それだけでいい。

 陽の光、太陽エネルギーは地球上に存在するすべてに必要不可欠なものです。人間は自然の中に無数に存在する命の一部であり、人間、地球、宇宙、自然、それらすべてに属し太陽そして宇宙のエネルギーを受けながら生きていますよね。日々あたりまえのように恩恵を受けているそのエネルギー、もっと意識的に感謝をもって受けてみてはどうでしょう。

 太陽の下にいるだけで、常にDNAは癒されます。これほどの癒しヒーリングはないでしょうね。

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

目指すもの、

1749104f574745fca5cbe76397573cba

 特別あれを食べない、これをしない、これがからだにいい・・とかあまり意識はしないで生活しています。ただ自分の気持ちの赴くままでいると、自然に身体を鍛えることや心を養うこと(これは否が応でも体験として鍛えられる)をやっている。治療師ヒーラーという仕事をしているのだから最低限のこと”心技体”の充実を目指すのはあたりまえのことです。

 いろんな病、悩み、苦痛をもって日々クライアント様がいらっしゃる。ただそれを癒す・・それは重要なことなのだが、もうひとつ目指したいのは、人の体質を作り変えるということ、その人の体質を作り変え、病気にかからなくてすむ身体、または病気にかかっても軽くて治癒しやすい身体にすること、体質を変えていつのまにか病が離れる身体になる・・それを目指したいと思っています。

 こんなときだからこそ、そしてこれから起こり得る様々なことに対応できる”生命エネルギー”の充実を図ることがさらに重要になります。

| | コメント (0)